このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

家庭や工場からでた汚水はどうやってきれいな水になるのですか。

最終更新日:2016年4月1日

<質問>

 家庭や工場からでた汚水はどうやってきれいな水になるのですか。

<回答>

 浄化センターに運ばれた下水は、沈砂池で下水の中含まれている砂や大きなごみが沈砂掻揚機と自動除塵機により取り除かれ、最初沈殿池に送られます。最初沈殿地では下水をゆっくり流していく間に汚泥を沈殿させ、上澄みを次の回転円盤接触槽に送ります。
 回転円板接触槽では、円板に付着した微生物により下水を浄化すると共に、微生物は次第に大きな固まりとなっていきます。回転円板接触槽を通過した下水は、最終沈殿池に流入します。最終沈殿池では、微生物の固まりを汚泥として沈殿させて、汚れの約90%が取り除かれて、下水はきれいになります。
 最終沈殿池からでた処理水は、浮遊物質分離装置を通って、さらに小さなごみを取り除きます。
 その後、処理水は、薬品により滅菌してから、御座船入江川に放流しています。

この質問に対する連絡先

中央浄化センター 処理場担当
 電話:088-621-5319
 FAX:088-655-9774

お問い合わせ

徳島市中央浄化センター 

〒770-0944 徳島県徳島市南昭和町3丁目66番地

電話番号:088-652-9406

ファクス:088-655-9774

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る