このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

新刊図書案内(平成29年11月)

最終更新日:2017年11月1日

一般書

図書館

  • 図書館人物事典

 日本図書館文化史研究会 編  日外アソシエーツ

 図書館史の上に名を残した図書館員を中心に、図書館の設立、運営、運動、図書館員養成、図書館学教育・研究などに関わった人物の略歴・活動をまとめた人物事典。2014年12月以前に死去した人を対象に1,421人収録。(分類:R010.3トシ)

宗教

  • ニッポンのおみくじ 日本全国232種のおみくじを引く

 鏑木 麻矢 著  グラフィック社

 初詣で1年の運勢を占うのもいいけれど、実はいつでもどんなことでも占える“おみくじ”。全国津々浦々に多数存在する、おみくじ232種の名称・写真・授与している場所・雑学などを紹介する。(分類:176.8カフ)

(著者紹介)鏑木 麻矢(かぶらぎ・まや):早稲田大学第一文学部卒。古美術研究会OG。文筆家。

歴史

  • 世界史のなかの天正遣欧使節

 伊川 健二 著  吉川弘文館

 ヨーロッパで文化交流の記録を残して帰国した最初の日本人、天正遣欧使節。イエズス会による日本開教以来の遣欧計画や使節の旅程、彼らが残した知的遺産を読み解き、日欧双方に衝撃を与えた天正遣欧使節の全貌に迫る。(分類:210.4イカ)

(著者紹介)伊川 健二(いがわ・けんじ):1974年東京生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。早稲田大学文学学術院准教授。著書に「大航海時代の東アジア」がある。

治安・警察・消防

  • 図解よくわかる住宅火災の消火・避難・防火

 小林 恭一 著  住宅防火研究会 著  日刊工業新聞社

 住宅火災にテーマを絞り、住宅火災が起こる原因と被害に結びつく経路、そのいろいろな実態について解説。誰でもできる消火・避難・防火対策を中心に、消火設備、避難経路などを図や写真でわかりやすく説明する。(分類:317.7スカ)

(著者紹介)小林 恭一(こばやし・きょういち):建設省入省後、長く火災予防行政等に従事。東京大学にて博士号(工学)を取得し、東京理科大学総合研究院教授。著書に「図解よくわかる火災と消火・防火のメカニズム」など。

行政法

  • 社会とつながる行政法入門

 大橋 洋一 著  有斐閣

 実際に起きた事件や社会問題をモデルとした事例から、行政法を説き起こすユニークな入門書。グラフや新聞記事、ときにクイズも交えて、社会との結びつきを意識しながら解説する。(分類:323.9オオ)

(著者紹介)大橋 洋一(おおはし・よういち):1959年静岡県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修了(法学博士)。学習院大学法務研究科教授、九州大学名誉教授。著書に「都市空間制御の法理論」など。

民法

  • 民法の基礎から学ぶ民法改正

 山本 敬三 著  岩波書店

 そもそも民法とはどのような法律なのか。120年ぶりの大改正で何がどう変わったのか。法制審議会で改正作業に携わった著者が、「民法とは何か」から始め、改正の背景、ポイントをかみくだいて解説する。(分類:324ヤマ)

(著者紹介)山本 敬三(やまもと・けいぞう):1960年生まれ。京都大学大学院法学研究科教授。専門は民法。法制審議会民法(債権関係)部会幹事など。著書に「公序良俗論の再構成」「民法講義」「契約法の現代化」など。

  • Q&A民法改正の要点 企業契約の新法対応50のツボ

 松尾 博憲 編著  日本経済新聞出版社

 定型約款規定の新設、売買の瑕疵担保責任制度の改正、保証人保護方策の充実など、企業契約の実務に影響のある民法改正点を抽出し、QアンドA形式で解説。立案過程における検討経緯や国会の審議の内容も反映。(分類:324.5マツ)

(著者紹介)松尾 博憲(まつお・ひろのり):1980年生まれ。東京大学法学部卒。弁護士。長島・大野・常松法律事務所入所。法務省民事局参事官室に任期付き公務員として勤務し、民法(債権法)改正に携わる。第一東京弁護士会所属。

社会・時事

  • ライフ・プロジェクト 7万人の一生からわかったこと

 ヘレン・ピアソン 著  大田 直子 訳  みすず書房

 1946年3月のある1週間に生まれた(すべての赤ちゃん)の生涯を追跡した「コホート研究」。その驚くべき成果と研究者の奮闘を、科学者や科学行政官、コホートメンバー、その他関係者へのインタビューや資料をもとに綴る。(分類:334.2ヒア)

(著者紹介)ヘレン・ピアソン:遺伝学の博士号を持つ。ジャーナリスト。「ネイチャー」誌のエディター。2010年ウィスター研究所科学ジャーナリズム賞受賞。イギリス・サイエンスライター協会の大賞も2回受賞。

  • だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人

 水谷 竹秀 著  集英社

 遠く離れたバンコクの高層ビルで、一斉に電話を受ける日本人たちがいる。非正規労働者、借金苦、風俗にハマる女、LGBTの男女。生きづらい日本を離れ、行き着いた先は―。「kotoba」連載を加筆・修正。(分類:334.4ミス)

(著者紹介)水谷 竹秀(みずたに・たけひで):1975年三重県生まれ。上智大学外国語学部卒業。フィリピンを拠点に活動するノンフィクションライター。「日本を捨てた男たち」で開高健ノンフィクション賞を受賞。

  • 検証働き方改革 問われる「本気度」

 日本経済新聞社 編  日本経済新聞出版社

 2017年3月の「働き方改革実行計画」策定後の動きを追い、今後の論点を明確にする。キーパーソンへのインタビューや日経独自調査による、企業やビジネスパーソンの生の声も収録する。「日本経済新聞」連載に加筆し書籍化。(分類:366.1ケン)

  • シングル女性の貧困 非正規職女性の仕事・暮らしと社会的支援

 小杉 礼子 編著  鈴木 晶子 編著  野依 智子 編著  横浜市男女共同参画推進協会 編著  明石書店

 非正規職シングル女性のライフヒストリーや非正規職シングル女性問題に関する論考、社会的支援に携わる人の対談を収録。非正規雇用で働く、35歳から54歳の子のいないシングル女性を対象とした調査結果も収録する。(分類:367.2シン)

(著者紹介)小杉 礼子(こすぎ・れいこ):独立行政法人 労働政策研究・研修機構特任フェロー。「若者と初期キャリア」で労働関係図書優秀賞を受賞。
 鈴木 晶子(すずき・あきこ):一般社団法人 インクルージョンネットかながわ理事。臨床心理士。

社会保障

  • 社会保障クライシス 2025年問題の衝撃

 山田 謙次 著  東洋経済新報社

 150兆円に膨張する社会保障給付費、国を支える40代から50代の惨状、国民負担率60%に至る増税は不可避など。政府や研究者から提出されている統計や予測、研究成果をもとに、日本の社会保障が直面する危機を解説する。(分類:364ヤマ)

(著者紹介)山田 謙次(やまだ・けんじ):東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。株式会社野村総合研究所コンサルティング事業本部 消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部プリンシパル。神戸大学大学院経営学研究科客員教授。

教育政策・歴史・事情

  • 日本の15歳はなぜ学力が高いのか? 5つの教育大国に学ぶ成功の秘密

 ルーシー・クレハン 著  橋川 史 訳  早川書房

 国際学力テスト「PISA」で高得点をあげる国々では、どんな教育が行なわれているのか。日本、フィンランド、シンガポール、上海、カナダを実地調査し、優れた学びを実現する「5つの原則」を紹介する。(分類:372クレ)

(著者紹介)ルーシー・クレハン:ケンブリッジ大学で教育学の修士号取得。イギリスの教育研究者。イギリスのNPO団体「エデュケーション・ディベロップメント・トラスト」所属。各国政府が実施する教育改革への提言を行う。

特別支援教育

  • ADHDの子の育て方のコツがわかる本

 本田 秀夫 監修  日戸 由刈 監修  講談社

 ADHDの子の育て方にはコツがある。ADHDの子はどんなことで困るのかを解説し、苦手な場面をサポートするコツ、子育ての基本を見直すコツを、イラストとともにわかりやすく紹介。個性に合わせた育て方がわかる。(分類:378エテ)

神話・伝説・民話

  • 47都道府県・妖怪伝承百科

 小松 和彦 監修  常光 徹 監修  香川 雅信 編  飯倉 義之 編  丸善出版

 地元の「妖怪」を知っていますか。各地の伝承に存在する、海の怪、川の主、座敷童子、キツネなど、特徴的な妖怪たちの話を民俗学的視点から都道府県別の切り口で解説し、妖怪たちの魅力と彼らを生み出した風土・歴史を紹介。(分類:388.1ヨン)

自然科学・科学史

  • 美しい科学の世界 ビジュアル科学図鑑

 伊知地 国夫 写真・文  東京堂出版

 万年筆用の赤インクを蒸発させて顕微鏡で覗くと―。蚊取り線香の煙を一眼レフカメラで撮影すると―。身近なものを拡大したり、暗い光を写したり、瞬間的な形や、時間をかけて変化する形をとらえたビジュアル科学図鑑。(分類:404イチ)

(著者紹介)伊知地 国夫(いちじ・くにお):1950年東京生まれ。学習院大学大学院自然科学研究科修士課程修了。科学写真家。伊知地 国夫科学写真工房開設。著書に「Focus in the Dark 科学写真を撮る」など。

数学

  • 和算百科

 和算研究所 編  佐藤 健一 編集代表  丸善出版

 江戸時代、庶民も巻き込んでブームとなり、近年再び関心が高まる日本独自の数学文化、和算。その黎明期から誕生、確立、円熟、発展の各時期における興味深いエピソードを紹介。和算の全体像を理解できるユニークな百科。(分類:419.1ワサ)

天文・宇宙科学

  • 重力波発見! 新しい天文学の扉を開く黄金のカギ

 高橋 真理子 著  新潮社

 重力波がどんなものかが分かれば、宇宙の成り立ちが理解できてくる。熟達の科学記者が、重力波発見にいたる物語から時空間の本質までを分かりやすく説く。(分類:441.1タカ)

(著者紹介)高橋 真理子(たかはし・まりこ):東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒。朝日新聞科学コーディネーター。著書に「最新子宮頸がん予防」「村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?」など。

  • 十二支読本 暦と運勢のしくみを読み解く

 稲田 義行 著  創元社

 中国から伝わり、今なお日々の暮らしの中に息づく干支について、発祥・発展の歴史をひもとき、年月日・時刻・方位・吉凶など、様々な切り口で解説する。図版も多数掲載。(分類:449.3セタ)

(著者紹介)稲田 義行(せだ・よしゆき):1968年茨城県生まれ。立正大学大学院文学研究科修士課程修了。専攻は哲学。茨城県立高等学校教諭。著書に「現代に息づく陰陽五行」「神話から現代まで一気にたどる日本思想」など。

生命科学・生物学

  • CRISPR究極の遺伝子編集技術の発見

 ジェニファー・ダウドナ 著  サミュエル・スターンバーグ 著  櫻井 祐子 訳  文藝春秋

 ヒトラーが押し進めた優生学の復権か。遺伝病に苦しむ人たちへの福音か。ヒトゲノムを構成する32億文字のなかから、たった一文字の誤りを探し出し修正するという技術を生んだ女性科学者の手記。(分類:467.2タウ)

(著者紹介)ジェニファー・ダウドナ:1964年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校化学・分子細胞生物学部教授。
 サミュエル・スターンバーグ:ダウドナ博士のラボでCRISPR-Cas9の研究に従事。

  • 絵でわかる生物多様性

 鷲谷 いづみ 著  後藤 章 絵  講談社

 生物多様性の形成と維持、絶滅のプロセスとリスク、生物多様性の保全など。「自然との共生」のためのキーワード、生物多様性について、科学から政策まで多様な事項を、図やイラストを豊富に使って解説する。(分類:468ワシ)

(著者紹介)鷲谷 いづみ(わしたに・いずみ):1950年生まれ。東京都出身。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。中央大学理工学部人間総合理工学科教授、東京大学名誉教授。著書に「さとやま」など。

動物学

  • エビ・カニの疑問50

 日本甲殻類学会 編  成山堂書店

 どうしてシオマネキのハサミは片方だけ大きいのか。カニは横にしか歩かないのか。深い海底や寒い海にはおいしいエビがいるって本当か。エビ・カニの50の疑問に専門家23名がわかりやすく答える。(分類:485.3エヒ)

  • 人を襲うクマ 遭遇事例とその生態

 羽根田 治 著  山崎 晃司 解説  山と溪谷社

 1970年7月、北海道の日高・カムイエクウチカウシ山で起きた悲惨なヒグマ事故を教訓にして、最近増え続けるクマ襲撃事故を検証し、未然に防ぐ方策に迫る。インタビュー「地元猟師が語る、秩父のクマの今」も掲載。(分類:489.5ハネ)

(著者紹介)羽根田 治(はねだ・おさむ):1961年生まれ。埼玉県出身。フリーライター。山岳遭難や登山技術などに関する記事を発表。長野県の山岳遭難防止アドバイザーを務める。著書に「生死を分ける、山の遭難回避術」など。

医学

  • ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる

 田中 正敏 著  講談社

 ストレスに脳はどう変化するのか。さまざまなストレス状況を設定し、最新の神経化学的方法でストレス時の脳の変化を測定した動物実験を紹介。ストレスから心と体を守るヒントを探る。「臨牀と研究」連載に加筆し書籍化。(分類:491.3タナ)

(著者紹介)田中 正敏(たなか・まさとし):1940年福岡市生まれ。九州大学医学部卒業。久留米大学名誉教授。堀川病院に勤務。日本ストレス学会名誉会員、日本薬理学会名誉会員。著書に「ストレスそのとき脳は?」など。

  • こわいもの知らずの病理学講義

 仲野 徹 著  晶文社

 大阪大学医学部で教鞭をとる著者が、学生相手に行っている「病理学総論」の内容を、「近所のおっちゃん・おばちゃん」に読ませるつもりで書き下ろした病理学講義。雑談を交えながら、病気のしくみを笑いとともに解説する。(分類:491.6ナカ)

(著者紹介)仲野 徹(なかの・とおる):1957年大阪市生まれ。大阪大学医学部医学科卒業。同大学大学院・医学系研究科・病理学教授。著書に「幹細胞とクローン」「なかのとおるの生命科学者の伝記を読む」など。

  • 100歳まで元気でいるための歩き方&杖の使い方 その杖の使い方、大丈夫?

