このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

千利休書状(せんのりきゅう しょじょう)

最終更新日:2019年5月29日

天正14年(1586)

 魚屋立安宛。蜂須賀家政から依頼されていた茶釜が見つかったので、阿波の家政のもとに届けてくれるよう述べた書状。
 宛て先の立安は渡辺道通といい、千利休の甥にあたる豪商。父渡辺与兵衛は蜂須賀正勝に仕えたが天正年間に戦死したため、立安は叔父利休のもとで育った。阿波の大名となった家政に招かれて母とともに徳島に移住し、屋号を魚屋として活躍した。
 同4年には那西郡内で100石が与えられている。家政の信頼が厚く、慶長5年(1600)家政が隠居した時には、和泉国牧野の立安の屋敷で剃髪している。
 本書状は茶人千利休との交流を具体的に示し、家政の文化的な側面を知ることができる史料である。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る