このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

ご挨拶

最終更新日:2020年4月1日

病院事業管理者ご挨拶

 市民の皆様には、日頃から徳島市民病院の適正な運営にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。私は曽根三郎氏の後任として令和2年4月1日に徳島市病院事業管理者に就任いたしました。徳島市民病院の運営をさらに安定化させ、地域の中核病院として市民の皆様のさらなる信頼を得ることができますよう全力を尽くす所存でございます。よろしくお願い申し上げます。

 さて、徳島市民病院は昭和3年(1928年)に内科と産婦人科の市立診療所として発足いたしました。その後、社会のニーズに応える形で少しずつ診療科を増設し、徳島で最初の公立病院として市民の皆様に愛され発展してまいりました。これまで何度か改称、移転を繰り返してまいりましたが、平成20年には現在の場所に鉄骨鉄筋11階建ての新病院(38診療科、335床)が完成いたしました。最先端の医療機器を備え、地域の中核病院として質の高い医療を提供できる体制が整いました。病院の理念として「思いやり・信頼・安心」を掲げ、患者の皆様の信頼を得ることができるよう、職員一丸となってチーム医療に取り組んでおります。

 社会の少子化、高齢化が進む中で国から「地域医療構想」が示され、病院機能の分化・役割分担・連携が求められるようになりました。徳島市民病院では「地域周産期母子医療センター」「関節治療センター」「がんセンター」を3本の柱と位置付け、それぞれの分野の専門医が最先端の医療を提供できる体制をとっております。また医師会や大学病院とも連携して地域医療、救急医療、災害医療にも積極的に取り組むと同時に、臨床研修病院として人材育成にも寄与しております。

 最近、医師の長時間労働の実態を受け「医師・医療従事者の働き方改革」が求められております。徳島市民病院でもこの問題に積極的に取り組み改善してゆかなければなりません。その一方でこれまで以上に収益の確保と経営の効率化が求められ、医療を取り巻く環境は厳しさを増すばかりです。私には取り組むべき課題が多すぎて少し戸惑っておりますが、謙虚に、かつ誠意をもって問題解決に努力いたしますので、市民の皆様のご理解とご協力を心からお願い申し上げます。


病院事業管理者 安井 夏生 経歴

1973年 徳島大学医学部卒業
1982年 大阪大学大学院修了 医学博士
1983年 南カリフォルニア大学留学(2年間)
1997年 大阪大学整形外科助教授
2001年 徳島大学整形外科教授
2011年 徳島大学病院長
2013年 徳島大学理事・副学長
2016年 徳島大学名誉教授

(令和2年4月1日)

院長ご挨拶

 徳島市民病院は、昨年2月1日で開設90年を迎え、現在は職員全員が気持ちも新たに、開設100年に向けて、一歩を踏み出したところです。また、本年3月末で6年間病院局事業管理者として病院運営にご尽力いただきました曽根三郎先生が退任され、新年度からは安井夏生徳島大学名誉教授が新たな事業管理者として赴任されました。今後も「思いやり・信頼・安心」の病院理念の下、地域住民の皆様に「ここに在って欲しい」と頼りにされる病院を職員一同が力を合わせて目指してまいります。
 
 団塊の世代全員が後期高齢者となる2025年をめどに急性期病床の削減を目指している地域医療構想が公的病院では大きな課題となっております。確かに国として医療費抑制は喫緊の課題であり、病床削減を含め病院のスリム化を国の政策として掲げることは理解できますが、医療現場としては、いかなる状況下でも患者さんが安心して医療をうけることができ、安心して暮らせる環境を整えることが、一番大切な使命ではないかと思っております。
 
 現在、WHOから新型コロナウイルス感染のパンデミック宣言がなされました。今後、徳島でも感染の拡大が予想されます。当院は感染指定病院ではありませんが、関係医療機関と連携し、感染拡大の防止に全力を尽くします。全県的な取り組みには積極的に参加協力していく方針であります。さらに、将来高率に発生すると言われております南海トラフ地震などを含め、災害時でも継続的に医療が提供できる体制を、より一層整備充実しなければならないと考えております。今年度は、災害拠点病院として、災害時に3日間は自力で病院機能が維持できるように重油、水の備蓄量を現状よりも増やすための整備を行い、しっかりと公的病院としての役割を果たしてまいります。
 
 また、住民の皆様の要望が多いのが救急医療であります。当院は2次救急指定病院であり、人的面も含め救命センターのように十分な体制ではありませんが、年間約2500台超の救急車と、約9000人を超える救急患者さんを受け入れております。緊急時に困っているのは患者さんであり、その受け入れにはしっかり対応していこうと考えております。これら災害時医療や救急医療に対する体制をしっかりとした上で、かかりつけ医の先生との連携を強化し、がんセンター、周産期母子医療センター、関節治療センターの3センターを中心として当院として特色をもった医療を、より安全に提供してまいります。本年度からは、前立腺がんに対する小線源治療も開始します。
 
 さて、患者さんに高度な医療を安全に提供するには医療機器の更新は必要です。本年は放射線治療装置でありますリニアックの更新をむかえます。更新には機器の更新だけでなく、新機器の精度確認や国の認可等にも時間を要し、最低でも約半年間は放射線治療が実施できなくなり、患者さんにはかなりご迷惑をおかけします。患者支援センターが中心となって、周囲の基幹病院での治療をスムーズに受けられ、患者さんへの不利益は最低限に抑えるように対応してまいります。
 
 働き方改革関連法案が2024年には医師にも適応され、医師の労働時間は、これまでと違って大きく制限されますが、経営健全化も図りながら対応せねばならず、医療現場としては課題が多々あります。しかし、職員が働きたいと思ってくれるような病院を目指すことが、ひいては患者さんにとっても魅力ある病院作りにつながると信じております。経営健全化は自治体病院として必ず達成しなければならない課題ではありますが、政策医療としての不採算部門にもしっかりと対応し、まずは、住民の皆様に、一層頼りにされ、心より「ここに在って欲しいと思われる病院」を目指して参りたいと考えておりますので、本年もご協力、ご指導のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
(令和2年4月1日) 
 

お問い合わせ

徳島市民病院 医事経営課

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話番号:088-622-5121(代表)

ファクス:088-622-9317

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る