このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

新刊図書案内(平成30年6月)

最終更新日:2018年5月30日

一般書

情報理論・情報科学

  • チューリングの考えるキカイ 人工知能の父に学ぶコンピュータ・サイエンスの基礎

 阿部 彩芽 共著  笠井 琢美 共著  技術評論社

 コンピュータの仕組みを知ることは、計算機理論や数学の基本を学ぶこと。現在のコンピュータの基礎を築いたアラン・チューリングの数学的モデルを紐解きながら、コンピュータ・サイエンスの基礎理論をわかりやすく解説する。(分類:007.1アヘ)

(著者紹介)阿部 彩芽(あべ・あやめ):大阪大学工学部卒業。グラフィックデザイナー・イラストレーター・webデザイナー。
 笠井 琢美(かさい・たくみ):早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。電気通信大学名誉教授。

図書館

  • 司書のお仕事 お探しの本は何ですか?

 大橋 崇行 著  小曽川 真貴 監修  勉誠出版

 味岡市立図書館に、新人司書として採用された稲嶺双葉。そこで待っていたお仕事とは?蔵書目録の作成、本の受け入れ作業、イベント企画など、「司書のお仕事」の内容をストーリー形式でわかりやすく紹介。(分類:013.1オオ)

(著者紹介)大橋 崇行(おおはし・たかゆき):1978年生まれ。総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻博士後期課程修了。博士(文学)。作家、文芸評論家。東海学園大学人文学部准教授。著書に「レムリアの女神」など。

  • 公共図書館の冒険 未来につながるヒストリー

 柳 与志夫 編  田村 俊作 編  みすず書房

 公共図書館は何をしてきたか、何ができるのか。装備、図書館員、貸出カウンター、出版業界など、多様なテーマから日本の公共図書館史を見直し、これからの可能性を考える。(分類:016.2コウ)

(著者紹介)柳 与志夫(やなぎ・よしお):1954年生まれ。東京大学情報学環特任教授。
 田村 俊作(たむら・しゅんさく):1949年生まれ。慶應義塾大学名誉教授(図書館情報学)。

  • 学校図書館サービス論

 小川 三和子 著  青弓社

 学校司書のモデルカリキュラムに示されている学校図書館サービス論を学ぶテキスト。学校図書館での児童・生徒と教職員へのサービスの考え方や各種サービス活動について理解できるよう、サービスのあり方を具体的に提示する。(分類:017オカ)

(著者紹介)小川 三和子(おがわ・みわこ):東京学芸大学大学院教育学研究科学校教育専攻修士課程修了。聖学院大学ほかの非常勤講師。全国学校図書館協議会参事、日本学校図書館学会理事・役員ほか。著書に「読書の指導と学校図書館」等。

哲学・思想

  • 教養としての中国古典

 湯浅 邦弘 編著  ミネルヴァ書房

 「論語」「老子」「戦国策」「菜根譚」など、代表的な中国の古典を最新の研究成果も踏まえて概説。原典にも親しみながら学べるよう、写本・版本の図版を掲載し、各章に「名文読解」の節を設ける。「中国の古典50選」も収録。(分類:122ユア)

(著者紹介)湯浅 邦弘(ゆあさ・くにひろ):1957年島根県生まれ。大阪大学大学院文学研究科(中国哲学専攻)博士後期課程中退。同大学大学院文学研究科教授。博士(文学、大阪大学)。著書に「軍国日本と「孫子」」など。

宗教

  • かくれキリシタン 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅

 後藤 真樹 著  新潮社

 受難の歴史をのりこえ、秘かに脈々と信仰を伝えてきた「かくれキリシタン」。長崎・外海、五島列島、平戸、熊本・天草…。現在もかくれキリシタンを続けている人々などを訪ね歩き、貴重な証言と共に、聖地や史跡をたどる。(分類:198.2コト)

(著者紹介)後藤 真樹(ごとう・まさき):1958年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業。東京綜合写真専門学校研究科中退。写真家。座右宝刊行会代表。著書に「おーい、フクチン!おまえさん、しあわせかい?」など。

歴史

  • 海賊の文化史

 海野 弘 著  朝日新聞出版

 伝説の「海賊」、文学や映画、アニメに影響を与えた「海賊」、現代のカルチャーに垣間見られる「海賊」的現象…。古代・中世の伝説から19世紀・現代に生きる文化まで、博覧強記の著者が海賊の源流をたどる。(分類:209ウン)

(著者紹介)海野 弘(うんの・ひろし):1939年東京都生まれ。早稲田大学卒業。評論家・作家。美術・映画・音楽・都市論・歴史・華道・小説などの幅広い分野で執筆活動を行う。著書に「オリエンタル・ファンタジー」など。

  • 進歩 人類の未来が明るい10の理由

 ヨハン・ノルベリ 著  山形 浩生 訳  晶文社

 ニュースやメディアが書き立てるネガティブな終末世界は本当か?反グローバリズム運動への批判を展開してきたスウェーデンの歴史家が、明快なデータとエピソードで、明るい未来への指針を示す。(分類:209.5ノル)

(著者紹介)ヨハン・ノルベリ:1973年スウェーデン生まれ。作家、歴史家、ドキュメンタリー映像作家。ワシントンD.C.のケイトー研究所の研究員。スウェーデンおよび国際的なメディアの解説者としても活躍。

伝記

  • 幕末・明治偉人たちの「定年後」 知られざる晩年から学ぶ人生の仕上げ方

 河合 敦 著  Wave出版

 第一線を去った後の生き方にこそ、男の本当の価値が見えてくる!勝 海舟、山県 有朋、東郷 平八郎、渋沢 栄一、島津 久光…。幕末から明治にかけて活躍した偉人たちを取り上げ、晩年に彼らが歩んだ第二の生き方を紹介する。(分類:281カワ)

(著者紹介)河合 敦(かわい・あつし):1965年東京都生まれ。早稲田大学大学院博士課程満期退学。歴史家。多摩大学客員教授。早稲田大学非常勤講師。著書に「日本史は逆から学べ」など。

  • 伊能忠敬 歩いて日本地図をつくった男 没後200年

 星埜 由尚 監修  平凡社

 江戸時代に一貫した方法で日本全国を測量し、実測によるはじめての日本地図を作った伊能 忠敬。“伊能図”の全体像を解説し、地道な測量の軌跡を余話とともに紹介。忠敬の生涯や生活者としての実像にも迫る。(分類:289.1イノ)

憲法

  • 9条誕生 平和国家はこうして生まれた

 塩田 純 著  岩波書店

 日本国憲法の柱となる「平和」の理念はどこから来たのか?「昭和天皇実録」や、NHKスペシャルの取材で明らかとなった新資料・証言を読み解き、9条・平和主義の出発点を探る。(分類:323.1シオ)

(著者紹介)塩田 純(しおだ・じゅん):1960年東京都生まれ。東京大学文学部社会学科卒。NHK入局。文化・福祉番組部エグゼクティブ・プロデューサー。芸術選奨文部科学大臣賞等を受賞。著書に「ガンディーを継いで」など。

  • 最新土地・建物の法律と手続き 図解で早わかり 民法改正対応!

