このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

国民健康保険の出産育児一時金、葬祭費の支給について

最終更新日:2016年4月1日

出産育児一時金

 徳島市国民健康保険に加入している人が出産したときには、出生児1人につき出産育児一時金42万円が支給されます。死産・流産でも妊娠12週以上であれば支給されますが、この場合は医師の証明が必要です。
 ただし、1年以上継続して被用者保険に加入していた人が、退職後6か月以内に出産したときは、以前に加入していた被用者保険から出産育児一時金が支給されますので、国民健康保険からは支給されません。

出産育児一時金の受け取り方法

 出産育児一時金の受け取りは、つぎの2つの方法から選択していただくことになります。

1 病院等への直接支払制度を利用

 出産される病院等で申請をしてください。
 病院等から請求される出産費用について、徳島市国民健康保険から病院等に出産育児一時金の範囲内で直接支払います。
注記 病院等によっては利用できない場合があります。海外での出産や助産制度を利用されたときは利用できません。また、出産費用が42万円未満の場合は、出産の1か月から2か月後に保険年金課から差額申請のご案内をお送りします。

(申請に必要なもの)

 出産される病院等でおたずねください。

2 世帯主名義の口座への振込

 直接支払制度を利用しなかったとき又は海外で出産したときは、出産後に保険年金課7番窓口で出産育児一時金の支給申請をしてください。世帯主又は出産した人の名義の口座に出産育児一時金を振り込みます。

(申請に必要なもの)

徳島市国民健康保険被保険者証
出産した人のマイナンバーカード又は通知カードと来庁する人の本人確認書類(マイナンバーカード、免許証など)
世帯主または出産した人の名義の振込先のわかるもの
印鑑(朱肉を使用するもの)
母子健康手帳(海外での出産の場合は、出産の事実を確認できる書類、日本語の翻訳文が必要)
出産費用の領収書(海外での出産の場合は不要)
病院等が発行する、直接支払制度について合意しなかった旨を記載した書類(海外での出産や助産制度利用の場合は不要)

葬祭費

 被保険者の人が死亡されたときは、葬祭を行った人に葬祭費(2万円)が支給されます。

申請に必要なもの

死亡した人の国民健康保険被保険者証(返却の場合を除く。)
死亡した人のマイナンバーカード又は通知カード(返却済みの場合を除く。)と来庁する人の本人確認書類(マイナンバーカード、免許証など)
葬祭を行った人の名義の振込先のわかるもの
葬祭を行った人がわかるもの(喪主の名前が記入された火葬許可証、葬祭料支払領収書、会葬お礼のはがきなど)
葬祭を行った人の印鑑(朱肉を使用するもの)

この内容に対する連絡先

保険年金課給付係
 電話:088-621-5159
 FAX:088-655-9286

お問い合わせ

保険年金課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館1階)

電話番号:088-621-5156・5159・5161・5384

ファクス:088-655-9286

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る