このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

富獄遠望図

最終更新日:2018年9月28日

絹本著色 40.1×71.2 寛政10年(1796)

富士山は、古来より絶えず画題に取り上げられた日本を代表する風景であり、葛飾北斎の代表作「富岳三十六景」をはじめ江戸の画家たちも富士山に憧れをもって描いた。
江戸に住した芙蓉にも富士を描いた作品は多いが、この「富獄遠望図」は、他の富士図と違い西洋の遠近法に基づいた広がりのある作品に仕上がっている。江戸の初春を描いたと思われ、富士図が持つ福寿性を主題にした伝統的な画題であるが、清々しい色調と富士を右に配し左に広がりを見せるパノラマ的な描き方に芙蓉の新しい西洋技法を身に付けようとする姿勢が見て取れよう。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る