このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

新刊図書案内(平成29年10月)

最終更新日:2017年10月4日

一般書

著作権

  • 改正著作権法がよくわかる本

 加藤 晋介 監修  コンデックス情報研究所 編著  成美堂出版

 小説、漫画、音楽、美術、番組などの知的財産を守る、改正著作権法を身近な事例をテーマにしたQアンドA方式で解説する。平成29年6月2日成立の改正民法に伴う改正を盛り込んだ条文集も収録。(分類:021.2カイ)

百科事典

  • 世界のしくみまるわかり図鑑

 リチャード・プラット 著  ジェイムズ・ブラウン 著  三枝 小夜子 訳  柏書房

 雲の重さは100万トンなのか。ねじや釘にはすべて名前がついているのか。いちばん柔らかい鉱物は滑石なのか。ミクロの世界から太陽系の果てまで、素朴な疑問にわかりやすく答えてくれる、家族みんなで楽しめるスタイリッシュな図鑑。(分類:033フラ)

(著者紹介)リチャード・プラット:作家。「海賊日誌」でケイト・グリーナウェイ賞、スマーティーズ賞、ブルー・ペーター賞受賞。
 ジェイムズ・ブラウン:イラストレーター、版画家。

精神世界

  • 夢と幽霊の書

 アンドルー・ラング 著  ないとう ふみこ 訳  作品社

 コナン・ドイルらが所属した心霊現象研究協会会長による幽霊譚の古典であり、ロンドン留学中の夏目漱石が愛読し、短篇「琴のそら音」の着想を得た名著を本邦初訳。怪異にまつわる古今東西の実話や伝説が満載。(分類:147ラン)

(著者紹介)アンドルー・ラング:1844年から1912年。スコットランド生まれ。オクスフォード大学マートンカレッジの特別研究員を経て、ジャーナリスト。新聞や雑誌で評論、エッセイ等を発表。心霊現象研究協会会長も務めた。

歴史

  • 小さな大世界史 アフリカから出発した人類の長い旅

 ジェフリー・ブレイニー 著  南塚 信吾 監訳  ミネルヴァ書房

 アフリカを出発した人類が各地に散らばり、いかに暮し、働き、技術を磨いたのか。オーストラリアの歴史家・ブレイニーが、ヨーロッパを相対化しつつ、ユニークな視角で、世界の大きな流れをいきいきと描き出す。(分類:209フレ)

(著者紹介)ジェフリー・ブレイニー:オーストラリアの歴史家。

伝記

  • 西郷どんとよばれた男

 原口 泉 著  NHK出版

 薩摩の下級藩士の家に生まれた西郷 隆盛は、どのようにして明治維新の中心的役割を果たすようになったのか。大河ドラマ「西郷(せご)どん」の時代考証を担当する著者が、西郷の真実の姿をわかりやすく紹介する。(分類:289.1サイ)

(著者紹介)原口 泉(はらぐち・いずみ):東京大学大学院博士課程単位取得。鹿児島大学名誉教授、志學館大学教授。鹿児島県立図書館館長。専門は日本近世・近代史、薩摩藩の歴史。著書に「女城主「直虎」の謎」など。

社会・政治

  • 大人のための社会科 未来を語るために

 井手 英策 著  宇野 重規 著  坂井 豊貴 著  松沢 裕作 著  有斐閣

 GDP、多数決、公正、希望など。気鋭の社会科学者が、日本の社会を形づくっている12のキーワードを取り上げ、それぞれの意味を根底から吟味。日本社会の「いま」と「これから」を見通す、共通のプラットフォームを提供する。(分類:301オト)

(著者紹介)井手 英策(いで・えいさく):1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。博士(経済学)。専門は財政社会学。
 宇野 重規(うの・しげき):1967年生まれ。東京大学社会科学研究所教授。博士(法学)。専門は政治思想史、政治哲学。

社会・時事

  • ぼくは13歳、任務は自爆テロ。 テロと紛争をなくすために必要なこと

 永井 陽右 著  合同出版

 世界最悪の紛争地ソマリアをなんとかしたい。現代のテロと紛争の解決に向けた新たなアプローチ。ソマリア人ギャングを脱過激化し、社会に復帰させるプロジェクトに取り組んできた著者らの考え、テロと紛争の解決策を紹介する。(分類:316.4ナカ)

(著者紹介)永井 陽右(ながい・ようすけ):1991年神奈川県生まれ。NPO法人アクセプト・インターナショナル代表理事。人間力大賞(外務大臣奨励賞)、小野 梓記念賞特別賞など受賞多数。

  • 「サードエイジ」をどう生きるか シニアと拓く高齢先端社会

 片桐 恵子 著  東京大学出版会

 退職シニアの活動領域を、社会参加、生産的活動、市民参加に拡大することを提案。アクティブなシニア「サードエイジ」が、社会に積極的に関与し続けることが、成熟した高齢先端社会の実現につながることを示す。(分類:367.7カタ)

(著者紹介)片桐 恵子(かたぎり・けいこ):東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。神戸大学大学院人間発達環境学研究科准教授。博士(社会心理学)。著書に「退職シニアと社会参加」がある。

  • 入門貧困論 ささえあう/たすけあう社会をつくるために

 金子 充 著  明石書店

 なぜ日本の社会保障は貧困をなくせないのか。生活に困窮する人々=抑圧される人々の視点から、貧困や社会保障の論点を体系的に整理するとともに、公的扶助や対貧困対策の問題点を解説。脱貧困への道のりを展望する。(分類:368.2カネ)

(著者紹介)金子 充(かねこ・じゅう):1971年東京都生まれ。明治学院大学大学院社会学研究科社会学・社会福祉学専攻博士後期課程単位取得退学。立正大学社会福祉学部准教授。共著に「問いからはじめる社会福祉学」など。

  • 地球環境問題がよくわかる本

 浦野 紘平 共著  浦野 真弥 共著  オーム社

 地球温暖化、原発問題、放射性物質汚染、大気汚染、水環境問題、砂漠化問題、アレルギー・化学物質過敏症など。身近に起こっている多くの環境問題を、イラストや図表をふんだんに織り交ぜて、わかりやすく伝える。(分類:519ウラ)

(著者紹介)浦野 紘平(うらの・こうへい):1942年東京生まれ。東京工業大学大学院修了。横浜国立大学名誉教授。
 浦野 真弥(うらの・しんや):1969年横浜生まれ。有限会社環境資源システム総合研究所取締役副所長エコケミストリー研究会幹事。

経営・ビジネス

  • 「自分」の生産性をあげる働き方

 沢渡 あまね 著  PHPエディターズ・グループ

 得意な仕事が自分に舞い込むようにする。苦手を克服しやすい環境をつくる。いざというとき頼り、頼られる人間関係を整えるなど。自分に有利な環境をセットアップして、無理なく無駄なく、成果を最大化する仕事術を伝授する。(分類:336.2サワ)

(著者紹介)沢渡 あまね(さわたり・あまね):1975年生まれ。あまねキャリア工房代表。業務プロセス・オフィスコミュニケーション改善士。著書に「チームの生産性をあげる。」「働く人改革」など。

  • 6時だよ全員退社! 生産性を上げる黄金ルール

 田中 健彦 著  日本経済新聞出版社

 経営トップとマネジャーが本気で取り組めば、社員は「自ら考えて効率化する」強い集団になる。無駄を徹底してなくし、効率を高め、価値ある仕事を生み出す「働き方改革」の考え方・進め方を解説する。(分類:336.2タナ)

(著者紹介)田中 健彦(たなか・たけひこ):慶応義塾大学工学部卒業。富士通パソコンシステムズ社長などを経て、著作家・翻訳家。著書に「フィンランド流社長も社員も6時に帰る仕事術」など。

金融・通貨

  • 金利「超」入門 あなたの毎日の生活を守るために知っておくべきこと

 美和 卓 著  日本経済新聞出版社

 なぜ金利は変動するのか。マイナス金利だと、預金のお金が減るのか。「ビットコイン」が隆盛したわけとは。金利の役割や効果をわかりやすく解説する。専門的な説明はコラムにまとめる。(分類:338.1ミワ)

(著者紹介)美和 卓(みわ・たかし):1968年静岡県生まれ。東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。野村證券チーフエコノミスト。著書に「20歳からの金融入門」など。

暮らしの法律

  • 平成29年改正住宅セーフティネット法の解説Q&A

 住宅セーフティネット法制研究会 編  ぎょうせい

 高齢者、低額所得者、子育て世帯が、安心して暮らせる住宅を確保するための新制度、平成29年改正住宅セーフティネット法。その主なポイントをQアンドA形式で平易に解説する。参考資料として、関係法令、参考法令なども収録。(分類:365.3ヘイ)

食品・食文化

  • 世界の茶文化図鑑

 ティーピッグズ 著  ルイーズ・チードル 著  ニック・キルビー 著  伊藤 はるみ 訳  原書房

 白茶、緑茶、ウーロン茶、プーアル茶、紅茶、ハーブティーなど。世界で愛されるお茶についての総合的なヴィジュアルガイド。茶葉の種類や育て方、お茶を使った料理と飲み物、各地の生産者へのインタビューなどを収録する。(分類:383.8セカ)

  • トウガラシの歴史

 ヘザー・アーント・アンダーソン 著  服部 千佳子 訳  原書房

 マイルドなものから激辛まで数百種類。メソアメリカで数千年にわたり栽培されてきたトウガラシが、スペイン人探検家によってヨーロッパに伝わり、世界中の料理に「なくてはならない」存在になるまでの歴史を紹介。レシピ付き。(分類:619.9アン)

(著者紹介)ヘザー・アーント・アンダーソン:オレゴン州ポートランドに拠点を置いて活動するフードライター。

  • ニッポンの地方野菜

 内田 悟 著  KADOKAWA

 野菜王国ニッポン。その風土の中に息づく地方野菜の魅力を、野菜の目利き・内田悟が愛を込めて語る。地方野菜が持つ力を引き出す料理の仕方も紹介。「趣味の園芸 やさいの時間」連載をもとに単行本化。(分類:626ウチ)

(著者紹介)内田 悟(うちだ・さとる):1955年北海道生まれ。築地御厨店主。レストラン専門青果店「築地御厨」を創業。本業のかたわら無料の「やさい塾」を開講。テレビ、雑誌、講演会等で活躍。著書に「内田悟のやさい塾」など。

神話・伝説・民話

  • 荒俣宏妖怪探偵団ニッポン見聞録 東北編

 荒俣 宏 著  荻野 慎諧 著  峰守 ひろかず 著  学研プラス

 博物学者・荒俣 宏、古生物学者・荻野 慎諧、作家・峰守 ひろかずの妖怪探偵団が、妖怪伝承の知られざる魅力を掘り起こす。東北編は、「遠野物語」で知られる岩手県を中心に、探偵団と多彩なゲストが妖怪・化け物を検証する。(分類:388.1アラ)

(著者紹介)荒俣 宏(あらまた・ひろし):作家。地球の生命の謎にふかく関心をもつ博物学者でもある。
 荻野 慎諧(おぎの・しんかい):理学博士(地質・古生物学)。「妖怪古生物学」を提唱する。

数学

  • 面白くて仕事に役立つ数学

 柳谷 晃 著  SBクリエイティブ

 「○○指数」の計算のからくり、便利なお金の恐い姿、「六曜」に見る数学的おもしろさ、女と男の相関関係など。数学的思考が磨ける身近な事柄を取り上げ、数字との付き合い方、数学の正しい使いこなし方をやさしく解説する。(分類:410ヤナ)

(著者紹介)柳谷 晃(やなぎや・あきら):1953年東京都生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻博士課程修了。受験参考書から数学の解説書まで広い範囲で著作活動を行う。著書に「数学はなぜ生まれたのか?」など。

地球科学・気象

  • 海水の疑問50

 上ノ山 周 編著  日本海水学会 編  成山堂書店

 海はなぜ青いのか。海流はどうして起こるのか。 海底にあるといわれる「燃える氷」の正体は何か。海水の汚染はどのくらい進んでいて、対策はとられているのか。50の疑問に専門家29人がわかりやすく答えます。(分類:452.3カミ)

(著者紹介)上ノ山 周(かみのやま・めぐる):1955年生まれ。京都大学工学部石油化学科卒業。工学博士(横浜国立大学)。横浜国立大学大学院工学研究院教授。教養教育主事評議員。高大接続・全学教育推進センター長。

生命科学・生物学

  • すごい博物画 歴史を作った大航海時代のアーティストたち

デイビッド・アッテンボロー 著  スーザン・オーウェンズ 著  マーティン・クレイトン 著  レア・アレクサンドラトス 著  笹山 裕子 訳  グラフィック社

 レオナルド・ダ・ヴィンチ、カッシアーノ・ダル・ポッツォ、アレクサンダー・マーシャルなど。写真がない時代に描かれた、精巧で細密、そしてなにより美しい、160点の博物画を詳細なコメント付きで収録。(分類:460.2スコ)

