このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

NICU

最終更新日:2020年4月21日

病棟紹介

NICUは、日本周産期・新生児医学会新生児専門医の暫定研修指定施設に認定されており、低出生体重児や新生児仮死など、様々な赤ちゃんに対して24時間体制で対応しています。すべての新生児の生命を尊重・祝福し、満足した医療が受けられるよう自己研鑽に努め、忙しい中でも楽しく働いています。

各種紹介

病床数・看護職員数

病床数・看護職員数
病床数 17床(NICU 6床、GCU 11床)
スタッフ 看護師 25名
夜勤 3名

看護方式

NICU・GCUでは、受け持ち看護師2~3名が継続受け持ちとなり、看護計画立案から評価まで担当し、赤ちゃんを入院から退院まで責任を持って看護を提供しています。

面会について

面会は、原則ご両親のみとさせていただいています。なお感染管理の面より、同居のご家族が風邪や感染症にかかられているときは面会をご遠慮いただいております。ご協力よろしくお願いします。

 平日・休日ともに午後2時から午後8時まで
 (午後3時・午後7時からの30分間はご遠慮いただいております)

NICUでの看護

上記の写真はご家族の了承を得て掲載しています。
 
私たちは赤ちゃんがより快適に過ごせるよう、常に配慮しています。赤ちゃんを取り巻く環境、特に明るさや音に気をつけています。早産の赤ちゃんには、ポジショニングにより、お母さんのお腹の中にいたときの状態に近づけることで、安楽に過ごせるように努めています。保育器に入っている赤ちゃんでも、お母さんとのふれあいができるよう、時期をみてカンガルーケアをおすすめしています。
 
退院前には沐浴指導や育児指導を行っています。また、必要に応じて保健師さんと連携し、退院後の育児への不安が軽減されるように支援しています。ケースによっては母児入院をしていただくなどして、自信を持って退院し、その後の家庭生活がスムーズに行えるように援助しています。
 
また、赤ちゃんの入院が長期にわたる場合や、ご家族との情報交換のツールとして、面会ノートを作成しています。不安や悩みを聞いたりすることで、お母さまやご家族の事をよく知り、個々にあったアドバイスをさせていただいています。入院された赤ちゃんのご両親、ご家族は大変ご心配なことでしょう。私たち看護スタッフは、赤ちゃんだけでなく、ご家族に対しても、できるだけ寄り添い、不安を和らげるよう心がけています。

お問い合わせ

徳島市民病院 医事経営課

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話番号:088-622-5121(代表)

ファクス:088-622-5313

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

携帯サイトのご案内

診療科紹介

部門紹介

日本医療機能評価機構認定病院

地域がん診療連携拠点病院

徳島DMAT指定病院

患者支援センター

関節治療センター

地域周産期母子医療センター

がんセンター

徳島市民病院ボランティア

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る