 西野 英行 著  翔泳社

 「歩くこと」や「転ばないこと」に特化し、高齢者が自宅で無理なくできるトレーニングや、注意すべき転倒リスク、安定した歩行や杖の使い方のポイントなどを、イラストを多用してわかりやすく紹介する。(分類:493.1ニシ)

(著者紹介)西野 英行(にしの・ひでゆき):理学療法士。福祉用具専門相談員、回復期病院などを経て、訪問リハビリテーション勤務。リハビリのブログ「未来のPT」を運営。

  • 狭心症・心筋梗塞 発作を防いで命を守る イラスト版

 三田村 秀雄 監修  講談社

 心臓発作を招く狭心症・心筋梗塞は、冠動脈の病変が原因。狭心症・心筋梗塞が起こるしくみ、狭心症の発作を鎮める薬の種類と使い方、カテーテル治療、バイパス手術などを解説。発作を防ぐための生活の見直し方も紹介する。(分類:493.2キョ)

  • 息切れで悩むCOPD 酸素療法と呼吸リハビリのすべて 呼吸器ベストドクターが語る

 木田 厚瑞 著  法研

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめとする、慢性呼吸器疾患の症状や治療の進め方、病気と賢く付き合いながら、活動性を落とさない生活を詳しくガイド。在宅酸素療法(HOT)の進歩も紹介する。(分類:493.3キタ)

(著者紹介)木田 厚瑞(きだ・こうずい):1945年石川県生まれ。金沢大学大学院医学研究科修了。日本医科大学特任教授(呼吸器病学)、日本医科大学呼吸ケアクリニック所長。著書に「肺の話」「息切れを克服しよう」など。

  • 「ぜんそく」のことがよくわかる本 イラスト版

 松瀬 厚人 監修  講談社

 ぜんそくは患者も多く、病名を知っている人が多いわりに、きちんと理解されていない面が多い病気です。正しい治療の進め方と、発作を防ぐ生活のコツを、ひと目でわかるイラスト図解とともに紹介します。(分類:493.3セン)

  • 病院のすべてがわかる! オールカラー図解

 コンパッソ税理士法人 編  ナツメ社

 病院の種類や組織構造、働く人々、治療・検査のしくみ、医療費のしくみ、経営のしくみなど、病院に関する様々な「しくみ」を取り上げ、表やイラストを用いてわかりやすく解説する。地域連携、医療制度にも触れる。(分類:498.1ヒョ)

  • 図解食卓の薬効事典 野菜・豆類・穀類50種

 池上 文雄 著  農山漁村文化協会

 夏場の貴重なビタミン源・オクラ、風邪の引き始めに効果があるネギ、イボ取りの妙薬・ハトムギなど。漢方の観点から、日々の食材となる野菜や豆類、穀物の持っている健康増進効果などの薬効を紹介する。(分類:498.5イケ)

(著者紹介)池上 文雄(いけがみ・ふみお):1948年福島県生まれ。薬学博士取得(東京大学)。千葉大学名誉教授・グランドフェロー・特任研究員。昭和大学薬学部客員教授。

建設・土木

  • 世界の橋 巨大建築の美と技術の粋

 マーカス・ビニー 著  黒輪 篤嗣 訳  河出書房新社

 有史以前の継ぎ石橋から現代の橋まで、古今東西250の代表的な名橋をカラー写真で紹介。木、石、レンガ、鉄、鋼鉄など、建材と工法の変遷をたどる。錦帯橋、明石海峡大橋など日本の橋も7つ収録する。(分類:515ヒニ)

(著者紹介)マーカス・ビニー:建築史に詳しいイギリスの著述家。「カントリー・ライフ」誌等の記者。歴史的建造物の保護団体「イギリスの文化遺産を救え」創設者兼理事長、「ヨーロッパの文化遺産を救え」会長。

  • まちを読み解く 景観・歴史・地域づくり

 西村 幸夫 編  野澤 康 編  朝倉書店

 国内29カ所の特色ある地域を選び、その歴史、地形、生活などから、いかにしてそのまちを読み解くかを具体的に解説。地域づくりの調査実践における必携の書。「まちの見方・調べ方」の続編。(分類:518.8マチ)

(著者紹介)西村 幸夫(にしむら・ゆきお):1952年福岡県生まれ。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻教授。工学博士。
 野澤 康(のざわ・やすし):1964年北海道生まれ。工学院大学建築学部まちづくり学科教授。博士(工学)。

建築

  • 安藤 忠雄 挑戦する建築家

 松葉 一清 監修  平凡社

 国立国会図書館国際子ども図書館、住吉の長屋、地中美術館など、感性に訴える建築を手掛けてきた「挑戦する建築家」、安藤 忠雄。今もなお全力で進み続ける安藤の言葉から見えてくるものに迫る。(分類:523.1アン)

工学・工業

  • 闘え!高専ロボコン ロボットにかける青春

 萱原 正嗣 著  見ル野 栄司 イラスト  全国高等専門学校ロボットコンテスト事務局 監修  ベストセラーズ

 30周年を迎えるアイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト「高専ロボコン」。各校の製作の様子から地区大会、全国大会までを追う。ロボコン史に残る伝説のロボットを紹介する「ロボコン年鑑」付き。(分類:548.3カヤ)

(著者紹介)萱原 正嗣(かやはら・まさつぐ):1976年大阪生まれ。京都大学法学部卒。フリーランスのライター・編集者。理系ライター集団「チーム・パスカル」所属。共著に「植物の体の中では何が起こっているのか」がある。

ファッション

  • よくわかるストールの巻き方使い方 おしゃれが上達する大人服

 石田 純子 監修  主婦の友社

 コーディネートの最後にひと巻きするだけで、印象をがらりと変えてしまう力がある、ストール。両肩まとい、2重巻き、アフガン巻きなど、ストールの巻き方やコーディネートを紹介します。(分類:593.8ヨク)

料理

  • うれしい副菜 材料2つ3つで、すぐできる!

 瀬尾 幸子 著  新星出版社

 いつもの野菜でちゃちゃっと作れるのに、毎日食べてもあきない。そんな副菜のレシピを、野菜ごとに数品ずつ紹介します。かまぼこ、ちくわ、缶詰など、保存の効く加工品を使ったレシピや、小鍋・スープ・茶碗ごはんも収録。(分類:596セオ)

(著者紹介)瀬尾 幸子(せお・ゆきこ):料理研究家。誰でも失敗なく作れるおいしいレシピに定評がある。「ラクうまごはんのコツ」で料理レシピ本大賞受賞。ほかの著書に「これだけで、ラクうまごはん」など。

  • 魔法のように効くスープ からだに!暮らしにも!!

 牧野 直子 著  新星出版社

 1日に必要な野菜の約半量が補える野菜たっぷりスープ、たった5分で作れる簡単朝食スープ、お弁当のおかずになるスープ…。おいしくて、元気になれるスープレシピを紹介します。前夜のスープのリメイクアイデアなども収録。(分類:596マキ)

(著者紹介)牧野 直子(まきの・なおこ):女子栄養大学卒業。料理研究家、管理栄養士、ダイエットコーディネーター。「スタジオ食」代表。著書に「元気塾弁」「男子ガッツリ元気弁当」など。

  • アレンジで2倍楽しむわたしの好きな煮込み料理 火にかけるだけ、あとは鍋まかせ

 ワタナベ マキ 著  家の光協会

スパイスで味に深みをもたせたり、ごはんやパスタ、パンと合わせたり、チーズをのせて焼いたり。少し手を加えるだけで何度でも楽しめる、肉、魚介、野菜を使ったシンプルな煮込み料理のレシピを、アレンジ法とともに紹介する。(分類:596ワタ)

(著者紹介)ワタナベ マキ:料理家。2005年に「サルビア給食室」を立ち上げ、料理の仕事を始める。雑誌、書籍、広告、テレビなどで幅広く活躍。著書に「私の好きなお酢・レモンの料理」など。

  • みそ汁はおかずです

 瀬尾 幸子 著  学研プラス

 切る、煮る、みそを溶く。ワザ・コツ不要。誰でも作れて、野菜がたくさん食べられる。みそ汁をこよなく愛する瀬尾さんが、おなじみの食材で作るみそ汁レシピを紹介する。(分類:596.2セオ)

  • 科学的だからおいしい!お弁当のコツ 冷めても絶品&失敗ゼロのレシピ

 水島 弘史 著  日本文芸社

 塩はきちんと量る、水気は取り除く、火加減は弱火が基本。「おいしいお弁当」の理由を誰でも再現できるよう数値化。調理工程を写真入りで解説し、同じテクニックを応用してつくるレシピを紹介する。(分類:596.4ミス)

(著者紹介)水島 弘史(みずしま・ひろし):大阪あべの辻調理師専門学校および同校フランス校卒業。フランス料理シェフ、料理科学研究家。「水島 弘史の調理・料理研究所」を主宰。著書に「弱火コントロールで絶対失敗しない料理」など。

  • 365日のクッキー やさしい甘さと軽やかな食感、季節に寄り添う74のレシピ

 高石 紀子 著  主婦と生活社

 ベリーのクッキー、レモンのクッキー、ナッツのクッキーなど。9つの基本の生地とそのアレンジなど、合わせて74のレシピを、季節ごとに紹介します。やさしい甘さと軽やかな食感のクッキーレシピ集。(分類:596.6タカ)

(著者紹介)高石 紀子(たかいし・のりこ):甲南大学卒。菓子研究家。ル・コルドン・ブルー神戸校でディプロム取得。フランス菓子の料理教室などを手がける。著書に「やさしい甘さのバナナケーキ、食事にもなるキャロットケーキ」がある。

住まい・インテリア

  • 落ちない汚れをラクに落とす掃除術 秋田の温泉生まれの洗剤職人

 茂木 和哉 著  主婦と生活社

 汚れの種類を見極めて、洗剤の力を最大限に利用し、苦労せずに確実に汚れを落とす、それが茂木流・汚れ落とし術。一般家庭にありがちな汚れを中心に、茂木流を駆使して最大限にラクしながらきれいにする方法を紹介。(分類:597.9モテ)

(著者紹介)茂木 和哉(もてぎ・かずや):1975年秋田県生まれ。短大卒業後、工業薬品販売会社や洗剤製造会社で洗剤製造のノウハウを学び、起業。「洗剤エキスパート」として独自の掃除・洗濯術の発信も行っている。

農林水産業

  • 47都道府県・米/雑穀百科

 井上 繁 著  丸善出版

 47都道府県の米や麦・粟等の穀物の品種を、エピソードとともに紹介。米にこだわった個性豊かな祭りや、稲作を支える棚田、用水などの施設も合わせて解説する。棚田百選・疏水百選等の関係付録も掲載。(分類:616イノ)

(著者紹介)井上 繁(いのうえ・しげる):東京都生まれ。早稲田大学政経学部卒業。日本経済新聞社で編集委員、論説委員などを歴任、同社社友。農政ジャーナリストの会会員。著書に「日本まちづくり事典」「自治体の地域政策」など。

  • 全国棚田ガイド 日本の棚田百選を含む全国の美しい棚田212  TANADAS

 中島 峰広 監修  棚田ネットワーク 編  家の光協会

 農林水産省によって選定された「日本の棚田百選」と、「景観が優れている」「保全活動が盛ん」「希少性がある」などの理由から厳選した合計212カ所の棚田を紹介。アクセス、特産品、周辺情報、宿泊・温泉情報等を掲載する。(分類:616.2セン)

