津波避難ビル・緊急避難場所

 徳島市では、南海トラフ巨大地震に伴う津波の発生に備え、津波発生時の一時的な避難場所として津波避難ビル・緊急避難場所を指定しておりますが、平成24年10月31日に徳島県から公表された「津波浸水想定」では、津波浸水域がこれまでの想定より大きく拡がったことから、さらなる津波避難ビル・緊急避難場所の指定拡充が必要となっております。
 今後も、各地区で津波避難ビル・緊急避難場所の指定を進めてまいりますので、市民の皆様の御理解・御協力をお願いいたします。

遠地津波について

 本市が指定している津波避難ビルの中には、地震動を感知し、自動的に「かぎ保管庫」の扉を解錠する地震連動自動解錠かぎ保管庫を設置している施設があります。
 遠地津波においては、地震の揺れを感知しない場合も想定されるため、地震連動自動解錠かぎ保管庫を設置している施設には、避難することができません。
 遠地津波の時には、「かぎ保管庫」を設置していない津波避難ビルに避難するか、津波の影響のない場所に避難するようにしてください。

 市内の各行政区別の津波避難ビル・緊急避難場所の指定状況については、次の項目をクリックすると見ることができます。

行政区別