このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

実践項目4 生ごみを減らそう!

最終更新日:2016年4月1日

生ごみを減らすには

 台所から毎日出る生ごみは、家庭から出る燃やせるごみの約30パーセントを占めています。この生ごみを減量するためには・・・

  • 食事は食べる分だけを作る=生ごみが多量に出る原因のひとつとして、作り過ぎによる廃棄が目立ちます。家族構成に合わせて食事を作りましょう。
  • 残さず食べる=間食の取りすぎなどは控え、食卓に出された料理は残さず食べることを心がけましょう。
  • 堆肥として利用する=どうしても生ごみが出た場合は、ごみとして廃棄せず、堆肥として利用しましょう。

お茶わん一杯の生ごみも積もれば4,015トン減!

 市内の11万世帯が、1日にお茶わん1杯分の生ごみを出さない、あるいは、堆肥として利用すると―
 1杯分(100グラムと換算)×11万=11トン。年間では4,015トン。
 経費にして年間約4,500万円ものごみ処理費用の削減につながります。

生ごみ減量に生ごみ堆肥化の補助制度の活用を

 徳島市では、生ごみを各家庭で堆肥化していただくために、次のとおり補助制度を設けています。
 (1) 電気式生ごみ処理機の購入費補助=購入金額の2分の1。限度額は20,000円。
 (2) EM生ごみ処理容器の無料交付(広報とくしま等掲載後、抽選)

 注意 (1)の申請方法については、事前に市民環境政策課にお問い合わせください。なお、電気式生ごみ処理機は、購入前の申込みを必要としますのでご注意ください。

連絡先

 電話:088-621-5202

お問い合わせ

市民環境政策課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館10階)

電話番号:088-621-5202・5206・5217

ファクス:088-621-5210

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ごみ減量徳島市民大作戦について

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る