このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

建築構造関係の取り扱い

最終更新日:2016年4月1日

  • 限界耐力計算適用にあたっては損傷限界時200gal、安全限界時350galにて液状化しない地盤を告示の適用範囲とする。
  • 液状化の取り扱いについて
    長期地耐力50(kNきろにゅーとん/平方メートル)を越える建物及び、杭基礎については学会規準により液状化の検討を行う。ただし基準法施行令38条第3項以外で階数3以下の建物の場合は、設計者の判断により多少簡便な検討でも可能とする。
  • 杭の負の摩擦力(ネガティブフリクション)の取り扱いについて
    杭に作用する負の摩擦力を考慮する必要のある地域は、原則として次の方法により判定する。
    1.埋め立て地
    2.沖積ちゅうせき粘土の下層面が地盤面下15m以下の地域但し、
    a) 地盤沈下がほぼ停止した地域
    b) 地盤の層序が比較的一様で沖積層ちゅうせきそうの沈下量が年々減少傾向にあり、最終測定年度で2cm/年以下の地域
    c) 将来とも地下水の汲み上げによる地盤の沈下を考慮する必要のない地域に該当する地域は対象から除外しても支障ない。

この内容に対する連絡先

建築指導課 審査担当
 電話:088-621-5274
 FAX:088-621-5273

お問い合わせ

建築指導課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館4階)

電話番号:088-621-5029・5272・5274

ファクス:088-621-5273

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る