このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

不育症治療費助成事業

最終更新日:2021年4月6日

徳島市不育症治療費助成事業

 徳島市では、令和3年4月1日以降に開始された不育症検査及び治療(ヘパリンを主とした治療)に対する費用の助成を行っています。
 徳島市への申請は治療等終了日から6か月以内となっていますのでご注意ください。

対象者

次の(1)~(4)の条件をすべて満たす方
 (1)治療開始日現在、法律上の婚姻をしている夫婦及び事実婚関係にあること。
 (2)夫婦が徳島市に治療開始日より以前に1年以上住民票を有しており、申請日時点も徳島市民であること。
  注記:諸事情により夫又は妻のいずれかの一方の住民票がない場合であっても、徳島市以外の自治体
    から不育症治療費の助成をうけていない場合は対象となります。
 (3)申請に係る治療等の期間の初日における治療等を受ける人の年齢が43歳未満であること。
 (4)次に掲げるいずれかの状態に合計2回以上該当した既往があり、治療等を受ける人が産婦人科医により不育症と診断されているもの。
  ア 流産     イ 死産

対象となる治療

 令和3年4月1日以降に開始された、不育症の検査や治療にかかる費用のうち、医療保険が適応されたものが助成の対象です。
 詳しくは助成対象となる治療等と助成額をご参照ください。

助成上限額

検査および治療に要した費用の自己負担額のうち2分の1の額(上限5万円)
注記:入院時の差額ベッド代、食事代、又は文書料等、直接治療等に関係のない費用は含みません。

助成回数

通算助成回数は6回までとします。

申請方法

原則として治療等終了日から6か月以内に、徳島市子ども健康課に申請してください。

申請に必要な物

(1)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。徳島市不育症治療費助成事業申請書(PDF形式:126KB) (徳島市子ども健康課窓口にもあります。)
注記:ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書記入例(PDF形式:165KB)をご確認ください。
(2)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。徳島市不育症治療費助成事業受診等証明書(PDF形式:148KB)(徳島市子ども健康課窓口にもあります。)
注記:ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。受診等証明書記入例(PDF形式:203KB)をご確認ください。
(3)不育症の検査及び治療に要した費用の領収書、診療報酬明細書(院外処方があれば、その費用も対象となります。)
(4)夫及び妻の住民票(夫婦が別世帯の場合のみ)
(5)戸籍謄本(1回目のみ)
(6)金融機関の口座番号がわかるもの
(7)印鑑(朱肉を使うもの)

関連情報(不妊・不育相談等について)

 不妊・不育に関わる相談を専門の相談員(看護師・医師)が行っています。
(詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。徳島大学病院産科婦人科 不妊・不育相談室(外部サイト))
  また、不育症について悩んでいる方に対して、厚生労働省研究班から不育症のホームページが公開されています。不育症についてのQ&Aや不育治療医療機関の情報なども掲載されています。
(詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Fuiku-Laboフイク-ラボ(外部サイト))

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども健康課

〒770-8053 徳島県徳島市沖浜東2丁目16番地(ふれあい健康館3階)

電話番号:088-656-0529・0532・0536・0540 088-621-5122

ファクス:088-656-0514

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る