 松岡 慶子 監修  三修社

 不動産に関する基本事項から、売買、賃貸借、相続・贈与などの法律関係まで、必要な法律知識を網羅的にわかりやすく解説。契約上のトラブルや担保権の実行に必要な裁判手続きも取り上げる。2020年4月施行の法改正に対応。(分類:324.2サイ)

司法・裁判

  • すぐに役立つ入門図解最新内容証明郵便・公正証書・支払督促の手続きと書式サンプル50

 松岡 慶子 監修  三修社

 金銭貸借、売掛金回収から、家賃滞納、未払い残業代まで、トラブル別に書式例を掲載し、作成ポイントを解説。公正証書、内容証明、支払督促の基礎知識も収録する。(分類:327.2スク)

社会・文化

  • 遅刻してくれて、ありがとう 上 常識が通じない時代の生き方

 トーマス・フリードマン 著  伏見 威蕃 訳  日本経済新聞出版社

 「平均的で普通な」人生を送ることが難しくなった「今」という時代を、どう解釈したらいいか?変化によるダメージを最小限に抑え、革新的技術に対応するには?「加速の時代」に繁栄するヒントをさまざまな形で示す。(分類:361.5フリ)

(著者紹介)トーマス・フリードマン:1953年ミネソタ州生まれ。オックスフォード大学で修士号取得(現代中東研究)。「ニューヨーク・タイムズ」紙の外交問題コラムニスト。ピュリツァー賞3度受賞。著書に「グリーン革命」他。

  • 遅刻してくれて、ありがとう 下 常識が通じない時代の生き方

 トーマス・フリードマン 著  伏見 威蕃 訳  日本経済新聞出版社

 協力、共感、柔軟性といったロボットに欠けたスキルを身につけ、人並みに暮らすには?人間がAIの力を借りて、もっと生産的で豊かになるような未来を描くには?「加速の時代」に繁栄するヒントをさまざまな形で示す。(分類:361.5フリ)

経営・ビジネス

  • ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が会社の人間関係で困らないための本

 對馬 陽一郎 著  安尾 真美 著  林 寧哲 監修  翔泳社

 発達障害の特徴に苦しむ社会人のために、人間関係を円滑にする方法を紹介。デジタルを使った方法や、覚えておけば実践できるビジネスマナーなど、ちょっとした工夫で行うことができるアイデアが満載。(分類:366.2ツシ)

(著者紹介)對馬 陽一郎(つしま・よういちろう):特定非営利活動法人さらプロジェクト入職。パソコンや事務作業を中心とした職業訓練を担当。
 安尾 真美(やすお・まさみ):特定非営利活動法人さらプロジェクト入職。就労支援を担当。

社会・時事

  • おひとりさまの「シニア金融」

 岡内 幸策 著  日本経済新聞出版社

 お金、健康、孤独。おひとりさまシニアの生活は不安がいっぱい。今後の生活パターンや生活費、両親や家族のこと、持病のこと、お墓のことなど、定年後を独身で迎えるおひとりさまシニアが最低限知っておきたいことを解説する。(分類:367.7オカ)

(著者紹介)岡内 幸策(おかうち・こうさく):1956年生まれ。神戸大学法学部卒。ディー・ディー・マイスター(株)代表取締役。著書に「銀行員大失職」「証券化入門」「REIT不動産ファンド投資のすべて」など。

  • サイバー・エフェクト子どもがネットに壊される いまの科学が証明した子育てへの影響の真実

 メアリー・エイケン 著  小林 啓倫 訳  ダイヤモンド社

 インターネット時代に、子どもを健やかに育てるには。最新のテクノロジー事情を背景に、世界中で子どもが巻き込まれたネット上の事件の原因を踏まえ、子どもの成長に対するインターネットの影響を心理学的に解明する。(分類:371.4エイ)

(著者紹介)メアリー・エイケン:アイルランド出身。サイバー心理学者。ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンの非常勤准教授。ユーロポールのサイバー犯罪センターのアカデミック・アドバイザー。

福祉・介護

  • 写真でわかる移乗・移動ケア 正しい介助の技術 移乗・移動介助の決定版!

 田中 義行 監修  ナツメ社

 腰に負担のかからない移乗と移動の介助技術を、写真でわかりやすく解説。正しい起居動作から、部分介助と全介助別、杖での歩行と車椅子移動、リフトの使い方まで、安全で快適に行えるよう説明する。NG例も多数掲載。(分類:369.2シャ)

学習指導・生活指導

  • 最強部活の作り方 名門26校探訪

 日比野 恭三 著  文藝春秋

 あの高校はなぜ“強豪校”と呼ばれるのか。東福岡高校、洛南高校、花咲徳栄高校など、日本一の経験がある高校の部活をたずねて、その理由を解き明かす。「スポーツ・グラフィック ナンバー」掲載等を大幅に加筆修正。(分類:375.1ヒヒ)

(著者紹介)日比野 恭三(ひびの・きょうぞう):1981年宮崎県生まれ。東京大学理科二類退学。「Number」編集部の契約編集者等を経て、フリーのライター。横浜DeNAベイスターズ公認ライター。

保育・幼児教育

  • 砂・泥あそび雨の日あそび水あそびプールあそびアイデア101 0~5歳児春~夏のあそび

 阿部 直美 著  浅野 ななみ 著  学研プラス

 春から夏にかけておすすめのあそびを、0歳から5歳児の年齢別に101案紹介。「砂・泥あそび」「雨の日あそび」「水あそび」「プールあそび」のパート別に、基本的な注意や心掛けたい配慮とともに説明する。(分類:376.1アヘ)

(著者紹介)阿部 直美(あべ・なおみ):乳幼児教育研究所所長。著書に「季節の製作あそびとプレゼント工作」など。
 浅野 ななみ(あさの・ななみ):乳幼児教育研究所講師。著書に「0-5歳運動会種目集ワクワク大成功101アイデア」など。

  • 保育をゆたかに絵本でコミュニケーション

 村中 李衣 著  かもがわ出版

 「絵本でコミュニケーション」は保育者の魅力ある仕事のひとつ。絵本の力やコミュニケーションの手がかりとする方法を説明し、さまざまな絵本を紹介。保育の現場に生かす、年齢別・テーマ別のブックガイド付き。(分類:376.1ムラ)

(著者紹介)村中 李衣(むらなか・りえ):1958年山口県生まれ。児童文学作家。ノートルダム清心女子大学教授。「チャーシューの月」で日本児童文学者協会賞、「おねいちゃん」で野間児童文芸賞を受賞。

特別支援教育

  • 知ってラクになる!発達障害の悩みにこたえる本

 鈴木 慶太 著  飯島 さなえ 著  大和書房

 席に座っていられない、勉強についていけない…。発達障害の強みを生かした就労支援や「放課後等デイサービス」で1万人超の子や親に接してきた支援のエキスパートが、発達障害の子を持つ親の悩みに、Q&A形式でこたえる。(分類:378スス)

(著者紹介)鈴木 慶太(すずき・けいた):株式会社Kaien代表取締役。MBA取得。渡米中、長男の診断を機に発達障害の能力をいかしたビジネスモデルを研究。
 飯島 さなえ(いいじま・さなえ):株式会社Kaien教育事業担当取締役・執行役員。

民俗・文化

  • 子どもの着物大全 「かわいい」のルーツがわかる 年中行事や成長に合わせた着物、文様、帯結びから被布、羽織袴、背守りなどの知識までを紹介した決定版  似内 惠子 著  誠文堂新光社

 雛祭り、端午の節句、七五三と、子どもの成長を願う行事が日本には古くからあります。子どもの着物の知識、歴史や由来を、四季の行事とともに、さまざまな着物を紹介しながら解説します。(分類:383.1ニタ)

(著者紹介)似内 惠子(にたない・けいこ):京都生まれ。NPO法人京都古布保存会理事長・服飾研究家。着物や布の保存・修復・展示活動にたずさわる。京都府の支援のもと、伝統衣装の調査を行う。著書に「着物の文様とその見方」など。

自然科学・科学史

  • 知の果てへの旅

 マーカス・デュ・ソートイ 著  冨永 星 訳  新潮社

 宇宙に果てはあるのか?時間とは、意識とは何か?はたして、科学はすべてを知りえるのか?「サイコロの目を当てる手はあるか」という問いをてがかりに、科学の粋を尽くして、知の探究の最先端に迫る。(分類:404テュ)

(著者紹介)マーカス・デュ・ソートイ:1965年生まれ。オックスフォード大学数学研究所教授。王立協会リサーチャー。科学啓蒙のためのシモニー教授職。2010年、大英帝国勲章を授かる。著書に「素数の音楽」等。

