このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

麻酔科

麻酔科は、1979年(昭和54年)に開設され、その後常勤医のいない時期もありましたが、現在は常勤の麻酔科医4人が麻酔業務に専従しています。市民病院では、現在年間2,300例以上の手術症例があり、そのうち局所麻酔を除く1,600例あまりが麻酔科管理となっています。

医師紹介

医師紹介
職名 氏名 認定資格 専門分野
総括部長 野崎 淳平 日本麻酔科学会専門医・標榜医 麻酔科

主任医長

山口 幹代

日本麻酔科学会専門医・指導医

麻酔科
主任医長 櫻井 静佳 日本麻酔科学会専門医・指導医・標榜医 麻酔科
主任医長 河原 富也 日本麻酔科学会認定医 麻酔科
医師 松本 弥子   麻酔科

診療体制

診療内容

麻酔科医が手術患者さまに行う麻酔の目的は、手術を受ける患者さまの安全を図り、手術が患者さまに及ぼす影響を少なくし、手術の後の痛みや不快感をできるだけ少なくすることです。そのために手術患者さまを必ず手術前日までに診察し、患者さまの全身状態を知った上で必要な準備をし、そのときに麻酔の説明も行います。一人の患者さまに必ず一人の麻酔医が手術終了まで付き添っており、掛け持ち麻酔はしていません。また必要があれば、手術後数日間痛み止めが持続的に患者さまの体にはいるような装置(持続硬膜外カテーテルといいます)を麻酔の前に患者さまに取り付けることもします。この装置は、腹部や胸部の手術を受けた患者さまからは、傷がほとんど痛くなかったと好評を得ています。されに必要な場合には、術後患者さまをICU(集中治療室)に収容し、呼吸管理など集約的な治療を行います。

当院では全身状態の良い患者さまを対象に日帰り手術を行っていますが、この場合も担当麻酔医が手術前日に患者さまを診察し、安全で最も侵襲の少ない麻酔法を選択した上で説明します。

また麻酔科は、手術患者さまに麻酔をかけるだけでなく強い痛みが長期間続く患者さまへの疼痛治療も各診療科の依頼を受けて行っています。

麻酔は一般の方にはなじみのない処置であり、「麻酔をかけられる」ことに不安を感じる人がいるかもしれません。そんなときはどうぞ回診に来た麻酔医にわからないことや不安なことについてお話ください。手術を受ける患者さまの不安を少しでも軽くすることも私たち麻酔科医の仕事です。

関連情報

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る