このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

寒山寺図

最終更新日:2018年9月28日

絹本著色 99.6×40.2 江戸時代

真ん中に大きな松が伸び、岸辺には二艘の船が浮かび、遠山の上の月が夜を照らしている。船の人物は良い顔をしてうたた寝をしている。手前の岩は謹直である。
寒山寺は、中国江蘇州市楓橋鎮にある寺。梁の天監年間(502~519)に創建された妙利普明塔院という寺であったが、唐の貞観年間(627~649)に高僧の寒山と拾得が住職を務めたと伝えられ、後に寒山寺と改められた。唐代の詩人張継の「楓橋夜泊」の詩は有名であるが、本作品はその詩「月落ち鳥啼いて、霜天に満ち、江楓の漁火、愁眠に対す、姑蘇城外の寒山寺、夜半の鐘声、客船に到る」に取材したものである。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る