このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

徳島中央公園

最終更新日:2017年11月13日

お知らせ

ただいまのお知らせはありません。

所在地

徳島市徳島町城内1番外

面積

200,262平方メートル

開設年月日

明治39年1月9日

交通

  • JR徳島駅から徒歩約10分
  • 徳島自動車道 徳島ICより国道11号経由約10分

駐車場

公園利用者のための駐車場です。大型自動車の場合、前日までに予約が必要。
1台1日1回につき、普通自動車310円、大型自動車1,290円

  • 東側駐車場 89台(車椅子使用者用区画2台を含む。)
     4月1日から9月30日まで:8時30分から21時
    10月1日から3月31日まで:8時30分から18時
    大型バス3台まで駐車可(要予約 電話:088-655-9037)。
  • 西・南側駐車場 116台(車いす使用者用区画3台を含む。)
    平日 :8時から22時
    土曜、日曜、祝日 :7時30分から22時
    マイクロバス4台まで駐車可(要予約 電話:088-654-5350)。

トイレ

5カ所(多目的トイレ有り)

沿革

 旧徳島藩主蜂須賀公の居城跡に開設した公園です。本市中心市街地に位置しており、 明治39年に開設して以来今日まで、身近なレクリエーションの場として親しまれ、その由来や位置等から市民に象徴的な存在として親しまれています。
 平成元年に市政100周年を記念して篤志家の寄贈により鷲の門が復元され、続いて数寄屋橋の架け替え、徳島城博物館の開館により城跡公園として整備しました。平成18年1月26日、徳島城跡が国史跡指定となりました。

特徴

 広大なこの公園は、城跡公園のみならず現代の公園としても江戸時代の遺産を活かしながら、旧徳島城表御殿庭園、徳島城博物館、バラ園、流れ池等、見どころがたくさんあり、その美観と位置・広さから総合公園として市民に親しまれ、多くの人々に利用されています。

パンフレット(園内マップ等)

旧徳島城表御殿庭園

 旧徳島城表御殿庭園は、昭和16年12月13日に国の名勝に指定されました。この庭園は、旧徳島藩主蜂須賀公の居間や表書院の庭として造られたものです。武将で茶人の上田宗箇作庭の枯山水庭(書院の庭)と築山泉水庭(居間の庭)の二庭からなる観賞式と池泉廻遊式を兼ね具えた桃山様式を伝える名庭です。

入園料

大人50円、小人:30円

開園時間

9時から17時(入園は16時30分まで)

休園日

毎週月曜日(祝日と重なった場合は開園)
祝日の翌日(日曜日・祝日と重なる場合は開園)
年末年始(12月28日から1月4日)

パンフレット

バラ園

 徳島中央公園の東側にあるバラ園では、初夏から秋にかけ約330平方メートルの花壇に、ニューカリーナ、アマツオトメ、チャールストン等約40種、約400株のバラが咲き乱れ、辺りに芳香が漂い、訪れる人々を楽しませています。

徳島城博物館

 徳島藩と蜂須賀家の歴史資料を常設展示しています。徳島市の歴史や文化に関する知識や理解を深めることができ、市民に文化の拠点として親しまれています。
徳島城博物館ホームページへ

鷲の門

 徳島城の巽(南東)の方向に位置し、徳島城の正門で様式は薬医門です。その名の由来は、建設に際し、幕府の許可を得やすくするため、鷲の飼養所として届け出たことからその名があると伝えられています。
 昭和20年の徳島大空襲によって焼失しましたが、平成元年徳島市制100周年を記念して復元されました。

数寄屋橋

 徳島城の内堀にかかるこの橋は、橋長12m、幅員3.5m、上部は国産ヒノキを使用した木橋で、擬宝珠高欄を取り入れ、下部は上部にあわせた擬木橋として江戸時代の風情をかもしだしており、堀の水面に写る姿に昔日の面影をしのばせています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

公園緑地課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館5階)

電話番号:088-621-5295

ファクス:088-655-4999

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る