このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立 徳島城博物館
  • ご利用案内
  • 常設展示
  • 企画・特別展示
  • 催し物
  • 講座
サイトメニューここまで


本文ここから

源氏物語図

最終更新日:2018年9月28日


三幅対 守住貫魚筆 絹本著彩 各縦125.7×横32.1cm 明治

 「源氏物語」を描く。中央は巻四「夕顔」、左が巻二十一「朝顔」、右は題材が特定できなかったが「源氏物語」の一場面を題材にしたと考えられる。
 「夕顔」は、源氏が貧家の板塀に咲く夕顔を所望したところ、扇に載せた花が源氏にもたらされ、その扇には女の手で和歌が書かれており、源氏の好奇心を誘ったという場面を描いている。
 また、「朝顔」は、雪の庭に月の照り映える夜、源氏が亡き藤壺をしのびながら女童に雪転がしをさせている場面。右の作品は扇をかざす女性に梅が描かれている。
 落款は「清原貫魚□(朱文方印「善守」)」とある。「善守」は明治15年の内国絵画共進会で受賞した銅印である。

お問い合わせ

徳島市立徳島城博物館

〒770-0851 徳島県徳島市徳島町城内1番地の8

電話番号:088-656-2525

ファクス:088-656-2466

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島城博物館

〒770-0851 徳島市徳島町城内1番地の8

電話:088-656-2525 ファクス:088-656-2466

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る