このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

だしのとり方

最終更新日:2016年11月7日

昆布だし

植物性だしの一つで、精進料理や魚料理に使う。

昆布は水の重量の2パーセントから4パーセントが適量。(水100グラムにたいして2グラムから4グラム)
水から入れて火にかけ、沸騰直前で取り出す。
注記:昆布の繊維に垂直に切り込みを入れ、水に30分から60分浸しておくとうま味成分がより抽出できる。
注記:加熱するときは蓋をしない。また煮すぎると臭いやぬめりがでるので注意する。

かつおと昆布の混合だし

和風料理に広く使われる。

かつおと昆布はそれぞれ水の重量の1パーセントから2パーセントが適量。
水に昆布を入れて火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し、かつお節を入れ沸騰したら火を止めて、ざるなどでこす。
注記:かつおと昆布のうま味成分の相乗効果により、うま味が増加する。

煮干しだし

みそ汁や煮物に使う

煮干しの分量は水の重量の2パーセントから3パーセントが適量。
30分水に浸けたあと、火にかけ、沸騰したら2分から3分煮て火を止める。
生臭くなるのを防ぐため、加熱するとき鍋に蓋をしない。
注記:頭とはらわたを取り、小さく裂くとうま味成分がより抽出できる。

お問い合わせ

子ども施設課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(南館2階)

電話番号:088-621-5191・5193・5195

ファクス:088-621-5036

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

料理の基本

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る