(著者紹介)デイビッド・アッテンボロー:書籍やテレビ番組を通して自然界の不思議な事象を世界中に紹介。先駆的なドキュメンタリーを生み出してきた。
 スーザン・オーウェンズ:ウィンザー城王立図書館のアシスタントキュレーターを務めた経験がある。

  • セックス・イン・ザ・シー 私たち人間と、性転換をする魚、ロマンチックなロブスター、変わった性癖のイカ、そのほか海のきわどいエロスとの密接な関係

 マラー・J.ハート 著  桑田 健 訳  講談社

 海の中では今日も性の饗宴が。クジラやイルカから、エイ、ロブスターまで、海の生物たちの性生活を、最新の研究成果をもとに、ドラマチックにロマンチックに描き出し、生命の源でもある海の神秘に迫る。(分類:481.7ハト)

(著者紹介)マラー・J.ハート:非営利団体「フューチャー・オブ・フィッシュ」の共同研究部長。サンゴ礁の生態学者としての教育を受け、ブルーオーシャン・インスティチュートの元特別研究員。

植物学・森林

  • スイカのタネはなぜ散らばっているのか タネたちのすごい戦略

 稲垣 栄洋 著  西本 眞理子 絵  草思社

 靴の裏にくっついて移動するオオバコのタネ、カビから栄養分を奪って発芽する蘭のタネなど。受精する前に花粉として移動し、受精した後に種子として移動する種子植物の、知恵と工夫の粋を極めた姿を紹介する。(分類:471.1イナ)

(著者紹介)稲垣 栄洋(いながき・ひでひろ):1968年静岡県生まれ。静岡大学農学部教授。農学博士。専門は雑草生態学。
 西本 眞理子(にしもと・まりこ):1955年兵庫県生まれ。日本植物画倶楽部会員。岡山理科大学非常勤講師。

動物学

  • 動物になって生きてみた

 チャールズ・フォスター 著  西田 美緒子 訳  河出書房新社

 アナグマとなって森で眠り、アカシカとなって猟犬に追われてみる―。自然のなかで動物として生きるとはどんなことなのか、実際に動物になりきって暮らし、見て、嗅いで、聞いて、味わって、感じようとした経験を描く。(分類:481.7フォ)

(著者紹介)チャールズ・フォスター:オックフフォード大学グリーン・テンプルトン・カレッジのフェロー。ケンブリッジ大学で医療法と医療倫理の博士号を取得。獣医外科医の資格をもつ。旅行や哲学、法律などについての著書がある。

  • 昆虫の交尾は、味わい深い…。

 上村 佳孝 著  岩波書店

 ワインの栓を抜くように、鯛焼きを鋳型で焼くように―。昆虫の交尾は奇想天外・摩訶不思議。その謎に魅せられた研究者が、徹底した観察と実験で真実を解き明かす。袋とじのおまけページあり。(分類:486.1カミ)

(著者紹介)上村 佳孝(かみむら・よしたか):1976年生まれ。東京都立大学(現、首都大学東京)大学院博士課程単位取得退学。博士(理学)。慶應義塾大学商学部准教授。昆虫の交尾器・繁殖の進化研究を続ける。

医学

  • 看取るあなたへ 終末期医療の最前線で見えたこと

 秋山 正子ほか 著  河出書房新社

 人はどのように生き、最期を迎えるのだろう。終末期医療の最前線に立つ20人が、その死生観を綴る。大事な人とともに今を生きるためのヒントが満載。「新薬と臨牀」連載を加筆し単行本化。(分類:490.1ミト)

(著者紹介)秋山 正子(あきやま・まさこ):秋田県生まれ。聖路加看護大学卒業。株式会社ケアーズ代表取締役、白十字訪問看護ステーション統括所長。マギーズ東京センター長。著書に「在宅ケアのはぐくむ力」など。

  • 大腸がんを生きるガイド

 杉原 健一 監修  石黒 めぐみ 監修  日経メディカル 編集  石黒 めぐみ 執筆  室 圭 執筆  板橋 道朗 執筆  日経BP社

 大腸がんの基礎知識を紹介し、内視鏡治療、化学療法、放射線療法について図や写真、表を交えながらわかりやすく解説する。検査や治療にかかる費用などの情報も掲載。日経BP社のサイト「がんナビ」掲載情報をもとに書籍化。(分類:493.4タイ)

  • 今日からできる認知症予防の食事と生活

 家庭栄養研究会 編  食べもの通信社

 認知症予防・治療のエキスパートが、最新情報に基づいた脳を活性化させる食事法や暮し方を解説。軽度の認知症を改善する運動や、生活のヒントも紹介する。チェックリスト付き。(分類:493.7キョ)

  • はしかの脅威と驚異

 山内 一也 著  岩波書店

 体内に10年も潜み脳の難病を引き起こす恐ろしいはしかウイルス。一方、このウイルスを利用して、癌を治療する試みも注目されている。知られざるはしかの話題をまとめる。(分類:493.8ヤマ)

(著者紹介)山内 一也(やまのうち・かずや):1931年生まれ。東京大学名誉教授。日本ウイルス学会名誉会員。ベルギー・リエージュ大学名誉博士。著書に「ウイルス・ルネッサンス」「エボラ出血熱とエマージングウイルス」など。

  • 大丈夫!何とかなります過活動膀胱 あなたのその症状、もしかして? 快適な生活をとり戻しましょう

 横山 修 監修  主婦の友社

 急な尿意が起こる、尿の回数が多い、トイレに間に合わないなど。「過活動膀胱」のタイプ別尿トラブルから、症状、原因、治療法、症状改善のための生活習慣のコツまでを、わかりやすく紹介する。コピーして使う排尿日誌付き。(分類:494.9タイ)

  • 出生前診断、受けますか? 納得のいく「決断」のためにできること

 NHKスペシャル取材班 著  野村 優夫 著  講談社

 超音波(エコー)検査をはじめ、妊娠すれば無縁ではいられない出生前診断をめぐる、道標となるサポートブック。出生前診断に向き合った人たちや納得のいく決断をするための取り組み等を紹介。NHKスペシャルをもとに書籍化。(分類:495.6シュ)

  • スーパードクターと学ぶ一生よく見える目になろう いますぐ正しい習慣と最新知識を

 深作 秀春 著  主婦の友社

 100歳で裸眼1.0は可能。世界的に著名な眼科外科医が、正しい目の知識と病気の予防法、さらに世界最先端の目の治療法を紹介する。白内障、網膜剥離などを早期発見するためのチェックリスト付き。(分類:496フカ)

(著者紹介)深作 秀春(ふかさく・ひではる):1953年神奈川県生まれ。国立滋賀医科大学卒業。深作眼科院長。米国白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)にて常任理事などを歴任。ASCRS最高賞を20回受賞。日本美術家連盟会員。

  • 医師・専門家が教える家庭でできる元気のコツ大全

 読売新聞医療部 著  PHPエディターズ・グループ

 「カルシウムで脳卒中を予防する」「腸に刺激を与えて“むくみ腸”を改善する」など。健康長寿のコツ118をイラストと共に分かりやすく紹介。「読売新聞」日曜日朝刊掲載のコラム「元気なう」を加筆修正して単行本化。(分類:498.3イシ)

  • なぜあなたの疲れはとれないのか? 最新の疲労医学でわかるすっきり習慣36

 梶本 修身 著  ダイヤモンド社

 とにかく寝る、長風呂、栄養ドリンク、旅行、温泉など。定番の習慣は逆効果だった―。疲労の原因は「体」ではなく「脳」にある。疲労医学の教授が、科学的に正しい疲労回復法36個を質問形式で紹介する。(分類:498.3カシ)

(著者紹介)梶本 修身(かじもと・おさみ):1962年生まれ。大阪大学大学院医学研究科修了。医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。著書に「すべての疲労は脳が原因」など。

  • 定年後が180度変わる大人の運動

 中野 ジェームズ修一 著  徳間書店

 体力の衰えを感じ、医者からも運動をすすめられたが、何をしたらいいかわからない人に向けた、運動の処方箋。どんな運動が何に有効なのかといった運動の基本、悩み別筋トレとストレッチ、趣味別ストレッチなどを収録する。(分類:498.3ナカ)

(著者紹介)中野 ジェームズ修一(なかの・じぇーむず しゅういち):フィジカルトレーナー。株式会社スポーツモチベーション最高技術責任者。PTIプロフェッショナルフィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。

  • かみやすい、飲み込みやすい健康ごはん いくつになっても食べる幸せをかみしめたい

 山田 晴子 料理指導  主婦の友社 編  主婦の友社

 薄切り肉を丸めたビーフシチュー、短く切ったとろろそば、繊維をつぶした野菜炒めなど。おなじみの料理を中心に、どこをどうしたらかみやすく、飲み込みやすくなるのか、ポイントを説明しながらレシピを紹介する。(分類:498.5カミ)

(著者紹介)山田 晴子(やまだ・はるこ):日本女子大学大学院修了。栄養士。介護食アドバイザー養成通信講座(日本フローラルアート)で指導をする。共著に「絵で見てわかる入れ歯のお悩み解決!」「高齢者と家族みんなの料理集」など。

  • 会社の中の発達障害 いつも嫌なことを言う上司、いつも迷惑をかける部下

 星野 仁彦 著  集英社

 時間を守らない、整理整頓ができない、場の空気を壊す発言をするなど。それは発達障害が原因かも。仕事の場で発達障害者と接する場合の具体的な対応策を、発達障害を抱えて生きてきた著者自身の経験を踏まえて提案する。(分類:498.8ホシ)

(著者紹介)星野 仁彦(ほしの・よしひこ):1947年福島県生まれ。福島県立医科大学医学部卒業。心療内科医。医学博士。福島学院大学大学院教授。専門は児童精神医学、精神薬理学など。著書に「発達障害に気づかない大人たち」など。

医療・衛生 

  • 蚊のはなし 病気との関わり

 上村 清 編  朝倉書店

 痒みで人間を悩ませ、時には恐ろしい病気を媒介することもある蚊。蚊にさされないようにするにはどうすれば良いのか。蚊の生態から、身近にいる蚊の見分け方、蚊の防ぎ方アンド退治法までを、第一線の研究者たちが紹介する。(分類:498.6カノ)

(著者紹介)上村 清(かみむら・きよし):1937年大阪府生まれ。大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了。丸三製薬バイオテック株式会社学術顧問。医学博士。日本衛生動物学会名誉会員。著書に「暮らしの中のおじゃま虫」など。

環境

  • ごみを資源にまちづくり 肥料・エネルギー・雇用を生む

 中村 修 著  農山漁村文化協会

 焼却炉も下水道も不要。国連のSDGs(持続可能な開発目標)達成モデルと称賛される福岡県大木町、みやま市での経験を基に、人口減少・高齢化・経済縮小時代にマッチしたエコで安上がりな「循環のまちづくり」を提案する。(分類:518.5ナカ)

(著者紹介)中村 修(なかむら・おさむ):1957年佐賀県生まれ。九州大学大学院農学研究科修了。農学博士。一般社団法人循環のまちづくり研究所研究員。著書に「なぜ経済学は自然を無限ととらえたか」など。

建築

  • 日本の最も美しい町 一度は訪れたい歴史と文化を今に伝える119の建築遺産群

 美しい町研究会 著  エクスナレッジ

 日本全国の古くて美しい町並みが残るエリア“重要伝統的建造物群保存地区”。そのエリアとともに独自基準で選んだ全119カ所の美しい町並みを取り上げ、写真で紹介。町並みをかたちづくる建物の特徴をイラスト図解する。(分類:521.8ニホ)

  • 世界遺産法隆寺から学ぶすみずみまで楽しむ寺院の歩き方 寺院の構造と技術を読み解く

 山田 雅夫 著  自由国民社

 現存する世界最古の木造建築であり、世界遺産である法隆寺。法隆寺地域の仏教建造物を中心に、配置、構造、意匠及び関連する様式美や歴史的背景などを、建築のプロフェッショナルが絵解きで紹介する。(分類:521.8ヤマ)

(著者紹介)山田 雅夫(やまだ・まさお):1951年岐阜県生まれ。東京大学工学部都市工学科卒。都市設計家、建築家。技術士、一級建築士。山田 雅夫都市設計ネットワーク代表取締役。速描スケッチの第一人者。

  • 小さな家の間取り解剖図鑑 コンパクトにつくり豊かに暮らす住まいの仕組み

 本間 至 著  エクスナレッジ

 小さな家でも、のびのびと居心地よく暮らすキモは「間取り」にあった。延べ床面積が20坪弱から30坪程度の家を41軒取り上げ、その間取りと設計時に考えたさまざまな工夫を紹介する。(分類:527.1ホン)

(著者紹介)本間 至(ほんま・いたる):1956年東京生まれ。日本大学理工学部建築学科卒業。一級建築士。本間 至 ブライシュティフトを設立。著書に「いつまでも快適に暮らす住まいのセオリー101」など。

工学・工業

  • トコトンやさしいバルブの本

 小岩井 隆 著  日刊工業新聞社

 配管制御機器「バルブ」の発展の歴史を含めた技術書。バルブの種類から技術、使い方、諸問題とその対策まで、1項目見開きで右ページに解説、左ページにイラストでわかりやすく解説する。「絵ときバルブ基礎のきそ」の姉妹書。(分類:534.6コイ)

(著者紹介)小岩井 隆(こいわい・たかし):武蔵工業大学機械工学科卒業。株式会社キッツ技術本部に勤務。同社研修センター専任講師。NPO給排水設備研究会会員。著書に「絵ときバルブ基礎のきそ」など。

  • 最新ミサイルがよ~くわかる本 各種ミサイルの機能・動作・長短所を知る 構造・制御・誘導

 井上 孝司 著  秀和システム

 ICBMの射程距離は。ロフテッド軌道とは。ミサイルの種類、ミサイル・システムを構成する要素、実際に使われる場面などについて、図版や現物の写真を多用し平易に解説する。(分類:559.5イノ)

(著者紹介)井上 孝司(いのうえ・こうじ):マイクロソフト株式会社を経て独立。航空、軍事、鉄道などの分野で著述活動を展開。「配線略図で広がる鉄の世界」で交通図書賞一般部門・奨励賞を受賞。

交通・運輸

  • これから始まる自動運転社会はどうなる!?  2020年?

