このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

離婚後も氏を変えない。離婚したいが、今の氏を離婚後もそのまま名乗りたいときは?

最終更新日:2016年4月1日

<質問>

 離婚後も氏を変えない。離婚したいが、今の氏を離婚後もそのまま名乗りたいときは?

<回答>

 婚姻によって氏を改めた者は、離婚により、氏は原則として婚姻する前の氏に戻りますが、婚姻中の氏を離婚した後も引き続き名乗りたい場合は、離婚届と同時に、「戸籍法77条の2の届」をしてください。この届け出は、離婚後3ヶ月以内ならば、後から届け出することもできます。
 ただし、一旦「戸籍法77条の2の届」をした後に、「やっぱり旧姓にもどりたい」と言ってもそれは簡単にはできません。どうしても変更したい場合は、家庭裁判所の許可が必要になります。「変更したい」というやむを得ない事由が認められ、許可が下りると、審判書謄本と審判確定証明書を添付して、住所地か本籍地の市町村役場に行き、「氏の変更届」をしてください。なお、本籍地以外に届け出される場合は、戸籍謄本が必要です。

この質問に対する連絡先

住民課戸籍係
 電話:088-621-5137
 電話:088-621-5138

お問い合わせ

住民課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館1階)

電話番号:088-621-5134・5135・5137・5138・5140

ファクス:088-655-8246

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る