このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

徳島市名誉市民に多田 小餘綾さん

最終更新日:2017年4月1日

 徳島市では、市民または本市に出生した人で、社会文化の進展に著しく貢献した人に対して、徳島市名誉市民の称号を贈り、その功績を表彰しています。今回、5人目となる名誉市民の称号を、4月27日に「阿波よしこの」の名手、お鯉さんこと多田 小餘綾(ただ こゆるぎ)さん=徳島市南二軒屋町=に贈りました。

お鯉さんの軌跡

 多田 小餘綾さんは明治40年4月、徳島市大道3丁目に生まれました。
 三味線を習い始めたのは小学校入学前、6歳の頃。その後、10歳のときに清元 延喜久(きよもと のぶきく)氏に弟子入りし、本格的に三味線を修行しました。
 新町小学校を卒業後、芸妓の道を志し、大正9年に芸妓「うた丸」としてお披露目、大正12年に「こゆるぎ」名で自前芸者となり、昭和5年、「お鯉」と改名。その鍛えられた美声と三味線の技をもって広く知られるようになりました。
 昭和6年に、日本コロムビア大阪支社で「徳島盆踊唄(よしこの)」と「阿波風景」をレコードに収録、翌年発売。これが「阿波よしこの」の初レコード化であり、全国に阿波おどりのリズムが知られるきっかけとなりました。
 昭和8年には長唄の名取、松永 和三雄(まつなが わさゆう)となり、その2年後、昭和10年に「阿波盆踊唄(よしこの)」と「せきぞろ」を発売。
 翌、昭和11年には、タイヘイレコードと専属契約を結び、「東の市丸、西のお鯉」として全国に知られるレコード歌手、日本の「歌姫」として活躍しました。
 昭和21年12月、疎開先から徳島市に戻ると、戦後、復活した阿波おどりの宣伝のためキャラバン隊に参加、県外で「よしこの」を披露し、阿波おどりとともに広く知られるようになりました。
 昭和24年の暮れには、料亭「言問」を栄町に開業し女将として店を切り盛りする傍ら、昭和34年には「阿波踊り」「阿波踊り囃子」を発売。同年、NHK徳島放送局や四国放送が相次いでテレビ放送を開始したのに伴って、ラジオ・テレビにも数多く出演するようになりました。
 その後、昭和62年にはカセットテープ「唄いつづけて70年、阿波よしこの・お鯉」を発売、平成10年には「阿波の心」「思い出の唄」の2枚のCDを制作、平成18年には「お鯉 唄声は時代を超えて」のCDアルバムを制作しました。
 このように、多田小餘綾さんは、長年にわたり、「阿波よしこの」の第一人者として、地元徳島に根を下ろし、阿波文化の継承、発展に貢献されるとともに、後継者の育成にも力を注がれました。

名誉市民に選ばれて

 このたびは、思いがけなく徳島市名誉市民の栄誉を授かり、ありがたく感謝申しあげます。私、今百歳、この時にこのような大きい栄誉を頂き、不思議な縁を感じます。天にいる父母によいお土産ができました。
 長い人生、山あり谷ありでしたが、好きなお芸の道に打ち込んでこられたことは、幸福な人生でした。六歳の習い始めから今日まで、三味線を離したことはありませんでした。戦争中にも田舎へ三味線を疎開させ、皆から非国民とののしられたこともございましたがずっと弾き続けてまいりました。長唄、小唄、端唄、清元と唄ってまいりましたが、最後にはいつも「阿波よしこの」でございました。
 思えば、「阿波よしこの」は、昭和六年にレコードに吹き込み、その後何回もいろいろ工夫して、レコード、カセットテープ、CDへと唄い方も少しずつ変わっていきました。本当によく勉強したように思います。
 私と一心同体のように、弾き唄ってまいりました。とうとう、百歳で弾き唄いたいという念願がかない、思い残すことはございません。
 徳島に生まれ百年、大好きな「阿波よしこの」と一生をともに過ごし、健康であったならばこそと、何にも誰にも感謝し、あとわずかの残りの人生を大事にしてまいりたいと思っております。
 ありがとうございました。

お鯉さんの受賞歴

  • 昭和28年7月 NHK徳島放送局より「地方放送文化賞」受賞。
  • 昭和62年6月 阿波おどりの名を全国に広めたことにより「徳島県知事表彰」受賞。
  • 平成元年10月 徳島市置市百周年を記念して、「よしこの」の保存継承ならびに後継者育成の功績により「徳島市長表彰(特別市政功労者)」受賞。
  • 同年11月 地域文化の振興に尽力したことで、文部大臣より「地域文化功労賞」受賞。
  • 平成2年11月 郷土の文化向上の発展に貢献したことにより「徳島県文化賞」受賞。
  • 平成4年 「朝日新聞阿波おどり大賞」受賞。
  • 平成17年10月 地域文化の向上発展に尽くしたことで、ポーラ伝統文化振興財団より「第25回伝統文化ポーラ賞優秀賞」受賞。
  • 平成18年10月 多年にわたる阿波おどりの隆盛への貢献と、阿波文化の継承・発展に尽力したことにより「県民栄誉賞」受賞。

お問い合わせ

秘書課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館8階)

電話番号:088-621-5014

ファクス:088-621-5007

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

徳島市名誉市民

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る