このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

古建築講座

最終更新日:2019年5月26日

続・街道の旅

俳諧・松尾芭蕉は元禄2(1869)年、奥州を目指して141日間3000里の旅に出ました。松島や象潟の景色、瑞厳寺や永平寺の旧跡、歌枕の游行柳や白河の関などの追体験が目的といわれています。
今回は街道筋にある現在の宿場町、その周辺の景色や遺跡・建築などを詳解します。皆さまも旅の気分で御受講ください。

講師 開催日時、費用

[講師]徳島市文化財保護審議会委員 森兼 三郎
[開催日時]毎月第3水曜日 10時から11時30分
[費用]受講料3000円、ほか現地研修交通費等の実費
(ただし、受講時の入館料は無料です)

申し込み方法、申し込み締切

[申し込み方法]はがきに住所・氏名・年齢(こどもは学校・学年も)・電話番号と「古建築講座」を明記のうえ、徳島城博物館まで送付してください
[申し込み締切]5月21日(火曜)必着 募集は終了しました

募集人数

70人

日程と内容

古建築講座日程と内容
日程 内容
6月19日(水曜) 奥州街道を歩く―江戸日本橋~白河越河宿―
7月17日(水曜) 奥州街道を歩く―桑折宿~竜飛岬―
8月21日(水曜) 芭蕉が歩いた奥の細道―江戸~平泉―
9月18日(水曜)

芭蕉が歩いた奥の細道―鳴子温泉~象潟―

10月16日(水曜)

芭蕉が歩いた奥の細道―遊佐~大垣―

11月16日(土曜)

県外研修-見学地未定-

11月20日(水曜) 会津西街道を歩く―会津~日光―
12月18日(水曜) 六十里(八十里)街道の道―羽前(磐城)~越後―
1月15日(水曜) 羽州街道を歩く―桑折~秋田宿―
2月19日(水曜)

羽州街道を歩く―秋田宿~碇ヶ関で奥州街道と合流―

3月18日(水曜)

北国街道を歩く―信州追分け~越後― 及び まとめ

注記:11月16日は第3土曜日の開催です。ご注意ください。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る