このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

新築住宅の軽減例

最終更新日:2020年4月17日

質問

 次のような併用住宅を新築しました。令和2年度分の家屋に係る固定資産税額はいくらになりますか。(税率は1.4%で計算します。)

  • 構造…木造2階建
  • 建築時期…令和元年7月
  • 床面積…160平方メートル
    (居住部分100平方メートル、店舗部分60平方メートル)

* 令和2年度価格…12,000,000円
(1平方メートル当たり75,000円)

回答

1.減額措置が受けられます。
 居住部分割合要件:
 100÷160≧2分の1
 なお、店舗部分の割合が2分の1を超えると、減額措置は受けられません。
 床面積要件:
 50平方メートル≦100平方メートル≦280平方メートル
2.減額される額
 12,000,000円×100分の1.4×160分の100×2分の1=52,500円
3.令和2年度分の固定資産税額
 168,000円-52,500円=115,500円
 ↑
 (12,000,000円×100分の1.4)

この質問に対する連絡先

資産税課 家屋担当
 電話:088-621-5072
 電話:088-621-5073

お問い合わせ

資産税課

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館2階)

電話番号:088-621-5069

ファクス:088-623-8115

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る