地球科学・気象

  • 図説地球科学の事典

 鳥海 光弘 編集  入舩 徹男 編集  岩森 光 編集  ウォリス サイモン 編集  小平 秀一 編集  小宮 剛 編集  阪口 秀 編集  鷺谷 威 編集  末次 大輔 編集  中川 貴司 編集  朝倉書店

 地球誕生から地殻変動の予測、太陽系惑星まで、地球に関する幅広い話題を108のキーワードで解説。全項目見開きページで構成し、豊富な図や写真をオールカラーで掲載する。デジタル付録が見られるQRコード付き。(分類:R450.3スセ)

生命科学・生物学

  • デジタル顕微鏡で楽しむ!ミクロワールド美術館

 池田 圭一 著  技術評論社

 グラニュー糖、十円硬貨の緑青、スギナの胞子、クロヤマアリ…身近なものが“驚きの世界”に!数万円程度で買えるデジタル顕微鏡を使って手軽に見られる美しい被写体、59点を掲載。(分類:460.8イケ)

(著者紹介)池田 圭一(いけだ・けいいち):1963年生まれ。IT系雑誌・Web媒体でパソコン・ネットワーク・デジカメ関連記事の企画・執筆を手がけるフリーランスの編集・ライター。著書に「失敗の科学」「天文学の図鑑」など。

  • 生物模倣 自然界に学ぶイノベーションの現場から

 アミーナ・カーン 著  松浦 俊輔 訳  作品社

 生物が進化のなかで獲得した優れた機能や構造を模倣したり、そこから着想を得たりして、新たな技術開発に生かす「生物模倣技術」。その研究者たちの驚きのアイデア、実現への苦闘、未来のビジョンを徹底取材のうえ紹介。(分類:579.9カン)

(著者紹介)アミーナ・カーン:アメリカ合衆国「ロサンゼルス・タイムズ」紙のサイエンスライター。NASA火星探査計画やダークマター(宇宙暗黒物質)の探索から、生物模倣技術まで幅広い分野をカバー。

動物学

  • 昆虫学者はやめられない 裏山の奇人、徘徊の記

 小松 貴 著  新潮社

 天賦の好奇心と驚異の観察眼を持った少年は、「裏山」に籠って昆虫学者となった―。稀代のナチュラリストが、足元の生き物たちの神秘を、極上の筆と写真で描く。「Webでも考える人」連載に加筆し書籍化。(分類:486コマ)

(著者紹介)小松 貴(こまつ・たかし):1982年生まれ。信州大学大学院総合工学系研究科山岳地域環境科学専攻博士課程修了。博士(理学)。国立科学博物館の協力研究員。著書に「虫のすみか」など。

  • タツノオトシゴ図鑑

 サラ・ローリー 著  曽我部 篤 訳  丸善出版

 知られざるタツノオトシゴの真の姿を紹介。全42種の生態に関する最新の研究結果を、美しい生体写真や原寸大のシルエットとともに解説する。パイプフィッシュなどタツノオトシゴの仲間15種も掲載。(分類:487.7ロリ)

(著者紹介)サラ・ローリー:タツノオトシゴ分類学の第一人者。数種のピグミーシーホースの新種発見者。

  • カラスの文化史

 カンダス・サビッジ 著  松原 始 監修  瀧下 哉代 訳  エクスナレッジ

 ある時は不吉の象徴、ある時はよき友として、各地の伝説に姿を現す漆黒の鳥「カラス」。多数の図版とともに、カラスという魅惑の鳥たちとの日々の出会いと豊富なエピソードを紹介し、文化と科学の双方からその正体に迫る。(分類:488.9サヒ)

(著者紹介)カンダス・サビッジ:1949年生まれ。カナダ出身のノンフィクション作家。2012年にヒラリー・ウェストン・ノンフィクション文学賞を受賞。「Canadian Geographic」などの刊行物に寄稿。

医学

  • 学ぶ脳 ぼんやりにこそ意味がある

 虫明 元 著  岩波書店

 ぼんやりの中でひらめきが生まれる!学びに関わる脳の仕組みを身体脳、記憶脳、認知脳、社会脳に分けて解説。脳科学の最近の展開を踏まえ、創造性を育む新たな学びの形を提案する。(分類:491.3ムシ)

(著者紹介)虫明 元(むしあけ・はじめ):1958年生まれ。東北大学医学部大学院卒業。医学博士。同大学大学院医学系研究科生体システム生理学分野教授。専門は脳神経科学。

  • 自分で治す!下肢静脈瘤

 岩井 武尚 著  洋泉社

 「歳をとればこんなものだろう」「そのうち治るだろう」が下肢静脈瘤の治療を遅らせる!下肢静脈瘤の進行を防ぐ体操や、悪化させない生活習慣などをわかりやすく解説する。医師による治療の最前線も紹介。(分類:493.2イワ)

(著者紹介)岩井 武尚(いわい・たけひさ):1942年東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。同大学名誉教授。医療法人慶友会つくば血管センターセンター長。認定NPO法人バージャー病研究所所長。

  • 「大人のADHD」のための片づけ力

 司馬 理英子 監修  講談社

 ADHD(注意欠如・多動性障害)のある人に向けた片づけ術を徹底図解。片づけが苦手なADHDの特性や、片づけの2つの鉄則を解説し、アイテム別、部屋別、職場の片づけの手順をわかりやすく説明します。(分類:493.7オト)

  • 発達障害を生きる

 NHKスペシャル取材班 著  集英社

 発達障害の当事者に世界はどう見えているのか?近年、注目を集める発達障害の知られざる実態を、科学的知見と当事者たちの声を通して紹介する。NHKスペシャル放送をもとに書籍化。(分類:493.7ハッ)

  • 認知症を堂々と生きる 終末期医療・介護の現場から

 宮本 礼子 著  武田 純子 著  中央公論新社

 年をとると認知症になるのは当たり前。終末期医療・介護に携わる著者らが、認知症になっても自分の意志を貫いて生きて、穏やかに亡くなった人たちを紹介し、そのためには本人や周囲の者に何が求められるのかを伝える。(分類:493.7ミヤ)

(著者紹介)宮本 礼子(みやもと・れいこ):1954年生まれ。東京都出身。江別すずらん病院認知症疾患医療センター長。内科・精神科医師。
 武田 純子(たけだ・じゅんこ):1949年生まれ。北海道出身。グループホーム福寿荘総合施設長。看護師・介護支援専門員。

医療・衛生

  • 健康の経済学 医療費を節約するために知っておきたいこと

 康永 秀生 著  中央経済社

 健康や医療について、誤解していることや知らずに損をしていることはありませんか?医療費を節約するために知っておきたいことを、医学や経済学の予備知識がなくてもわかるように、やさしく解説します。(分類:498.1ヤス)

(著者紹介)康永 秀生(やすなが・ひでお):東京大学大学院医学系研究科臨床疫学・経済学教授。医学博士。日本臨床疫学会理事。専門は臨床疫学、公衆衛生学、医療経済学。著書に「できる!臨床研究最短攻略50の鉄則」など。

建築

  • 名建築は体験が9割

 ロバート・マッカーター 著  百合田 香織 訳  エクスナレッジ

 建築の本質は「体験=内部空間」にあった!巨匠の建築をもとに、いかに「体験」からの発想が名作を優れたものにしているかを、鮮やかに分析。建築のみならず、ユゴーらの小説や美術作品からも空間を語った、画期的な建築論。(分類:520.4マッ)

(著者紹介)ロバート・マッカーター:建築家、作家。米国ミズーリ州のセントルイス・ワシントン大学の建築学部教授。

  • 家づくりを楽しむ教科書

 エクスナレッジ

 玄関は第一印象が決め手。キッチンは「大きな家具」と考える。収納は「家そのもの」と心得よ…。家づくりのコツや考え方を、部屋や部位ごとに分かりやすく、楽しく紹介します。写真や図版も豊富に掲載。(分類:527イエ)