 森口 将之 著  秀和システム

 乗り手の目線で、自動運転や無人運転がもたらす社会の変化を具体的に紹介した書。自動運転を実現する技術、事故時の責任は人か機械か、自動運転ビジネスの広がりなど、来るべき自動運転社会を考えるヒントが満載。(分類:537モリ)

(著者紹介)森口 将之(もりぐち・まさゆき):1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業。モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。著書に「これでいいのか東京の交通」など。

オーディオ

  • はじめてのレコーディング

 満田 恒春 著  ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

 宅録からバンド活動、さらにフィールド・レコーディングまで、さまざまな場面で使える録音の知識とテクニックを紹介。録音機材の選び方や基本的な使い方、機材の保管方法や部屋の音響改善など、さまざまなノウハウも網羅する。(分類:547.3ミツ)

(著者紹介)満田 恒春(みつだ・つねはる):東京生まれ。アルファレコード録音部、スタジオツーツーワンを経て渡米。ハリウッド・ロスアンゼルスでレコーディングセッションを重ねる。帰国後フリーランスのレコーディングエンジニアに。

工作・手芸・クラフト

  • バッグの型紙の本

 越膳 夕香 著  日本ヴォーグ社

 組み合わせてアレンジ無限大。あなただけのセルフオーダーメイドバッグを作ってみませんか。自分サイズで製図をし、型紙を作る方法や、使いやすい仕様にアレンジするヒントを、シンプルなトートバッグを基本に解説します。(分類:594.7コシ)

(著者紹介)越膳 夕香(こしぜん・ゆか):北海道出身。女性誌の編集者を経て作家に転身し、手芸雑誌や書籍などで作品を発表。フリースタイルの手芸教室「xixiang手芸倶楽部」を主宰。著書に「口金づかいのバッグ」など。

  • 今さら聞けない手芸の基礎がよくわかる!ファスナーつけ

 中嶌 有希 著  日東書院本社

 バッグ、ポーチ、スカート、ズボン、ワンピースなど。どれにどんなファスナーをどうつけたらいいのか。さまざまなファスナーのつけ方を、プロセス写真とイラストで解説する。ファスナーの種類や選び方も掲載。(分類:594.7ナカ)

(著者紹介)中嶌 有希(なかじま・ゆき):東京都生まれ。ユミコイトヤマ帽子教室出身。ミシンカフェ&ラウンジnicoをOPEN。フリーソーイングスクールやロックミシンでの1DAYイベントも開催。

料理

  • わたしのいつものごはん きょうの料理

 栗原 はるみ 著  NHK出版

 料理家・栗原 はるみがNHK「きょうの料理」で紹介した人気の味100品を収録。人気レシピベスト10、ずっとつくり続けているうちの味、がんばらなくてもつくれるおやつなどを掲載。(分類:596クリ)

(著者紹介)栗原 はるみ(くりはら・はるみ):料理家。雑誌やテレビなどで幅広く活躍。

  • きちんと切ると料理はもっとおいしい 50年の名門料理教室の確かなワザとレシピ180

 中村 奈津子 著  主婦と生活社

 素材や味つけに適した切り方を知ると、いつもの料理が3割増しでおいしくなります。料理上手に近づける、誰にでもできる切り方の基本と、切り方を活かした家庭料理のレシピを紹介します。(分類:596ナカ)

(著者紹介)中村 奈津子(なかむら・なつこ):日本女子大学食物学科卒業。ニューヨークのニュースクール、フィレンツェのラ・フォールアカデミーで学び、中華料理も習得。田中 伶子クッキングスクール校長。日本食育インストラクター1級。

  • 「てんぷら近藤」主人のやさしく教える天ぷらのきほん

 近藤 文夫 著  世界文化社

 「おうちで天ぷらが上手に作れない」という声に応えて、銀座の名店「てんぷら近藤」主人が、家庭のフライパンで天ぷらをおいしく作る方法を紹介。プロセス写真を多用し、素材ごとのイメージやコツを分かりやすく伝える。(分類:596.2コン)

(著者紹介)近藤 文夫(こんどう・ふみお):東京生まれ。高校卒業後「山の上ホテル」に入り、「てんぷらと和食 山の上」料理長として21年間務めた後独立。「てんぷら近藤」店主。

  • 日本茶のさわやかスイーツ 煎茶、ほうじ茶、抹茶、和紅茶でつくる

 本間 節子 著  世界文化社

 煎茶のマドレーヌ、ほうじ茶プリン、抹茶のガトーショコラ、和紅茶のアイスクリームパフェなど。日本茶を煮出したり、砕いてまるごと入れ込んだりしたお菓子のレシピを紹介します。(分類:596.6ホン)

(著者紹介)本間 節子(ほんま・せつこ):お菓子研究家、日本茶インストラクター。お菓子教室「atelier h」を開く。レシピ提案、日本茶イベントや講習会などで幅広く活躍。著書に「まいにちのお菓子づくり」など。

  • バターを使わない!パウンド型ひとつで50のケーキ

 吉川 文子 著  世界文化社

 定番の18cmのパウンド型で作る、バターを使わないお菓子のレシピ集。パウンドケーキの様々なバリエーションをはじめ、デコレーションケーキや冷たいデザートなどのレシピを紹介します。(分類:596.6ヨシ)

(著者紹介)吉川 文子(よしかわ・ふみこ):自宅で洋菓子教室を主宰。1999年にNHK「きょうの料理大賞」にて、お菓子部門賞受賞。

育児

  • おやこの薬膳ごはん 季節のからだを整える

 山田 奈美 著  クレヨンハウス

 国際中医薬膳師が、子ども向けの薬膳を提案。旬の食材を中心に、その季節に起こりやすいトラブルの改善が期待できるレシピを多数紹介する。「月刊クーヨン」「いいね」掲載に加筆し書籍化。(分類:599.3ヤマ)

(著者紹介)山田 奈美(やまだ・なみ):食べごと研究所代表。国際中医薬膳師。「古家1681」を拠点に「和の薬膳教室」など日本の食文化を継承する活動を行う。自主保育の場「そらまめ」「まなびのわ そらまめのねっこ」も運営。

商業

  • 日本商業史 商業・流通の発展プロセスをとらえる

 廣田 誠 著  山田 雄久 著  木山 実 著  長廣 利崇 著  藤岡 里圭 著  有斐閣

 日本的流通システムはどのような歴史的展開を経て成立したのか。江戸期から現代まで時期を5つに区分し、商取引や貿易政策、流通システム、小売業態の歴史的変遷を具体的・実証的に解説する。(分類:672.1ニホ)

(著者紹介)廣田 誠(ひろた・まこと):大阪大学大学院経済学研究科教授。近代日本経済史・商業史専攻。著書に「日本の流通・サービス業」など。
 山田 雄久(やまだ・たけひさ):近畿大学経営学部教授。経営史・商業史専攻。著書に「香蘭社130年史」など。

絵画・版画

  • アンドリュー・ワイエス作品集

 アンドリュー・ワイエス 画  高橋 秀治 監修・著  東京美術

 20世紀アメリカを代表するリアリズムの巨匠ワイエスの画集。生涯、生地ペンシルヴェニアと夏の避暑地メイン州2つの地を拠点に、風景や親しい人々を描き続けた孤高の画家の傑作を収録する。(分類:723.5ワイ)

(著者紹介)アンドリュー・ワイエス:1917年から2009年。ペンシルヴェニア州生まれ。画家。レーガン大統領よりゴールド・メダル大統領章、ジョージ・W・ブッシュ大統領よりアメリカ国民芸術勲章を授与される。

  • トリックアート入門 イラストと写真で描ける3Dアート

 ステファン・パブスト 著  假屋 淳子 訳  グラフィック社

 まるで実物がそこにあるかのような飛び出す立体絵画、トリックアート。身の回りの物や人物などを遠近法、陰影描写、ドライブラシといった基本の技法で、いかに立体的に表現するかをステップ・バイ・ステップで解説する。(分類:725.2ハフ)

(著者紹介)ステファン・パブスト:ロシア出身。画家。肖像画制作の絵画ビジネスを立ち上げる。

おとな向け絵本

  • 井上洋介絵本画集

 井上 洋介 絵  土井 章史 編  玉川大学出版部

 「ながぐつをはいたねこ」「ヘンなえほん」など、共作を含む井上 洋介の絵本作品のなかから34作を選び、その原画や絵本をおおよその年代順に掲載。作品データにはそれぞれ英訳を付す。京極 夏彦、関口 展らの寄稿も収録。(分類:726.6イノ)

(著者紹介)井上 洋介(いのうえ・ようすけ):1931年から2016年。東京生まれ。「くまの子ウーフ」の挿絵を担当。第11回文藝春秋漫画賞を受賞するなど受賞多数。

演劇・舞踏・ダンス

  • スカートはかなきゃダメですか? ジャージで学校

 名取 寛人 著  理論社

 「少年のような少女時代」「バレエとの出会い」「性別適合手術で男性に」「結婚と家庭」など。世界的に有名な男性だけのバレエ団で活躍した唯一の日本人・名取寛人が語る、女として生まれて男になるまでと、夢の叶え方。(分類:769.9ナト)

(著者紹介)名取 寛人(なとり・ひろと):元トロカデロ・デ・モンテカルロ・バレエ団ダンサー。バレエスタジオ「N ballet arts」主宰、講師。

ウォータースポーツ

  • プール・ライフガーディング教本

 日本ライフセービング協会 編  大修館書店

 JLAアカデミー「プール・ライフガーディング講習会」の教本。プールに関する基礎知識からプール事故の原因と防止、プール・ライフガード、緊急時対応計画、救助、応急手当や一次救命処置まで、写真や図表を交えて解説する。(分類:785フル)

格闘技・ボクシング

  • いまからでも遅くない転ばぬ先のシコ 1日3分で一生元気な体をつくる!

 元・一ノ矢 著  ベースボール・マガジン社

 なぜシコを踏むと体にいいのか。元最年長力士でシコ研究の第一人者がその秘密に迫り、簡単で安全にできるシコトレを伝授する。元気に一生過ごすためのコツが満載。(分類:788.1イチ)

(著者紹介)元・一ノ矢(いちのや・みつる):1960年鹿児島県生まれ。琉球大学理学部物理学科卒業。高砂部屋所属の元・大相撲力士。引退後は部屋のマネジャーを務めながら、各地でシコトレ教室を開催。著書に「シコふんじゃおう」等。

言語・語学

  • なくなりそうな世界のことば

 吉岡 乾 著  西 淑 イラスト  創元社

 バスク語、コワール語、サーミ語、アイヌ語など。世界の50の少数言語の中から、各言語の研究者たちが思い思いの視点で選んだ「そのことばらしい」単語に、文と絵を添えて紹介します。(分類:802ヨシ)

(著者紹介)吉岡 乾(よしおか・のぼる):千葉県生まれ。東京外国語大学大学院博士課程修了。博士(学術)。国立民族学博物館助教。専門は言語学、フィールド言語学。

日本語

  • 敬語は変わる 大規模調査からわかる百年の動き

 井上 史雄 編  大修館書店

愛知県岡崎市で実施された半世紀にわたる大規模調査から何がわかったのか。「変化するもの」としての敬語の諸相を、多様な角度から検討する総合的敬語論。(分類:815.8ケイ)

(著者紹介)井上 史雄(いのうえ・ふみお):1942年山形県生まれ。東京大学大学院言語学博士課程満期退学。東京外国語大学名誉教授、明海大学名誉教授。専門は社会言語学、方言学。著書に「新・敬語論」など。

小説

  • マツリカ・マトリョシカ

 相沢 沙呼 著  KADOKAWA

 男子高校生の柴山は、廃墟ビルに住む謎の美女・マツリカさんに命じられ、学校の怪談を調査している。ある日、「開かずの扉の胡蝶さん」の怪談を耳にするが、その部屋で事件が発生し―。時を超えた密室の謎に挑む本格ミステリ。

