交通安全運動等の推進について

更新日:2020年5月28日

交通安全運動等の推進

 交通安全運動は、広く市民に交通安全思想の普及・浸透を図り、市民一人一人が交通ルールを守り、正しい交通マナーの実践を習慣づけながら、安全で安心な徳島の交通社会の実現に向けて、市民総ぐるみで交通事故防止に取り組みます。

交通安全年間スローガン

 『 ゆとりもち しわしわいかんで 阿波の道 』

交通死亡事故抑止重点(徳島セーフティ5)

  ・子供と高齢者の交通事故防止
  ・夜間の交通事故防止(特に薄暮時間帯の死亡事故抑止)
  ・飲酒運転等悪質危険運転の根絶
  ・全席シートベルトの正しい着用の徹底
  ・自転車利用者に対する交通ルールの周知

推進計画

 各期の交通安全運動

   ・春の全国交通安全運動   4月6日(月曜日)から4月15日(水曜日)までの間
   ・秋の全国交通安全運動   9月21日(月曜日)から9月30日(水曜日)までの間
   ・年末年始の交通安全県民運動   12月10日(木曜日)から1月10日(日曜日)までの間

 法令の遵守を促進する運動

   ・自転車交通安全運動月間   4月1日(水曜日)から5月31日(日曜日)までの間
   ・交通マナーアップ推進月間   7月1日(水曜日)から8月31日(月曜日)までの間
   ・運転中の携帯電話等使用撲滅月間   8月1日(土曜日)から8月31日(月曜日)までの間

交通安全キャンペーンの様子の写真
鷲の門前において実施した自転車の交通マナーアップキャンペーンの状況

 交通安全日

   ・県民交通安全参加日(毎月20日)
   ・子供と障がい者、高齢者を守る日(毎月5日)

徳島市独自の取り組み

  • 交通安全&消費者被害防止キャンペーン

 イオンモール徳島のUZUコートにおいて、徳島県警察音楽隊や音楽ユニット「ゆりり」による演奏を行った後、自転車シミュレータによる運転体験、JAF職員による子供運転免許証作成、白バイの乗車写真撮影、消費者生活相談の各コーナーを設置して、親子等多数の来場者でにぎわった。

 


キャンペーン会場にて警察音楽隊が演奏


JAF職員による子供運転免許証作成


自転車シミュレータによる体験教室


音楽ユニット「ゆりり」の演奏

  • 高齢者交通安全のつどい

 徳島市老人クラブ連合会、徳島中央警察署及び関係団体が協力し、高齢者が被害に遭いやすい交通事故と特殊詐欺について、被害防止のポイントを寸劇や笑いを交えた講話で、楽しくわかりやすい講習を実施し、参加者にはミニライトや反射材などが配付されました。 


市民生活課長の挨拶


警察本部交通安全教育隊による交通安全講話

  • チャイルドシート着用モデル幼稚園・保育所の指定事業

 徳島市と警察署が毎年、市内の幼稚園や保育所から3施設にチャイルドシート着用モデル指定書を交付し、幼児を送迎する保護者を対象にJAF職員がチャイルドシートの正しい取付要領や着用効果を講習するなどして、チャイルドシート着用率100パーセントを目指します。


JAF職員によるチャイルドシート取付要領の講習


幼児に対する交通安全教室

この内容に対する連絡先

市民生活課 交通安全担当
 電話:088-621-5130
 FAX 088-621-5128

市民生活課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館1階)
電話:088-621-5130
ファクス:088-621-5128