このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで


本文ここから

新型コロナウイルス感染者の発生及び感染拡大防止のためのお願いについて(8月13日)

最終更新日:2020年8月14日

市民・事業者の皆さまへ

 「とくしまアラート感染拡大注意」が発動されている中、県で新たに8人、市で新たに4人の感染者が確認されました。
 これにより、県では10日連続での感染者発生となります。
 お盆の期間を迎えて、人の移動が活発となる中、本市として、これ以上の感染拡大は何としても食い止めなければなりません。
 感染拡大防止には、市民・事業者の皆さま、お一人おひとりの感染予防の取組が不可欠です。
 市民・事業者の皆さまには、次の取組をお願いします。

  • 基本的な感染拡大予防対策(熱中症に配慮してのマスク着用、手洗い・手指消毒、咳エチケット、3密の回避)を徹底してください。特に、重症化のリスクが高いとされる高齢者や基礎疾患のある方と会われる際はご注意ください。
  • とくしまアラート感染拡大注意に基づく取組(会食の場などの飛沫感染リスクが高い場所での大声での会話を慎む、発熱等の体調不良者を業務に従事させない等)を徹底してください。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)、とくしまコロナお知らせシステムを活用してください。
  • お盆の帰省・旅行等に関しては、次のとおりお願いします。

 ・発熱等の症状がある方や、最近2週間以内に感染リスクが高い場所に行った方は自粛してください。
 ・訪問する各都道府県知事からのメッセージ(下記にリンクあり)を事前に確認し、感染予防を徹底してください。

  • 発熱の症状がある等、感染が心配な方は、「帰国者・接触者相談センター(電話番号:088-602-8907)」へ相談してください。

                                 徳島市長 内藤 佐和子
                               
                               

感染拡大予防の取組にご協力ください

  • 基本的な感染拡大予防(マスク着用・手洗い手指消毒・咳エチケット・3密の回避)の実施
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) ・とくしまコロナお知らせシステムの活用
  • とくしまアラートに基づく取組の実施(会食の場などの飛沫感染リスクが高い場所での大声での会話を慎む、発熱等の体調不良者を業務に従事させない 等)

お盆の帰省に関するお願い

  • 発熱等の症状がある方や、最近2週間以内に感染リスクが高い場所に行った方は、帰省を自粛してください。
  • 帰省される方は、訪問する各都道府県からのメッセージ(下記リンクを参照)を事前に確認し、感染拡大防止を徹底してください。

「おもいやり」と「やさしさ」の輪を広げましょう

 新型コロナは、あなたご自身も含め誰もが感染しうる病気です。
 新型コロナとの闘いを克服していくため、ひとりも取り残されず、みんな人間として、命も健康も、そして平穏な暮らしも、私たちみんなの決意と実践で守り抜いていきましょう。

新たな感染者について

県内の発生状況

8月中の帰省に関する各都道府県からのメッセージを確認しましょう

とくしまアラート感染拡大注意について

新型コロナウイルス接触確認アプリについて

とくしまコロナお知らせシステムについて

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機管理課 

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地(本館7階)

電話番号:088-621-5529

ファクス:088-625-2820

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

危機管理情報

施設情報

よくあるご質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市役所

〒770-8571 徳島県徳島市幸町2丁目5番地

電話:088-621-5111(代表) ファクス:088-654-2116

開庁時間:午前8時30分から午後5時まで(土曜・日曜・祝日・12月29日から翌年の1月3日までを除く)

注記:施設・部署によっては異なる場合があります。

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る