  • 小麦粉の科学

 大楠 秀樹 著  日刊工業新聞社

 食品としての消費量も多く、多様な食べ方が可能なオールラウンドプレーヤー、小麦粉。粗い小麦粉と細かい小麦粉の違い、イタリアのパスタ・ピザと小麦粉の関係など、その面白さと不思議さをわかりやすく紹介する。(分類:619.3オオ)

(著者紹介)大楠 秀樹(おおくす・ひでき):九州大学大学院農学研究科修士課程修了。日本製粉株式会社フードリサーチセンター副センター長兼基礎技術研究所長。米国穀物化学会会員。米国化学会会員。

  • 茶の事典

 大森 正司 編  阿南 豊正 編  伊勢村 護 編  加藤 みゆき 編  滝口 明子 編  中村 羊一郎 編   朝倉書店

 茶に関する情報を整理し、茶の文化・歴史から流通消費、生産技術、医学・健康効果、おいしい味わい方や生活への応用まで、コンパクトにまとめた事典。読み物としても楽しめる。(分類:R619.8チャ)

(著者紹介)大森 正司(おおもり・まさし):大妻女子大学名誉教授。お茶大学校長。
阿南豊正(あなん・とよまさ):日本茶業学会事務局長。

  • 侵略する豚

青沼 陽一郎 著  小学館

 黒船の時代から食肉はいさかいの種。「豚肉」を追いかけてアメリカ・中国へと海外取材。旅をしながら日本の食を考えた。「食料植民地ニッポン」続編。ウェブマガジン「BOOK PEOPLE」連載を再構成し単行本化。(分類:648.2アオ)

(著者紹介)青沼 陽一郎(あおぬま・よういちろう):1968年長野県生まれ。早稲田大学卒業。テレビ報道、番組制作の現場に関わったのち、独立。作家、ジャーナリスト。著書に「食料植民地ニッポン」「フクシマカタストロフ」など。

  • 小さい林業で稼ぐコツ 軽トラとチェンソーがあればできる

 農山漁村文化協会 編  農山漁村文化協会

 山の手入れを自分でやる「小さい林業」で稼ぐコツを紹介。チェンソーの選び方から、安全な伐倒法、間伐の基本、造材・搬出の技、補助金の使い方まで楽しく解説する。「季刊地域」「月刊現代農業」など掲載を再編集し書籍化。(分類:651.7チイ)

ガーデニング・園芸

  • 人気ブロガー・横着じいさんのかんたん水耕栽培決定版!

 伊藤 龍三 著  主婦と生活社

 サニーレタス、わさび菜、トマト、枝豆など。土がなくても、部屋やベランダでも、1年中野菜が採れる。100円ショップで購入できる水切りトレイやネットなどを使った、かんたん水耕栽培を紹介する。(分類:626.9イト)

(著者紹介)伊藤 龍三(いとう・りゅうぞう):1940年神奈川県生まれ。東京湾内の作業船船長の職等に従事。2004年に水耕栽培と出会い、栽培方法と実際の収穫をレポートするブログ「いつでもレタス」を開始。

  • 育てたい花がたくさん見つかる図鑑1000 自分の好きな色でもさがせる

 主婦の友社 編  主婦の友社

 早春、春、初夏、夏、秋から冬、室内で楽しむ花、カラーリーフに分けて、庭植え、鉢植えで楽しむ花のプロフィールと、関東地方を基準とした栽培ポイントを紹介する。花色が一目でわかる季節別花色カタログも収録。(分類:627ソタ)

  • いちばんていねいなはじめての盆栽の育て方 人気の74種の盆栽作業がプロセス写真で詳しくわかる!

 広瀬 幸男 著  日本文芸社

 初心者でも「お値打ち盆栽」を創れるよう、人気74種の樹木について、プロセス写真で、剪定や針金かけなどの作業を詳しく解説する。盆栽の基礎知識や基本の管理・手入れ法も紹介する。(分類:627.8ヒロ)

(著者紹介)広瀬 幸男(ひろせ・ゆきお):昭和24年神奈川県生まれ。東京農業大学卒。小品盆栽専門店「やまと園」開業・園主。盆栽のイベント、愛好会、教室を主宰。日本盆栽作風展の組織委員会長賞など受賞。

食品・食文化

  • キャビアの歴史

 ニコラ・フレッチャー 著  大久保 庸子 訳  原書房

 帝政ロシアから新生ロシアまで、体制変換の影響を強く受けながらも世界を魅了してきたキャビアの歴史をたどる。ロシア以外のキャビア、乱獲問題、代用品、買い方・食べ方などにもふれる。レシピ付き。(分類:667.4フレ)

(著者紹介)ニコラ・フレッチャー:フードライター。宝飾デザイナー。英国フードライター協会会員。鹿肉産業への貢献が認められ、MBE(大英帝国五等勲爵士)を受勲。

交通・運輸

  • 宅配クライシス

 日本経済新聞社 編  日本経済新聞出版社

 ヤマトの現場が悲鳴を上げた。日本中を驚かせた「宅配クライシス」報道を時系列で追い、混乱の真相に迫る。ヤマトホールディングス社長、アマゾンジャパン社長らのインタビューも収録。「日本経済新聞」掲載記事を再編集。(分類:685.9タク)

  • 鉄道と観光の近現代史

 老川 慶喜 著  河出書房新社

 「初詣」の誕生、草津・湘南・軽井沢・箱根の大衆観光地化、私鉄経営者による郊外開発と日帰り行楽の多様化など。鉄道と観光、互いに大きな影響を与えながら発展してきた150年の道のりをたどる。(分類:686.2オイ)

(著者紹介)老川 慶喜(おいかわ・よしのぶ):1950年埼玉県生まれ。立教大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。同大学名誉教授。跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授。経済学博士。著書に「井上勝」など。

彫刻・オブジェ

  • 運慶への招待

 朝日新聞出版 編  浅見 龍介 監修  朝日新聞出版

 仏像や仏教を知らない人でもわかる運慶入門書。制作年順で見る運慶仏全31体や運慶作の仏像の面白さがわかるパーフェクト鑑賞講座をはじめ、仏さまの基礎知識、運慶の生きた時代、運慶の生涯などを収録。(分類:712.1ウン)

目的別ガイド

  • 作家別あの名画に会える美術館ガイド 江戸絵画篇

 金子 信久 著  講談社

 作家名から、その作家の作品を所蔵する美術館を探せる美術館ガイド。江戸時代に日本各地で活躍した画家120人を取り上げ、その略歴と作品を紹介する。江戸絵画の流れがわかるコラムも収録。データ:2017年9月現在。(分類:720.4サッ)

(著者紹介)金子 信久(かねこ・のぶひさ):1962年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。府中市美術館学芸員。専門は江戸時代絵画史。著書に「ねこと国芳」など。

絵画・版画

  • 北斎への招待

 朝日新聞出版 編  内藤 正人 監修  朝日新聞出版

 北斎が世界の「HOKUSAI」になれた理由は。初めての人でも楽しく鑑賞できるよう、北斎の作品のポイントを分かりやすく解説し、その生涯を、時代背景なども交えて紹介する。「冨嶽三十六景」をはじめ105作品を収録。(分類:721.8カツ)

  • ゴッホの耳 天才画家最大の謎

 バーナデット・マーフィー 著  山田 美明 訳  早川書房

 1888年、南フランスのアルル。画家のフィンセント・ファン・ゴッホは自らの片耳を切り落とした。彼はなぜこんな事件を引き起こしたのか。新発見資料を通して、ゴッホの知られざる一面をあぶり出す。(分類:723.3コッ)

(著者紹介)バーナデット・マーフィー:イギリス生まれ。作家。さまざまな仕事に従事するなかで、アルル時代のゴッホについて調べ始める。

工作・手芸・クラフト

  • 自分でできる!印刷・加工テクニックブック 低予算でも素敵なデザイン

 平田 美咲 著  印刷・加工テクニックブック編集部 編  誠文堂新光社

 抜き加工、ミシン目加工、特殊紙印刷、孔版画印刷といったテクニックから、製本テクニック、ミシンを活用したテクニック、同人誌のつくり方まで、低予算で手づくりできる印刷・加工のテクニックを紹介します。(分類:749ヒラ)

(著者紹介)平田 美咲(ひらた・みさき):三重県出身。グラフィックデザイナー、イラストレーター。雑誌や書籍のデザイン、イラストを手がけるかたわらユニークなクラフト作品を発表するなどマルチに活動。著書に「エコ*コモノ」など。

工芸・民芸

  • 繕うワザを磨く金継ぎ上達レッスン

 持永 かおり 監修  メイツ出版

 伝統の漆技法で、大切な器をよみがえらせる―。金継ぎで使う道具と材料から、小さな欠け、ヒビ、割れ、難易度の高い破損の繕い方まで、金継ぎの基本と応用をカラー写真でわかりやすく解説する。(分類:751ツク)

音楽

  • ヴォイス・ケア・ブック 声を使うすべての人のために

 ガーフィールド・デイヴィス 著  アンソニー・ヤーン 著  竹田 数章 監訳  小林 武夫 訳  西浦 美佐子 訳  西浦 佐知子 訳  河原 香織 訳  池間 陽子 訳  音楽之友社

 “声が命”のプロ必携。ロイヤル・オペラ・ハウス顧問など名ヴォイス・ドクターによるアドバイス・解説集。職業歌手の医学的管理、音声専門医への受診、咽頭疾患の治療と予防法等を収録。診察動画が見られるQRコード付き。(分類:767.1テイ)

(著者紹介)ガーフィールド・デイヴィス:英国外科医学士。王立音楽アカデミー名誉会員。ロイヤル・オペラ・ハウスなどの顧問ヴォイス・ドクター。
 アンソニー・ヤーン:医学博士。メトロポリタン歌劇場医療部門主任医師。

演劇・舞踏・ダンス

  • 舞台の上のジャポニスム 演じられた幻想の(日本女性)

 馬渕 明子 著  NHK出版

 世紀末パリ、オペラ座で演じられたNIPPONとはなんだったのか。ジャポニスムと日本文化の関係性を、19世紀末パリで上演された舞台を素材に問い直し、ジャポニスムの実像を解き明かす。(分類:772.3マフ)

(著者紹介)馬渕 明子(まぶち・あきこ):東京大学大学院博士課程、パリ第四大学大学院博士課程で美術史を学ぶ。専門は西洋美術史。日本女子大学教授などを経て、国立西洋美術館長。「美のヤヌス」でサントリー学芸賞を受賞。

伝統芸能

  • これで眠くならない!能の名曲60選 眠くならない指数上演頻度の数でわかるおススメ度付き

 中村 雅之 著  誠文堂新光社

 能の名曲の中から誰でも楽しめる30曲と、個性的な30曲を厳選し、楽しみ方のポイントやあらすじ、舞台進行、場面や登場人物などを、イラストと写真を多用して、時系列で解説する。「眠くならない指数」「上演頻度」付き。(分類:773ナカ)

(著者紹介)中村 雅之(なかむら・まさゆき):1959年北海道生まれ。法政大学大学院修士課程修了。横浜能楽堂館長。明治大学大学院兼任講師、「にっぽん文楽」総合プロデューサーなどを兼任。著書に「古典芸能てんこ盛り」など。

陸上競技

  • ムリなくはじめられる楽しいランニング

 鈴木 清和 著  成美堂出版

 ランニングを始める人に向けて正しいフォームの作り方や走るための準備、痛みの解決方法などを、連続写真を使ってわかりやすく解説。飽きないための工夫やトレイルランの楽しみ方なども紹介する。ラクに走り続けるコツが満載。(分類:782スス)

(著者紹介)鈴木 清和(すずき・きよかず):1972年秋田県生まれ。スポーツマイスターズコア代表。ACAF認定アスレチックトレーナー。著書に「やってはいけないランニング」「確実に速くなるランニングの科学」など。

アウトドア

  • スノーキャンプ・マニュアル 雪の中でアウトドアを快適に楽しむ

 ボーイスカウト日本連盟 監修  スノーキャンプ推進委員会 編  誠文堂新光社

 これからスノーキャンプを始める人への指南書。テントサイトの作り方、快適なウエア選び、体を温める食べ物、スノーキャンプならではのアクティビティ、雪の危険と身を守る方法などを紹介する。(分類:786.3スノ)

芸事・お稽古

  • 茶花の二十四節気

 武内 範男 著  世界文化社

 二十四節気の茶花作品を、季節の風物詩とともに紹介します。枝葉の処理の仕方や入れ方の手順、花の知識など、実際に茶花を入れるときに役立つ実用情報も満載。(分類:791.6タケ)

(著者紹介)武内 範男(たけうち・のりお):1947年高知県生まれ。大谷大学大学院仏教文化専攻修士課程修了。思文閣出版、思文閣美術館を経て、畠山記念館の主任学芸員を務めた。茶道・華道史を軸に日本文化史について講演等を続ける。

日本語

  • 図説日本の文字

 今野 真二 著  河出書房新社

 国宝のなかの文字、絵画化された経文、貨幣に刻まれた文字、海外で印刷された漢字など。古代から現代まで、漢字・ひらがな・カタカナの書かれ方・使用のされ方をヴィジュアルに紹介する。見返しに図版あり。(分類:811コン)

