このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

特定入所者介護サービス費(負担限度額認定)について

最終更新日:2016年4月1日

 (介護予防)短期入所生活介護サービスや施設サービス等を利用する場合、食費、居住(滞在)費については、原則全額が利用者負担となります。下表の要件に該当する場合は、申請により、利用者負担の上限が低くおさえられます。

利用者負担段階と居住費食費負担限度額と基準費用額
利用者負担段階 居住費(滞在費) 食費
ユニット型個室 ユニット型準個室 従来型個室 多床室
第1段階

老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市区町村民税非課税の人
生活保護受給の人

820円 490円 320円 0円 300円
820円 490円 490円 0円 300円
第2段階 世帯全員が市区町村民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の人等 820円 490円 420円 370円 390円
820円 490円 490円 370円 390円
第3段階 世帯全員が市区町村民税非課税で、上記に該当しない人 1,310円 1,310円 820円 370円 650円
1,310円 1,310円 1,310円 370円 650円
第4段階 上記第1段階から第3段階に該当しない人 1,970円 1,640円 1,150円 840円
1,380円
1,970円 1,640円 1,640円 370円 1,380円
  •  従来型個室、多床室の居住費(滞在費)については次のとおりです。

上段 短期入所生活介護、介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護予防短期入所生活介護を利用したときの額
下段 短期入所療養介護、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護予防短期入所療養介護を利用したときの額

  •  第4段階については、基準費用額です。実際の額は、施設との契約によって決められます。
  •  制度改正により、支給対象者の条件が変わりました。次に該当する場合は、第4段階となります。
  1. 単身の人で、預貯金等の合計額が1,000万円を超える場合 
  2. 配偶者のある人で、配偶者との預貯金等の合計額が2,000万円を超える場合
    世帯分離している配偶者が市区町村民税課税の人

申請時に必要なもの

  1. 申請時に預貯金等の確認のできる通帳の写し等が必要になります。
  2. 預貯金口座の照会に対する同意書が必要になります。
  3. 介護保険被保険者証
  4. 提出者の身元確認書類
  •  収入の算定方法が変わります。

平成28年8月からは、区分の決定にあたり、非課税年金(遺族年金・障害年金)を収入として算定します。

この内容に対する連絡先

介護・ながいき課給付係 電話:088-621-5585

お問い合わせ

介護・ながいき課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(南館1階)

電話番号:088-621-5176・5581~5587

ファクス:088-624-0961

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る