ワクチンの種類と注意事項

更新日:2021年10月4日

ワクチンについて(接種回数と接種の間隔)
製薬会社 接種回数 接種間隔 対象年齢
ファイザー社 2回/人 標準として、1回目の接種から3週間後に2回目を接種します。 接種する日に12歳以上の方
アストラゼネカ社 2回/人

1回目の接種から4~12週間後に2回目を接種します。
ただし、最大の効果を得るためには、8週以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。

接種する日に原則40歳以上の方
(特に必要がある場合は18歳以上の方)

武田/モデルナ社 2回/人 標準として、1回目の接種から4週間後に2回目を接種します。 接種する日に12歳以上の方

必ず同じ製薬会社のワクチンで接種してください。
標準の接種間隔を超えても、2回目の接種を受けることができます。接種できる間隔の上限が決められているわけではありません。接種を1回目からやり直す必要はありませんので、なるべく早く、2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。
なお、標準の接種間隔を超えた場合の効果は十分に検証されていませんが、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間(ファイザー社のワクチン)または4週間(武田/モデルナ社のワクチン)を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。

説明書

健康長寿課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(南館2階)
電話:088-621-5512・5517・5521・5523・5574
ファクス:088-655-6560