ファッション

  • オヤジの着こなしルール 悩みをアジに変える

 本江 浩二 著  世界文化社

 見た目が劇的に変わる法則、服選びの正しいルール…。洋服屋の現場に40年以上立ち続けてきた著者が、アジのあるオヤジの着こなしルールを紹介する。書き込み欄、チェックリストあり。(分類:589.2ホン)

(著者紹介)本江 浩二(ほんごう・こうじ):富山県出身。洋服屋「Pt.アルフレッド」店長。40年以上洋服の世界に携わり、日本の男性ファッションの移り変わりを体感。新聞のコラムや雑誌でのコメント等を執筆。

工作・手芸・クラフト

  • どんでん返しのバッグ ベーシックで持ちやすく仕立てのきれいな

 roll 著  日本ヴォーグ社

 ふっくら斜めがけバッグ、スクエアトート…。外袋と内袋を縫い合わせ、最後にひっくり返すと裏地つきの袋物ができ上がる、どんでん返しのバッグを紹介。ワンハンドルフリルバッグの作り方を写真で解説したレッスンも収録。(分類:594.7トン)

美容・ダイエット

  • 38歳からはじめたいリカバリー美容事典 「キレイになった」と言われる秘密

 吉木 伸子 監修  中村 格子 監修  田村 マナ 監修  朝日新聞出版

 スキンケアから髪のお手入れ法、正しい生活習慣、体の鍛え方まで、美容のプロが正しい大人の美容法を基本からレクチャー。美容の最新知識を交えながら、ケアの努力を怠けていた人でもリカバリーできるよう詳しく解説します。(分類:595サン)

料理

  • うまい!味が決まる!みそ・塩・しょうゆのシンプルおかず

 おいしい家庭おかずの会 編  家の光協会

 味つけの基本は、みそ・塩・しょうゆ。どこの家庭にもある調味料だけで、おいしい料理が作れます。一押しのおかずから味変わりレシピ、シンプルおかずまで、それぞれの調味料の味が際立つレシピを紹介。(分類:596ウマ)

  • ここまでできる!まな板いらずの絶品レシピ 狭いキッチンでも時間がないときもささっと作れる!

 金丸 絵里加 著  家の光協会

 ひとつの鍋やフライパンで作れるメインディッシュをはじめ、軽い夜食にもおかずにもなるスープと汁もの、ひと皿で大満足のごはんものなど、まな板と包丁を使わずに調理するレシピを紹介します。(分類:596カナ)

(著者紹介)金丸 絵里加(かなまる・えりか):料理研究家。管理栄養士。日々の暮らしを豊かにし、毎日食べても飽きない「健康的な家ごはん」を提案。

  • 女子栄養大学の誰も教えてくれない発酵食のすべて 栄養学の最高権威が教える“賢い食べ方”

 五明 紀春 監修  古川 知子 レシピ監修  エクスナレッジ

 発酵食は1日1回「食べるだけ」で医者いらず!みそから、塩麹・甘麹、ぬか漬け、納豆、ヨーグルト、酢、しょう油まで、身近な発酵食品の魅力と効能、調理や組み合わせのコツ、レシピなどを紹介する。(分類:596ショ)

  • 伝えていきたいわが家の保存食レシピ

 石原 洋子 監修  朝日新聞出版

 いちごジャム、梅酒、桃のコンポート、ドライトマト、いくらのしょうゆ漬け、オイルツナ、ふきのとうみそ…。春夏秋冬の保存食をはじめ、手軽にできる野菜の常備菜、アレンジ調味料などを紹介します。(分類:596ツタ)

  • 果物と野菜のゼリー 果汁、果肉を詰め込んで。

 袴田 尚弥 著  グラフィック社

 デザートとして、アペタイザーとして―。自然の香りを楽しめ、見た目にも美しく、食べても美味しいゼリー。季節ごとのフルーツや野菜を使ったバリエーションを提案します。(分類:596.6ハカ)

(著者紹介)袴田 尚弥(はかまた・なおみ):フードスタイリスト&コーディネーター。「&N kitchen studio」を主宰。著書に「FLOWER SWEETS」など。

農林水産業

  • 新・種苗読本

 日本種苗協会 編  日本種苗協会

 種苗関係分野の知見を体系的にとりまとめた本。種子の精選と選別、苗の種類と生産方法、球根の栽培などについて解説するほか、野菜類、花き類、飼料・緑肥・緑化作物の品目ごとの情報を、写真とともに掲載する。(分類:615.2シン)

  • おいしい彩り野菜のつくりかた 7色で選ぶ128種

 農山漁村文化協会 編  藤目 幸擴 監修  農山漁村文化協会

 赤、オレンジ、黄、緑、紫、黒、白の7色に分けて、野菜のおいしい作り方、食べ方を紹介。野菜の特徴やオススメ料理、機能性成分、食べる時の注意や下ごしらえのコツのほか、野菜の故事来歴なども掲載する。栽培ごよみ付き。(分類:626オイ)

ガーデニング・園芸

  • はじめてのボックス水耕栽培 まいにち、無農薬野菜を収穫! 多収でおいしい!失敗しない野菜づくり

 岡部 勝美 著  講談社

 100均グッズでつくれて、苗からもタネからも育てられる!土耕栽培と水耕栽培の長所を兼ね備えたハイブリッド型の「ボックス水耕栽培」の装置と、その装置を使用した野菜の育て方を、豊富な写真でわかりやすく紹介する。(分類:626.9オカ)

(著者紹介)岡部 勝美(おかべ・かつよし):1946年東京都生まれ。元明治大学黒川農場特任教授。民間の研究機関、メーカーにおいて、施設園芸、養液栽培、野菜育苗に関する試験研究、技術開発を行ってきた、養液栽培システムのプロ。

  • 家庭で楽しむ芝庭づくり

 藤野 淳 監修  村下 輝明 監修  ブティック社

 芝生は、美しい庭を演出してくれます。芝生の管理作業と手入れを、作業手順がよくわかる写真を交えて解説するとともに、雑草の種類と病害虫対策を説明。芝庭に合わせたい草花なども紹介します。(分類:629.7カテ)

食品・食文化

  • ニシンの歴史

 キャシー・ハント 著  龍 和子 訳  原書房

 戦争の原因や国際的経済同盟形成のきっかけとなるなど、世界の歴史に大きな役割を果たしてきたニシン。食、環境、政治など、人間とニシンの関係を多面的に考察し、日本・世界各地のニシン料理について詳述する。レシピ付き。(分類:664.6ハン)

(著者紹介)キャシー・ハント:ニューヨークを拠点とするジャーナリスト。フードライターおよび料理のインストラクター。

交通・運輸

  • 日本鉄道事始め NHKニッポンに蒸気機関車が走った日

 高橋 団吉 編著 NHK「ニッポンに蒸気機関車が走った日」制作班 編著  NHK出版

 明治5年9月12日、日本初の蒸気機関車が新橋を出発。明治政府の夢と思惑を乗せた列車は、品川沖の“海上”を走り抜ける―。鉄道開業の経緯をQ&Aで紐解き、「明治150年」の原点に迫る。NHK放送番組をもとに書籍化。(分類:686.2ニホ)

(著者紹介)高橋 団吉(たかはし・だんきち):1955年生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。「新幹線をつくった男」で第26回交通図書賞、「島 秀雄の世界旅行」で第35回交通図書賞受賞。

芸術・美術

  • 流出した日本美術の至宝 なぜ国宝級の作品が海を渡ったのか

 中野 明 著  筑摩書房

 明治維新の混乱のなかで起きた日本美術の海外への大量流出。当時の記録を丹念に読み解き、外国人蒐集家と日本人の間で起きた美術品を巡る知られざるドラマの実態を明らかにするとともに、いまも続く美術品流出の是非を問う。(分類:707.9ナカ)

(著者紹介)中野 明(なかの・あきら):1962年滋賀県生まれ。立命館大学文学部哲学科卒業。ノンフィクション作家。同志社大学非常勤講師。情報通信、経済経営、歴史民俗の三分野で執筆を続ける。著書に「IT全史」など。