(著者紹介)相沢 沙呼(あいざわ・さこ):1983年埼玉県生まれ。「午前零時のサンドリヨン」で鮎川 哲也賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「マツリカ・マハリタ」「雨の降る日は学校に行かない」など。

  • 死神と道連れ

 赤川 次郎 著  集英社

 大学生カップルが乗る夜行バスが崖から転落。唯一生き残った男は―。「幽霊と話せる」名物バスガイド・町田 藍が、人々の感情を読み解き、難事件に立ち向かう。「小説すばる」掲載を書籍化。霊感バスガイドシリーズ第9弾。

  • 末ながく、お幸せに

 あさの あつこ 著  小学館

 ある式場で、九江 泰樹と瀬戸田 萌恵の披露宴が開かれていた。出席者は、様々な思いを胸に言祝ぎを花嫁に贈る。その中には、萌恵の実の母と育ての母も含まれていた―。「STORY BOX」掲載を改題・改稿。

(著者紹介)あさの あつこ:1954年岡山県生まれ。「バッテリー」全6巻で小学館児童出版文化賞、「たまゆら」で島清恋愛文学賞を受賞。ほかの著書に「薫風ただなか」など。

  • バック・ステージ

 芦沢 央 著  KADOKAWA

 人気演出家の舞台の周辺で起きた4つの事件。バラバラだったピースは、2人の男女のおかしな行動によって繋がって―。 気分爽快ミステリー。「小説野性時代」掲載に書き下ろしを加え単行本化。ジャケット裏に小説あり。

(著者紹介)芦沢 央(あしざわ・よう):1984年生まれ。千葉大学文学部卒業。「罪の余白」で野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「許されようとは思いません」「いつかの人質」など。

  • ヒストリア

 池上 永一 著  KADOKAWA

 第二次世界大戦時の沖縄で家族を失い、魂(マブイ)を落としてしまった知花 煉。一時の成功を収めるも米軍のお尋ね者となり、ボリビアへと逃亡。試練を乗り越え、自分を取り戻そうとするが―。「小説野性時代」連載を単行本化。

(著者紹介)池上 永一(いけがみ・えいいち):1970年沖縄県生まれ。「バガージマヌパナス」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。ほかの著書に「テンペスト」「黙示録」など。

  • 裏切りのホワイトカード

 石田 衣良 著  文藝春秋

 ネットの晒し上げ、クスリにはまる大人たち、眉唾の心霊サイト、大規模偽造カード詐欺など。情報の海に溺れる仲間をマコトが救う。現代の闇を描出する全4話を収録。「オール讀物」掲載を書籍化。

  • 鳳凰の船

 浮穴 みみ 著  双葉社

 洋式帆船造りの名匠・豊治は、ある不運から船大工の職を離れ、仏壇師として20年余りを過ごしていたが―。表題作をはじめ、明治初期の函館を舞台に、人々の心情を細やかに描きあげた全5編を収録。「小説推理」掲載を書籍化。

(著者紹介)浮穴 みみ(うきあな・みみ):1968年北海道生まれ。千葉大学仏文科卒。2008年「寿限無」で小説推理新人賞受賞。受賞作を収録した「姫の竹、月の草」でデビュー。

  • ディレクターズ・カット

 歌野 晶午 著  幻冬舎

 報道ワイド番組の人気コーナーで紹介される、若者たちの無分別な行動は、有能な突撃ディレクターのやらせだった。それを知らないネクラな若い美容師が若者たちと交錯し、殺人鬼へと変貌する―。「小説幻冬」連載を加筆・修正。

(著者紹介)歌野 晶午(うたの・しょうご):「長い家の殺人」でデビュー。「葉桜の季節に君を想うということ」で日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞、「密室殺人ゲーム2.0」で2度目となる本格ミステリ大賞を受賞。

  • ゲームの王国 上

 小川 哲 著  早川書房

 ポル・ポトの隠し子であるソリヤと天賦の智性を持つ神童ムイタック。運命のふたりは砲声に震える1975年のカンボジアで出会う。秘密警察、恐怖政治、テロ、虐殺など。全ての不条理はあたかもゲームのように進行し―。SF巨篇。

(著者紹介)小川 哲(おがわ・さとし):1986年千葉県生まれ。2015年に「ユートロニカのこちら側」で第3回ハヤカワSFコンテスト「大賞」を受賞しデビュー。

  • ゲームの王国 下

 小川 哲 著  早川書房

 訣別から半世紀。ソリヤは理想とする「ゲームの王国」を実現すべく、権力の頂点を目指す。一方でムイタックは自身の渇望を完遂するため、脳波測定を利用したゲームの開発を、早熟な少年アルンと共に進めていた―。SF巨篇。

  • 本日も教官なり

 小野寺 史宜 著  KADOKAWA

 教官の豊士の教習車には老若男女様々な人が乗り込む。時には生徒の人生相談に乗るが、いまはそれどころではない。別居中の17歳の娘が妊娠したというのだ。40代半ばにして豊士は人生のS字クランクに差し掛かる。

(著者紹介)小野寺 史宜(おのでら・ふみのり):1968年千葉県生まれ。「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞、「ROCKER」でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。他の著書に「カニザノビー」など。

  • 銀河鉄道の父

 門井 慶喜 著  講談社

 岩手県をイーハトヴにし、銀河に鉄道を走らせた宮沢賢治。生涯夢を追い続けた賢治と、父でありすぎた父・政次郎との対立と慈愛の月日を、父の視点から描く。「小説現代」連載に、加筆、修正し単行本化。

(著者紹介)門井 慶喜(かどい・よしのぶ):1971年群馬県生まれ。同志社大学文学部卒業。「キッドナッパーズ」でオール讀物推理小説新人賞、「マジカル・ヒストリー・ツアー」で日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。

  • オーバーロードの街

 神林 長平 著  朝日新聞出版

 近未来。パワーローダーによる無差別殺人が発生、鎮圧に向かった警察や軍隊も暴走し互いに殺し合いを始めた。ネット環境が破壊され、金融システムも崩壊。これは人類滅亡の予兆なのか―。「小説トリッパー」連載を単行本化。

(著者紹介)神林 長平(かんばやし・ちょうへい):1953年新潟市生まれ。作家。「狐と踊れ」でデビュー後、SFを中心に執筆。ほかの著書に「だれの息子でもない」「ぼくらは都市を愛していた」など。

  • 院長選挙

 久坂部 羊 著  幻冬舎

 国立大学病院の最高峰、天都大学医学部付属病院の病院長が謎の死を遂げた。新しい病院長を選ぶべく、院長選挙が近く開かれることになるが、院長の死に疑問を持った警察が動き出し―。「ポンツーン」等掲載を単行本化。

(著者紹介)久坂部 羊(くさかべ・よう):1955年大阪府生まれ。大阪大学医学部卒業。作家、医師。「悪医」で日本医療小説大賞を受賞。ほかの著書に「無痛」「破裂」など。

  • 星ちりばめたる旗

 小手鞠 るい 著  ポプラ社

 1916年、アメリカに暮らす幹三郎に嫁いだ佳乃は、やがて時代の激流に呑み込まれ―。時代に翻弄されながらも、ただひたすらに生きる三世代の母と娘たちの姿を描き出す。「asta*」連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)小手鞠 るい(こでまり・るい):1956年岡山県生まれ。2005年「欲しいのは、あなただけ」で島清恋愛文学賞を受賞。ほかの著書に「アップルソング」「愛しの猫プリン」など。

  • 望むのは

 古谷田 奈月 著  新潮社

 歳を取るのが怖い、15歳の小春。同い年の歩くんは誇り高きバレエダンサーなのに、私はまだ、何ものでもなくて―。風変わりな隣人や愛すべき友との日々を描いた青春小説。「小説新潮」掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

(著者紹介)古谷田 奈月(こやた・なつき):1981年千葉県生まれ。2013年「今年の贈り物」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞。著書に「ジュンのための6つの小曲」など。

  • フェルメールの街

 櫻部 由美子 著  角川春樹事務所

 英蘭戦争に揺れる17世紀オランダ。若き職業画家ヨハネス・フェルメールとのちに微生物学の礎となる科学者アントニー・レーウェンフック。2人の友情と港町デルフトの人々の人生を動かした事件の真相を描くアートミステリー。

(著者紹介)櫻部 由美子(さくらべ・ゆみこ):大阪府生まれ。銀行員、会社員、医療関係の職業などを経て、2015年「シンデレラの告白」で角川春樹小説賞を受賞。

  • Ank(アンク):a mirroring ape

 佐藤 究 著  講談社

 2026年、多数の死者を出した京都暴動。感染症でもテロでもない。発端となったのは一頭の類人猿。東アフリカからきた「アンク(鏡)」という名のチンパンジーだった―。人類初の災厄に、霊長類研究者が立ち向かう。

(著者紹介)佐藤 究(さとう・きわむ):1977年福岡県生まれ。佐藤 憲胤名義で書いた「サージウスの死神」が第47回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。「QJKJQ」で第62回江戸川 乱歩賞を受賞。

  • 騙し絵の牙

 塩田 武士 著  KADOKAWA

 大手出版社で雑誌編集長を務める速水は、上司から廃刊を匂わされたことをきっかけに、組織に翻弄されていく―。唯一無二の俳優・大泉 洋を「あてがき」した社会派長編。「ダ・ヴィンチ」連載を加筆・修正して単行本化。

(著者紹介)塩田 武士(しおた・たけし):1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。「盤上のアルファ」で小説現代長編新人賞、「罪の声」で山田 風太郎賞を受賞。ほかの著書に「女神のタクト」など。

  • 緑の窓口 樹木トラブル解決します

 下村 敦史 著  講談社

 住民の樹木トラブルを解決する部署への異動を言い渡された不器用な区役所職員・天野。依頼先で風変わりな美人“樹木医”と出会い―。樹木トラブルの裏に隠された、人の「想い」を見つけ出す、6つの連作ミステリー。

(著者紹介)下村 敦史(しもむら・あつし):1981年京都府生まれ。2014年「闇に香る嘘」で江戸川 乱歩賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「失踪者」「真実の檻」など。

  • 狐と韃 知らぬ火文庫

 朱川 湊人 著  光文社

 日本最古の説話集「日本霊異記」を、直木賞作家が大胆かつ奔放に潤色。表題作ほか、「サカズキという女」「舎利菩薩」など全8話を収録。「小説宝石」掲載を単行本化。

(著者紹介)朱川 湊人(しゅかわ・みなと):1963年大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部国文科卒業。「フクロウ男」でオール讀物推理小説新人賞、「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞、「花まんま」で直木賞を受賞。

  • 冤罪犯

 翔田 寛 著  KADOKAWA

 冤罪を訴えながら、男は拘置所内で自殺した。5年後、犯行状況が酷似した新たな事件が発生する。捜査を進める香山の前で、ふたつの事件をつなぐ新たな証拠が見つかり―。解いてはいけない謎を前に、刑事の正義が試される。

(著者紹介)翔田 寛(しょうだ・かん):1958年東京生まれ。「影踏み鬼」で第22回小説推理新人賞、「誘拐児」で第54回江戸川 乱歩賞を受賞。他の著書に「築地ファントムホテル」など。

  • 岩塩の女王

 諏訪 哲史 著  新潮社

 その女は裸体のまま突き出た岩のうえに横たわると身体から石綿に似た白糸をひき、それで自分を覆いはじめ―。表題作をはじめ、緻密で典雅な言葉が紡ぐ6篇の異空間。独自の文学世界を構築する記念碑的小説集。

(著者紹介)諏訪 哲史(すわ・てつし):1969年名古屋市生まれ。國學院大學文学部哲学科卒業。「アサッテの人」で群像新人文学賞・芥川賞を受賞。他の著書に「ロンバルディア遠景」「領土」など。

  • 日曜日の人々(サンデー・ピープル)

 高橋 弘希 著  講談社

 他者に何かを伝えることが、救いになるんじゃないかな―。亡くなった従姉から届いた日記。それをきっかけに、僕はある自助グループに関わるようになり―。死に惹かれる心に静かに寄り添う青春小説。「群像」掲載を単行本化。

(著者紹介)高橋 弘希(たかはし・ひろき):1979年青森県生まれ。「指の骨」で新潮新人賞を受賞。ほかの著書に「朝顔の日」「スイミングスクール」がある。

  • 乗りかかった船

 瀧羽 麻子 著  光文社

 雄平は、機械工学を専攻し、大学院を卒業したのに、北斗造船の営業部に配属され、次は人事部に。戸惑う雄平だが―。「海に出る」をはじめ、明日、働く元気がもらえる、全7編の連作短編集。「小説宝石」掲載を単行本化。

(著者紹介)瀧羽 麻子(たきわ・あさこ):1981年兵庫県生まれ。京都大学卒業。2007年「うさぎパン」でダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「松ノ内家の居候」「左京区桃栗坂上ル」など。

  • 移植医たち

 谷村 志穂 著  新潮社

 1985年、移植を学びに渡米した3人の日本人医師を待ち受けていたのは、シビアな命の現場だった。苦悩し、葛藤しながらも、日本初となる移植専門外科を立ち上げるが―。「小説新潮」掲載に大幅な改稿を施し書籍化。

