このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

鉛製給水管について

最終更新日:2020年4月1日

質問

 鉛製給水管とは何ですか

回答

 給水装置の一部である給水管のうち、材質が鉛製のものを鉛製給水管といいます。
 鉛製給水管は、管内にサビが発生しないことや柔軟性に優れ加工・修繕が容易であることから全国的に使用されてきましたが、水道水への鉛溶出が問題となり水質基準が段階的に強化されています。
 徳島市においても大正15年の水道創設時から、道路内の配水管から宅地内のメーターまわりまでの給水管(口径50ミリメートル以下)に使用してきましたが、経年劣化に伴う腐食によって漏水が多発し始めたことから、昭和53年1月から新たに布設する給水管には使用していません。

 詳しくは、次のリンクでご確認ください。

 給水装置については、次のリンクでご確認ください。

この質問に対する連絡先

徳島市上下水道局
 水道整備課 計画係 電話:088-623-3972
 水道整備課 管理係 電話:088-623-1190

お問い合わせ

徳島市上下水道局 水道整備課

〒770-0847 徳島県徳島市幸町3丁目55番地(自治会館3階)

電話番号:088-623-1190

ファクス:088-623-1665

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る