  • 国宝の解剖図鑑 国宝を知れば日本の美術と歴史がわかる

 佐藤 晃子 著  エクスナレッジ

 国宝をタテ・ヨコ・斜めから大解剖。絵画や彫刻、建造物など、様々なジャンルの国宝を取り上げ、どこがすごいのか、見所は何かを、図を用いて簡潔に解説。国宝に関する初歩的な疑問についてもまとめる。(分類:709.1サト)

(著者紹介)佐藤 晃子(さとう・あきこ):愛知県出身。学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程修了(美術史専攻)。美術ライター。著書に「この絵、どこがすごいの?」「画題で読み解く日本の絵画」など。

  • もっと知りたい文人画 大雅・蕪村と文人画の巨匠たち

 黒田 泰三 著  東京美術

 日本文人画の大成者・池大雅、俳諧の心を描いた巨頭・与謝蕪村ら、文人画家たちの生涯や変遷をたどりながら、作品の魅力と本質に迫る。文人画を所蔵するおもな美術館・博物館も掲載。見返しに相関図、図版あり。(分類:721.7クロ)

(著者紹介)黒田 泰三(くろだ・たいぞう):1954年福岡県生まれ。九州大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業。明治神宮ミュージアム開設準備室長。博士(文学)。専門は日本近世絵画史。著書に「思いがけない日本美術史」など。

  • 身近なモチーフで始める水彩画 かたち・色・光と影3つのコツですぐ上手くなる

 堀川 理万子 著  誠文堂新光社

 かたち、色、光と影の3つのコツを覚えれば、美しい水彩表現をマスターできる。レモン、ミネラルウォーターのボトル、バラなど身近なモチーフを取り上げ、水彩画の描き方をわかりやすく解説する。基本の技法も掲載。(分類:724.4ホリ)

(著者紹介)堀川 理万子(ほりかわ・りまこ):東京藝術大学美術研究科大学院修了。画家、絵本作家。カルチャースクールで水彩画の講座を担当。作品に「くだものと木の実いっぱい絵本」など。

工芸・民芸

  • 手仕事のはなし

 阿部 了 写真  阿部 直美 文  河出書房新社

 井川メンパ、雲州そろばん…。「ものづくり」にかける日本全国の職人たちを訪ね、その手仕事を写真とともに紹介する。JRグループ6社が運営する「ジパング倶楽部」の会員誌「ジパング倶楽部」掲載をもとに書籍化。(分類:750.2アヘ)

(著者紹介)阿部 了(あべ・さとる):1963年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部で写真を学ぶ。立木 義浩のアシスタントを経て、フリーランス。
 阿部 直美(あべ・なおみ):1970年群馬生まれ。獨協大学外国語学部卒業。フリーランスのライター。

古美術・骨董

  • 西洋骨董鑑定の教科書

 ジュディス・ミラー 著 岡部 昌幸 日本語版監修 河合 恵美日本語版監修協力 大浜 千尋訳   パイインターナショナル

 骨董の真贋を通じて、装飾美術の歴史が分かるテキスト。骨董の真贋を確かめるヒント、実際の骨董品に触れて真贋を確かめる際のコツ、鑑定士しか知らない骨董品の見極め方、専門用語などをカラー写真とともに収録する。(分類:756.8ミラ)

(著者紹介)ジュディス・ミラー:イギリス出身。アンティーク・エキスパート。イギリスやアメリカの幅広いメディアで活躍。

演劇・舞踏・ダンス

  • 部活でスキルアップ!演劇上達バイブル

 杉山 純じ 監修  メイツ出版

 舞台を作り上げるどの役割にも役立つ!毎日の効果的な練習メニューから、期間に応じた稽古プラン、本番で輝くための意識とコツまで、どのような部活環境でも実践できる、演劇部のトレーニング方法と注意点を解説。(分類:771フカ)

小説研究

  • 文芸翻訳教室

 越前 敏弥 著  研究社

 ベストセラー翻訳者が、文芸翻訳の基本と実践を解説した入門書。英文の読解法や翻訳技術だけでなく、シノプスの書き方や企画の持ちこみ方、さらには文芸翻訳の仕事や勉強に取り組む心構えまでを網羅する。(分類:901.3エチ)

(著者紹介)越前 敏弥(えちぜん・としや):東京大学文学部国文科卒。文芸翻訳家。朝日カルチャーセンター新宿教室などで翻訳講座を担当。著書に「越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文」など。

  • あの人とあの本の話

 瀧井 朝世 著  小学館

 伊坂 幸太郎、森見 登美彦、原田 マハ、羽田 圭介、島本 理生、朝井 リョウなど…。64人の小説家が著作について本気で語ったインタビューを収録。「きらら」連載「今月のPick UP」を一部抜粋し、加筆・訂正。(分類:910.2タキ)

(著者紹介)瀧井 朝世(たきい・あさよ):1970年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学文学部卒業。出版社勤務を経てライターに。「きらら」などで作家インタビュー、書評、対談企画などを担当。著書に「偏愛読書トライアングル」など。

小説

  • 二人の推理は夢見がち

 青柳 碧人 著  光文社

 祖父が急死し、葬儀のため帰省した早紀は、その顛末に不審を抱く。彼女は「遺留物の記憶」を夢に見るという青年と協力して、事件を再調査するが、さらなる事件が…。「ジャーロ」掲載を単行本化。

(著者紹介)青柳 碧人(あおやぎ・あいと):1980年千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒。「浜村渚の計算ノート」で講談社「Birth」受賞者に選ばれ、デビュー。ほかの著書に「上手な犬の壊しかた」など。

  • にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳

 あさの あつこ 著  白泉社

 鈴江藩の江戸屋敷に奉公することになった呉服商の娘・お糸。仕えた正室・珠子には猫の化身疑惑が。しかも屋敷内は権謀術数が飛び交い、何やら不穏な空気で…。新感覚時代小説。「WEB招き猫文庫」連載ほかに加筆し単行本化。

(著者紹介)あさの あつこ:1954年岡山県生まれ。青山学院大学卒業。「バッテリー」で野間児童文芸賞、「たまゆら」で島清恋愛文学賞を受賞。ほかの著書に「天を灼く」など。

  • みなさんの爆弾

 朝比奈 あすか 著  中央公論新社

 生きづらさも涙も、明日の力こぶに変わる!はち切れそうな女たちの、不器用な愛を綴った短篇集。「初恋」「官能小説家の一日」など全6篇を収録。「アンデル 小さな文芸誌」ほか掲載に加筆し単行本化。

(著者紹介)朝比奈 あすか(あさひな・あすか):1976年生まれ。「憂鬱なハスビーン」で群像新人文学賞を受賞。ほかの著書に「人間タワー」「少女は花の肌をむく」など。

  • 烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

 阿部 智里 著  文藝春秋

 八咫烏の一族が支配する異世界・山内。壮大な歴史の流れの中、語られなかった人気キャラクターたちの過去と恋愛を描いた、「しのぶひと」など全6編を収録する。「オール讀物」掲載に書き下ろしを加えて単行本化。

(著者紹介)阿部 智里(あべ・ちさと):1991年群馬県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。「烏に単は似合わない」で松本清張賞を史上最年少受賞。ほかの著書に「烏は主を選ばない」「黄金の烏」など。

  • ステイ・ゴールド

 池田 久輝 著  双葉社

 無茶な単独捜査で異動を命じられた竹部と、相棒という名の監視役となった河上。窃盗傷害事件の捜査中にある出来事が起き、人生の風景が一変する。そして真相が明らかになったとき、ふたりは―。友情と詩情の警察小説。

(著者紹介)池田 久輝(いけだ・ひさき):1972年京都府生まれ。同志社大学法学部卒。池田 長十(いけだ・ちょうじゅう)名義で朗読ユニット「グラス・マーケッツ」を手掛ける。「晩夏光」で角川春樹小説賞を受賞。他の著書に「枯野光」「虹の向こう」など。

