このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

「ジェネリック医薬品希望カード」の配布を行っています

最終更新日:2016年4月26日

 ジェネリック医薬品の希望を、医師や薬剤師にお伝えしやすくするために、「ジェネリック医薬品希望カード」を保険年金課7番窓口で配布しております。ジェネリック医薬品希望カードを利用して、家計にやさしいジェネリック医薬品を賢く選択しましょう。

どうしたらジェネリック医薬品を処方してもらえるのですか。

 ジェネリック医薬品の希望を、「ジェネリック医薬品希望カード」または口頭で、医師または調剤薬局の薬剤師にお伝えください。

「ジェネリック医薬品」はどのような薬ですか。

 先発医薬品(新薬)の特許が切れた後につくられたお薬です。
 先発医薬品と同じ有効成分、効能・効果を持っていると国から承認されたお薬ですが、開発費用を抑えることができるため、低価格に設定されています。

 徳島市国民健康保険では、病院で処方されたお薬代の負担軽減や、医療保険制度の健全な運営を支えて行くために、ジェネリック医薬品の普及を促進しています。

ジェネリック医薬品に変更するとどのくらい負担が減りますか。

 医薬品メーカーによっても違いますから一概にどのくらいとはいえませんが、3割以上、中には5割以上安価になるお薬もあります。

わたしの薬もジェネリック医薬品に変更できますか。

 すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。
 また、ジェネリック医薬品を取り扱っていなかったり、取り寄せになることもあります。
 まずは医師・薬剤師にご相談ください。

同じ効果っていわれても、ちょっと不安なのですが。

 「ジェネリック医薬品が自分に合うか心配。」というかたには、お試し期間を設けることができます。たとえば、4週間分の処方がされていたら、まず1週間分だけジェネリック医薬品をもらい、服用して問題がでるかどうかで、残りの3週間分の薬を選択できます。詳しくは、薬剤師にご相談ください。

ジェネリック医薬品についての問い合わせ先

(くすり相談窓口)電話:03-3506-9457
受付:月曜から金曜(祝日・年末年始を除く) 午前9時 から 午後5時

(くすり相談窓口) 電話:03-3353-2251
 受付:月曜から金曜(祝日・年末年始を除く) 午前9時 から 正午 午後1時 から 午後4時

こちらもご覧ください

家計に優しいお薬をご案内します

 徳島市国民健康保険では、現在処方されている新薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合の薬代の軽減額が大きい人に対し、ジェネリック医薬品がどのようなお薬なのか、また薬代の自己負担額がどのくらい軽減されるのかをお知らせしています。

 ジェネリック医薬品を試してみたいとお考えの人は、医師または薬剤師にご相談ください。

切り替え時の注意点

  •  全ての病気及び新薬にジェネリックがあるわけではありません。
  •  医師の判断によっては、ジェネリック医薬品への切り替えができないことがあります。
  •  ジェネリック医薬品への切り替えは、かかりつけのお医者様と相談していただき、患者様も十分納得されたうえで行ってください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保険年金課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館1階)

電話番号:088-621-5156・5159・5161・5384

ファクス:088-655-9286

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る