このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

入院のご案内

最終更新日:2017年5月19日

医師が入院をおすすめしましたとき・・・
それは患者さまの病気を一番早くなおす方法ですから、なるべく早く入院して、時期を失せず治療を受けてください。

手続きの場所

  • 入院が決まった患者さまは、入院受付で入院手続きを行ってください。
  • 入院当日は、再来受付機又は医事課で受付を行い、入院受付にお越しください。

提出書類

必要書類
種類 対象者 内容
健康保険証 全員 健康保険証
各種受給者証 該当者 「高齢者受給者証」、「乳児医療受給者証」、その他の医療費受給者証等
入院誓約書 全員 成年者で独立して生計を営んでいる方1名の保証人が必要です。
入院履歴申告書 全員 過去3ヶ月間の入院履歴を確認する書類です。
退院証明書 該当者 3ヶ月以内に他院に入院されていた場合。(入院されていた医療機関で発行)
限度額適用認定証 該当者 病院窓口での医療費の支払額が、高額医療の限度額までとなります。認定証の発行を受けましたら、1階医事課までご提示ください。
標準負担額減額認定証 該当者 市町村民税非課税世帯の方は食事負担額が減額されます。
認定証の発行を受けましたら、1階医事課までご提示ください。

入院に必要な携帯品

持参いただくもの
項目 内容
認め印 常時必要ではありません。手術、検査等の同意書に必要となります。
洗面用具 洗面器、コップ、歯ブラシ、歯磨き粉、石けん、洗髪用具、くし、タオルなど
食事用具 箸、スプーン、急須、湯呑みなど
日用品 ティッシュペーパー、スリッパ、バスタオル、ねまき、肌着など
電気器具 電気器具の持ち込みは、原則禁止しております。
やむを得ず持ち込む必要がある場合は、病棟師長にご相談ください。

注 手術、お産の場合等、さらに準備が必要な場合は、診療科より別途説明いたします。

注 貴重品は、自己管理としております。
 備え付けの"セーフティボックス"をご利用ください。

注 冷蔵庫、テレビは、床頭台に設置されているものをご利用ください。
 ご利用時には"プリペイドカード"の購入が必要です。
 なお、持ち込みは禁止しております。

入院費用

入院診療費の計算方法について

徳島市民病院では、入院診療費の計算方法として平成20年4月1日から「(DPC)診療群分類別包括評価支払い制度」を適用しております。

DPC(Diagnosis Precedure Combinasion)とは・・・
 入院中の「診断病名」と「治療内容」をもとに、医療費を計算する方法です。
 国で定めた診療群分類の「1日当たりの定額の医療費」(包括評価)+手術、麻酔など医師の専門的な技術を必要とする医療費(出来高評価)

注 当制度の対象とならない場合は、出来高算定方法となります。
 (回復期リハビリテーション病棟除く)

DPCの目的は・・・
 DPCは、医療の標準化を進めて、高品質の医療を提供することが目的です。徳島市民病院では、地域医療との連携を図りながら、皆様に安心して医療を受けていただけるよう努めています。

  • 次の方はDPCの対象となりません。
    ・回復期リハビリテーション病棟入院料を算定中の方
    ・自費診療や労災、公災の方
    ・DPC対象外の診断病名の方
    ・その他厚生労働省が別途定めた場合に該当の方

 注 入院途中で診断病名が変更、追加になった場合は、入院時にさかのぼって過不足金を調整させていただきます。
 注 入院費についてのお問い合わせは、1階医事課で承っております。

DPCに関するQ&A

Q

すべての入院患者さまが対象となるのですか?

A

基本的に一般病棟に入院される全ての患者さまがDPCの対象となりますが、次の場合を除きます。
出来高算定方法となる場合

  • 診断病名や治療内容が、DPCに該当しない場合。
  • 自費診療(自賠責を含む)、労災・公災保険を使用される方。
  • その他厚生労働省が別途定めた場合に該当される方。

その他の算定方法となる場合

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料を算定中の方。

Q

DPCでは、病名によって医療費が変わると聞きましたが、入院途中で病名が変更になった場合はどうなりますか?

A

最初に考えられていた病気とは異なる病気であるということが判明した場合、または治療する病気が追加となった場合、診断群分類が変更になることがあります。その際には、入院初日にさかのぼって医療費の過不足を調整させていただくことになりますので、ご了承願います。

Q

出来高算定方法と比較して、入院診療費はどうなりますか?

A

DPCでは入院中の診断病名と治療内容によって、入院1日あたりの医療費が決まります。
よって出来高よりも高くなる場合もあれば、安くなる場合もあります。また、入院日数によっても1日当たりの医療費が3段階に変わる仕組みになっています。

Q

入院医療費の支払い方法はどうなりますか?

A

入院中の定期請求は月1回(月末締め)となります。翌月10日過ぎに請求書を配布します。
退院時請求は、退院日にお支払いください。(退院日が休日の場合は、退院前の平日にお支払いいただきます。ただし、診療内容により追加料金の発生する場合がございますので、あらかじめご了承ください。)

Q

高額医療の取扱いはどうなりますか?