(著者紹介)谷村 志穂(たにむら・しほ):1962年札幌生まれ。北海道大学農学部動物生態学を専攻。「海猫」で島 清恋愛文学賞を受賞。ほかの著書に「大沼ワルツ」「余命」など。

  • 人形たちの白昼夢

 千早 茜 著  PHP研究所

 荒廃した世界。空爆から身を潜め、何者かに導かれるようにして目を開けると、自動機械人形が現れ―。「リューズ」をはじめ全12遍を収録。幻想と現実が溶けあう美しき短編集。「WEB文蔵」掲載に加筆し単行本化。

(著者紹介)千早 茜(ちはや・あかね):1979年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。「魚神」で小説すばる新人賞と泉鏡花文学賞、「あとかた」で島 清恋愛文学賞を受賞。ほかの著書に「男ともだち」など。

  • 無敵の二人

 中村 航 著  文藝春秋

 夢はここから、チャンピオンを出すこと―。ボクシング元日本ライトフライ級王者・畠山と、北海道で彼を育てた女性トレーナー・赤坂 ひかるの愛と拳闘。 奇跡の実話を小説化。「別冊文藝春秋」連載を改題し単行本化。

(著者紹介)中村 航(なかむら・こう):1969年岐阜県生まれ。「リレキショ」で文藝賞、「ぐるぐるまわるすべり台」で野間文芸新人賞を受賞。ほかの著書に「トリガール!」など。

  • R帝国

 中村 文則 著  中央公論新社

 舞台は近未来の島国・R帝国。ある日、矢崎はR帝国が隣国と戦争を始めたことを知る。国家を支配する絶対的な存在“党”と、謎の組織「L」。やがて世界は、思わぬ方向へ暴走していく―。「読売新聞」連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)中村 文則(なかむら・ふみのり):1977年愛知県生まれ。福島大学卒業。「土の中の子供」で芥川賞、「掏摸」で大江 健三郎賞、「私の消滅」でドゥマゴ文学賞を受賞。

  • ワルツを踊ろう

 中山 七里 著  幻冬舎

 20年ぶりに帰郷した了衛を迎えたのは、閉鎖的な村人の好奇の目だった。彼は愛するワルツの名曲「美しく青きドナウ」を通じ、荒廃した村を立て直そうとするが―。どんでん返しミステリ。「ポンツーン」連載を加筆・修正。

(著者紹介)中山 七里(なかやま・しちり):1961年岐阜県生まれ。「さよならドビュッシー」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。ほかの著書に「贖罪の奏鳴曲」「ネメシスの使者」など。

  • 100億人のヨリコさん

 似鳥 鶏 著  光文社

 個性的すぎる学生たちが住むという、某大学キャンパスの奥の奥にある「富穣寮」。そこには、血まみれの女性「ヨリコさん」が天井や窓の外に出現するという噂がある。寮生たちは、ヨリコさん出現の謎に挑むが―。

(著者紹介)似鳥 鶏(にたどり・けい):1981年千葉県生まれ。2006年「理由あって冬に出る」で鮎川哲也賞に佳作入選しデビュー。

  • 神の涙

 馳 星周 著  実業之日本社

 アイヌの木彫り作家の家に若い男が訪ねてきた。「弟子にしてください」と懇願する男は、作家から木彫りを教わり、山に入るようになる。しかし、男には誰にも明かせない過去があった―。「月刊ジェイ・ノベル」連載を単行本化。

(著者紹介)馳 星周(はせ・せいしゅう):1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。編集者、フリーライターを経て、「不夜城」で小説家デビュー。「鎮魂歌」で第51回日本推理作家協会賞、「漂流街」で第1回大薮 春彦賞を受賞。

  • 心中旅行

 花村 萬月 著  光文社

 文芸誌編集長となった澤野 逸郎。妻と双子の娘に囲まれ、幸せの絶頂かと思われたが、編集部には鬱が蔓延、作家とのトラブルも続き、薬と部下との不倫に溺れるように―。逸郎が行き着く先は―。「小説宝石」掲載を単行本化。

(著者紹介)花村 萬月(はなむら・まんげつ):1955年東京生まれ。1989年「ゴッド・ブレイス物語」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。「皆月」で吉川 英治文学新人賞、「ゲルマニウムの夜」で芥川賞を受賞。

  • 草笛物語

 葉室 麟 著  祥伝社

 羽根藩江戸屋敷に暮らす少年赤座颯太は、両親の他界に伴い、母方の伯父で藩校教授の水上岳堂預けとなる。泣き虫と揶揄される少年は、友と出会い天命を知る―。羽根藩シリーズ第5弾。「小説NON」連載に加筆し書籍化。

(著者紹介)葉室 麟(はむろ・りん):1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者等を経て、「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞し、デビュー。「蜩ノ記」で直木賞、「鬼神の如く」で司馬 遼太郎賞受賞。

  • ライオンは仔猫に夢中

 東川 篤哉 著  祥伝社

 転落死した社長令嬢の部屋から赤いハイヒールが消えたのはなぜか。老人の最期を見ていた鸚鵡が狙われる理由は。ライオン探偵・エルザと助手・美伽に難事件と災難が降りかかる。「小説NON」掲載に書き下ろしを加え書籍化。

(著者紹介)東川 篤哉(ひがしがわ・とくや):1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。「謎解きはディナーのあとで」で本屋大賞を受賞。ほかの著書に「放課後はミステリーとともに」「かがやき荘アラサー探偵局」など。

  • マスカレード・ナイト

 東野 圭吾 著  集英社

 若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。犯人は、ホテル・コルテシア東京のカウントダウン・パーティに姿を現すのか。あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び―。「マスカレード」シリーズ。

(著者紹介)東野 圭吾(ひがしの・けいご):1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。「容疑者Xの献身」で直木 三十五賞と本格ミステリ大賞、「祈りの幕が下りる時」で吉川 英治文学賞、「夢幻花」で柴田 錬三郎賞を受賞。

  • オリンピックがやってきた 1964年北国の家族の物語

 堀川 アサコ 著  KADOKAWA

 初めての東京五輪開催を控え日本中が沸く頃、青森のある町に、ごく普通の家族がいた。日常には悲しいことがあふれている。でも、ささやかなことが幸せで―。町全体が家族のような時代の、あたたかい物語。

(著者紹介)堀川 アサコ(ほりかわ・あさこ):1964年青森県生まれ。「闇鏡」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。ほかの著書に「幻想郵便局」「大奥の座敷童子」など。

  • ヴィオレッタの尖骨

 宮木 あや子 著  河出書房新社

 あとどのくらい私たちはこうやって肌を合わせられるのですか―。世間から隔絶された場所で生かされている美しい少女たち。快楽に溺れながらも、真実の情愛を求める彼女たちに救いはあるのか。儚くも美しい恋愛小説集。

(著者紹介)宮木 あや子(みやぎ・あやこ):1976年神奈川県生まれ。2006年「花宵道中」で女による女のためのR-18文学賞大賞と読者賞をW受賞しデビュー。他の著書に「セレモニー黒真珠」「群青」など。

  • つぼみ

 宮下 奈都 著  光文社

 まだ何者でもない、何者になるのかもわからない、わたしの、あなたの、世界のはじまり―。「スコーレNo.4」の女たちが花と向き合い葛藤する姿を描いたスピンオフ3編を含む珠玉の作品集。「小説宝石」等掲載を単行本化。

(著者紹介)宮下 奈都(みやした・なつ):1967年福井県生まれ。「羊と鋼の森」で本屋大賞を受賞。ほかの著書に「静かな雨」「神さまたちの遊ぶ庭」など。

  • この世の春 上

 宮部 みゆき 著  新潮社

 美貌の青年藩主・重興が、突然隠居を強いられるという変事のあった北見藩。重興の押し込められた座敷牢からは、夜な夜な奇怪な声が。亡者たちの叫びか、それとも―。サイコアンドミステリー長編。「週刊新潮」掲載を単行本化。

(著者紹介)宮部 みゆき(みやべ・みゆき):1960年東京生まれ。「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、「理由」で直木賞、「名もなき毒」で吉川 英治文学賞を受賞。

  • この世の春 下

 宮部 みゆき 著  新潮社

 多紀の献身は、重興の身に一人の救世主を産み出す。だがその出現は、まつろわぬ者たちへのリベンジに油を注ぐことに。彼らの悪意が憑依した北見藩に活路はあるのか。サイコアンドミステリー長編。「週刊新潮」掲載を単行本化。

  • 風神雷神 風の章

 柳 広司 著  講談社

 扇屋「俵屋」の養子となった伊年。俵屋の扇は日に日に評判を上げ、伊年は「平家納経」の修理を任され―。「ジョーカー・ゲーム」の著者が、世界が憧れた謎の絵師・俵屋宗達を描く。「小説現代」連載に加筆修正し単行本化。

(著者紹介)柳 広司(やなぎ・こうじ):1967年生まれ。「贋作「坊っちゃん」殺人事件」で朝日新人文学賞、「ジョーカー・ゲーム」で、吉川 英治文学新人賞、日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。

  • 風神雷神 雷の章

 柳 広司 著  講談社

 法橋の位を与えられ禁中の名品を模写し、古今東西のあらゆる技法を学んだ宗達。盟友が次々に逝くなか、天皇までが惚れた天才絵師は、国宝・風神雷神図屏風で何を描いたのか。「小説現代」連載に加筆修正し単行本化。

  • ほしのこ

 山下 澄人 著  文藝春秋

 わたしは父に連れられ遠くの星から来たらしい。父がそういった―。子どもとかつて子どもだった人に贈る、命の物語。カラー挿絵も収録。「別冊文藝春秋」連載を単行本化。

(著者紹介)山下 澄人(やました・すみと):1966年兵庫県生まれ。富良野塾2期生。劇団FICTIONを主宰。「緑のさる」で野間文芸新人賞、「しんせかい」で芥川賞を受賞。ほかの著書に「ギッちょん」など。

  • 君の知らない方程式

 山本 弘 著  東京創元社

 秋学期が始まり、校内コスプレ大会ワンダーウィークで盛り上がる美心国際学園。ビブリオバトル部も日々の活動に力を入れていた。一方、空をめぐって対立する武人と銀は―。「Webミステリーズ!」連載に加筆・修正し書籍化。

(著者紹介)山本 弘(やまもと・ひろし):1956年京都府生まれ。ゲーム創作集団「グループSNE」に参加し、作家、ゲームデザイナーとしてデビュー。「去年はいい年になるだろう」で第42回星雲賞を受賞。

  • 淳子のてっぺん

 唯川 恵 著  幻冬舎

 2016年10月に逝去した登山家・田部井 淳子。男女差別が色濃い時代、女性として初めてエベレスト登頂に成功した彼女は、どのように生き、どのように山に魅入られたのか。“てっぺん”に至るまでの日々を描く、感動長篇。

(著者紹介)唯川 恵(ゆいかわ・けい):1955年金沢市生まれ。「肩ごしの恋人」で直木賞、「愛に似たもの」で柴田 錬三郎賞を受賞。ほかの著書に「啼かない鳥は空に溺れる」など。

  • さらさら流る

 柚木 麻子 著  双葉社

 28歳の菫は、かつて恋人に撮影を許したヌード写真が、ネットにアップされていることを偶然発見し―。内なるたたかいと勇気ある前進を描く、清々しい余韻の長編小説。「小説推理」連載を単行本化。

(著者紹介)柚木 麻子(ゆずき・あさこ):1981年東京都生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞、「ナイルパーチの女子会」で山本 周五郎賞を受賞。

  • 盤上の向日葵

 柚月 裕子 著  中央公論新社

 山中で発見された白骨死体。現場に残された唯一の手がかりは伝説の名駒だった。4か月後、2人の刑事が竜昇戦の会場である天童に降り立つ。世紀の対局の先に待っていた、壮絶な結末とは―。「読売プレミアム」連載を書籍化。

(著者紹介)柚月 裕子(ゆずき・ゆうこ):1968年岩手県生まれ。「臨床真理」で「このミステリーがすごい!」大賞、「検事の本懐」で大藪 春彦賞、「孤狼の血」で日本推理作家協会賞を受賞。

  • 逆向誘拐

 文 善 著  稲村 文吾 訳  文藝春秋

 国際投資銀行AアンドBから機密データが「誘拐」された。情報システム部の植嶝 仁はとばっちりで、データにアクセスできたアナリストたちと一緒に軟禁状態に。「誘拐犯」の正体を暴こうとするが―。金融ミステリー。(分類:923.7フン)

(著者紹介)文 善(ぶん・ぜん):1980年香港生まれ。ウォータールー大学で会計学修士課程を修了。公認会計士と公認ビジネス評価士の資格を取得。台湾推理作家協会の海外会員。「逆向誘拐」で島田荘司推理小説賞受賞。

