蜂・マムシに注意しましょう

更新日:2021年4月1日

 夏は蜂やマムシに遭遇する危険が高まります。被害にあわない対策をしましょう。

対策と対応
  被害にあわない対策 被害にあった場合の対応
  • 白い帽子や衣服を着る。
  • 整髪料や香水をつけない。
  • 遭遇したら、ゆっくり遠ざかる。
  • 蜂の巣に近づかない。
  • 手で払わない。
  • すぐに毒を指で絞り出し、水で洗い流す。
  • 抗ヒスタミン剤、ステロイド剤を塗布する。
  • 早めに皮膚科を受診する。

★ 過去に一度刺されていると「アナフィラキシーショック」を起こす可能性があり、特に注意が必要です。

マムシ
  • 茂みや落ち葉の多い場所には踏み込まない。
  • 石垣などの近くに近づかない。
  • 速やかに傷口から毒液を絞り出し、水で洗い流す。
  • 傷口の上部(5~6cm)をタオルなどでしばる。
  • 安静にして病院に搬送する。

健康長寿課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(南館2階)
電話:088-621-5512・5517・5521・5523・5574
ファクス:088-655-6560