  • 赤銅(あかがね)の魔女

 乾石 智子 著  東京創元社

 隣国イスリル軍がコンスル帝国に侵攻。紐結びの魔道師リクエンシスは相棒と共に湖館を捨てて逃げ出すが、悪意に満ちたイスリル軍の魔道師が、館の裏手に眠る邪悪な魂を呼び覚まし…。「オーリエラントの魔道師」シリーズ。

(著者紹介)乾石 智子(いぬいし・ともこ):山形県生まれ。山形大学卒業。1999年教育総研ファンタジー大賞受賞。著書に「夜の写本師」「魔道師の月」「太陽の石」など。

  • ギロチンハウス 課長榊江梨子の逆襲

 大石 直紀 著  小学館

 セカンドキャリア戦略室、通称「ギロチンハウス」に異動となった榊江 梨子、下島 裕二、勝見 亮の3人。社内不倫、不正経理、派閥争い、盗聴など…。崖っぷち社員が会社の闇を暴く、痛快リストラリベンジミステリ小説。

(著者紹介)大石 直紀(おおいし・なおき):1958年静岡県生まれ。「パレスチナから来た少女」で日本ミステリー文学大賞新人賞、「おばあちゃんといっしょ」で日本推理作家協会賞短編部門受賞。他の著書に「オブリビオン―忘却」など。

  • 泣きかたをわすれていた

 落合 恵子 著  河出書房新社

 冬子、72歳。7年にわたる認知症の母の介護、そして愛するひとたちを見送った先に広がる、大いなる解放とは―。著者21年ぶりの長篇小説。「文藝」掲載を単行本化。

(著者紹介)落合 恵子(おちあい・けいこ):1945年栃木県生まれ。作家。子どもの本の専門店「クレヨンハウス」等を主宰。「月刊クーヨン」等発行人。著書に「自分を抱きしめてあげたい日に」「母に歌う子守唄」など。

  • ひと

 小野寺 史宜 著  祥伝社

 母が急死し、たった1人になった20歳の柏木 聖輔。空腹に負けて吸い寄せられた商店街の惣菜屋で、聖輔は買おうとしていた最後に残った50円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに…。

(著者紹介)小野寺 史宜(おのでら・ふみのり):千葉県生まれ。「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞、「ROCKER」でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。ほかの著書に「その愛の程度」など。

  • 法廷弁論

 加茂 隆康 著  講談社

 女性弁護士・丘野 ヒロ子に法科大学院教授・平手 理沙子殺害の容疑がかけられる。ふたりの間に何があったのか。被害者が気鋭の弁護士・水戸 裕介へ残したメモとは?現役弁護士が法曹界の腐敗を描く、リーガルサスペンス。

(著者紹介)加茂 隆康(かも・たかやす):1949年静岡県生まれ。中央大学法学部卒。弁護士・作家。加茂隆康法律事務所を経営。交通事故の専門家。著書に「死刑基準」「交通事故紛争」など。

  • 紅のアンデッド

 川瀬 七緒 著  講談社

 古い一軒家で、すさまじい量の血の痕と切断された左手の小指3本だけが発見された。殺人とも断定できずにいる中、法医昆虫学者の赤堀は、新たな組織で事件に挑むことに…。警察ミステリー。

(著者紹介)川瀬 七緒(かわせ・ななお):1970年福島県生まれ。文化服装学院服装科・デザイン専攻科卒。「よろずのことに気をつけよ」で江戸川 乱歩賞を受賞し作家デビュー。他の著書に「女學生奇譚」など。

  • さざなみのよる

 木皿 泉 著  河出書房新社

 小国 ナスミ、享年43歳。息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちたひと雫の波紋のように、家族や知人へと広がっていき…。命のまばゆいきらめきを描いた感動と祝福の物語。5年ぶりの小説、第2作。

(著者紹介)木皿 泉(きざら・いずみ):和泉 務と、妻鹿 年季子(めが・ときこ)による夫婦脚本家。連続ドラマ「すいか」で向田 邦子賞を受賞。著書に「二度寝で番茶」など。

  • 宇喜多の楽土

 木下 昌輝 著  文藝春秋

 心優しきリーダーの選択とは…。秀吉の寵愛を受けた俊才・宇喜多 秀家。父・直家の跡を継ぎ、関ケ原に出陣し、戦い、負け、八丈島で長い生涯を閉じるまでを描く長編小説。「別册文藝春秋」連載を大幅に改稿し単行本化。

(著者紹介)木下 昌輝(きのした・まさき):1974年奈良県生まれ。「宇喜多の捨て嫁」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。同作で歴史時代作家クラブ賞新人賞、舟橋 聖一文学賞、高校生直木賞を受賞。他の著書に「人魚ノ肉」など。

  • 放課後ひとり同盟

 小嶋 陽太郎 著  集英社

 クラスでひと際目立つ原田の存在が私を悩ませる…。「怒る泣く笑う女子」など、学校を舞台に10代特有の初期衝動を描く青春連作短編集。全5編を収録。「小説すばる」掲載に加筆・修正し単行本化。

(著者紹介)小嶋 陽太郎(こじま・ようたろう):1991年長野県生まれ。「気障でけっこうです」で第16回ボイルドエッグズ新人賞を受賞。他の著書に「今夜、きみは火星にもどる」「おとめの流儀。」など。

  • ドロシイ殺し

 小林 泰三 著  東京創元社

 青年・井森は、夢の中でオズの国に住む少女・ドロシイに救われる。ところがオズの国の宮殿内で殺人事件が発生し、井森の現実世界でも相似形をなす死亡事故が起きて…。「アリス殺し」から始まる「メルヘン殺し」シリーズ。

(著者紹介)小林 泰三(こばやし・やすみ):1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞(国内部門)を受賞。

  • カットバック 警視庁FC 2

 今野 敏 著  毎日新聞出版

 警視庁FC(フィルム・コミッション)室が警護する人気刑事映画のロケ中に出た、本物の死体。捜査を始める警察と撮影を続行したい俳優やロケ隊がせめぎ合う中、犯人を捕まえることができるのか。「毎日新聞」連載を単行本化。

(著者紹介)今野 敏(こんの・びん):1955年北海道生まれ。「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞、「隠蔽捜査」で吉川 英治文学新人賞、「果断」で山本 周五郎賞、日本推理作家協会賞受賞。

  • 日の出

 佐川 光晴 著  集英社

 明治末、13歳の清作は徴兵から逃れ故郷を飛びだす。一方、清作を曾祖父にもつ現代の女子大生・あさひは、教師を目指し猛勉強中だった。時代をへだてたふたりの希望の光が、小さく輝きはじめ…。「すばる」掲載を単行本化。

(著者紹介)佐川 光晴(さがわ・みつはる):1965年東京都生まれ。北海道大学法学部卒業。「生活の設計」で新潮新人賞、「縮んだ愛」で野間文芸新人賞、「おれのおばさん」で坪田 譲治文学賞受賞。

  • 黙過

 下村 敦史 著  徳間書店

 移植手術、安楽死、動物愛護…。「生命」の現場を舞台にしたミステリー集。真面目な学術調査官が犯した罪を描く「不正疑惑」ほか、「優先順位」「詐病」など、全5編を収録。

(著者紹介)下村 敦史(しもむら・あつし):1981年京都府生まれ。作家。2014年「闇に香る嘘」で江戸川 乱歩賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「生還者」「真実の檻」など。

  • ヘイ・ジュード

 小路 幸也 著  集英社

 花陽の医大受験を目前に控え、春を待つ堀田家。古書店「東亰バンドワゴン」の常連・藤島の父親が亡くなって、書家だった父親のために記念館を設立するという。すると古書をきっかけに思いがけない縁がつながり…。

(著者紹介)小路 幸也(しょうじ・ゆきや):北海道生まれ。広告制作会社退社後、執筆活動へ。「空を見上げる古い歌を口ずさむ」でメフィスト賞を受賞して作家デビュー。ほかの著書に「札幌アンダーソング」など。

