このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

介護保険の運営のための財源構成はどうなるのですか

最終更新日:2016年4月1日

質問

 介護保険の運営のための財源構成はどうなるのですか

回答

 介護保険運営のための財源は、40歳以上の人が支払う保険料と公費(税金)の半分ずつから成り立っています。
 徳島市が介護保険サービス事業者に支払う給付費は、介護保険にかかる総費用から利用者負担(介護サービスを利用した時に支払う通常1割又は2割分の自己負担)を除いた額です。その額の2分の1を公費(税金を財源とする負担割合)で負担し、残り半分を65歳以上の人(第1号被保険者)と40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)が負担することになります。

介護保険の財源構成
財源 公費(税金) 保険料
負担者 第1号被保険者 第2号被保険者
負担割合 居宅等給付費 25.0 12.5 12.5 22.0 28.0
施設等給付費 20.0 17.5 12.5 22.0 28.0
介護予防等事業費 25.0 12.5 12.5 22.0 28.0
包括的支援事業・任意事業費 39.0 19.5 19.5 22.0

(単位 パーセント)

この質問に対する連絡先

介護・ながいき課 資格保険料係
 電話:088-621-5582
 FAX:088-624-0961

お問い合わせ

介護・ながいき課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(南館1階)

電話番号:088-621-5176・5581~5587

ファクス:088-624-0961

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る