このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

がんセンターについて

がん診療分野の充実・強化へ向けた取り組みを進めている徳島市民病院は、平成27年4月1日に「がんセンター」を設置しました。

がんセンター長ご挨拶

 ~患者個々の最適な治療を目指して~
 徳島市民病院がんセンター長 日野 直樹

がんの治療というと手術、薬物療法、放射線治療などが思い浮かぶかもしれません。もちろんこれらは重要な治療の一部です。しかし治療を始めるとさまざまな問題が起こってきます。将来に対する不安、経済的な不安、仕事や家族の悩み、治療による苦痛、あるいはがんそのものによる苦痛、など。がんセンターではこれら癌による起こるさまざまな問題に、それぞれの専門家が連携して取り組み、皆様がよりよい生活を送れることを目指しています。

医師紹介

医師紹介
職名 氏名 専門分野
センター長

日野 直樹

乳腺外科、呼吸器外科

副センター長 田村 公一 頭頸部外科
副センター長 柿内 聡司 腫瘍内科

新たな4つの取り組み

  1. 腫瘍外来の開設
  2. キャンサーボードの充実強化
  3. あんしんカードの交付
  4. 緩和ケア病棟の開設

概要

徳島市民病院の理念である「思いやり・信頼・安心」をふまえ、腫瘍外来、キャンサーボード、緩和ケア病棟により切れ目のないがん医療の提供を目指すとともに、連携医療機関を含めたチーム医療によりがん患者さん及びご家族を支援し、地域社会の多様なニーズに応えられる病院を目指します。

概要の説明図

「あんしんカード」の交付

市民病院でがんを治療中または治療した患者さんのうち、救急診療が必要となる可能性がある方に「あんしんカード」を交付します。交付の判断は各診療科にて協議して決定します。

組織体制

がんセンター全体を運営する上部組織としてがんセンター運営委員会を設置するとともに、各部門の調整機能とがん診療を統括する機能を併せ持つキャンサーボードを毎週定期的に開催します。各部門は、患者支援部門、診断部門及び診療科連携部門など9のチームから構成し、医師を中心とした他職種の専門スタッフの参加により運営します。

組織図

がん対策に向けた主な動きと徳島市民病院の取り組み

一覧
年月 事項
2007年(平成19年)4月 がん対策基本法施行
2007年(平成19年)4月 第1次がん対策推進基本計画策定
2008年(平成20年)3月 第1次徳島県がん対策推進計画策定
2010年(平成22年)3月 徳島市民病院が国から「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受ける
2012年(平成24年)6月 第2次がん対策推進基本計画策定
2013年(平成25年)3月 第2次徳島県がん対策推進計画策定
2013年(平成25年)12月 がん登録等の推進に関する法律の公布
2014年(平成26年)8月 市民病院内にがんセンター準備委員会設置
2014年(平成26年)9月 徳島市議会で病院事業管理者ががんセンターの開設を表明
2015年(平成27年)4月 がんセンターの開設

設置場所

がんセンターは徳島市民病院「2階Eブロック」です。

徳島市民病院2階平面図

関連情報

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る