  • ありえないほどうるさいオルゴール店

 瀧羽 麻子 著  幻冬舎

 そのオルゴール店では、風変わりな主人が、“お客様の心に流れる曲”をオルゴールに仕立ててくれます。耳の聞こえない少年の心には、どんな音楽が流れているのでしょうか…。「GINGER L.」掲載等の短編全7編を収録。

(著者紹介)瀧羽 麻子(たきわ・あさこ):1981年兵庫県生まれ。京都大学卒業。2007年「うさぎパン」で第2回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞。ほかの著書に「乗りかかった船」など。

  • 地球にちりばめられて

 多和田 葉子 著  講談社

 留学中に故郷の島国が消滅してしまった女性Hirukoは、ヨーロッパ大陸で生き抜くため、独自の言語をつくり出す。彼女は言語学を研究する青年とともに、自分と同じ母語を話す者を捜す旅に出て…。「群像」連載を単行本化。

(著者紹介)多和田 葉子(たわだ・ようこ):1960年東京都生まれ。文学博士(チューリッヒ大学)。小説家、詩人。「犬婿入り」で芥川賞、「雲をつかむ話」で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

  • ペインレス 上

 天童 荒太 著  新潮社

 医師として診察したいんです。あなたのセックスを―。テロによって体の痛みを失った青年は、女性麻酔科医にとって舌なめずりするような実験台だった―。構想20年の長編小説。「新潮」連載に加筆訂正して単行本化。

(著者紹介)天童 荒太(てんどう・あらた):1960年愛媛県生まれ。1986年「白の家族」で野性時代新人文学賞、1996年「家族狩り」で山本 周五郎賞、2009年「悼む人」で直木賞を受賞。

  • ペインレス 下

 天童 荒太 著  新潮社

 心の痛みのない女性麻酔科医と、体の痛みを失った青年。そこに愛は生まれるのか?進化の扉は開かれるのか?倫理や常識を超え、今、DNAの壁が決壊する―。構想20年の長編小説。「新潮」連載に加筆訂正して単行本化。

  • 砂の家

 堂場 瞬一 著  KADOKAWA

 「お父さんが出所されました」 大手企業で働く健人に、突然弁護士から電話がかかってきた。父は20年前に母と妹を刺し殺して逮捕され、健人と弟の正俊は別々に預けられて育ったのだ。父親は果たして兄弟の前に現れるのか…。

(著者紹介)堂場 瞬一(どうば・しゅんいち):1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。「8年」で小説すばる新人賞を受賞。ほかの著書に「警視庁犯罪被害者支援課」「刑事・鳴沢了」シリーズなど。

  • 隠蔽人類

 鳥飼 否宇 著  光文社

 アマゾン奥地で日本調査団が新種の人類を発見した。しかし、世紀の大発見は、恐るべき大量殺人の幕開けだった…。皮肉と逆説をはらんで疾走する、驚愕のミステリー。「ジャーロ」掲載を単行本化。

(著者紹介)鳥飼 否宇(とりかい・ひう):1960年福岡県生まれ。九州大学理学部卒。「中空」で横溝正史ミステリ大賞優秀作を受賞しデビュー。「死と砂時計」で本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。

  • Team383

 中澤 日菜子 著  新潮社

 運転免許を返納して落ち込む75歳の葉介の元に、自転車レースへの誘いが舞い込んだ。個性豊かなメンバーに刺激され、葉介の日常は大きく変わり始め…。平均年齢76.6歳の痛快青春小説。「小説新潮」掲載を書籍化。

(著者紹介)中澤 日菜子(なかざわ・ひなこ):1969年東京都生まれ。慶應義塾大学在学中に不等辺さんかく劇団を旗揚げ。脚本、演出を担当。「お父さんと伊藤さん」で小説現代長編新人賞を受賞。ほかの著書に「星球」など。

  • バルス

 楡 周平 著  講談社

 広がる格差への不満を背景に非正規労働者の待遇改善を訴えて「バルス」と名乗る人物が「テロ」を仕掛けた。国内の物流が滞り、さまざまな産業が打撃を受け始め…。「山口新聞」「神奈川新聞」ほか連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)楡 周平(にれ・しゅうへい):1957年生まれ。慶應義塾大学大学院修了。米国系企業在職中に「Cの福音」でデビュー。翌年から作家業に専念する。ほかの著書に「象の墓場」「プラチナタウン」など。

  • 5時過ぎランチ

 羽田 圭介 著  実業之日本社

 敵はヤクザ、刑事、そして国家権力。この仕事、ブラック過ぎて腹が空く。日々過酷な仕事に臨む3人が遭遇した、しびれるほどの「時間外労働」! 限りなく危険なお仕事アンド犯罪小説。「紡」掲載を加筆し単行本化。

(著者紹介)羽田 圭介(はだ・けいすけ):1985年東京都生まれ。明治大学卒業。「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞し、デビュー。「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞。ほかの著書に「走ル」など。

  • バビロンの階段

 蜂須賀 敬明 著  文藝春秋

 なんとなく訪れた新宿の古びたバーで、親友の「サクマ」と再会してビールを飲んだ。そのときには、すでに、死んでいたはずのサクマと…。親友の死の謎を追って、悪夢のような衝撃に誘われる青春小説。

(著者紹介)蜂須賀 敬明(はちすか・たかあき):1987年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学第二文学部卒業。「待ってよ」で第23回松本 清張賞を受賞。

  • 三千円の使いかた

 原田 ひ香 著  中央公論新社

 御厨家の人々が直面する、将来への不安や人生のピンチ。前向きに乗り越えたいからこそ、1円単位で大事に考えたい…。「節約」家族ストーリー。節約アイデアも満載。「アンデル 小さな文芸誌」連載を加筆、修正し単行本化。

(著者紹介)原田 ひ香(はらだ・ひか):1970年神奈川県生まれ。「はじまらないティータイム」ですばる文学賞を受賞。ほかの著書に「ランチ酒」「ラジオ・ガガガ」など。

  • 平凡な革命家の食卓

 樋口 有介 著  祥伝社

 国分寺で初老の男性が死んだ。現場に不審な点はない。本庁への栄転をもくろむ卯月枝衣子警部補は、強引に単独捜査に乗り出す。彼女の出来心が“事件性なし”の孕む闇を暴く!?「『小説NON」掲載に書き下ろしを加え書籍化。

(著者紹介)樋口 有介(ひぐち・ゆうすけ):1950年群馬県生まれ。業界紙記者などを経て、「ぼくと、ぼくらの夏」で第6回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「風少女」「ピース」など。

  • キネマトグラフィカ

 古内 一絵 著  東京創元社

 老舗映画会社に新卒入社した“平成元年組”6人の男女が、2018年春、ある地方の映画館で再会する。今はそれぞれの道を歩む彼らは、思い出の映画を鑑賞しながら26年前の“全国フィルムリレー”に思いを馳せ…。

(著者紹介)古内 一絵(ふるうち・かずえ):1966年東京都生まれ。日本大学卒。映画会社勤務ののち、「快晴フライング」でポプラ社小説大賞特別賞を受賞しデビュー。「フラダン」でJBBY賞(文学作品部門)受賞。

  • 傍流の記者

 本城 雅人 著  新潮社

 優秀な記者ばかりがそろった黄金世代。だがこの中で社会部長になれるのはたったひとり。出世レースが佳境を迎えたそのとき、新聞社が倒れかねない危機が。男たちが選んだ道とは…。「小説新潮」掲載に加筆し単行本化。

(著者紹介)本城 雅人(ほんじょう・まさと):1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。元サンケイスポーツ記者。「ノーバディノウズ」でサムライジャパン野球文学賞大賞、「ミッドナイト・ジャーナル」で吉川 英治文学新人賞を受賞。

