プラマークごみの出し方にご注意ください

更新日:2021年4月1日

 家庭から出るプラマークごみの中には、プラスチック製容器包装に分類されないもの、リサイクルできない状態のもの、または、2重・3重袋になっている収集袋が、まだまだ多く混入しています。
 プラスチック製容器包装リサイクルの品質を向上させ、ごみの減量を達成するためには、適正な分別排出が、必要不可欠です。
 また、釣り針、包丁、注射針、カミソリ、ライターなどの危険物も混入されています。プラマークごみは、人の手による選別・仕分け作業を行っており、このような危険物が混入されていると、作業員がけがをするなどの重大な事故が発生する恐れがあります。
 プラマークごみは、以下の識別マークがついているものが対象です。
 容器包装ごみ以外のものや危険物が、混入されないようご協力をよろしくお願いいたします。

プラスチック製容器包装ごみの識別マーク

混入されていた危険物及び容器包装以外のもの

混入されていた他素材容器包装(缶、ビン、紙製容器包装)の写真

混入されていた容器包装以外のプラスチック製品等の写真

混入されていたその他のプラスチック製容器包装以外のものの写真

混入されていた釣り針の写真

混入されていた注射器・針の写真

混入されていたガスライターの写真

混入されていた刃物の写真

この内容に対する連絡先

環境政策課 ごみ減量対策係
 電話:088-621-5202
 FAX:088-621-5210

環境政策課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館10階)
電話:088-621-5202・5206・5217
ファクス:088-621-5210