  • 引き潮

 ロバート・ルイス・スティーヴンスン 著  ロイド・オズボーン 著  駒月 雅子 訳  国書刊行会

 南太平洋タヒチの浜辺にたむろする3人の食い詰め男が、天然痘発生で欠員が出た貿易船の乗組員に雇われる。3人は船の乗っ取りを企むが、船内には驚くべき秘密が―。「宝島」の文豪が、義息と合作した海洋冒険小説。(分類:933.6ステ)

(著者紹介)ロバート・ルイス・スティーヴンスン:1850年から1994年。スコットランド生まれ。作品に「宝島」「ジキル博士とハイド氏」など。
ロイド・オズボーン:1868年から1947年。サンフランシスコ生まれ。義父スティーヴンスンとの合作に「箱ちがい」など。

  • シンパサイザー

 ヴィエト・タン・ウェン 著  上岡 伸雄 訳  早川書房

 1975年4月、サイゴン陥落。敗戦した南ヴェトナムの将軍らは渡米。しかし将軍に付き添う大尉は、北ヴェトナムのスパイだった―。ヴェトナム戦争の終結とその傷跡を、スパイの視点から描く。文庫も同時刊行。(分類:933.7クウ)

(著者紹介)ヴィエト・タン・ウェン:1971年ヴェトナム生まれ。南カリフォルニア大学で教鞭を執る。

  • 霧の島のかがり火

 メアリー・スチュアート 著  木村 浩美 訳  論創社

 1953年。モデルのジアネッタは離婚した痛手から立ち直れず、スコットランドのスカイ島に渡る。2週間前に地元の娘が“儀式殺人”の犠牲になったと聞き、ジアネッタは真相を探ろうとするが、そこへ第2、第3の殺人が―。(分類:933.7ステ)

(著者紹介)メアリー・スチュアート:1916年から2014年。イギリス生まれ。ダラム大学英語科卒業。作家。ミステリやサスペンス小説を中心に執筆活動を展開した。著書に「小さな魔法のほうき」「狼森ののろい」など。

  • ヤングスキンズ

 コリン・バレット 著  田栗 美奈子 訳  下林 悠治 訳  作品社

 壮麗な自然に囲まれたへんぴな町グランベイにまでバブル崩壊の影響は及び、人々の暮らしに翳りと閉塞感をもたらした。アイルランドの底辺を生きる若者たちのリアルな姿を、繊細に、容赦なく描いた7編を収録。(分類:933.7ハレ)

(著者紹介)コリン・バレット:1982年カナダ生まれ。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン卒業。「ヤングスキンズ」でガーディアン・ファーストブック賞、ルーニー賞、フランク・オコナー国際短編賞などを受賞。

  • その日の後刻に

 グレイス・ペイリー 著  村上 春樹 訳  文藝春秋

 アメリカ文学シーンのカリスマ的存在として現在も尊敬を集める作家の最後の短篇集を村上 春樹が翻訳。「庭の中で」「物語を聴く人」など全17篇のほか、エッセイ、貴重なロングインタビューも併録する。(分類:933.7ヘイ)

(著者紹介)グレイス・ペイリー:1922年から2007年。ニューヨーク生まれ。小説と詩を書くかたわら、サラ・ローレンス大学で教鞭を執った。政治活動家、フェミニストとして活躍。

  • 消滅遊戯

 ロジャー・ホッブズ 著  田口 俊樹 訳  文藝春秋

恩義のある友からSOSが届いた。すべてのトラブルを解決し、彼女を死地から救い出す。それが私の仕事だ。マカオで待つのは冷血の殺し屋ローレンス。中国マフィアは私たちの退路を断ち…。スタイリッシュな犯罪小説、第2弾。(分類:933.7ホッ)

(著者紹介)ロジャー・ホッブズ:1988年から2016年。ボストン生まれ。大学在学中に執筆した「時限紙幣」で作家デビュー。同作は20の言語に翻訳され、日本でも高い評価を得た。

  • 湖畔荘 上

 ケイト・モートン 著  青木 純子 訳  東京創元社

 70年前、コーンウォールの廃墟のような館・湖畔荘から赤ん坊が消え、事件は迷宮入りとなった。捨てられた屋敷に隠された家族の秘密とは。問題を抱えたロンドン警視庁の女性刑事が、独自の捜査を始める。(分類:933.7モト)

(著者紹介)ケイト・モートン:1976年オーストラリア生まれ。クイーンズランド大学で舞台芸術とイギリス文学を修めた。「秘密」で第6回翻訳ミステリー大賞、第3回翻訳ミステリー読者賞受賞。

  • 湖畔荘 下

 ケイト・モートン 著  青木 純子 訳  東京創元社

 湖畔荘の謎を探るのはロンドン警視庁の女性刑事。消えた赤ん坊の姉・アリスは高名なミステリー作家となっていた。女性刑事はなんとしてもこの迷宮入りした事件を解きたくなり、アリスに連絡を取る。彼女は何を知っているのか。(分類:933.7モト)

  • 起きようとしない男 その他の短篇

 デイヴィッド・ロッジ 著  高儀 進 訳  白水社

 英国を代表するコミック・ノヴェルの名手が満を持して放つ、自身初の傑作短篇集。表題作ほか、「わたしの初仕事」「気候が蒸し暑いところ」「記憶に残る結婚式」など全八編を収録する。(分類:933.7ロッ)

(著者紹介)デイヴィッド・ロッジ:1935年ロンドン生まれ。著書に「小さな世界」「素敵な仕事」「大英博物館が倒れる」などがある。

  • ジャック・グラス伝 宇宙的殺人者

 アダム・ロバーツ 著  内田 昌之 訳  早川書房

 稀代の犯罪者ジャック・グラス。彼はいかにして殺人者となり、そして伝説の男となったのか。絶対に解けるはずのない謎解きに、ミステリマニアの変人令嬢ダイアナが挑む。謎と冒険に満ちたSFミステリ。(分類:933.7ロハ)

(著者紹介)アダム・ロバーツ:1965年ロンドン生まれ。作家・評論家。ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校教授。「ジャック・グラス伝」で英国SF協会賞とジョン・W・キャンベル記念賞を受賞。

  • おじいさんに聞いた話

 トーン・テレヘン 著  長山 さき訳   新潮社

 ロシア生まれの祖父は、祖母にいくらとめられても、死をめぐる話、人生の悲惨と理不尽を「ぼく」に語りつづけた―。「ハリネズミの願い」の作家が、祖父への鎮魂をこめて描きだす掌篇小説集。(分類:949.3テレ)

(著者紹介)トーン・テレヘン:1941年オランダ生まれ。ユトレヒト大学で医学を修め、ケニアでマサイ族の医師を務めたのちアムステルダムで開業医に。動物を主人公とする本を50作以上発表し、国内外の文学賞を多数受賞。

  • 樹脂

 エーネ・リール 著  枇谷 玲子 訳  早川書房

 デンマークの僻地に住む一家。何度もつらい喪失を経験した父親は、愛する者を奪われまいと決意し、あるとき幼い娘が死んだと偽りの報告をして娘を隠して育てはじめるが―。(分類:949.7リル)

(著者紹介)エーネ・リール:1971年デンマーク生まれ。児童書や教科書の執筆に携わった後、2013年に長篇デビュー。

  • 闇夜にさまよう女

 セルジュ・ブリュソロ 著  辻谷 泰志 訳  国書刊行会

 頭に銃弾を受けた若い女は、脳の一部とともに失った記憶を取り戻そうとする。「正常な」世界に戻ったとき、自分が普通の女ではなかったのではと疑う。追跡されている連続殺人犯なのか。それとも被害者なのか―。(分類:953.7フリ)

(著者紹介)セルジュ・ブリュソロ:1951年パリ生まれ。作家。サン=ジェルマン出版のマスク双書の編集主任も務める。「真夜中の犬」でフランス冒険小説大賞を受賞。他の著書に「ペギー・スー」など。

  • 心は燃える

 ル・クレジオ 著  中地 義和 訳  鈴木 雅生 訳  作品社

 幼き日を懐かしみ、愛する妹との絆の回復を望む判事の女と、その思いを拒絶する妹。ペトラの町の遺跡へ辿り着く冒険家の男と、名も知らぬ西欧の女性を夢想の母と重ね合わせる少年-。ル・クレジオの中短篇集。(分類:953.7ルク)

(著者紹介)ル・クレジオ:1940年南仏ニース生まれ。デビュー作「調書」でルノドー賞を受賞。2008年ノーベル文学賞受賞。ほかの著書に「隔離の島」「地上の見知らぬ少年」など。

エッセイ

  • 人生の旅をゆく 3

 吉本 ばなな 著  NHK出版

 こつこつと積み重ねること、ちいさくてもまっすぐな思いを持つこと。それがいつしか壮大な景色になる―。「喪失」と「再生」のかけがえのなさを描いたエッセイ集。ネットで大きな反響を得た「手を動かす」などを収載。(分類:914.6ヨシ)

(著者紹介)吉本ばなな(よしもと・ばなな):1964年東京都生まれ。日本大学芸術学部文藝学科卒業。「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。「うたかた/サンクチュアリ」で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。

古典文学・文学史・作家論

  • ドナルド・キーン 日本の伝統文化を想う

 平凡社

 日本の文学そして伝統について確固とした主張ができる屈指のジャパノロジスト、ドナルド・キーン。これまでの人生の軌跡と日本文化に大きく貢献した業績を、直筆原稿、書簡、愛用品、数多くの写真とともに、多面的に紹介する。(分類:930.2キン)

  • マーシャの日記 ホロコーストを生きのびた少女

 マーシャ・ロリニカイテ 著  清水 陽子 訳  新日本出版社

 銃殺、ファシズム、戦争、占領という言葉が、実際に表すこととは。不条理な差別がどんなに過酷なものであるか―。ユダヤ人少女マーシャが強制収容所での過酷な迫害のさなかに、信念をもって書きつづけた真実の記録。(分類:985ロリ)

(著者紹介)マーシャ・ロリニカイテ:1927年から2016年。リトアニア出身。ユダヤ人作家。生涯反ファシズムを訴え続けた。

児童書

対象区分:幼(幼児0歳から5歳)、0歳から2歳(幼児0歳から2歳)、3歳から5歳(幼児3歳から5歳)、小(小学生)、小初(小学1年生から2年生)、小中(小学3年生から4年生)、小上(小学5年生から6年生)、中(中学生)、高(高校生)、般(一般)

生活

  • よくわかるLGBT 多様な「性」を理解しよう

 藤井 ひろみ 監修  PHP研究所

 性には、さまざまな形があり、その形は一人ひとり異なる。「LGBTって何の略?」「同性を好きになるってどういうこと?」など、LGBTやセクシュアル・マイノリティに関する疑問に答え、「さまざまな性」のあり方を示す。(分類:367ヨク 対象:小中、小上)

仕事・職業

  • 介護というお仕事

 小山 朝子 著  講談社

 超高齢社会に突入した日本。祖母を介護した経験を持つ著者が、小学生から身につけられる介護の基本技術を紹介。将来の進路に、介護や福祉の道を考えている人たちにおすすめの入門書。(分類:369カイ 対象:小上)

(著者紹介)小山 朝子(こやま・あさこ):1972年東京都生まれ。介護分野を専門とするジャーナリスト。介護福祉士。日本在宅ホスピス協会役員などを務める。著書に「朝子の介護奮戦記」など。

社会科

  • 考えよう!子どもの貧困 なぜ生じる?なくす方法は?

 中嶋 哲彦 監修  PHP研究所

 子どもから、日常生活や人生選択の自由をうばう「貧困」。「子どもの貧困」とは何か、子どもがどういう状態におかれていることをいうのかを、イラストや表などを用いてていねいに説明する。(分類:369カン 対象:小中、小上)

  • カレーの教科書

 石倉 ヒロユキ 編集  シャンカール・ノグチ 監修  岩崎書店

 カレーの歴史、昔と今の調理法、インド人のカレーの食べ方、スパイスとハーブの特徴、カレーの色のひみつなど。カレーにまつわるさまざまなことがらを、写真やイラストをまじえて紹介する。(分類:383カレ 対象:小中)

(著者紹介)石倉 ヒロユキ(いしくら・ひろゆき):アートディレクターとして、食関連の書籍を多く制作。エッセイスト、絵本作家。著書に「ほぼ1円の家」など。

  • 生き物のかたちと動きに学ぶテクノロジー 驚異的能力のひみつがいっぱい!