(著者紹介)今野 真二(こんの・しんじ):1958年神奈川県生まれ。早稲田大学大学院博士課程後期退学。清泉女子大学教授。日本語学専攻。著書に「詩的言語と絵画」「かなづかい研究の軌跡」など。

児童文学研究・絵本研究

  • 「時」から読み解く世界児童文学事典

 水間 千恵 編著  奥山 恵 編著  西山 利佳 編著  大島 丈志 編著  川端 有子 編著  原書房

日本・外国の創作児童文学作品に登場する「時」に焦点をあて、「時」から読み解く作品案内。「時をさまよう」「時にいどむ」など、全体を8分類し、見開き1項目、計200項目200冊をイラスト・写真・書影と共に紹介する。(分類:909.3トキ)

(著者紹介)水間 千恵(みずま・ちえ):神戸市生まれ。財団法人大阪国際児童文学館勤務を経て、川口短期大学准教授。
 奥山 恵(おくやま・めぐみ):千葉県生まれ。児童書専門店「Huckleberry Books」店主。白百合女子大学ほか非常勤講師。

古典文学・文学史・作家論

  • 古事記 日本の原風景を求めて

 梅原 猛 著  上田 正昭 著  三浦 佑之 著  上野 誠 著  新潮社

 地上に強大な国を築いた出雲、神々が降り立った日向-。「古事記」の世界を、その舞台とともにビジュアルに案内。泰斗による対談や、国文学者2人による紀行、イラストすごろくも収録する。「芸術新潮」掲載を再編集し書籍化。(分類:913.2コシ)

(著者紹介)梅原 猛(うめはら・たけし):1925年宮城県生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。哲学者。国際日本文化研究センター顧問。
上田 正昭(うえだ・まさあき):1927年から2016年。兵庫県生まれ。京都大学文学部史学科卒業。歴史学者。

  • 浮世草子大事典 江戸時代の社会・風俗がわかる

 長谷川 強 監修   「浮世草子大事典」編集委員会 編  笠間書院

 日常生活から怪異まで幅広い素材を取り入れながら、江戸時代中期の上方を中心とした世態風俗を描いた「浮世草子」。その全作品を取り上げ、事項編・人名編・作品編に分けて解説した事典。年表、挿絵索引等も収録。(分類:R913.5ウキ)

  • レーナの日記 レニングラード包囲戦を生きた少女

 エレーナ・ムーヒナ 著  佐々木 寛 訳  吉原 深和子 訳  みすず書房

 1941年9月、ナチス・ドイツ軍がレニングラードを包囲。食料と燃料の供給が絶たれ、80万人以上が犠牲となった。包囲下の市民生活の模様を詳細に伝える16歳の女子生徒レーナの1年間にわたる日記本文の全訳。(分類:985ムヒ)

(著者紹介)エレーナ・ムーヒナ:1924年から1991年。ウファ生まれ。包囲されたレニングラードから親戚の暮らすゴーリキー市(現在のニジニ・ノーヴゴロド)への脱出をめざす。

小説

  • 手がかりは「平林」

 愛川 晶 著  原書房

 落語を聞いていた児童たちのたわいない言葉遊びが、お伝さん襲撃事件に意外なかたちでむすびつき―。表題作のほか「カイロウドウケツ」を収録。落語好きからミステリマニアまで楽しめる、本格落語ミステリー第6弾。

(著者紹介)愛川 晶(あいかわ・あきら):1957年福島生まれ。筑波大学卒業。「化身」で鮎川哲也賞を受賞。ほかの著書に「美少女代理探偵」シリーズ、「六月六日生まれの天使」「巫女の館の密室」など。

  • トップリーグ

 相場 英雄 著  角川春樹事務所

 官房長官番となった新聞記者・松岡。彼の同期で、今は週刊誌のエース記者である酒井が、「都内の埋立地で発見された1億5千万円」の真相を追ううちに、一大疑獄事件が浮かび上がり―。「ランティエ」連載に加筆し書籍化。

(著者紹介)相場 英雄(あいば・ひでお):1967年新潟県生まれ。「デフォルト」でダイヤモンド経済小説大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「震える牛」「血の轍」など。

  • 踊る星座

 青山 七恵 著  中央公論新社

 やっかいな顧客、すがってくる家族-。ダンス用品会社のセールスレディが、疲労とアクシデントにまみれて疾駆する!勤労の喜びとうっぷんがあふれだす“笑劇”的な小説。『アンデル 小さな文芸誌』連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)青山 七恵(あおやま・ななえ):1983年埼玉県生まれ。筑波大学図書館情報専門学群卒業。「窓の灯」で文藝賞、「ひとり日和」で芥川 龍之介賞、「かけら」で川端 康成文学賞受賞。

  • ジゼル

 秋吉 理香子 著  小学館

 バレエ団の創立15周年記念公演の演目が「ジゼル」に決定し、花音は準主役に抜擢される。「ジゼル」は過去にプリマが悲劇的な死を遂げ、タブーとなっていた。そんな矢先、不可解な事件が相次ぎ―。「きらら」掲載を単行本化。

(著者紹介)秋吉 理香子(あきよし・りかこ):兵庫県生まれ。ロヨラ・メリマウント大学院にて、映画・TV製作修士号取得。「雪の花」でYahoo!JAPAN文学賞受賞。ほかの著書に「暗黒女子」「絶対正義」など。

  • 宗麟の海

 安部 龍太郎 著  NHK出版

 信長に先んじて海外貿易を行い、硝石、鉛を輸入、鉄砲隊を整備。強大な軍事力と知略で九州6ケ国を制覇。理想の王国を作ろうと夢に向かって駆け抜けた大友 宗麟を描く歴史小説。「大分合同新聞」連載を書籍化。

(著者紹介)安部 龍太郎(あべ・りゅうたろう):1955年福岡県生まれ。久留米高専卒。図書館司書を経て執筆活動に入る。「血の日本史」でデビュー。「天馬、翔ける」で中山 義秀文学賞、「等伯」で直木賞を受賞。

  • 波濤の城

 五十嵐 貴久著   祥伝社

 消防士の夏美と雅代は、豪華客船クルーズの旅に出た。船長は代議士を接待するため、航路を変更する。それが史上最悪の船舶事故の幕開けだった―。逃げ場のない恐怖を描いたパニック小説。「小説NON」連載に加筆、訂正。

(著者紹介)五十嵐 貴久(いがらし・たかひさ):1961年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。「リカ」で第2回ホラーサスペンス大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「For You」「リミット」など。

  • ホワイトラビット

 伊坂 幸太郎 著  新潮社

 その夜、街は静かだった。高台の家で、人質立てこもり事件が起こるまでは―。仙台で発生した人質立てこもり事件。SITに所属、宮城県警を代表する優秀な警察官も現場に急行し、交渉を始めるが―。予測不能の籠城ミステリー。

(著者紹介)伊坂 幸太郎(いさか・こうたろう):1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。「オーデュボンの祈り」で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。「ゴールデンスランバー」で山本 周五郎賞、本屋大賞を受賞。

  • 世界で一番のクリスマス

 石井 光太 著  文藝春秋

 1980年代、上野界隈のフィリピンパブ。父親の経営する店の人気者だった姉は、AV女優として成功したけれど―。風俗業で生きる女と男たちの心情の遍歴を描いた物語。全5編を収録。「オール讀物」掲載を書籍化。

(著者紹介)石井 光太(いしい・こうた):1977年東京生まれ。日本大学藝術学部文藝学科卒業。国内外の貧困、戦争、事件などをテーマに執筆活動を行う。著書に「物乞う仏陀」「蛍の森」「砂漠の影絵」など。

  • 琥珀の夢 上 小説鳥井信治郎

 伊集院 静 著  集英社

 日本初の国産ウイスキー造りに精魂をかけた鳥井 信治郎。明治・大正・昭和を駆け抜けたサントリー創業者と、その「やってみなはれ」の精神を受け継ぐ末裔を描く。「日本経済新聞」連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)伊集院 静(いじゅういん・しずか):1950年山口県生まれ。立教大学文学部卒業。CMディレクター等を経て、作家。「乳房」で吉川 英治文学新人賞、「受け月」で直木賞、「機関車先生」で柴田 錬三郎賞受賞。

  • 琥珀の夢 下 小説鳥井信治郎

 伊集院 静 著  集英社

 日本初の国産ウイスキー造りに精魂をかけた鳥井 信治郎。明治・大正・昭和を駆け抜けたサントリー創業者と、その「やってみなはれ」の精神を受け継ぐ末裔を描く。「日本経済新聞」連載に加筆し単行本化。

  • ブルーローズは眠らない

 市川 憂人 著  東京創元社

 バラの蔓で覆われた温室。密室内に残されたのは、切断された首、血文字、縛られた生存者。不可能と言われた青いバラをめぐる連続殺人の謎とは―。「ジェリーフィッシュは凍らない」に続くシリーズ第2弾。

(著者紹介)市川 憂人(いちかわ・ゆうと):1976年神奈川県生まれ。東京大学卒。在学時は文学サークル・東京大学新月お茶の会に所属。「ジェリーフィッシュは凍らない」で鮎川 哲也賞を受賞しデビュー。

  • 西郷の首

 伊東 潤 著  KADOKAWA

 西南戦争で西郷 隆盛の首を発見した陸軍軍人・千田 文次郎と、大久保 利通を暗殺した島田 一郎。異なる道を歩んだ元加賀藩士2人の友情と生き様から「維新」と「武士の世の終わり」を描く。「小説野性時代」掲載を書籍化。

(著者紹介)伊東 潤(いとう・じゅん):1960年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業。「国を蹴った男」で吉川 英治文学新人賞、「巨鯨の海」で山田 風太郎賞と高校生直木賞を受賞。ほかの著書に「悪左府の女」など。

  • 僕たちのアラル

 乾 緑郎 著  KADOKAWA

 外界とは完全に遮断されたバイオスフィアドームで数万人単位での居住実験が始まり30年。かつてないトラブルがドームを襲う。事件に巻き込まれた少年と少女が、真実を知るために動き始めるが―。SF青春ミステリー。

(著者紹介)乾 緑郎(いぬい・ろくろう):1971年東京都生まれ。舞台演出家、劇作家として活動。「忍び外伝」で朝日時代小説大賞、「完全なる首長竜の日」で「このミステリーがすごい!」大賞受賞。ほかの著書に「機巧のイヴ」など。

  • 屍人荘の殺人

 今村 昌弘 著  東京創元社

 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、紫湛荘を訪ねた。その夜、想像しえない事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もった彼らだが、翌日部員の1人が密室で死体となって発見され―。

  • 天魔の所業、もっての外なり 室町もののけ草紙

 岩井 三四二 著  淡交社

 応仁の乱の元凶か。稀代の悪女か。絶大な経済力を背景に、翳りゆく将軍家を操る日野富子を中心に描かれた時代短編小説集。「優曇華の華」「天狗の如く」など、全7編を収録。「なごみ」掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

(著者紹介)岩井 三四二(いわい・みよじ):1958年岐阜県生まれ。一橋大学経済学部卒業。「一所懸命」で小説現代新人賞、「月ノ浦惣庄公事置書」で松本 清張賞、「清佑、ただいま在庄」で中山 義秀文学賞を受賞。

  • 翻弄 盛親と秀忠

 上田 秀人 著  中央公論新社

 偉大な父を持つ長宗我部 盛親と徳川 秀忠。2人は関ケ原の戦いで全く戦功を上げられなかったという共通した屈辱を味わっていた。それから十余年。運命が2人を再び戦場に連れ戻す―。「中央公論」連載を単行本化。

(著者紹介)上田 秀人(うえだ・ひでと):1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。歯科医師。作家。「孤闘」で中山 義秀文学賞を受賞。ほかの著書に「傀儡に非ず」「鳳雛の夢」など。

  • カシス川

 荻野 アンナ 著  文藝春秋

 彼と父を見送った私に癌が見つかった。ともに暮らす画家の母は要介護4。老いる母、癌の私、ふたりが生きる彼岸の現実―。一卵性母子による愛と涙の闘病記。「文學界」掲載を書籍化。

(著者紹介)荻野 アンナ(おぎの・あんな):1956年神奈川県生まれ。小説家。慶應義塾大学文学部教授。「背負い水」で芥川賞、「ホラ吹きアンリの冒険」で読売文学賞、「蟹と彼と私」で伊藤 整文学賞受賞。

  • ポーラースター 2  ゲバラ漂流

 海堂 尊 著  文藝春秋

 太平洋戦争後軍事干渉されるカリブ諸国の現実に直面し、反米の炎を燃やしていくゲバラ。チェ・ゲバラ、ラテンアメリカを描く4部作の第2弾。「オール讀物」「別冊文藝春秋」連載を加筆・修正。

(著者紹介)海堂 尊(かいどう・たける):1961年千葉県生まれ。医師・作家。「チーム・バチスタの栄光」で作家デビュー。

  • 転生の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿

 笠井 潔 著  講談社

 43年前、二重密室から消えた幻の女が、国会前のデモの現場に現れた。当時と全く同じ容姿で―。本格ミステリ+ハードボイルド+社会問題がクロスする長編小説。「メフィスト」連載を単行本化。

