このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

70歳未満の人が高額な診療を受けるとき

最終更新日:2016年4月1日

 70歳未満の徳島市国民健康保険被保険者が高額な外来診療を受けることになったとき、または入院するときに限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証を通院又は入院先の医療機関(保険薬局・指定訪問看護事業者を含む)に提出すると、窓口での保険治療負担が医療機関ごとに自己負担限度額までとなります。(住民税非課税世帯の方が入院する際には食事代も減額されます。)

申請に必要なもの

 国民健康保険被保険者証、世帯主及び対象者の印鑑、世帯主及び対象者のマイナンバーカード(個人番号カード)または通知カード
 来庁する人の本人確認書類(マイナンバーカード、免許証など)
 なお、代理人(対象者と同一世帯以外の人)が来庁するときは委任状が必要ですが、本人の被保険者証の提示を委任状の代わりにできます。

1か月の自己負担限度額(限度額が適用されるのは保険治療に対してです。保険治療外には適用されません。)
証区分 適用区分 3回目までの限度額

多数回該当
(注釈1)

一食あたりの
食事負担額

限度額適用認定証 上位
所得
252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円 360円
167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円 360円
一般 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円 360円
57,600円 44,400円 360円
限度額適用・
標準負担額減額認定証
市民税
非課税
世帯
35,400円 24,600円 過去12か月の入院日数が 90日までの入院
210円

90日を超える入院(注釈2)
160円

注釈1 多数回該当 直近12か月間に3回以上高額療養費の支給を受けた場合、4回目から自己負担限度額が軽減されます。

注釈2 過去12か月以内の入院日数(適用区分「オ」の証交付されていた入院期間に限る)が90日を超えたときは、長期該当認定の申請をすると、申請月の翌月から食事負担が160円に軽減されます。
〔申請に必要なもの〕 領収書など入院期間が確認できる書類、印鑑、限度額適用・標準負担額減額認定証

 限度額適用認定証の適用を受けて自己負担を支払ったときの高額療養費の払戻しは原則としてありませんが、「世帯合算」や「多数回該当」に該当するときは、診療月から2年以内は高額療養費の支給申請ができます。

(1) 世帯合算
 複数の医療機関等に入院・外来受診を行った場合や、徳島市国保同一世帯の他の方の受診について、窓口でそれぞれお支払いになった自己負担額を1か月(暦月)単位で合算することができます。
 合算額が、自己負担限度額を超えたときは、超えた分を高額療養費として支給します。ただし、70歳未満の方の受診については、1人が医療機関等ごとに21,000円以上の自己負担(保険薬局の自己負担を含む)のみ合算されます。

(2) 多数回該当
 診療月から遡って、1年間に既に3回以上高額療養費の支給を受けている場合には、4回目から多数回該当となり、その月の自己負担限度額が引き下げられます。医療機関等の窓口でお支払いの自己負担額が多数回該当処理されていない場合は、高額療養費として支給します。

関連情報

このページに対する連絡先

保険年金課給付係 本館1階7番窓口
 電話:088-621-5159
 FAX:088-655-9286

お問い合わせ

保険年金課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館1階)

電話番号:088-621-5156・5159・5161・5384

ファクス:088-655-9286

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

高額な診療を受けるとき

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る