このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

「語り継ごう 徳島大空襲」体験談 もくじ

最終更新日:2018年6月14日

 戦後73年になった今、市内に住む8割以上の人が、徳島における空襲を知らない世代となっています。平成22年4月1日号の広報とくしまにおいて、「昭和20年の徳島における空襲体験」を募集したところ、59点の応募がありました。悲惨な戦争を二度と繰り返さないよう、平和であることの素晴らしさについて若い世代に語り継いで行きましょう。

「語り継ごう 徳島大空襲」体験談

「語り継ごう 徳島大空襲」体験談
題名 氏名
爆弾の恐ろしさ 山本 冬子
徳島空襲の恐怖の思い出 高木 喜代子
戦争は悲しい 原口 美恵子
ここへ落ちるぞ 瀬尾 正己
徳島大空襲 冨永 美代子
徳島大空襲での体験談 伊澤 千代
徳島市西部入田に投下された焼夷弾 矢部 雪子
あの日 あの時(私の戦争体験 当時私は17歳) 林 信義
戦災の跡 藤井 孝也
忘れ得ぬ徳島市空襲体験 福島 計一
真夏の悪夢から65年 宮城 一成
徳島大空襲 佐藤 昭
徳島大空襲 鈴木 衣子
徳島大空襲の思い出 中西 幹
頭から消えない大空襲の夜 山田 幸子
徳島大空襲 宮本 登美子
7歳児が遠くから見た徳島大空襲 岸本 宏美
5才の少女が見た大空襲 坂本 裕子
徳島大空襲 平野 明彦
壕に逃れて 古川 祥介
大空襲と母 岡田 ゆきえ
忘れられない日 記憶をたどって 布川 ヒサ子
徳島大空襲にまつわる体験談 河野 勇
戦争はすべての人を不幸にする 植松 亨
徳島大空襲 入交 洋子
徳島大空襲 小川 加代子
命あればこそ 宮田 春子
徳島大空襲 吉崎 寛
夏の夜の悪夢~徳島炎上 洲崎 日出一
徳島空襲体験談 久次米 美代子
秋田町の爆撃 高野 真一
徳島大空襲を体験して 山上 敏子
B29の空襲をうけて 吉田 博
かすれた焼夷弾 坂部 三吉
母と二人で体験した空襲 柏木 滋雄
徳島大空襲 湯浅 喜三子
徳島大空襲の思い出 小西 久子
徳島大空襲の戦禍追憶 美馬 準一
月光の夏 戦火に消えた一人の乙女の物語 西條 史朗
徳島における空襲での体験 湯浅 泰治
空襲体験談記 橋本 清子
徳島大空襲を体験して 田中 政代
家族との再会 井原 フジ子
徳島大空襲 大滝 キヨ子
忘れられない20才の7月4日 出口 久子
戦災と疎開 筒井 豊祐
徳島空襲 そして7月4日 八木 洋子
戦火をくぐりて 松原 喜一郎
戦争ほどみじめなものはない 後藤田 富美子
徳島大空襲の体験 橋本 富男
忘れられない 戦時中の「逃げろっ!」の声 小椋 健司
3人姉弟で逃げまどう 竹宮 悦子
徳島空襲体験談 魚野 宰弘
赤い夜空 児島 忠義
昭和20年徳島市空襲で焼け野原に 川人 哲郎
徳島大空襲を体験して 繁崎 行雄
忘れ得ぬ体験 宮本 博子
過ぎし日の思い出 吉川 泰司
徳島大空襲 西 美代

このページに対する連絡先

総務課 文書担当
 電話:088-621-5017
 FAX:088-654-2116

お問い合わせ

総務課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館6階)

電話番号:088-621-5021

ファクス:088-654-2116

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「語り継ごう 徳島大空襲」体験談

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る