(著者紹介)笠井 潔(かさい・きよし):1948年東京生まれ。「バイバイ、エンジェル」で角川小説賞、「オイディプス症候群」「探偵小説論序説」で本格ミステリ大賞小説部門と評論・研究部門を同時受賞。

  • 墨の香

 梶 よう子 著  幻冬舎

 江戸時代後期。嫁ぎ先から理由もなく離縁され、心機一転、筆法指南所(書道教室)を始めた女流書家・岡島 雪江。ある日、元夫の森高 章一郎が「ある事件」に巻き込まれたことを知り―「『GINGER L.」連載に加筆・修正。

(著者紹介)梶 よう子(かじ・ようこ):東京都生まれ。「い草の花」で九州さが大衆文学賞大賞、「一朝の夢」で松本 清張賞を受賞。ほかの著書に「ヨイ豊」など。

  • 1999年の王

 加藤 元 著  KADOKAWA

 東京で殺人未遂事件が発生。捜査が進むにつれ、安西という男が主犯として保険金目当ての連続殺人を仕掛けていたことが明らかに。共犯者、崇拝者、事件記者、それぞれの視点から安西の凄絶な過去が語られて―。

(著者紹介)加藤 元(かとう・げん):1973年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部中退。「山姫抄」で小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「泣きながら、呼んだ人」「嫁の遺言」など。

  • 双子は驢馬に跨がって

 金子 薫 著  河出書房新社

 いつ何処ともしれぬ森の中のペンション。オーナーに監禁された父子は、双子が驢馬に乗って助けにくるのを信じて待ち続けていた。一方、驢馬を得て旅立った双子は、寄り道ばかりで―。奇想天外な冒険譚。「文藝」掲載を書籍化。

(著者紹介)金子 薫(かねこ・かおる):1990年神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。「アルタッドに捧ぐ」で文藝賞を受賞しデビュー。ほかの図書に「鳥打ちも夜更けには」など。

  • 森へ行きましょう

 川上 弘美 著  日本経済新聞出版社

 1966年の同じ日に生まれた、パラレルワールドに生きる留津とルツ。それぞれの人生には無数の岐路があり選択がなされる。そのとき、選んだ道のすぐそばを歩いているのは、誰なのか―。「日本経済新聞」連載を単行本化。

(著者紹介)川上 弘美(かわかみ・ひろみ):1958年東京生まれ。「蛇を踏む」で芥川賞、「センセイの鞄」で谷崎 潤一郎賞、「水声」で読売文学賞を受賞。

  • 愛のかたち

 岸 惠子 著  文藝春秋

 化粧品会社の駐在員としてパリで暮らす渚詩子は謎の弁護士と恋に落ちる―。フランス、中東、京都を舞台に、悲痛な運命に抗い、力強く生きる男女を描く愛の物語。全2作品を収録。「オール讀物」「小説幻冬」掲載を書籍化。

(著者紹介)岸 惠子(きし・けいこ):横浜市出身。女優、作家、ジャーナリスト。「ベラルーシの林檎」で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。芸術文化勲章コマンドールを受勲。ほかの著書に「わりなき恋」「風が見ていた」など。

  • 武士マチムラ

 今野 敏 著  集英社

 幕末の沖縄を生きた空手家・松茂 良興作。明治維新の荒波が沖縄を襲い、琉球王国がヤマトに消滅させられると、興作は反ヤマト派の活動を始めるが―。著者のライフワーク、琉球空手シリーズ。「琉球新報」掲載を単行本化。

(著者紹介)今野 敏(こんの・びん):1955年北海道生まれ。レコード会社勤務を経て、執筆活動に専念。「隠蔽捜査」で吉川 英治文学新人賞、「果断」で山本 周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞。

  • 砂上

 桜木 紫乃 著  KADOKAWA

 北海道で暮らす令央は、作家になる夢を持ちながら、数万円の月収と元夫からの慰謝料で細々と暮していた。40代に突入したある日、冷徹な編集者が現れ、令央は母のある秘密を書く決意をする。「本の旅人」掲載を加筆し書籍化。

(著者紹介)桜木 紫乃(さくらぎ・しの):1965年北海道生まれ。「ラブレス」で島清恋愛文学賞、「ホテルローヤル」で直木 三十五賞を受賞。ほかの著書に「氷の轍」など。

  • 乱世をゆけ 織田の徒花、滝川一益

 佐々木 功 著  角川春樹事務所

 甲賀の忍びあがりの土豪、滝川 一益は、諸国を放浪の後、織田 信長と出会い、寵臣として存在を大きくしていく。そんな中、信長が斃れ―。謎の多い武将、滝川 一益の波乱に満ちた生涯を描く。

(著者紹介)佐々木 功(ささき・こう):大分県出身。早稲田大学第一文学部卒業。一般企業勤務。「乱世をゆけ」で第9回角川春樹小説賞を受賞。

  • 孤軍

 笹本 稜平 著  双葉社

 殺害された老人宅から現金が消えた。その額、なんと8億円。管轄、権限、法律、意地、誇りなど。様々な壁を越境し、徹底して巨悪を追い詰める。「小説推理」連載を加筆訂正し単行本化。

(著者紹介)笹本 稜平(ささもと・りょうへい):1951年千葉県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒。「時の渚」でサントリーミステリー大賞と読者賞、「太平洋の薔薇」で大藪 春彦賞を受賞。他の著書に「天空への回廊」など。

  • 千の扉

 柴崎 友香 著  中央公論新社

 一俊から結婚を申し込まれ、広大な都営団地の一室に移り住んだ千歳は、彼の祖父から人捜しを頼まれるが―。70年間の、場所の記憶と人の記憶。時間を旅する長篇小説。「アンデル」連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)柴崎 友香(しばさき・ともか):1973年大阪府生まれ。「その街の今は」で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田 作之助賞大賞、咲くやこの花賞、「寝ても覚めても」で野間文芸新人賞、「春の庭」で芥川賞受賞。

  • 猫ヲ捜ス夢

 小路 幸也 著  徳間書店

 災厄を祓う力を持つ蘆野原の一族。大きな戦争は、彼らにも影響を及ぼした。蘆野原の長筋である正也は、事が起こると亡き母と同じように、猫になってしまう姉の行方を探し―。「読楽」掲載を一部加筆修正して単行本化。

(著者紹介)小路 幸也(しょうじ・ゆきや):1961年北海道生まれ。「空を見上げる古い歌を口ずさむ」で講談社メフィスト賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「東京バンドワゴン」シリーズなど。

  • 青い花 瀬戸内寂聴少女小説集

 瀬戸内 寂聴 著  小学館

 先生はまだ、あのことをおぼえていらして下さいますでしょうか―。瀬戸内寂聴がデビュー前に書いた幻の作品や、書き下ろしなど、全8作を収録した少女小説集。三島 由紀夫との思い出を綴ったエッセイも掲載。

(著者紹介)瀬戸内 寂聴(せとうち・じゃくちょう):大正11年徳島県生まれ。東京女子大卒。「夏の終り」で女流文学賞、「花に問え」で谷崎 潤一郎賞受賞。文化勲章受章。NPO法人「若草プロジェクト」呼びかけ人のひとり。

  • 高架線

 滝口 悠生 著  講談社

 古アパート「かたばみ荘」では、出るときに次の入居者を自分で探してくることになっていた。部屋を引き継いだ住人がある日失踪して―。人々の記憶と語りで綴られていく16年間の物語。「群像」掲載を書籍化。

(著者紹介)滝口 悠生(たきぐち・ゆうしょう):1982年東京都生まれ。「楽器」で新潮新人賞を受賞しデビュー。「愛と人生」で野間文芸新人賞、「死んでいない者」で芥川 龍之介賞受賞。

  • 花になるらん 明治おんな繁盛記

 玉岡 かおる 著  新潮社

 京都の呉服商の娘みやびは、店に出たがる働き者。職人の技巧を駆使した織物を万博に出品し、日本が優れた芸術の国であることを世界に知らしめ―。皇室御用達百貨店となった高島屋の繁栄の礎を築いた女性の軌跡を描く大河小説。

(著者紹介)玉岡 かおる(たまおか・かおる):1956年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部卒。「夢食い魚のブルー・グッドバイ」で神戸文学賞を受賞し、作家デビュー。「お家さん」で織田 作之助賞受賞。

  • 崩れる脳を抱きしめて

 知念 実希人 著  実業之日本社

 神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会い、心を通わせる。実習を終えた碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女はなぜ死んだのか。幻だったのか。そして明かされる衝撃の真実。

(著者紹介)知念 実希人(ちねん・みきと):1978年沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒。日本内科学会認定医。島田 荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した「誰がための刃」で作家デビュー。

  • エッグマン

 辻 仁成 著  朝日新聞出版

 オムライス、親子丼、ティラミス、エッグベネディクトなど。風変わりな元料理人の作る1品が、食欲とこころを満たしていく。すべての人々に幸せを届ける至福の料理小説。「小説トリッパー」掲載を単行本化。

(著者紹介)辻 仁成(つじ・ひとなり):東京都生まれ。1989年「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞しデビュー。「海峡の光」で芥川賞、「白仏」の仏語翻訳版でフェミナ賞の外国小説賞を受賞。

  • 教場 0  刑事指導官・風間公親

 長岡 弘樹 著  小学館

 「こんな謎も解けないなら、交番勤務からやり直せ」 極悪人も新米刑事も震え上がる鬼教官・風間が、殺人現場に臨場。“警察学校”小説。「STORY BOX」掲載に大幅な加筆改稿を行い単行本化。

(著者紹介)長岡 弘樹(ながおか・ひろき):1969年山形県生まれ。筑波大学卒。「真夏の車輪」で小説推理新人賞、「傍聞き」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。ほかの著書に「線の波紋」など。

  • 酒が仇と思えども

 中島 要 著  祥伝社

 並木町の酒屋・七福の若旦那のもとには、さまざまな酒にまつわる悩みが持ち込まれる―。凝った心をときほぐす、呑まずに酔える人情時代小説。「小説NON」掲載を書籍化。

(著者紹介)中島 要(なかじま・かなめ):早稲田大学卒業。2008年「素見」で小説宝石新人賞を受賞。ほかの著書に「ひやかし」「江戸の茶碗」など。

  • 千夜と一夜の物語

 仁木 英之 著  文藝春秋

 「魔王」を名乗る男に捕らわれ、殺さぬかわりに面白い話をせよと命じられた千夜は、姉・一夜がかつて作った物語を語り始める。だが、物語は思いもよらぬ悪意を帯びて暴走し―。モダンホラー。「オール讀物」連載を単行本化。

(著者紹介)仁木 英之(にき・ひでゆき):1973年大阪府生まれ。信州大学人文学部卒業。「夕陽の梨」で歴史群像大賞最優秀賞、「僕僕先生」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。

  • 消えない月

 畑野 智美 著  新潮社

 出版社に勤務する松原とマッサージ師のさくら、2人は、付き合いはじめ、やがて別れる。それで終わりのはずだった―。加害者と被害者、ふたつの視点から「ストーカー」に斬り込んだ衝撃作。「yom yom」連載を単行本化。

(著者紹介)畑野 智美(はたの・ともみ):1979年東京都生まれ。東京女学館短期大学国際文化学科卒。「国道沿いのファミレス」で小説すばる新人賞を受賞。ほかの著書に「海の見える街」「南部芸能事務所」など。

  • 守教 上

 帚木 蓬生 著  新潮社

 百姓たちは、苦しい日々を生き抜くためにキリシタンになった。なにかが変わるかもしれないという、かすかな希望。ときの権力者たちも、祈ることを奨励した。しかし―。戦国期から開国までの、キリシタン通史。

(著者紹介)帚木 蓬生(ははきぎ・ほうせい):1947年福岡県生まれ。TBS退社後、九州大学医学部で学ぶ。精神科医。「三たびの海峡」で吉川 英治文学新人賞、「閉鎖病棟」で山本 周五郎賞、「逃亡」で柴田 錬三郎賞を受賞。

  • 守教 下

 帚木 蓬生 著  新潮社

 弾圧は激しさを増す。密告の恐怖。眼前でおこなわれる残虐な処刑。九州のその村には、おびえながらも江戸時代が終わるまで決して逃げなかった者たちがいた。隠れ、そして信じ続けた者たちがいた―。慟哭の隠れキリシタン秘史。

  • 星星(せいせい)の火 2

 福田 和代 著  双葉社

 警視庁保安課の上月は、中国人売春組織の摘発から「赤い虎」を知る。中国語の通訳捜査官・城は、池袋で起きた殺人事件から「赤い虎」に迫る。そして、ある男は「赤い虎」に接触し―。「小説推理」連載を単行本化。

(著者紹介)福田 和代(ふくだ・かずよ):1967年兵庫県生まれ。神戸大学卒業。ミリタリー・クライシスサスペンスやミステリー、警察小説などを発表。著書に「ヴィズ・ゼロ」「空に咲く恋」「薫風のカノン」など。

  • 編集ども集まれ!

