今月の動物

トナカイの写真

トナカイ  偶蹄目 シカ科

 夏毛は短めの褐色、冬毛は長めで白くなる。

 分布は広くヨーロッパ、ロシア、アラスカ、カナダなどの森林に生息する。(夏場にツンドラ地帯へと移動するグループも確認されている。)

 基本的に草食の動物ですが、トナカイの生息する地域は植物の育成に優しい環境とはいえず、コケや木の皮をはじめ場合によっては小型のハ虫類や鳥の卵など、口に入る場合は食べるようである。

 このような厳しい環境であるためか、シカ科の動物の中で唯一メスもツノを持っている。

 とくしま動物園では、12月のクリスマスシーズンに合わせて、トナカイになってみようイベントを開催中です。

 園内にトナカイヘルメットをかぶった職員が登場します。

 見つけて声をかけると、本物のトナカイのツノで作ったトナカイヘルメットをかぶって記念撮影ができますので、ふるってご参加ください。

 また、12月23日「どうぶつえんのクリスマス」ではトナカイと一緒に写真を撮ろう(ただしフェンス越し)というイベントを実施します。

 トナカイを身近に感じられるイベントにしたいと思いますので、こちらも楽しみにお待ちください。