このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

諸葛孔明・鶴・鯉図

最終更新日:2018年9月28日


河野典雄筆 絹本着彩 各95.4×33.9

 三国時代、蜀漢の丞相である諸葛亮(孔明)を中幅に描き、鶴・鯉を左右幅に配した三幅対である。「三顧の礼」「天下三分の計」「出師の表」などで日本人にも広く親しまれ、高い人気を誇る諸葛孔明は、為政者の規範、理想的な賢臣像としても尊崇を受け、画題としても大いに好まれた。
 本作品の共箱の蓋表には「河野典雄画 三幅対」、蓋裏に「淡陌洲本従/稲田侯十三世主拝領/于時文化年/庚午秋七月 杭全氏家蔵」とあり、文化七年(1810)七月に稲田九郎兵衛敏植(1767~1811)より拝領を受けた作品と知れる。徳島藩士稲田家伝来の来歴が判明する河野典雄の佳品として貴重である。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る