 藤野 千夜 著  双葉社

 漫研がすべてだった男子校時代。編集者になり、のちにスカートで出社。解雇され、小説を書き始め―。漫画をこよなく愛する芥川賞作家の自伝的長編小説。「小説推理」連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)藤野 千夜(ふじの・ちや):1962年福岡県生まれ。千葉大学教育学部卒。「午後の時間割」で海燕新人文学賞、「おしゃべり怪談」で野間文芸新人賞、「夏の約束」で芥川賞を受賞。

  • 茶筅の旗

 藤原 緋沙子 著  新潮社

 大名好みの極上茶を仕立てる御茶師の修業に励む綸。そこへ徳川・豊臣決戦近しの報が。茶薗を守り、生き抜くにはどちら方につくべきか―。女御茶師・綸のひたむきな半生を描く本格時代長篇。

(著者紹介)藤原 緋沙子(ふじわら・ひさこ):高知県生まれ。立命館大学文学部史学科卒業。小松左京主宰の「創翔塾」で作家修業に励み、脚本家として活躍。「雁の宿」で小説家デビュー。ほかの著書に「藍染袴お匙帖」シリーズなど。

  • 湖底の城 8巻 呉越春秋

 宮城谷 昌光 著  講談社

 奇襲が失敗し、呉の攻撃により越軍は敗退。会稽山に逃げ込んだ句践は、ここで戦い抜くと宣言するが、大夫種の必死の献策を受け、呉との講和を進めることをやむなく了承。囚われの身となって―。「小説現代」連載を単行本化。

(著者紹介)宮城谷 昌光(みやぎたに・まさみつ):1945年愛知県生まれ。「夏姫春秋」で直木賞、「重耳」で芸術選奨文部大臣賞、「子産」で吉川 英治文学賞を受賞。

  • 武者始め

 宮本 昌孝 著  祥伝社

 自ら作った薬で家臣団との絆を深めた徳川 家康、高貴な身分と偽った豊臣 秀吉、容姿を逆手にとった真田 幸村など。歴史に名を刻んだ7人の武将たちの知られざる“初陣”を描く。「小説NON」掲載を書籍化。

(著者紹介)宮本 昌孝(みやもと・まさたか):1955年静岡県生まれ。日大芸術学部卒業。手塚プロ勤務を経て執筆活動に。著書に「剣豪将軍義輝」「乱丸」など。

  • 百貨の魔法

 村山 早紀 著  ポプラ社

 閉店の噂が飛び交う星野百貨店。だが、スタッフたちは店を守ろうと、今日も売り場に立ちつづけ―。百貨店で働く人たちと館内に住むと噂される「白い猫」が織りなす、魔法のような物語。「桜風堂ものがたり」の姉妹編。

(著者紹介)村山 早紀(むらやま・さき):1963年長崎県生まれ。「ちいさいえりちゃん」で毎日童話新人賞最優秀賞、椋鳩十児童文学賞を受賞。ほかの著書に「桜風堂ものがたり」「コンビニたそがれ堂」など。

  • 失恋バスは謎だらけ

 森沢 明夫 著  双葉社

 失恋した参加者に、鄙びた旅館、わびしい粗食、うら寂しい観光地を提供してどん底まで落ち込んでもらう「失恋バスツアー」。しかし、添乗員・天草もフラれたばかりで―。双葉社文芸webマガジン「カラフル」連載を改題。

(著者紹介)森沢 明夫(もりさわ・あきお):1969年千葉県生まれ。早稲田大学卒業。著書に「癒し屋キリコの約束」「あなたへ」「虹の岬の喫茶店」など。

  • 悪道 5  最後の密命

 森村 誠一 著  講談社

 影将軍が後代家宣に将軍職を譲ることを決意。すると幕閣、大奥、さらには徳川親藩の思惑と野心が交錯する、血なまぐさい抗争が勃発。戦国忍者の末裔・流英次郎に最後の密命が。シリーズ完結。「小説現代」連載を単行本化。

(著者紹介)森村 誠一(もりむら・せいいち):1933年埼玉県生まれ。青山学院大学卒。ホテルマンを経て、「高層の死角」で江戸川 乱歩賞、「腐蝕の構造」で日本推理作家協会賞、「悪童」で吉川 英治文学賞を受賞。

  • 見た目レシピいかがですか?

 椰月 美智子 著  PHP研究所

 本当に似合う色、服、髪型、メイクを提案するイメージコンサルタント。相談した人たちの外見と内面の変化とは。「きれいになりたい」人々の心情を鋭く描く連作小説集。「文蔵」連載「変貌の途中」に加筆・修正。

(著者紹介)椰月 美智子(やずき・みちこ):1970年神奈川県生まれ。「十二歳」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。「しずかな日々」で野間児童文芸賞、坪田 譲治文学賞を受賞。ほかの著書に「14歳の水平線」など。

  • きっと誰かが祈ってる

 山田 宗樹 著  幻冬舎

 様々な理由で実親と暮せないゼロ歳から2歳までの子どもたちが生活する乳児院。保育士の温子は最初に担当した多喜を思い、ある行動に出る―。あふれる愛の物語。電子書籍ストア「BookLive!」連載に加筆し書籍化。

(著者紹介)山田 宗樹(やまだ・むねき):1965年愛知県生まれ。「直線の死角」で横溝 正史ミステリ大賞、「百年法」で日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)受賞。ほかの著書に「嫌われ松子の一生」など。

  • エクスプロード

 結城 充考 著  祥伝社

 大学の物理学研究室爆破事件と、元傭兵の超高層ビル立て籠もり事件が、同じ管内で発生した。警視庁捜査一課の入間 祐希は、二つの事件の関連を疑うが、直後に科学系出版社で第二の爆発が―。「小説NON」連載を加筆、訂正。

(著者紹介)結城 充考(ゆうき・みつたか):香川県生まれ。2004年「奇蹟の表現」で電撃小説大賞銀賞を受賞しデビュー。「プラ・バロック」で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。ほかの著書に「狼のようなイルマ」など。

  • 回遊人

 吉村 萬壱 著  徳間書店

 妻子とのやり取りに行き詰まりを感じて出奔した男は、たどり着いたドヤ街で小さな白い錠剤を見つける。死を覚悟してそれを飲むが、目覚めるとそこは10年前、結婚前の世界だった。人生を選べる幸せを、男は噛み締めるが―。

(著者紹介)吉村 萬壱(よしむら・まんいち):1961年愛媛県生まれ。京都教育大学卒業。東京、大阪の高校、支援学校教諭を務める。「クチュクチュバーン」で文學界新人賞を受賞しデビュー。「ハリガネムシ」で芥川賞受賞。

  • 吹上奇譚 第1話  ミミとこだち

 吉本 ばなな 著  幻冬舎

 その街では、死者も生き返る―。現実を夢で知る「夢見」。そして屍人を自在に動かす「屍人使い」。2つの能力を私は持っている―。吉本ばななが描いた長編哲学ホラー小説。

(著者紹介)吉本 ばなな(よしもと・ばなな):1964年東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。「アムリタ」で紫式部文学賞、「不倫と南米」でドゥマゴ文学賞を受賞。

  • 米澤穂信と古典部

 米澤 穂信著   KADOKAWA

 「古典部」シリーズ15年の歩みを語った米澤穂信のインタビューをはじめ、北村 薫、恩田 陸らとの対談、古典部メンバーの本棚等を収録。「古典部」新作小説も掲載する。進化を続けるミステリ作家と「古典部」のすべてがわかる。

(著者紹介)米澤 穂信(よねざわ・ほのぶ):1978年岐阜県生まれ。「氷菓」で角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)奨励賞、「折れた竜骨」で日本推理作家協会賞、「満願」で山本 周五郎賞を受賞。

  • 蘇える鬼平犯科帳 池波正太郎と七人の作家

 池波 正太郎 著  逢坂 剛 著  上田 秀人 著  梶 よう子 著  風野 真知雄 著  門井 慶喜 著  土橋 章宏 著  諸田 玲子 著   文藝春秋

 「鬼平」誕生から50年。逢坂 剛、諸田 玲子、土橋 章宏、上田 秀人、門井 慶喜、風野 真知雄、梶 よう子が、新たに「鬼平」に命を吹き込んだ短編集。「オール讀物」掲載を単行本化。池波 正太郎が自ら選んだ傑作短編も収録。

(著者紹介)池波 正太郎(いけなみ・しょうたろう):1923年から1990年。東京生まれ。「錯乱」で直木賞受賞。
 逢坂 剛(おうさか・ごう):1943年東京都生まれ。中央大学法学部卒。「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。

  • 13・67

 陳 浩基 著  天野 健太郎 訳  文藝春秋

 “天眼”と呼ばれた香港警察きっての名刑事クワンと愛弟子のロー。雨傘革命前夜の2013年から反英暴動が勃発した1967年へ。名刑事の事件簿と香港現代史の闇を逆年代記で描く。(分類:923.7チン)

(著者紹介)陳 浩基(ちん・こうき):1975年生まれ。香港中文大学計算機学科卒。台湾推理作家協会の海外会員。「世界を売った男」で第2回島田 荘司推理小説賞を受賞。

  • ギリシャ語の時間

 ハン ガン 著  斎藤 真理子 訳  晶文社

 ある日突然言葉を失った女。すこしずつ視力を失っていく男。女は失われた言葉を取り戻すため古典ギリシャ語を習い始める。ギリシャ語講師の男は彼女の“沈黙”に関心をよせていく―。人間が失った本質とは何かを問う物語。(分類:929.1ハン)

(著者紹介)ハンガン:1970年韓国・光州生まれ。延世大学国文科卒業。ソウル芸術大学の文芸創作科教授。「菜食主義者」で韓国で最も権威のある文学賞李箱文学賞、英国のブッカー国際賞を受賞。

  • ぼくらが漁師だったころ

 チゴズィエ・オビオマ 著  粟飯原 文子 訳  早川書房

 アグウ家の四人兄弟が川のほとりで出会った狂人は、おそろしい予言を口にした―。予言をきっかけに瓦解していく家族、そして起こった事件。1990年代のナイジェリアを舞台に、9歳の少年の視点から語られる壮絶な物語。(分類:933.7オヒ)

(著者紹介)チゴズィエ・オビオマ:1986年ナイジェリア生まれ。「ぼくらが猟師だったころ」がブッカー賞最終候補作に選出され、ロサンゼルス・タイムズ文学賞など受賞。ネブラスカ大学リンカーン校で教鞭を執る。

  • ファインダーズ・キーパーズ 上

 スティーヴン・キング 著  白石 朗 訳  文藝春秋

 少年ピートが見つけたトランクには、大金と隠棲する作家の未発表の文章が記された大量のノートが。貧しい両親と妹のために、ピートはお金を役立てようと決めたが―。「ミスター・メルセデス」の続編。(分類:933.7キン)

(著者紹介)スティーヴン・キング:1947年アメリカ生まれ。「キャリー」で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠。「ミスター・メルセデス」でエドガー賞最優秀長編賞受賞。

  • ファインダーズ・キーパーズ 下

 スティーヴン・キング 著  白石 朗 訳  文藝春秋

 退職刑事ホッジズのもとに「兄ピートの様子がおかしい」という少女の相談が持ち込まれる。家族を思う少年と、未発表原稿に執着する犯罪者、2人の軌跡が交差する時が迫る―。「ミスター・メルセデス」の続編。(分類:933.7キン)

  • 運命と復讐

 ローレン・グロフ 著  光野 多惠子 訳  新潮社

 夫の視点で綴られた美しき結婚生活は、後半の妻の視点になると一転。スキャンダラスで悲劇的な真相が明らかになっていく。家族の愛は夫婦の嘘に打ち勝てるのか。巧みなストーリー性と古典劇の文学性を併せ持つ、大河恋愛小説。(分類:933.7クロ)

(著者紹介)ローレン・グロフ:1978年ニューヨーク州生まれ。ウィスコンシン大学大学院で創作を学ぶ。

  • 冷たい家

 JP.ディレイニー 著  唐木田 みゆき 訳  早川書房

 厳しいルールを守らなければ入居できない奇妙な物件。そこに住む女性たちには、なぜか次々と災厄が訪れる。この家を手がけた建築家エドワードは一体何者なのか。交錯する語りから驚愕の真実が明かされていくサスペンス。(分類:933.7ティ)

  • J・G・バラード短編全集 4  下り坂カーレースにみたてたジョン・フィッツジェラルド・ケネディ暗殺事件

 J.G.バラード 著  柳下 毅一郎 監修  浅倉 久志 ほか訳  東京創元社

 叙事的な文体で20世紀SFに独自の境地を拓いた鬼才で、英国を代表する作家、J・G・バラードの全短編を発表年代順に収録する。4は、幻の中編「最終都市」を含む全22編を収録。(分類:933.7ハラ)

(著者紹介)J.G.バラード:1930年から2009年。英国の作家。上海生まれ。SFのニューウェーヴ運動の先頭に立った。著書に「破滅三部作」と呼ばれる「沈んだ世界」「燃える世界」「結晶世界」など。

