このページの先頭です
このページの本文へ移動

とくしま動物園 北島建設の森
  • とくしま動物園の概要
  • 売店・レストラン・遊園地
  • 園内設備と無料貸し出し
  • イベント
  • アクセス
  • 動物園ギャラリー
サイトメニューここまで


本文ここから

温帯区

最終更新日:2017年10月7日

 とくしま動物園は、温帯区・熱帯区・サバンナ区・寒帯区・こども動物園の5つのエリアから構成されており、各エリア毎に気候帯区別の動物たちを飼育展示しています。
 5つのエリアから、それぞれの動物にスポットを当てて紹介します。

フライングケージ

 フライングケージは、とくしま動物園のシンボルにもなり、直径40m、高さ20mの半球状のドーム状をしています。
 このケージ内は、さまざまな鳥たちが自由に飛び交っている中を、自由に歩いて観察することができます。
 頭の上を、赤い鮮やかな鳥、ショウジョウトキが飛び越えていったり、手の届きそうな距離で、カンムリヅルがダンスを踊っている場面に出会えます。

レッサーパンダ

 学名 Ailurus fulgens
 英名 Lesser Panda
 食肉目レッサーパンダ科
 分布 ヒマラヤ・インド・ミャンマー・中国

 目から口の端に暗褐色の線があり、腹面と四肢は黒色をしていて、尾には輪状斑があります。
 前足にある程度出し入れできる爪を持ち、対向性の親指に似た機能を持つもう1本の指があり、それほど発達していませんが、これと他の指を使って物を持つことができます。
 たいへん木登りがうまく、主に早朝と夕刻に活動し、森林や竹林に住みます。

 成獣はほぼ夜行性で、つがい又は家族群で行動します。
 とくしま動物園のレッサーパンダは、男の子の「ソラ」と女の子の「ミンミン」、それにその子どもたちと大家族です。
 もし、寝てばかりじゃない活動している姿を見たい場合は、動物園が開園直後の午前9時30分から午前10時頃までがおすすめです。
 でも午前中にこの姿を見逃した人も、もう1回チャンスがあります。
 午後4時頃になると、収容のため、寝室の入口近くを歩き回っています。

 レッサーパンダの食事は、朝・夕の1日2回で、リンゴやバナナ、ササなどを与えています。また、おやつとしてレーズンを与えることもあります。

 ぬいぐるみのような「ソラ」に会いに来てください。

お問い合わせ

とくしま動物園北島建設の森

〒771-4267 徳島県徳島市渋野町入道22番地の1

電話番号:088-636-3215

ファクス:088-636-3218

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

とくしま動物園北島建設の森

〒771-4267 徳島市渋野町入道22番地の1

電話:088-636-3215 ファクス:088-636-3218

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る