このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

耳鼻咽喉科

医師紹介

医師紹介
職名 氏名 認定資格 専門分野
総括部長 田村 公一 日本耳鼻咽喉科学会指導医
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会専門医
がん治療認定医
頭頸部がん専門医
日本医師会認定産業医
補聴器相談医
めまい相談医
厚生労働省補聴器適合判定医師
厚生労働省音声言語機能等判定医師
頭頸部外科
主任医長 雫 治彦

耳鼻咽喉科学会専門医・指導医
補聴器相談医
騒音性難聴担当医

耳鼻咽喉科・頭頸部外科全般
医師 石谷 圭佑   耳鼻咽喉科・頭頸部外科

診療体制

月曜日から金曜日までの午前中は、初診および再来患者さまの外来診療を行っています。午後は手術、検査を行っています。初めて受診される方は、かかりつけの先生の紹介状をお持ちください。

診療内容

耳鼻咽喉科は、呼吸と嚥下という生命維持に不可欠な機能とその障害を扱い、治療します。聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚などの感覚器、発声器官は顔面神経などの運動器も扱います。聴覚と発声は重要なコミュニケーション手段であり、音声と顔の表情は個性の発現手段です。生命維持には必須ではありませんが、人にとって必要不可欠な機能で、よりよい生活を送るための手助けを行います。

対象疾患

耳鼻咽喉科は、頭頸部の眼球と脳脊髄を除く全ての疾患を扱うことから、耳鼻咽喉科・頭頸部外科とも呼ばれるようになってきています。対象年齢も新生児から小児、成人、高齢者と全ての年代にわたっています。耳鼻咽喉科では、気道を形成する鼻、口腔、咽頭、喉頭、気管や食物の通過路である口腔、咽頭、唾液腺、食道の疾患を扱います。

特徴・方針

外来診療

当科では耳鼻咽喉科疾患に対する各種の検査機器や治療器具を取りそろえ、かかりつけの医療機関からの精査加療依頼に対応するようにしています。内視鏡類は、硬性鏡とファイバースコープとを揃え、耳、鼻、咽喉頭の観察と治療に対応しています。ファイバースコープでは、通常光観察に加え、NBIでの観察も行います。嚥下内視鏡検査や喉頭ストロボ検査も実施しています。画像検査では、単純X線撮影、単純CT撮影、超音波検査は当日実施いたします。

聴覚関係では、標準純音聴力検査、インピーダンスオージオメトリー、耳音響放射(OAE)検査、内耳機能検査、後迷路機能検査、語音明瞭度検査、耳管機能検査。平衡機能関係では、赤外線CCDカメラによる眼振検査、重心動揺検査、浮遊耳石置換法。鼻関係では、静脈性嗅覚検査、上顎洞穿刺洗浄、鼻骨骨折整復術。口腔では電気味覚検査、小唾液腺生検、唾液腺造影検査。

聴性脳幹反応(ABR)検査、誘発筋電図、温度眼振検査などの二次平衡機能検査やアレルギー性鼻炎に対するレーザー手術、口腔咽頭の小手術については、当日実施できない場合があります。

なお、遊戯聴力検査と睡眠時ポリグラフ、鼻腔通気度検査は、現在対応できておりません。

入院治療

保存的治療を行うなかで、突発性難聴や顔面神経麻痺で糖尿病などの合併症を有する場合、めまい症例急性期には入院加療を行います。また急性炎症でも、扁桃周囲炎、口腔底蜂窩織炎、急性喉頭蓋炎や深頸部膿瘍で気道確保や頸部外切開など外科的対応を必要となる可能性のある場合にも入院加療を行います。

手術治療

当科で実施する手術をあげます。
耳関係では、全身麻酔を必要とする鼓室内チューブ留置術、先天性耳瘻孔摘出術、中耳炎に対する鼓室形成術。

鼻副鼻腔関係では、副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術、鼻閉に対する鼻中隔矯正術や下鼻甲介手術、アレルギー性鼻炎に対する鼻汁分泌抑制手術、眼科との共同での涙嚢鼻腔吻合術。
口腔咽頭では、習慣性扁桃炎やIgA腎症でのステロイドパルス施行前の扁桃摘出術、白斑症に代表される舌口腔粘膜の前癌病変に対する治療、消化器内視鏡検査に発見される咽頭早期癌の治療。
喉頭では、声帯ポリープや結節などによる嗄声に対する喉頭微細術、喉頭麻痺や声帯の萎縮による嗄声に対する音声改善手術、喉頭腫瘍例に対する喉頭レーザー手術。喉頭癌に対する喉頭部分切除、喉頭全摘出術。

睡眠時無呼吸症候群では、小児の閉塞型睡眠時無呼吸症候群では原因のアデノイドの増殖と扁桃肥大に対する手術を、CPAPのコンプライアンス不良例では鼻腔通気度改善目的での鼻内整復術やいびきの原因ともなりやすい口狭部の狭窄に対し軟口蓋形成術。

外傷では、鼻骨骨折や頬骨骨折、眼窩底骨折を含む顔面外傷例に対する観血的治療。

嚥下に関しては、誤嚥性肺炎患者の嚥下機能評価、高齢者や脳血管障害後の嚥下障害の診断と治療を行います。各人に対応した嚥下のリハビリを提供するとともに、嚥下改善手術や誤嚥防止手術も選択できます。

頸部腫瘍は、外科で行われている甲状腺腫瘍以外に、耳鼻科では耳下腺腫瘍や唾石による慢性顎下腺炎、正中頸嚢胞、側頸嚢胞、頸部リンパ節腫脹に対する手術。

受診される方々の手助けとなれるよう診療に当たります。

関連情報

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る