  • オクトーバー 物語ロシア革命

 チャイナ・ミエヴィル 著  松本 剛史 訳  筑摩書房

 1917年、民衆が街頭を埋め尽くし、世界は赤く染まった。不可能なはずの革命が成し遂げられた瞬間。だが―。レーニン、トロツキー、そして彼らを衝き動かした名もなき群衆たちの壮大な物語を、SF界の鬼才が甦らせる。(分類:933.7ミヒ)

(著者紹介)チャイナ・ミエヴィル:1972年イングランド生まれ。現代を代表するSF・ファンタジー作家。著書に「ペルディード・ストリート・ステーション」「言語都市」など。

  • 湖の男

 アーナルデュル・インドリダソン著 柳沢 由実子訳   東京創元社

 干上がった湖の底から発見された一体の白骨。それにはソ連製の盗聴器が結びつけられていた。時代に翻弄された人々の哀しい真実とは―。エーレンデュルが過去に挑む。「湿地」「緑衣の女」「声」に続くシリーズ第4弾。(分類:949.5アナ)

(著者紹介)アーナルデュル・インドリダソン:1961年アイスランド生まれ。映画評論家等を経て、作家デビュー。「湿地」と「緑衣の女」で2年連続してガラスの鍵賞を受賞。「緑衣の女」は英国のCWAゴールドダガー賞も受賞。

  • ボージャングルを待ちながら

 オリヴィエ・ブルドー 著  金子 ゆき子 訳  集英社

 現実を笑い飛ばす、3人家族の破天荒な日常。でも、その暮らしは永遠には続かなかった―。息子である「ぼく」の視点から描く、ある夫婦のおかしくて、悲しくて、せつない愛の物語。(分類:953.7フル)

(著者紹介)オリヴィエ・ブルドー:1980年フランス生まれ。不動産関係の仕事を経て、「ボージャングルを待ちながら」を書き上げる。

エッセイ

  • 感傷的な午後の珈琲

小池 真理子 著  河出書房新社

 恋のときめき、愛しい人たちとの別れ、書くことの神秘―。生と死とエロスの世界を描き、読者を魅了し続ける小池 真理子が、人生の輝き、ときめきを瑞々しい言葉で紡ぐ。芳醇な香り漂うエッセイ集。(分類:914.6コイ)

(著者紹介)小池 真理子(こいけ・まりこ):1952年東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)、「恋」で直木賞、「欲望」で島 清恋愛文学賞を受賞。

児童書

対象区分:幼(幼児0歳から5歳)、0歳から2歳(幼児0歳から2歳)、3歳から5歳(幼児3歳から5歳)、小(小学生)、小初(小学1年生から2年生)、小中(小学3年生から4年生)、小上(小学5年生から6年生)、中(中学生)、高(高校生)、般(一般)

社会科

  • 日本の手仕事 1  大工さん・すし職人さんほか

 遠藤 ケイ 絵と文  汐文社

 日本の自然の素材の特性を生かして、人のくらしに役に立つ道具をつくる手仕事の職人さん。大工さん、すし職人さん、かじやさん、竹細工師さんなどの仕事の内容や道具を、イラストや写真を用いて紹介します。(分類:502ニホ 対象:小中、小上)

(著者紹介)遠藤 ケイ(えんどう・けい):1944年新潟県生まれ。民俗学をライフワークに、土地の労働や生活習俗、子どもの遊びなどを取材し、絵と文章で新聞、雑誌、著作に発表している。著書に「海の道山の道」など。

  • 日本の城 ビジュアル事典

 古舘 明廣 文・構成  三浦 正幸 監修  岩崎書店

 城のしくみや戦国時代の城での戦い方などをビジュアルに解説。松本城、彦根城、姫路城など天守がのこる12城や、全国の城も豊富な写真で紹介する。コピーして使う自由研究シート、見返しに日本名城マップ、年表あり。(分類:521ニホ 対象:小上)

(著者紹介)古舘 明廣(ふるだて・あきひろ):岩手県生まれ。著書に「信じる?信じない?世界仰天ミステリー」など。

生活

  • フライパンで作るはじめてのごはん うれしいジュージューデビュー!

 寺西 恵里子 著  日東書院本社

 はじめてでも大丈夫。オムレツ、チャーハン、パエリア、パイナップルケーキなど、フライパンひとつで作れるおいしくてカンタンな料理を紹介。作り方をわかりやすい写真で解説します。(分類:596フラ 対象:小中、小上)

(著者紹介)寺西 恵里子(てらにし・えりこ):株式会社 サンリオに勤務し、子ども向け商品の企画デザインを担当。退社後も“HAPPINESS FOR KIDS”をテーマに手芸、料理、工作を中心に手作りのある生活を幅広くプロデュース。

芸術・芸能

  • 文様えほん

 谷山 彩子 作  あすなろ書房

 植物・動物・自然をモチーフにした文様、季節の文様など。よく見かける着物の柄から、家紋や世界の文様まで、古今東西300種の文様を、イラストでわかりやすく紹介する。(分類:727モン 対象:小中)

(著者紹介)谷山 彩子(たにやま・あやこ):1966年東京都生まれ。セツ・モードセミナー卒業。HB Gallery勤務の後、フリーのイラストレーターに。雑誌や書籍の装画、様々な企業広告、テキスタイルなどを手がける。

  • はたらく

 長倉 洋海 著  アリス館

 山の上で山羊を育て、放牧する少年。両親のかわりに市場ではたらく少女。森の恵み、海の恵みで生きる人々など。世界各地で出会った、家族や仲間と助け合ってはたらく子どもたちを写真で紹介する。見返しに写真あり。(分類:748ハタ 対象:小初、小中)

(著者紹介)長倉 洋海(ながくら・ひろみ):1952年北海道生まれ。写真家。世界の紛争地や辺境の地を撮影する。土門拳賞、講談社出版文化賞などを受賞。写真集に「西域の貌」「地を駆ける」など。

よみもの

  • 唐木田さんち物語

 いとう みく 作  平澤 朋子 画  毎日新聞出版

 唐木田家は8人兄弟。写真家のお父さんは自由人。日本中を飛び回り、いつもうちを空けていて、しっかりもので優しいお母さんが切り盛りする大家族。6番目の小学5年生・志朗の成長を通して、面倒で愛おしい家族の絆を描く。(分類:913イト 対象:小上)

(著者紹介)いとう みく:神奈川県生まれ。季節風同人。「糸子の体重計」で日本児童文学者協会新人賞、「空へ」で日本児童文芸家協会賞を受賞。ほかの著書に「かあちゃん取扱説明書」など。

  • ともだちのときちゃん

 岩瀬 成子 作  植田 真 絵  フレーベル館

おしゃべりが大好きな小学2年生のさつきは、自分とは対照的なときちゃんにいらいらしてしまう。でもある日、さつきはときちゃんから「生きていると、昨日とはちょっとだけ違っちゃっているよ」と言われて考えてしまい―。(分類:913イワ 対象:小初)

(著者紹介)岩瀬 成子(いわせ・じょうこ):1950年山口県生まれ。「朝はだんだん見えてくる」でデビュー。「「うそじゃないよ」と谷川くんはいった」で小学館文学賞、「そのぬくもりはきえない」で日本児童文学者協会賞を受賞。

  • クリスマスがちかづくと

 斉藤 倫 作  くりはら たかし 画  福音館書店

セロはクリスマスなんて大嫌い。おとうさんは留守で、おかあさんはデパートのお仕事だから。どうしておとうさんは冬になると家に帰ってこなくなるのか、おかあさんに問いただすと、なんとおとうさんはサンタクロースで―。(分類:913サイ 対象:小中)

(著者紹介)斉藤 倫(さいとう・りん):1969年生まれ。詩人。「手をふる手をふる」でデビュー。「どろぼうのどろぼん」で日本児童文学者協会新人賞、小学館児童出版文化賞を受賞。

  • 走れ!ヒットン 運動会小説

 須藤 靖貴 著  講談社

今年も花の木小学校に運動会がやってくる。去年までずっとリレーの選手だった6年2組のヒットンは、足をケガしてしまった。小学校さいごの運動会に出られないと思うと、涙が止まらなくて―。(分類:913スト 対象:小上)

(著者紹介)須藤 靖貴(すどう・やすたか):1964年東京都生まれ。駒澤大学文学部卒業。スポーツ誌の編集者などを経て、「俺はどしゃぶり」で小説新潮長篇新人賞を受賞し、作家デビュー。ほかの著書に「監督が好き」など。

  • ちゃめひめさまとペピーノおうじ

 たかどの ほうこ 作  佐竹 美保 絵  あかね書房

 ちゃめひめさまは、おちゃめでいたずらなお姫さま。ある日、やんちゃできかんぼうの王子がやってくることに。「そんな王子さまに会うのはまっぴら!」とお城を抜け出した、ちゃめひめさまでしたが―。(分類:913タカ 対象:小初)

(著者紹介)たかどの ほうこ:函館市生まれ。作品に「キロコちゃんとみどりのくつ」「ピピンとトムトム」シリーズなど。

  • サンタちゃん

 ひこ・田中 作  こはら かずの 絵  講談社

プレゼントの準備に忙しいサンタのところに、「私がサンタになりたいの」という女の子があらわれた。袋のかつぎかた、ラッピング、世界地図の勉強、煙突からの家の出入りなど、サンタクロースになるための訓練をはじめて―。(分類:913ヒコ 対象:小初、小中、般)

(著者紹介)ひこ・田中(ひこ たなか):1953年大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業。「お引越し」で第1回椋鳩十児童文学賞、「ごめん」で第44回産経児童出版文化賞JR賞を受賞。他の著書に「大人のための児童文学講座」など。

  • 魔女バジルと闇の魔女

 茂市 久美子 作  よしざわ けいこ 絵  講談社

バジルは魔女になったけれど、ひとにおくる力が地味なので、あまり人気がありません。そんなバジルが、クリスタル国の成人式に招待されて―。「魔女バジル」シリーズ第4弾。「毎日新聞」大阪本社発行版連載を加筆・訂正。(分類:913モイ 対象:小中)

(著者紹介)茂市 久美子(もいち・くみこ):岩手県生まれ。会社勤務をへて執筆活動に入り、「おちばおちばとんでいけ」で、ひろすけ童話賞受賞。ほかの作品に「ゆうすげ村の小さな旅館」「おいなり山のひみつ」など。

  • まっすぐな地平線

 森島 いずみ 著  偕成社

小学6年生の悠介は、3年前に北京で知り合ったミンミンという中国人女性が日本にくることを知る。まっすぐな性格のミンミンに振り回される悠介だったが―。国境を越えた2人の絆をやさしく描く。(分類:913モリ 対象:小上)

(著者紹介)森島 いずみ(もりしま・いずみ):秋田県生まれ。通訳業のかたわら児童文学を書きはじめる。「パンプキン・ロード」で小川 未明文学賞大賞、「あの花火は消えない」で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。

  • とうふやのかんこちゃん

 吉田 道子 文  小林 系 絵  福音館書店

 お客さんの少ないとうふ屋の子ども・かんこは、とうふの味のわかるお客さんが来て、とうさんのとうふを「うまい」と言ってほしいと思っています。そんなかんこのもとに2匹のキツネが来て―。家族のあたたかさに満ちた物語。(分類:913ヨシ 対象:小初)

(著者紹介)吉田 道子(よしだ・みちこ):東京生まれ。「ヤマトシジミの食卓」で日本児童文学者協会賞を受賞。ほかの著書に「おにもつはいけん」など。

  • 青空トランペット

 吉野 万理子 作  宮尾 和孝 絵  学研プラス

小6の広記は、野球の応援をするのが一番の楽しみ。ところがある日、いっしょに応援していた建太郎が応援引退宣言。ほかのみんなも少しずつゆめに向かいはじめ―。2016年のベイスターズと交錯する、熱い応援ストーリー。(分類:913ヨシ 対象:小上)

(著者紹介)吉野 万理子(よしの・まりこ):神奈川県出身。「秋の大三角」で新潮エンターテインメント新人賞受賞。「劇団6年2組」「ひみつの校庭」でうつのみやこども賞受賞。ほかの作品に「チーム」シリーズなど。

  • ビーおばさんとおでかけ

 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 作  野口 絵美 訳  佐竹 美保 絵  徳間書店

 ビーおばさんと海に行った3人きょうだい。おばさんが「島を怒らせた」せいで、とんでもない目にあうことに―。ファンタジーの女王、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの短編にカラー挿絵をふんだんに入れた楽しい読み物。(分類:933ショ 対象:小初、小中)

(著者紹介)ダイアナ・ウィン・ジョーンズ:イギリスを代表するファンタジー作家。オックスフォード大学でトールキンに師事。子育て中にファンタジーを書き始める。作品に「魔法使いハウルと火の悪魔」など。2011年没。

  • メリーメリーへんしんする

ジョーン・G.ロビンソン 作・絵  小宮 由 訳  岩波書店

 メリーメリーは5人きょうだいのすえっ子。みんなに「まだ小さいからむり」といわれても、めげません。あるときはバザーの看板娘、あるときは雪男になって大活躍。世界一おもしろいすえっ子のおはなし全5話を収録。(分類:933ロヒ 対象:小初、小中)

(著者紹介)ジョーン・G.ロビンソン:1910年から1988年。イギリス生まれ。チェルシー・イラストレーター・スタジオで学ぶ。挿絵などの仕事をしていたが、子どものためのお話を書くようになる。作品に「思い出のマーニー」など。

絵本

  • あのときのカレーライス

 きむら ゆういち 作  伊藤 秀男 絵  講談社

 貧乏な男は朝も夜も働いて、あたりで一番のお金持ちになりました。欲しいものは手に入れ、おいしい料理もみんな食べてしまった男は、貧しい時にごちそうになったカレーライスが食べたくなり―。人生で本当に大切なものを描く。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)きむら ゆういち:東京都生まれ。絵本・童話作家。「あらしのよるに」で講談社出版文化賞絵本賞など受賞。
 伊藤 秀男(いとう・ひでお):愛知県生まれ。画家、絵本作家。「海の夏」で小学館絵画賞、「けんかのきもち」で日本絵本賞大賞受賞。

  • ウサギのすあなにいるのはだあれ?