 石田 秀輝 監修  PHP研究所

 地球上でくらす生き物は、自然をこわさず、自分の体やくらし方を変えて、生きのびてきました。生き物たちが身につけた、生きていくためのすぐれたテクノロジーや能力を紹介します。(分類:504イキ 対象:小中、小上)

算数・数学

  • 算数の図鑑 小学生のうちに伸ばしたい数&図形センスをみがく 子供の科学ビジュアル図鑑

 キャロル・ヴォーダマン 著  松原 麻実 日本語版翻訳  誠文堂新光社

 算数の基礎をカラフルに図解したビジュアル図鑑。学年別ではなく、領域ごとに構成されているので、習熟度別学習に最適。学校で習っていない単元でも、どんどん先に読み進められる。見返しにかけ算表等あり。(分類:410サン 対象:小)

(著者紹介)キャロル・ヴォーダマン:ケンブリッジ大学修士、工学専攻。英国の科学番組の司会のほか、オンライン数学スクールも運営。著書に「親子で学ぶ数学図鑑」「10才からはじめるプログラミング図鑑」など。

理科・自然科学

  • ロゼットのたんけん

 おくやま ひさし 著  少年写真新聞社

 オヘビイチゴ、クレソン、ヒメジョオンなど。地面にはりつくような形で、平たく葉を広げる「ロゼット」とよばれる野草。水辺や野原などに生えるさまざまなロゼットを絵にして、その後に咲く花の写真と共に紹介します。(分類:470ロセ 対象:小中、小上)

(著者紹介)おくやま ひさし:1937年秋田県生まれ。独学で写真撮影を学び、読み物、画集、写真集を発表。観察会などで子供たちに自然の楽しみ方を指導している。著書に「里山図鑑」など。

  • 冬眠のひみつ からだの中で何が起こっているの?

 近藤 宣昭 監修  PHP研究所

 体温が下がり、生きるためのからだのはたらきが低下して、普段とは違う状態になる「冬眠」。生きものの冬のすごし方である「冬眠」や「冬ごし」について、イラストや写真とともにわかりやすく説明する。(分類:481トウ 対象:小中、小上)

  • 毒をもつ生き物たち ヘビ、フグからキノコまで

 船山 信次 監修  PHP研究所

 生き物のつくり出す毒について、その種類や作用をイラストや写真を多用してわかりやすく解説。また、毒が薬となる可能性にも注目して、なぜそうなるのかを、毒が薬になる例を示しながら、「薬毒同源」の立場から紹介する。(分類:481トク 対象:小中、小上)

  • 「あかつき」一番星のなぞにせまれ!

 山下 美樹 文  中村 正人 監修  佐藤 毅彦 監修  文溪堂

 ぼくは、金星探査機の「あかつき」。さぁ、きみもぼくといっしょに、金星への旅に出かけよう。困難をのりこえ、5年かけて金星にたどり着いた「あかつき」とチームの活躍を、「あかつき」の視点から描くノンフィクション。(分類:538アカ 対象:小初、小中)

(著者紹介)山下 美樹(やました・みき):フリーライター。IT、天文などの分野で著作多数。日本児童文芸家協会会員。作品に「「はやぶさ」がとどけたタイムカプセル」「世界初の宇宙ヨット「イカロス」」「地球のあゆみえほん」など。

芸術・芸能

  • 美術ってなあに? “なぜ?”から広がるアートの世界

 スージー・ホッジ 著  小林 美幸 訳  クレア・ゴーブル イラスト  河出書房新社

 「目も鼻もない棒みたいな人の絵がなんでアートなの?」「美術作品ってどうしてものすごく値段が高いの?」 “なぜ?”という疑問を通して美術作品を解き明かしていく入門書。(分類:700ヒシ 対象:小中、小上、般)

(著者紹介)スージー・ホッジ:ロンドンのバークベック・カレッジにて、美術史の学位を取得。美術、美術史、歴史などの分野で100冊を超える本を執筆。専門家としてテレビのコメンテーターもつとめる。

よみもの

  • 幽霊ランナー

 岡田 潤 作  金の星社

 マラソン大会を3年連続棄権した優。その3回目の大会直後に出会った先輩の指導で、優は本格的な走法を身につけていく。そして4度目の大会がやってくる。異世界と現実のシンクロから生まれる、心ゆさぶる物語。(分類:913オカ 対象:小上)

(著者紹介)岡田 潤(おかだ・じゅん):静岡県生まれ。東京デザイナー学院卒業。イラストレーター。日本の四季、年中行事などをテーマに活動。潤墨会水墨画教室講師も務める。著書に「こども電車」「めだかの王様」「豆わたし」など。

  • はりねずみのルーチカ 6  ハロウィンの灯り

 かんの ゆうこ 作  北見 葉胡 絵  講談社

 ハロウィン祭の日、カボチャのランタンや仮装を楽しむルーチカたちのところへ、異界の門が開き不思議な友だちがやって来る。ルーチカはみんなと協力して、困っている友だちを助けることに―。見返しに楽譜等あり。(分類:913カン 対象:小中)

(著者紹介)かんの ゆうこ:東京都生まれ。東京女学館短期大学文科卒業。作品に「はこちゃん」「星うさぎと月のふね」「とびらの向こうに」など。

  • 妖怪一家のハロウィン

 富安 陽子 作  山村 浩二 絵  理論社

 ヨーロッパ魔もの連合の会長さんの家族が、化野原団地にやってくる。オオカミ男と魔女のご夫婦だって。団地を見学したあと、九十九さんちで食事をしてもらうことになるけれど―。ユーモア・ホラー。(分類:913トミ 対象:小中、小上)

(著者紹介)富安 陽子(とみやす・ようこ):1959年東京都生まれ。児童文学作家。「空へつづく神話」でサンケイ児童出版文化賞、「盆まねき」で野間児童文芸賞受賞。ほかの著書に「天と地の方程式」シリーズなど。

  • ビブリオバトルへ、ようこそ!

 濱野 京子 作  森川 泉 絵  あかね書房

 あこがれの幸哉くんと同じ図書委員になった柚希。ビブリオバトルでチャンプ本を勝ち取り、幸哉くんに注目してもらう、と大張り切り。バトルのため、いろいろな本を読んでいくうちに―。見返しに花月小学校図書館案内図あり。(分類:913ハマ 対象:小上)

(著者紹介)濱野 京子(はまの・きょうこ):熊本県生まれ。「フュージョン」でJBBY賞、「トーキョー・クロスロード」で坪田譲治文学賞を受賞。ほかの著書に「すべては平和のために」など。

  • ブルちゃんは二十五ばんめの友だち

 最上 一平 作  青山 友美 絵  新日本出版社

 どしゃぶりの中、かさもささずに登校してきたたけし。なにかをだいじそうに持っている。たけしがもっていたのは、なんと、ひきがえる。ひきがえるは、1年生の25番目の友だちとして、水槽で飼うことに―。(分類:913モカ 対象:小初)

(著者紹介)最上 一平(もがみ・いっぺい):1957年山形県生まれ。「銀のうさぎ」で日本児童文学者協会新人賞、「ぬくい山のきつね」で日本児童文学者協会賞、新美 南吉児童文学賞、「じぶんの木」でひろすけ童話賞を受賞。

  • かわいいゴキブリのおんなの子メイベルとゆめのケーキ

 ケイティ・スペック 作  おびか ゆうこ 訳  大野 八生 画  福音館書店

 かわいいゴキブリのおんなの子メイベルは、食べものを手に入れるのが大変だと嘆いていました。そこに、はたらきアリのバーニスが迷い込んで来て、食べものを運んでくれるというのですが―。メイベルのお話第2作。(分類:933スヘ 対象:小初)

(著者紹介)ケイティ・スペック:アメリカ、ニューオリンズで育つ。作家。作品に「かわいいゴキブリのおんなの子メイベルのぼうけん」がある。

絵本

  • いただきますのおつきさま

 鈴木 真実 作  講談社

 ないしょですが、おつきさまって、○○○だったんですね―。おつきさまが落ちてきて、駆けつけたうさぎたちが見たものとは。夜空を見上げるのが楽しくなる、お月さまの絵本。(対象:幼児(0から5歳))

(著者紹介)鈴木 真実(すずき・まみ):1970年千葉県生まれ。イラストレーター。「ながねぎきょうだい」で絵本の仕事をはじめる。ほかの作品に「ひみつひみつのひなまつり」がある。

  • うるさいアパート

 マック・バーネット 文  ブライアン・ビッグズ 絵  椎名 かおる 訳  あすなろ書房

 「うるさいアパート」の住人は、ちょっと変わった人ばかり。ぱっぷぷぷぷ、ぷーぴーぷっ。こんな夜中に、なにしてる?ユーモラスな音の響きと、その音を当てっこする楽しみがつまった、ゆかいな絵本。(対象:小初)

(著者紹介)マック・バーネット:アメリカ生まれ。絵本のテキストを多数手がける。作品に「でんごんでーす」など。
 ブライアン・ビッグズ:アメリカ生まれ。アートディレクターなどを経て、マンガや児童書の絵を手掛ける。

  • 絵本眠れなくなる宇宙といのちのはなし

 佐藤 勝彦 作  長崎 訓子 絵  講談社

 宇宙に生き物はいないの?宇宙人にはどうしたら出会えるの?いのちはどうやって生まれたの?人間は宇宙人や地球外生命をどう考えてきたのか。「かぐや姫」から宇宙生命探査の最先端まで、大きな流れをやさしく描く。(対象:小初、小中、般)

(著者紹介)佐藤 勝彦(さとう・かつひこ):1945年香川県生まれ。日本学術振興会学術システム研究センター所長。日本学士院会員。東京大学名誉教授。理学博士。紫綬褒章受章。
 長崎 訓子(ながさき・くにこ):1970年東京生まれ。イラストレーター。

  • きょうふのおばけにんじん

 アーロン・レイノルズ 作  中川 ひろたか 訳  ピーター・ブラウン 絵  学研プラス

 うさぎのジャスパーはにんじんが大好き。秘密の畑のにんじんは、大きくて、甘くて、しかもいつでも食べ放題。ある日、いつものようににんじんを引っこ抜いていると「キャロッ、キャロッ、キャロッ」と妙な声がして―。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)アーロン・レイノルズ:作家。絵本、児童書などを多く執筆。
 ピーター・ブラウン:イラストレーター。作家。著書に「トラさん、あばれる」など。

  • くろくんとちいさいしろくん

 なかや みわ さく・え  童心社

 ちいさくてしろいくれよんが、仲間とはぐれてしまいました。くろくんたちが仲間を探しますが、見つかりません。しろくんをなぐさめようと、大きなまっしろい画用紙に絵をかくことに―。くれよんのくろくんシリーズ第4弾。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)なかや みわ:1971年埼玉県生まれ。女子美術短大造形科グラフィックデザイン教室卒業。企業のデザイナーを経てフリーとなる。絵本に「やさいのがっこう」シリーズ、「こぐまのくうぴい」シリーズなど。

  • コアラアラアラやってきて

 おおなり 修司 文  丸山 誠司 絵  絵本館

 コアラアラアラやってきた。木から落ちそうな子どもコアラを受け止めて、コアラホラホラ大丈夫。そして、バクがバクバクやってきて―。さて次は、どんな動物がやってくるのでしょう?リズミカルでとても愉快なユーモア絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)おおなり 修司(おおなり・しゅうじ):1959年広島県生まれ。作品に「だるまなんだ」「ねねねのねこ」など。
丸山誠司(まるやま・さとし):1968年岐阜県生まれ。作品に「にんじゃサンタ」「キリンですけど」など。

  • コリスくんのかみひこうき

 刀根 里衣 作  小学館

 コリスくんはいつも1人で紙飛行機を作っていました。コネコくんは、紙飛行機で遊ぼうと誘いにきますが、コリスくんは飛行機が壊れるのがイヤだと断ってばかり。ところが、突風でコリスくんの紙飛行機が飛ばされてしまい―。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)刀根 里衣(とね・さとえ):1984年福井県生まれ。京都精華大学デザイン学部ビジュアルコミュニケーション学科卒業。イタリアで絵本製作に取り組む。国際イラストレーション賞を受賞。絵本に「ぼくのともだち」など。

  • サイモンは、ねこである。

 ガリア・バーンスタイン 作  なかがわ ちひろ 訳  あすなろ書房

 ねこのサイモンがライオンたちに言いました。「ぼくたち、にてますね」 するとライオンたちは大笑い。違うところをあげていきます。でも似ているところもたくさんあって―。思いがけない展開が楽しいユーモアあふれる絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)ガリア・バーンスタイン:イスラエル生まれ。ニューヨークに渡り、パーソンズ美術大学に学ぶ。フリーのイラストレーターのかたわら、テキスタイルや陶芸作品も発表。

  • サファリ

 松岡 たつひで 作・絵  金の星社

 狩りをする肉食動物や、美しく飛翔する鳥など、大自然の営みを一冊に凝縮。ケニアのサファリ(自然の中で暮らす生きものを探しにいく旅)をまるごと体験できる絵本。見返しに地図あり。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)松岡 たつひで(まつおか・たつひで):新潟県生まれ。多数の自然科学絵本を描いている。著書に「里山百年図鑑」「ぴょーん」「だれのこえ?」など。

  • サンカクさん

 マック・バーネット 文  ジョン・クラッセン 絵  長谷川 義史 訳  クレヨンハウス

 サンカクさんとシカクさん、それぞれ「こわーい」ものがあるふたり。仲がいいのか、わるいのか。これぞ、新しい友情のカタチ。マック・バーネットのお話を大阪弁訳した文と、ジョン・クラッセンのイラストが楽しい絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)マック・バーネット:児童書作家。「サムとデイブ、あなをほる」「アナベルとふしぎなけいと」でコールデコット賞受賞。
 ジョン・クラッセン:「ぼうしシリーズ」の作者。「ちがうねん」「みつけてん」でコールデコット賞等受賞。

