このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

保険料について

最終更新日:2017年7月31日

後期高齢者医療制度の保険料

 後期高齢者医療制度においては、保険料は一人ひとりが納めます。
 年間保険料の確定は8月です。

保険料の決め方

 保険料は、被保険者の負担能力に応じて賦課される所得割額と、被保険者全員が等しく負担する被保険者均等割額で構成されています。
 
  一人当たりの年間保険料額 = 被保険者均等割額 + 一人当たりの所得割額

  年間の賦課限度額は57万円です。 

保険料率について

 保険料率は、徳島県後期高齢者医療広域連合において決定されます。
 徳島県内一律に設定されており、二年ごとに見直しが行われます。

平成28年度及び平成29年度の保険料率

 均等割額 52,913円  
 所得割率 10.98%

所得割額の算出方法について

 所得割額は、被保険者本人の基礎控除後の総所得金額等(旧ただし書所得)×所得割率で計算されます。
 
 総所得金額等とは、地方税法第314条の2第1項に規程する総所得金額及び山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得の金額の合計額から同条第2項の規程による控除をした後の総所得金額及び山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得の金額の合計額です。

  • 遺族年金や障害年金などの非課税年金は除きます。
  • 雑損失の繰越控除は適用されません。
  • 免税となる肉用牛の売却所得については、総所得金額に含みます。

 
 

保険料の軽減措置

低所得世帯に対する保険料の軽減

均等割額の軽減について

 低所得者への保険料負担軽減を計ることから、保険料の所得割額と被保険者均等割額のうち、 被保険者均等割額を所得に応じて、9割、8.5割、5割、2割の4段階で軽減します。

被保険者均等割額の軽減

同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得金額等の合計額

軽減割合 軽減額 軽減後均等割額
総所得金額等が基礎控除額33万円以下で、被保険者全員の各所得が0円かつ年金収入が80万円以下である場合 9割

47,622円

5,291円
総所得金額等が基礎控除額33万円以下である場合 8.5割 44、977円 7,936円
総所得金額等が基礎控除額33万円+(27万円×被保険者数)以下である場合 5割 26,457円 26,456円
総所得金額等が基礎控除額33万円+(49万円×被保険者数)以下である場合 2割 10,583円 42,330円

軽減割合のうち、9割及び8.5割は特例措置によるもので、本来は7割軽減となります。

所得割額の軽減について

 保険料の算定に用いる基礎控除後の総所得金額等が58万円以下の人については、所得割額の2割が軽減されます。
 申請は不要です。

被用者保険の被扶養者に対する保険料の軽減(特例措置)

 後期高齢者医療制度の被保険者になる前日まで、協会けんぽや共済組合、健保組合などの被扶養者であった人は、新たに本人に保険料の負担が課せられることから、所得割がかからず、被保険者均等割額が7割軽減されます
 申請は不要です。

保険料の減免について

 自然災害や、徳島県後期高齢者医療広域連合条例に基づき、保険料及び一部負担金の減免制度があります。

 自然災害や火災(火災の損害程度が半焼以上)により、重大な損害を受けたとき
 世帯主の収入が著しく減少したことにより、生活が困窮になり納付困難になったとき

 災害の程度や、申請方法、必要書類など、詳しくは保険年金課までお問い合わせください。

この内容に対する連絡先

保険年金課国保担当
 電話:088-621-5156
 電話:088-621-5157
保険年金課収納担当
 電話:088-621-5384
 電話:088-621-5165

お問い合わせ

保険年金課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館1階)

電話番号:088-621-5156・5159・5161・5384

ファクス:088-655-9286

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る