今月の動物

アンデスコンドルの写真

アンデスコンドル  タカ目 コンドル科

英名
Andean Condor
学名
Vultur gryphus
体長
約3m
体重
約10kg

 空を飛ぶ鳥の中で最大の大きさをほこる。

 ただし、翼の大きさに比べて胸部が発達しておらず、羽ばたいて飛ぶのではなく、上昇気流を捉えてグライダーの様に滑空して空を飛びます。

 屍肉を食べる習性があり、羽毛が汚れて不衛生になる事を防ぐために頭と首には毛が生えていません。

 タカ科のハゲワシ類とよく似た外見をしているが、違う種です。

 とくしま動物園のシンボルマークでもあるアンデスコンドルですが、自然ふ化成功日本一という記録を持っています。

 この記録はミスターチカラ(平成21年12月22日死去)とマユ(平成20年11月11日死去)の偉大なつがいによって達成されました。

 この2頭は1957年にとくしま動物園の前身である徳島市立動物園の開園に合わせてペルーより導入された野生種で、正確な年齢は分かりませんが導入当初から翼の色が成鳥の証である白と黒に代わっていた事から10才以上であったと考えられています。

 事実この2羽は子だくさんだけでなく、長寿動物として旧徳島市立動物園ととくしま動物園を見守り、遂にミスターチカラは国内のオスのコンドル最長寿にもなりました。

 現在、とくしま動物園ではこの偉大な長老たちの息子、そして孫を飼育しており、先代に負けない立派な記録を樹立できるように頑張っています。