 ジュリア・ドナルドソン 文  ヘレン・オクセンバリー 絵  とたに ようこ 訳  徳間書店

 ウサギの巣穴から「ウサギの耳が大好物」だという謎のかいぶつの声がします。びっくりしたウサギは、ネコやクマ、ゾウたちと謎のかいぶつを巣穴から追い出そうとしますが―。読み聞かせにぴったりの、テンポよく楽しい絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)ジュリア・ドナルドソン:1948年英国生まれ。絵本の文章を手がける。
 ヘレン・オクセンバリー:1938年英国生まれ。絵本作家。ケイト・グリーナウェイ賞を2度受賞。

  • おさるのジョージバスケットボールをする

 M.レイ 原作  H.A.レイ 原作  福本 友美子 訳  シンシア・プラット 文  メアリー・オキーフ・ヤング 画

 岩波書店知りたがりやでかわいいこざるのジョージが活躍するシリーズ。ジョージは、車いすに乗っている友だちのティナと公園で遊んでいました。そして、バスケットボールをしている子供たちの仲間に入れてもらって―。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)M.レイ:1906年から1996年。ドイツ生まれ。「ひとまねこざる」シリーズは、代表作として有名。
 H.A.レイ:1898年から1977年。ドイツ生まれ。「ひとまねこざる」シリーズは、代表作として有名。

  • おさるのジョージほんやさんへいく

 M.レイ 原作  H.A.レイ 原作  福本 友美子 訳  ジュリー・M.バーティンスキー 文  メアリー・オキーフ・ヤング 画  岩波書店

知りたがりやでかわいいこざるのジョージが活躍するシリーズ。ジョージは、新しく開店した本屋にでかけました。大好きな「ペンギンのペニー」の本の作者のサイン会があるというので、ジョージは待ちきれなくて―。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

  • おててかいじゅうつみきのまちへ

 真珠 まりこ 作・絵  PHP研究所
 

 ぼくが、つみきのまちをつくっていると、おててかいじゅうグーゴロンがやってきた。つみきロケットを発射したら、おててかいじゅうグーゴロンは逃げていった。でも今度は、おててかいじゅうチョキチョッキンがやってきて―。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)真珠 まりこ(しんじゅ・まりこ):神戸生まれ。大阪とニューヨークのデザイン学校で絵本制作を学ぶ。絵本「もったいないばあさん」シリーズでけんぶち絵本の里大賞、ようちえん絵本大賞等を受賞。他の作品に「おでんのゆ」など。

  • おとえほん

 エルヴェ・テュレ さく  たにかわ しゅんたろう やく  ポプラ社

 本を開いて、「あおいまる」を押してごらん。「ぽん」という音とともに、「あおいまる」が、大きくなったり、小さくなったり、いっぱいふえたり―。ポップな色づかいがオシャレな、新感覚のフランス発の絵本。(対象:幼児(0歳から5歳)、般)

(著者紹介)エルヴェ・テュレ:1958年フランス生まれ。イラストレーター。イラストレーションや絵画の制作とともに、読者の想像力を刺激するような独創的な絵本作品を発表する。作品に「まるまるまるのほん」など。

  • おならまんざい

 長谷川 義史 作  小学館

 プーと出てきたおならがしゃべってビックリ。「ぼくとまんざいせえへん」と誘われて、男の子はおならとまんざいをすることに。おならネタの応酬のアホらしさに、誰もが笑ってしまう絵本。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)長谷川 義史(はせがわ・よしふみ):1961年大阪府生まれ。グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て絵本デビュー。「ぼくがラーメンたべてるとき」で日本絵本賞と小学館児童出版文化賞を受賞。

  • オニのサラリーマンしゅっちょうはつらいよ

 富安 陽子 文  大島 妙子 絵  福音館書店

 赤鬼のオニガワラ・ケンは、地獄カンパニーのサラリーマン。えんまさまから出雲出張を命じられ、同僚のオニジマとともに、年に一度の神つどい「ぜんこく神さまサミット」の会場警備を手伝うことになりましたが―。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)富安 陽子(とみやす・ようこ):1959年東京生まれ。高校在学中より童話を書きはじめる。作品に「盆まねき」など。
 大島 妙子(おおしま・たえこ):1959年東京生まれ。出版社勤務を経て、絵本を描きはじめる。作品に「わらっちゃった」など。

  • きのうえのおうちへようこそ!

 ドロシア・ウォーレン・フォックス 作  おびか ゆうこ 訳  偕成社

 木の上のおうちで、いぬやくまたちと暮らすツイグリーさん。あるとき、大雨に襲われ、町が海のようになってしまった。ツイグリーさんは、町の人たちを助けようと奮闘し―。アメリカで50年間愛される絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)ドロシア・ウォーレン・フォックス:1914年から1999年。雑誌や広告のイラストレーションにたずさわる。多くの児童書や育児雑誌などにも挿絵を描いた。

  • さるとかに

 神沢 利子 文  赤羽 末吉 絵  BL出版

 さるは持っていた柿の種を、かにが持っていたおにぎりと交換しました。かにが庭に柿の種を植えると―。味わい深い文章とダイナミックな絵で描く、読み継いでいきたい名作絵本。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)神沢 利子(かんざわ・としこ):1924年福岡県生まれ。「あひるのバーバちゃん」でサンケイ児童出版文化賞受賞。
 赤羽 末吉(あかば・すえきち):1910年から1990年。東京生まれ。「ほうまん池のカッパ」で小学館絵画賞、国際アンデルセン賞・画家賞受賞。

  • ぞろりぞろりとやさいがね

 ひろかわ さえこ 作  偕成社

 台所の片隅で、すっかり古くなった野菜たち。月夜の晩に、「もう、がまんできない」と、ぞろりぞろりと出かけます。さて、どこに行くのでしょうか。食べ物を大切にしたくなる絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)ひろかわ さえこ:1953年北海道生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。絵本に「ともだちになろうよ」「あと、いくつ?」など。

  • チャールズ・ダーウィン、世界をめぐる

 ジェニファー・サームズ 作  まつむら ゆりこ 訳  廣済堂 あかつき

 1831年、チャールズ・ダーウィンは調査船ビーグル号に乗って世界一周の旅に出発した。チャールズはチョウやトカゲを集め、珍しい鳥を見た。調査の終わり頃、船はガラパゴス諸島に到着し―。解説も掲載。見返しに地図あり。(対象:小初、小中)

(著者紹介)ジェニファー・サームズ:地図のイラストを得意とする画家。子どもの本の作家。パーソンズ美術学校でコミュニケーションデザインを学び、卒業後、雑誌の編集部を経てフリーランス。子どもの本の挿絵を多く手がける。

  • チューリップ畑をつまさきで

 山本 容子 著  偕成社

 きれいな花を咲かせることを夢みるチューリップの球根の女の子、カオリとバナナは、秋の夜にキューコンチョーにさらわれて―。チューリップがどうして人を幸せにできるのか、カオリとバナナがその秘密を知ることになる物語。(対象:小初)

(著者紹介)山本 容子(やまもと・ようこ):1952年生まれ。京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。銅版画家。書籍の装幀、挿画を手がけるほか、パブリックアートや医療現場でのアートにも取り組む。絵本に「白雪姫」など。

  • としょかんへぴょん!ぴょん!ぴょん!

 アニー・シルヴェストロ 文  タチアナ・マイ=ウィス 絵  福本 友美子 訳  絵本塾出版

 図書館の外で、お姉さんが子どもたちに本を読んでいるのを見た時から、本が大好きになったうさぎ。でも、夏が終わると「おはなしのじかん」は図書館の中になりました。本のことばかり考えていたうさぎは、図書館に忍び込み―。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)アニー・シルヴェストロ:アメリカの作家。大学卒業後、雑誌編集部を経て、子どもの本の執筆に専念する。
 タチアナ・マイ=ウィス:スイス生まれ。アメリカでイラストレーター、デザイナー、教師として働く。

  • トーストン

 新井 洋行 著  アリス館

 月曜日、トーストンはジャムさんに会ってジャムトーストンになりました。火曜日、トーストンはツナかんくんたちに会い―。簡単にできて、おいしいトーストンがいっぱい。見返しに「31にちトーストン」のイラストあり。(対象:幼児(0歳から2歳))

(著者紹介)新井 洋行(あらい・ひろゆき):1974年東京生まれ。絵本作家、デザイナー。絵本に「れいぞうこ」「みずちゃぽん」「どじにんじゃ」など。

  • ドレミファどうぶつコンサート

 二宮 由紀子 文  みやざき ひろかず 絵  文研出版

 オットセイのオーケストラ、ワオキツネザルのピアノ・デュオ、ガラガラヘビのメゾソプラノ―。15のプログラムでゆかいなアーティストたちが演奏するよ。十五夜の満月をお祝いする動物たちのコンサートを描いた絵本。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)二宮 由紀子(にのみや・ゆきこ):1955年大阪府生まれ。作家。「へちまのへーたろー」で日本絵本賞を受賞。
 みやざき ひろかず:1951年奈良県生まれ。画家。「ワニくんのおおきなあし」でニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞を受賞。

  • 発明家になった女の子マッティ

 エミリー・アーノルド・マッカリー 作  宮坂 宏美 訳  光村教育図書

 マッティは、発明が大好きな女の子。家族のために、色々な道具をつくっていました。紙袋の工場で働きはじめたマッティは、底が平らな紙袋をつくる機械を発明して―。19世紀末のアメリカで活躍した女性発明家の伝記絵本。(対象:小初、小中)

(著者紹介)エミリー・アーノルド・マッカリー:1939年アメリカ生まれ。「つなのうえのミレット」でコルデコット賞を受賞。ほかの作品に「ラスコーの洞窟」など。

  • ヒヒヒヒヒうまそう

 宮西 達也 作絵  ポプラ社

 双子のトリケラトプスの赤ちゃんはケンカしてばかり。そこに、ティラノサウルスが「ヒヒヒヒヒうまそう」と近づいてきました。近くの赤い実が「うまそう」なのだと思ったふたりは、ティラノサウルスに赤い実をねだって―。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)宮西 達也(みやにし・たつや):1956年静岡県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。「おまえうまそうだな」でけんぶち絵本の里大賞、「きょうはなんてうんがいいんだろう」で講談社出版文化賞・絵本賞を受賞。

  • ぴりかちゃんのブーツ

 さとう あや 文・絵  福音館書店

 「お誕生日に召し上がれ」 ぴりかちゃんあてに、北の国に住むポンタおじさんからブーツの形をしたクッキーが送られてきました。あんまりきれいなので手に持って眺めていると、となりのロクがやってきて―。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)さとう あや:千葉県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、長沢節セツ・モードセミナーに学ぶ。作品に「ネコの家庭教師」「よんでよんで」「ライ麦をたべたろばのロバート」など。

  • みんなみんないただきます

 パット・ジトロー・ミラー さ く ジル・マケルマリー え  アーサー・ビナード やく  BL出版

 さあ、感謝祭の準備を始めよう。大きな鍋を出して、オーブンに火をたいて、ターキーを焼いて、ベリーを煮て、マッシュポテトをつくって―。アメリカの人びとにとっていちばん大事な感謝祭を祝う家族の姿を描いた絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)パット・ジトロー・ミラー:アメリカ生まれ。ゴールデン・カイト賞、エズラ・ジャック・キーツ賞新人ライター部門銀賞受賞。
ジル・マケルマリー:アメリカ生まれ。絵本に「木のすきなケイトさん」「あおいちびトラ」など。

  • やもじろうとはりきち

 降矢 なな 作・絵  佼成出版社

 ヤモリのやもじろうとハリネズミのはりきちは、赤ちゃんの時から大の仲良し。でも、やもじろうは、かけっこがのろくて木のぼりもできないはりきちと遊ぶのがつまらなくなってしまい―。変わらない幼なじみの友情を描いた絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)降矢 なな(ふりや・なな):1961年東京生まれ。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学・版画科卒業。作品に「あいうえおうた」「ちょろりんのすてきなセーター」など。

お問い合わせ

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る