A

高額医療費制度は保険者で払戻が受けられます。
保険証、領収証、印鑑をお持ちのうえ、ご加入の保険者で手続きをなさってください。
なお、「限度額認定証」をお持ちの方は、1階医事課にご提示ください。

Q

食事代・個室代の取扱はどうなりますか?

A

入院時食事療養費の標準負担額、個室代は診療費と別に請求となります。
食事負担について「標準負担額減額認定証」をお持ちの方は、1階医事課にご提示ください。

駐車場

駐車台数が限られているため、入院患者さまの駐車はご遠慮ください。
付き添い人、見舞い人等の駐車料金は次のとおりです。

料金
時間 料金
30分以上1時間未満 100円
1時間を超え10時間未満 1時間ごとに100円を加算
10時間を超え24時間以内 1,000円

使用料

4床部屋については、室料差額は必要ありません。

設備は次のものが備え付けてあります。

  • テレビ
  • 冷蔵庫(プリペイドカードを購入のうえご利用ください)
  • 洗面
  • トイレ
  • 収納
室料差額(設備については、4床部屋との相違を記載)
種別 設備 単位 金額
特別室A テレビ・冷蔵庫(そのままご利用いただけます)
電話(市内通話(088)はご利用いただけます)・ユニットバス・ミニキッチン
1日につき 12,960円
(12,000円)
特別室B ユニットシャワー 1日につき 6,480円
(6,000円)
個室 1日につき 5,400円
(5,000円)

注 ( )内は、消費税法別表第1の第8号に該当する場合の額

特別分娩室(LDR)

"LDR"とは、Labor(陣痛)・Delivery(分娩)・Recovery(回復)の頭文字をとったものです。

陣痛から出産、回復までを1つの部屋でゆったりと過ごせるよう、こう名付けられました。

出産の進行に伴う部屋の移動を行わずに、リラックスした雰囲気でご家族と一緒に出産を迎えることが可能です。

ご希望の方は、産婦人科外来で説明をお聞きになってお申し込みください。

1分娩につき・・・・・・20,000円

院内施設について

施設内容
種別 設置場所
売店 1階
(営業時間:午前7時から午後9時)
食堂 1階(土曜・日曜、祝日は休業)
(営業時間:午前8時から午後5時)
注 ラストオーダー午後4時
理容室 1階(土曜・日曜、祝日は休業)
(営業時間:午前8時30分から午後5時)
コインランドリー 各病棟に洗濯機、乾燥機を設置
(使用時間:午前8時から午後8時)
公衆電話 各病棟のデイルームに設置

面会時間について

面会時間は次のとおりとなっております。

時間
区分 時間
平日 午後2時から午後8時
休日(土曜・日曜・祝祭日・年末年始) 午前10時から午後8時

面会の方は、次の事項をお守りください。

  1. 面会の方は、まず病棟のスタッフステーションに申し出て、看護師の許可及び指示を受けてから面会してください。
  2. お子さまはなるべく面会にお連れにならないでください。また、多数での面会や、体調の悪い方の面会はご遠慮ください。
  3. 面会時間は短時間で留めるようご配慮ください。
  4. 面会の方の病室内での宿泊は、固くお断りいたします。
  5. 患者さま又は同室の患者さまの病状により面会、電話の取次等をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。
  6. 感染予防のため、廊下に設置してある消毒液で手指を消毒して病室にお入りください。

付き添いについて

原則的に付き添いは必要ありません。ただし、患者さまの病状により主治医が必要と認めた場合はこの限りではありません。(カードを身につけていただきます。)
付き添いを希望される場合は、病棟看護師へご相談ください。

個人情報保護について

ご希望の確認と変更

  • 療養や各種手続き上必要な場合は、患者さまご自身に電話等で連絡する場合があります。ただし、事前に連絡を拒否する申し出のあった場合は連絡をいたしません。
  • 氏名での呼び出しや、病室における氏名の掲示を望まない場合は、お申し出ください。ただし、事故防止や安全確保のためには、呼名および氏名の掲示が望ましいと考えます。
  • 電話あるいは面会者からの、部屋番号等の問い合わせへの回答を望まない場合はお申し出ください。

医療福祉相談

患者さまのさまざまなご相談に、社会福祉の専門の立場から援助する医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)が対応いたします。医療費、社会福祉制度など、お気軽にご相談ください。

 相談受付時間:平日 午前9時から午後4時

その他

  • 喫煙について
    院内は、「敷地内禁煙」となっております。
    面会の方にも守っていただくようお伝えください。
     敷地内全面禁煙についてはこちら
  • ご意見箱について
    患者さまやご家族のご意見やご希望を聞かせていただく手段として、「ご意見箱」を設置しております。
  • 入院中の生活について
    各病棟備え付けの「入院生活のしおり」をご参照ください。
  • 携帯電話について
     携帯電話についてはこちら
  • 退院について
    入院をお待ちになっている患者さまのため、午前中退院へのご協力をお願いします。

お問い合わせ

徳島市民病院 医事経営課

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話番号:088-622-5121(代表)

ファクス:088-622-5313

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

入院・面会のご案内

携帯サイトのご案内

診療科紹介

部門紹介

日本医療機能評価機構認定病院

地域がん診療連携拠点病院

徳島DMAT指定病院

患者支援センター

脊椎・人工関節センター

地域周産期母子医療センター

がんセンター

徳島市民病院ボランティア

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る