  • すすめ!かいてんずし

 岡田 よしたか 作・絵  ひかりのくに

 回転寿司のレーンがお店の外へとどんどん続いていきます。ジャングルを抜けて、電車と並走し、海まで来ました。すると、ネタたちは海へジャポンと飛び込んで―。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)岡田 よしたか(おかだ・よしたか):1956年大阪府生まれ。愛知県立芸術大学油画科卒業。「ちくわのわーさん」でリブロ絵本大賞を受賞。ほかの作品に「ハブラシくん」「そらとぶてっぱん」など。

  • スープになりました

 彦坂 有紀 作  もりと いずみ 作  講談社

 にんじん、じゃがいも、トマト、ほうれんそうなど。色とりどりの野菜たちが、おいしそうなスープに変身。「浮世絵」の手法で摺られた木版画によって、野菜やスープなどをみごとに表現した絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)彦坂 有紀(ひこさか・ゆき):彦坂木版工房の木版画家。イラストレーターとしても活動。
 もりと いずみ:彦坂木版工房のプロデューサー。彦坂有紀の描いた木版を基に食品のパッケージ、広告などあらゆるデザインや監修を行う。

  • だいぶつさまのうんどうかい

 苅田 澄子 ぶん  中川 学 え  アリス館

 今日はほとけさまたちの運動会。はじめて参加のだいぶつさま。準備体操、玉入れ、まんじゅう食い競争など。大きなからだでどっすんどっすん。じょうずにできるかな?ジャケット裏に仏像の解説あり。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)苅田 澄子(かんだ・すみこ):埼玉県生まれ。作品に「じごくのラーメンや」「いかりのギョーザ」など。
 中川 学(なかがわ・がく):1966年生まれ。僧侶、イラストレーター。作品に「しちふくじん」など。

  • 地球を旅する水のはなし

 大西 健夫 文  龍澤 彩 文  曽我 市太郎 絵  福音館書店

 遠い空から、雨はやってくる―。液体、気体、固体。水は姿を変えながら、世界中を旅しています。地球規模のダイナミックな水の循環を、日本画家・曽我市太郎の絵で描く科学絵本。解説も収録。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初、小中)

(著者紹介)大西 健夫(おおにし・たけお):京都大学大学院農学研究科博士課程修了。岐阜大学応用生物科学部准教授。
 曽我 市太郎(そが・いちたろう):東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了。日本画家。

  • 月まつりのおくりもの

 石井 睦美 さく  南塚 直子 え  小学館

 ひとりぼっちの男の子の元に天使がやってきて、月まつりに誘いました。月まつりの夜に、願いをかなえてもらえる人間の子どもが1人選ばれるのです。男の子は、友だちが欲しいと願いました。すると―。陶板画の絵本。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)石井 睦美(いしい・むつみ):フェリス女学院大学文学部卒業。「五月のはじめ、日曜日の朝」で新美南吉児童文学賞などを受賞。
 南塚 直子(みなみずか・なおこ):ハンガリー国立美術大学で銅版画を学ぶ。「キリンさん」で日本絵本賞を受賞。

  • てをつなぐ

 鈴木 まもる 作  金の星社

 ぼくから母さん、母さんから妹、妹から父さん。手がどんどんつながっていく。つないだ手と手は、世界中の人たち、地球上の生き物たちへとつながり広がって―。小さな手のなかにある大きな力と幸せを伝える絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)鈴木 まもる(すずき・まもる):1952年東京都生まれ。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さし絵賞、「ぼくの鳥の巣絵日記」で講談社出版文化賞絵本賞、「ニワシドリのひみつ」で産経児童出版文化賞JR賞を受賞。

  • ドン・キホーテ 絵本・世界の名作

 ミゲル・デ・セルバンテス 原作  石崎 洋司 文  村上 勉 絵  講談社

 騎士道物語を読みすぎて、自分のことをさすらいの騎士だと思いこんだ、ドン・キホーテ。サンチョ・パンサをお供に旅に出た。ドン・キホーテとサンチョ・パンサのこっけいな大冒険。名作のエッセンスを楽しめる絵本。(対象:小初、小中)

(著者紹介)ミゲル・デ・セルバンテス:1547年から1616年。スペインの作家。
 村上 勉(むらかみ・つとむ):1943年兵庫県生まれ。絵本作家、イラストレーター。「宇宙からきたかんづめ」で小学館絵画賞受賞。

  • どんぐりないよ

 間部 香代 作  ひろかわ さえこ 絵  鈴木出版

 どんぐりを探しに出かけた、りすくん。でも、ほんの少ししか見つからず、家でしょんぼりしていると、こぶたくんたちがやってきて―。「まーだだよ」に続く、こぶたくんとなかまたちのたのしいともだちシリーズ。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)間部 香代(まべ・かよ):愛知県生まれ。日本児童文芸家協会、日本童謡協会会員。児童文芸家協会創作コンクール童謡・詩部門優秀賞。
 ひろかわ さえこ:北海道生まれ。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。日本児童出版美術家連盟会員。

  • ねこのピートだいすきなおやすみえほん

 キムバリー・ディーン 作  ジェームス・ディーン 作  大友 剛 訳  長谷川 義史 文字画  ひさかたチャイルド

 みんなが、ピートのうちに泊まることになりました。たくさん遊んで、ようやく眠ることにしますが、なかなか寝付けません。そこでピートは、みんなに絵本を読み始め―。おやすみ絵本。「ねこのピート」シリーズ第4弾。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)キムバリー・ディーン:ジェームスと「ねこのピートだいすきなおやすみえほん」のストーリーを作成。
 ジェームス・ディーン:電気技師を経て、絵描きとなる。保護施設から引き取った小さな黒猫「ピート(Pete)」を描き始める。

  • パンツいっちょうめ

 苅田 澄子 作  やぎ たみこ 絵  金の星社

 「パンパンパンツ、パンツいっちょうー!」 パンツいっちょうで外に飛び出した、だいくん。どんどんどんどん走ったら―「パンツいっちょうめ」にきちゃった。 子どもたちが大喜びするユーモア絵本。楽譜も掲載。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)苅田 澄子(かんだ・すみこ):埼玉県生まれ。フリーで編集をしながら小沢正に師事。絵本に「いかりのギョーザ」など。
 やぎ たみこ:兵庫県生まれ。武蔵野美術短期大学卒。講談社絵本新人賞佳作を受賞後、「くうたん」でデビュー。

  • ファビアンのふしぎなおまつり

 マリット・テルンクヴィスト 作・絵  長山 さき 訳  徳間書店

 今日はおまつりです。ファビアンはわくわくして、「車のかわりにゾウがいるかも、キャンディーのなる木があるかも」と、色んなことを考えました。すると―。大きくひろがるページをたくさん使った、わくわくするしかけ絵本。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)マリット・テルンクヴィスト:1964年スウェーデン生まれ。5歳からオランダで育つ。絵本作家。「おねえちゃんにあった夜」「愛についてのちいさなおはなし」で銀の石筆賞受賞。

  • ふしぎなのりものずかん

 斉藤 洋 作  田中 六大 絵  講談社

 そんごくう、シンデレラ、うらしまたろうなど。みんなどんなのりものにのっているのかな。お話にでてくるのりものを、さがし絵やクイズ、まちがいさがしなどを通して紹介する楽しい絵本。見返しにも問題と答えあり。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)斉藤 洋(さいとう・ひろし):昭和27年東京生まれ。作品に「ジーク」シリーズ、「ぞうの金メダル」など。
 田中 六大(たなか・ろくだい):昭和55年東京生まれ。挿画に「ひらけ!なんきんまめ」、絵本に「だいくのたこ8さん」など。

  • ぼくのおとうさんとおかあさん

 みやにし たつや 作・絵  金の星社

 おたまじゃくしのお父さんとお母さんは、けろけろのカエル。青虫のお父さんとお母さんは、ひらひらのちょうちょ。ヤゴのお父さんとお母さんは、すーいすいのトンボ。ぼくのお父さんとお母さんは、だあれだ?(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)みやにし たつや:静岡県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。「きょうはなんてうんがいいんだろう」で講談社出版文化賞絵本賞、「ふしぎなキャンディーやさん」で日本絵本賞読者賞受賞。

  • ほしじいたけほしばあたけ カエンタケにごようじん

 石川 基子 作  講談社

 きのこの里に大事件。ほしばあたけと森ではぐれたほしじいたけは、あやしげな真っ赤なきのこにとらわれてしまい―。長老きのこの知恵と勇気がつまった、驚きがいっぱいの楽しいきのこ絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)石川 基子(いしかわ・もとこ):愛知県生まれ。京都教育大学教育学部特修美術科卒業。「子どもの本専門店メリーゴーランド」の絵本塾で絵本作りを学ぶ。「ほしじいたけほしばあたけ」で絵本デビュー。

  • 魔女たちのパーティー

 ロンゾ・アンダーソン 文  エイドリアン・アダムズ 絵  野口 絵美 訳  徳間書店

 ほうきに乗った魔女が空を飛んでいくのを見たジャックは、後を追って森へ。そこでは、魔女や小鬼、人食い鬼たちが、パーティーの準備をしていて―。ハロウィーンの夜の、ぞくぞくする冒険を描いた、アメリカの名作絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)ロンゾ・アンダーソン:1905年から1993年。米国生まれ。妻であるエイドリアン・アダムズとの作品に「200ぴきのうさぎ」など。
 エイドリアン・アダムズ:1906年から2002年。米国生まれ。絵本作家。作品に「魔女たちのハロウィーン」など。

  • マスターさんとどうぶつえん

 アーノルド・ローベル さく  こみや ゆう やく  好学社

 天気のいい日はいつも、お気に入りの動物園へ出かけるマスターさん。マスターさんは動物たちが大好きで、動物たちもマスターさんが大好きです。そんな動物たちが、大騒動を巻き起こし―。心温まる絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)アーノルド・ローベル:1933年から1987年。ロサンゼルス生まれ。ニューヨークのプラット・インスティテュートでイラストレーションを学ぶ。「ローベルおじさんのどうぶつものがたり」でコルデコット賞を受賞。

  • またまたさんせーい!

 宮西 達也 作・絵  フレーベル館

 おにごっこをすることになった仲良しオオカミ5匹。ところがおにごっこの途中でこぶたたちをみつけたから、さあ大変。にげるこぶたを追いかけはじめました。こぶたたちは必死ににげましたが―。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)宮西 達也(みやにし・たつや):静岡県生まれ。グラフィックデザイナーなどを経て絵本を描き始める。「きょうはなんてうんがいいんだろう」で講談社出版文化賞・絵本賞、「おまえうまそうだな」でけんぶち絵本の里大賞を受賞。

  • まっくらやみのまっくろ

 ミロコマチコ 作・絵  小学館

 まっくらやみのまっくろは、自分が何者かわからない。でも体の奥から力がみなぎってくる。いきなり角が生えてきた。だけど、まだまだ変化は止まらない。自分は本当は何者なのか。ミロコマチコが紡ぐ、生命のものがたり。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)ミロコマチコ:1981年大阪府生まれ。画家・絵本作家。「オオカミがとぶひ」で第18回日本絵本賞大賞、「てつぞうはね」で第45回講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

  • みんな生きている

 中川 ひろたか 文  きくち ちき 絵  小学館

 雨がふって土に水たまりができた。のぞいてみたら水たまりに青い空がうつってた―。豊かな自然や小学校の楽しい毎日を漢字で感じてみましょう。小学1年生で習う漢字80字がすべて入った絵本。見返しに奥付あり。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)中川 ひろたか(なかがわ・ひろたか):1954年埼玉県生まれ。保育士を経て、シンガーソング絵本ライター。
 きくち ちき:1975年北海道生まれ。絵本作家。

  • もしきみが月だったら

 ローラ・パーディ・サラス 文  ジェイミー・キム 絵  木坂 涼 訳  光村教育図書

 月って、なにしてると思う?バレリーナみたいにまわったり、地球とつなひきしたり―。月のうごきや特徴を、ユーモラスな例えと科学的な説明で紹介する、楽しい科学えほん。(対象:小初、小中)

(著者紹介)ローラ・パーディ・サラス:アメリカ生まれ。詩人、作家として活躍。
 ジェイミー・キム:韓国生まれ。18歳のときに、アメリカへ移り、メリーランド・インスティシュート・カレッジ・オブ・アートでイラストレーションを学んだ。

  • わたしおべんきょうするの

 角野 栄子 作  吉田 尚令 絵  文溪堂

 クリちゃんが「おべんきょうするの」と言いました。犬のムムや、ぬいぐるみのブタコさんといっしょに、楽しい学校がはじまります。クリちゃんのおべんきょうは、ちょっとヘンテコで、とってもおもしろい。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)角野 栄子(かどの・えいこ):東京生まれ。児童文学作家。野間児童文芸賞、路傍の石文学賞など受賞多数。
 吉田 尚令(よしだ・ひさのり):大阪生まれ。絵本の作画を中心に活動。「希望の牧場」でIBBYオナーリスト賞受賞。

お問い合わせ

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る