カラオケ店等における新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願いについて

更新日:2020年8月28日

カラオケ店等における新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い

 新型コロナウイルス感染症については、7月以降、県内での感染事例が増加する中、阿南市のカラオケ店において集団感染(クラスター)が発生し、その後、小松島市のカラオケ店においても、これに伴う関連クラスターが発生しました。
 徳島市内のカラオケ店等においては同様の感染事例はまだ発生していませんが、感染拡大を未然に防止するため、市民の皆さま及び歌唱を伴う飲食店を経営する事業者の皆さまは、次のことにご協力をお願いします。

                           徳島市新型コロナウイルス感染症対策本部

市民の皆さまへ

歌唱を伴う飲食店を経営する事業者の皆様へ

<特にご注意いただく事項>

  • 利用者や従業員は、マスクやフェイスシールド等の目や顔を覆う防護具を装着して、歌唱や会話をする。
  • グループ間はテーブルをパーティション等で区切るか、できるだけ2m(最低1m)以上の間隔を空け、横並びで座れるよう配置を工夫し、カウンター席は密着しないよう適度なスペースを空ける。
  • 名簿等での顧客管理(連絡先の名簿記載)を徹底する。

<その他の感染拡大予防の取組例>

  • 定時の換気の徹底
  • 店内の定期的な消毒の徹底(マイク等)
  • 従業員や来店客の体調管理の徹底


感染拡大予防ガイドライン実践店ステッカー


事業者版スマートライフ宣言