このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

幼児教育・保育の無償化について

最終更新日:2019年10月10日

幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が開始されます

 令和元年5月に、子ども・子育て支援法・児童福祉法の一部を改正する法律が成立し、令和元年10月1日から、幼児教育・保育の無償化が開始されます。
 幼児教育の負担軽減を図る少子化対策や生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性の観点などから、3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する子どもたちの利用料が無償化されます。併せて、住民税非課税世帯の0歳から2歳の子どもたちの利用料も無償化されます。

無償化の対象

無償化の対象
施設類型 対象者(4月1日時点の年齢) 無償化上限額(月額)
認可保育所、認定こども園、地域型保育事業所(2号、3号認定を受けて利用している場合) 保育の必要性がある住民税非課税世帯の0歳から2歳児 全額
保育の必要性がある3歳から5歳児 全額

幼稚園、認定こども園
(1号認定を受けて利用している場合)

3歳から5歳児(満3歳児含む) 全額
私立幼稚園
(子ども・子育て支援新制度未移行の園)
3歳から5歳児(満3歳児含む) 25,700円
国立大学附属幼稚園 3歳から5歳児 8,700円

(1)
保育の必要性の認定

幼稚園、認定こども園(1号認定)の預かり保育 (注) 保育の必要性がある3歳から5歳児 11,300円

(2)
保育の必要性の認定

認可外保育施設
一時預かり事業
病児保育事業
ファミリ‐・サポ‐ト・センタ‐事業
保育の必要性がある住民税非課税世帯の0歳から2歳児 42,000円
保育の必要性がある3歳から5歳児 37,000円

企業主導型保育事業

保育の必要性がある住民税非課税世帯の0歳から2歳児 標準的な利用料
保育の必要性がある3歳から5歳児
障害児通所事業所 3歳から5歳児(満3歳児になって初めての4月1日から3年間) 全額

 無償化の給付については、施設の所在地ではなく利用者の住所を基準として行われます。徳島市外にお住まいで徳島市内の施設を利用している方はお住まいの市町村へ無償化に関する申し込み等をしていただく必要があります。
 (注) 幼稚園や認定こども園(1号認定)の在籍者で、在籍園の預かり保育を利用している場合、教育時間+平日の預かり保育の提供時間数が1日当たり8時間未満または、年間開所日数が200日未満の場合に限り、認可外保育施設等を併用した場合も無償化対象となります、ただしこの場合も、在籍園の預かり保育を含め、保育にかかる無償化の上限月額は11,300円です。(住民税非課税世帯の満3歳児は月額16,300円)
 (徳島市内で預かり保育+認可外保育施設等の併用可能な施設は、市立幼稚園・市立認定こども園、国立大学附属幼稚園です。)
 なお、預かり保育の利用日数×日額単価(450円)で、月毎に給付限度額を計算します。

無償化の対象となるためには、上の表の(1)~(2)については、市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

 「保育の必要性の認定」には、就労等の要件(認可保育所の利用と同等の要件)があります。
手続き方法等の詳細は、下記リンク先へ。
 施設等利用給付認定の手続きについて

企業主導型保育事業を利用の場合

 企業主導型保育事業を従業員枠でご利用の方は、申請の必要はありません。
地域枠でご利用の方は、教育・保育認定が必要です。
 新規ウインドウで開きます。子ども・子育て支援新制度 教育・保育の認定

給食費の取り扱いの変更

 これまで、3歳から5歳の子どもの給食費について、主食(お米等)分については直接、保育所または認定こども園等にお支払いいただいており、副食(おかず等)分については、保育料の一部として負担いただいていました。
 国の制度として、幼児教育・保育の無償化の制度開始後においても、給食費については、引き続き保護者の皆様に、負担いただくことが原則となっております。
 今後は、主食分と副食分をまとめて保育所または認定こども園等にお支払いいただくことになりますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。
 その際、保育所または認定こども園等から、皆様に金額や理由等を書面で説明し、同意を求めることになりますので、この点についてもご協力をお願いいたします。
 なお、副食費については、多子世帯等の条件により免除の対象となる方がございますが、その方には、後日徳島市から書面にてお知らせをいたします。

よくある質問

 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。 無償化に関するよくある質問(PDF形式:120KB)

無償化の対象となる保育施設等一覧

幼児教育・保育の無償化に伴う手続き等について

各種様式

 施設利用費請求書及び請求書記載例

    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。請求書記載例(PDF形式:558KB)         

    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。請求書記載例(PDF形式:564KB)

    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。請求書記載例(PDF形式:561KB)

 特定子ども・子育て支援提供証明書

    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。提供証明書記載例(共通・償還払い)(PDF形式:149KB)
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。提供証明書記載例(病児保育事業)(PDF形式:158KB)
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。提供証明書記載例(預かり保育事業)(PDF形式:150KB)

関連ホームページ

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。内閣府(幼児教育・保育の無償化)(外部サイト)

子ども企画案内図
子ども企画課案内図

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども企画課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館3階)

電話番号:088-621-5240・5244

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る