今月の動物

ピューマの写真

ピューマ  食肉目 ネコ科

英名
Cougar
学名
Puma concolor
全長
1〜1.8m程度
体重
65kg〜100kg

 イエネコを含むネコ亜科に属し、ヤマネコ類では最大級の大きさをほこる。

 成獣の体は黄褐色の毛で覆われ模様はなく、耳の縁と尾の先だけが黒いが、幼獣の時はヒョウのような黒褐色の斑紋を持つ。

 野生では、主にネズミやウサギなどの小型哺乳類を捕食するが、昆虫や魚類をエサにする場合もある。

 基本的に行動は単独で、エサとなる小型哺乳類の量にもよるが、広いなわばりを持つ。

 とくしま動物園のピューマはオスの名前がピュータ、メスの名前がマーコで、共に平成21年にカナダから来園しました。

 ちなみに名前は、来園時に一般公募され、当時小学生であった市川皓己くんと折目菜子さんが2頭の名付け親になってくださいました。

 来園当初はあどけない顔立ちの2頭でしたが、今では成長し、猛獣らしい貫祿のある顔立ちになっています。

 なお、パドック内壁面に棚を用意しており、ネコ科特有のしなやかで力強いジャンプが見られるようになっておりますので、ぜひご覧ください。

 (棚の上で寝ころんでいる場合も多くあります。その場合はご了承ください。)