このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

泌尿器科

医師紹介

一覧
職名 氏名 認定資格 専門分野
総括部長 村上 佳秀 日本泌尿器科学会専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
徳島大学医学部 臨床教授、非常勤講師
尿路・生殖器悪性腫瘍、泌尿器体腔鏡下手術
主任医長 木内 慎一郎

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

一般泌尿器科・透析
主任医長 湊 淳

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本透析学会透析専門医

泌尿器・透析医療

診療体制

1.尿路結石:腎結石、尿管結石、膀胱結石
腹痛、腰痛、血尿、排尿異常など症状で発見されることが多い疾患で、自然に排石しない場合は、主に内視鏡とホルミニウムレーザー砕石装置を使った手術(入院期間 約3日)を行っています。

2.尿路・性器悪性腫瘍:腎臓癌、腎盂・尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣癌など
腎臓癌はCTや超音波検査で偶然発見されることが多くなっています。
前立腺癌は検診などでPSA(前立腺特異抗原)の上昇をきっかけに発見されることが多くなっています。前立腺生検は1泊2日の入院が必要です。
腎盂・尿管癌、膀胱癌は血尿を契機に発見されることが多い疾患です。
精巣癌は稀ですが、精巣の腫大や硬くなっていることで気づかれます
いずれの癌も心配な症状があればすぐに受診され、専門的な精査することが早期診断につながります。

3.尿路性器の感染症:腎孟腎炎、膀胱炎、尿道炎、精巣上体炎など
発熱や排尿痛、尿の混濁などの症状があります。外来通院で治療可能ですが、重症のケースでは入院で加療させていただきます。慢性的、再発傾向のあるケースでは原因疾患の治療も要します。

4.腎不全:原因疾患として糖尿病、腎炎、高血圧などがあります。
末期腎不全に対して血液浄化を行っています(20床)。シャント関連の手術、血液透析導入、通院維持透析を行っておます。また、腹膜透析にも対応しております。

5.排尿障害:尿道狭窄、前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱、腹圧性尿失禁など
おしっこに関するトラブルはいろいろな原因で起こります尿が出にくい、尿が出るのに時間がかかる、残尿感がある、トイレが近い、トイレまで我慢できない、尿を漏らしてしまうなどの経験はありませんか。一人で悩まず、相談にいらして下さい。

6.外性器の異常:陰嚢・精索水腫、停溜精巣、包茎など
小児の手術の場合、約3日の短期間の入院で対応させていただいております。

特徴・方針

  1. 患者様、個々の病状に応じて十分なインフォームドコンセント(情報を提供し同意を得る)に基づき治療を進めます。
  2. Evidence-Based Medicine (「科学的根拠に基づく医療」)にもとづく新しい治療法を積極的に取り入れるように努力しております。
  3. 体に負担の少ない低侵襲の治療により、入院期間の短縮や患者様の早期社会復帰を目指します。
  4. 治療期間、治療後のQOLの向上を考えた医療の提供を目指します。
  5. 患者様に有益で多様な医療情報を提供し、他院へのセカンドオピニオン受診・紹介など診療情報提供に協力いたします。

浸潤性膀胱癌に対する膀胱保存治療

膀胱全摘術が必要な例でも、状況により経尿道的腫瘍切除術に抗がん剤の動脈注射(リザバー使用)、放射線療法を併用する集学的治療で膀胱を残しながら治療する方法を試みています。

外来化学療法

膀胱癌、腎盂・尿管癌、前立腺癌に対して、可能な例においては、抗がん剤注射を外来通院で行っています。

腹腔鏡下腎摘除術

腫瘍を含んだ腎臓を周囲の組織から剥離・遊離し、それを袋に入れて体外に取り出します。この際には臓器の大きさに応じて皮膚の傷を数cm切り広げる必要がありますが、筋肉は切らずに分け広げて摘出します。従来の手術方法と比べてやや手術時間は多く要しますが、術中の出血も少ない傾向であり、術後の痛みやしびれ感が少なく回復も非常に早い利点があります。

人工透析患者様のシャント血管拡張術(PTA)

透析患者様にとって命綱となる大切なシャントの狭窄・閉塞を修復し、血液の流れを確保・再開させる低侵襲な治療方法です。先端に小さく折りたたまれたバルーン(風船)を装着したカテーテルを用いて、血管を内側から拡張する方法です。

関連情報

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る