  • あの夏、二人のルカ

 誉田 哲也 著  KADOKAWA

 名古屋での結婚生活に終止符を打ち、谷中に戻ってきた遙。ガールズバンド「RUCAS」を始動させた高校生の久美子。二人の女性の語る旋律が、やがて一つの切ないハーモニーを奏で始める―。「小説野性時代」連載を単行本化。

(著者紹介)誉田 哲也(ほんだ・てつや):1969年東京都生まれ。学習院大学卒。「妖の華」でムー伝奇ノベル大賞優秀賞、「アクセス」でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。

  • 碧と花電車の街

 麻宮 ゆり子 著  双葉社

 昭和30年代の名古屋の繁華街・大須。アルバイトしながら足繁く映画館に通う少女・碧の夢は、将来、映画監督になること。そんな碧の前に、一人の男が現れ…。ノスタルジー溢れる成長物語。「カラフル」連載に加筆修正。

(著者紹介)麻宮 ゆり子(まみや・ゆりこ):1976年埼玉県生まれ。小林ゆり名義にて太宰 治賞を受賞。「敬語で旅する四人の男」で小説宝石新人賞を受賞しデビュー。他の著書に「仏像ぐるりの人びと」がある。

  • 向こう側の、ヨーコ

 真梨 幸子 著  光文社

 独身生活を謳歌する陽子は、もうひとりの私、かわいそうなヨーコが出てくる夢をよく見る。一方、夫と子供の世話に追われる陽子は、愚痴ばかりの毎日。境遇の異なる2人の人生が絡み合い…。「小説宝石」連載に加筆し単行本化。

(著者紹介)真梨 幸子(まり・ゆきこ):1964年宮崎県生まれ。多摩芸術学園映画科卒業。「孤虫症」でメフィスト賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「殺人鬼フジコの衝動」「人生相談。」など。

  • あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続

 宮部 みゆき 著  KADOKAWA

 塩断ちが元凶で“行き逢い神”を呼び込み、身も凍る不幸を招いた「開けずの間」など、全5話を収録した江戸怪談集。「北海道新聞」ほか連載作品に、「小説野性時代」掲載の「金目の猫」を加えて単行本化。

(著者紹介)宮部 みゆき(みやべ・みゆき):1960年東京生まれ。「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、「龍は眠る」で日本推理作家協会賞、「理由」で直木賞を受賞。

  • ウェンディのあやまち

 美輪 和音 著  光文社

 客にのめり込んだキャバクラ嬢、結婚を迫られる女、ラブホテルの清掃員。3人の女を繋ぐ、幼児置き去り餓死事件の真実とは…。巧妙に仕組まれた伏線と謎が絡み合う、ノンストップ・ミステリー。

(著者紹介)美輪 和音(みわ・かずね):東京都生まれ。青山学院大学卒。2010年「強欲な羊」で第7回ミステリーズ!新人賞を受賞しデビュー。大良 美波子名義で、ホラー映画「着信アリ」シリーズなどの脚本を手がける。

  • 葬偽屋に涙はいらない 高浜セレナと4つの煩悩

 森 晶麿 著  河出書房新社

 東京の雑居ビルの地下のカフェでは、今日もニセモノの葬儀のための面談が行われていた。ある依頼を巡り、歩武に腹を立てたセレナは、“葬偽屋”を飛び出し新たな就職先を見つけるが、そこは劣悪なブラック企業で…。

(著者紹介)森 晶麿(もり・あきまろ):1979年静岡県生まれ。日本大学大学院芸術研究科博士前期課程修了。作家。「黒猫の遊歩あるいは美学講義」でアガサ・クリスティー賞を受賞。他の著書に「偽恋愛小説家」など。

  • つながりの蔵

 椰月 美智子 著  KADOKAWA

 幽霊屋敷という噂の、古い蔵がある四葉の家で、遼子と美音は放課後よく遊ぶようになった。小学校5年生の少女たちは、それぞれの心に“哀しみ”を抱えていて…。「小説屋sari‐sari」連載に加筆修正し単行本化。

(著者紹介)椰月 美智子(やずき・みちこ):1970年神奈川県生まれ。「十二歳」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。「しずかな日々」で野間児童文芸賞、坪田 譲治文学賞を受賞。ほかの著書に「14歳の水平線」など。

  • 食堂メッシタ

 山口 恵以子 著  角川春樹事務所

 満希が営む目黒の小さなイタリアン「食堂メッシタ」。ライターの笙子は母親を亡くし落ち込んでいた時に、満希の料理に出会い元気を取り戻した。そんなある日、満希がお店を閉めると宣言し…。料理小説。

(著者紹介)山口 恵以子(やまぐち・えいこ):1958年東京都生まれ。早稲田大学文学部卒。「邪剣始末」でデビュー。「月下上海」で第20回松本 清張賞を受賞。他の著書に「あなたも眠れない」など。

  • 廃園日和

 行成 薫 著  講談社

 閉園が決まった遊園地「星が丘ハイランドパーク」の最後の一日。中学生の団体、年の離れたカップル、親子連れや老人夫婦らが、さまざまな思いを胸にハイランドを訪れる…。22人の喜怒哀楽を描く。

(著者紹介)行成 薫(ゆきなり・かおる):1979年宮城県生まれ。東北学院大学教養学部卒業。2012年「名も無き世界のエンドロール」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「ヒーローの選択」など。

  • デートクレンジング

 柚木 麻子 著  祥伝社

 十年間、全てを捧げてきたアイドルグループ「デートクレンジング」が解散し、実花は突然何かに追い立てられるように「婚活」を始める。親友の佐和子は、初めて実花がさらけ出した脆さを前に、大切なことを告げられずにいて…。

(著者紹介)柚木 麻子(ゆずき・あさこ):1981年東京都生まれ。「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞、「ナイルパーチの女子会」で第28回山本 周五郎賞を受賞。他の著書に「早稲女、女、男」など。

  • 奪うは我なり 朝倉義景

 吉川 永青 著  KADOKAWA

 名門朝倉家に生まれ、若くして家督を継いだ男は、もはや形骸化した幕府と将軍の世に己の活路を見いだし…。時に愚将と誹られながらも、一際異彩を放ち、信長をも追い詰めた男の生涯を鮮烈に描く。

(著者紹介)吉川 永青(よしかわ・ながはる):1968年東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。「戯史三國志 我が糸は誰を操る」で小説現代長編新人賞奨励賞、「闘鬼斎藤一」で野村胡堂文学賞を受賞。

  • ラヴェルスタイン

 ソール・ベロー 著  鈴木 元子 訳  彩流社

 死を覚悟した友人からメモワール執筆を課された作家の胸に去来する思いとは…。老い、生と死、ユダヤ人としてのアイデンティティ、愛とはなにかを問う。実在の人物をモデルにした、ノーベル文学賞作家ベロー最後の長篇小説。(分類:933.7ヘロ)

(著者紹介)ソール・ベロー:1915年から2005年。カナダ生まれ。作家。シカゴ大学、ボストン大学などで教鞭を執った。ノーベル文学賞受賞。「フンボルトの贈り物」でピューリッツァー賞受賞。

  • 影の子

 デイヴィッド・ヤング 著  北野 寿美枝 訳  早川書房

 1975年2月、東ベルリン。東西を隔てる「壁」に接した墓地で、少女の死体が発見された。捜査を命じられた女性刑事ミュラーは、知らぬうちに国家の闇に迫っていき…。社会主義国家での難事件を描いた、歴史ミステリの傑作。(分類:933.7ヤン)

(著者紹介)デイヴィッド・ヤング:1958年イギリス生まれ。ブリストル・ポリテクニックで学んだのち、さまざまな職を経験し作家となる。

  • 緑の扉は夢の入口 第一の夢の書

 ケルスティン・ギア 著  遠山 明子 訳  東京創元社

 母親と妹と一緒にロンドンに引っ越してきたリヴは、母親の恋人家族と新しい学校に、必死で溶け込もうとする毎日。そんなある晩見た妙にリアルな夢の中で、リヴは学校の人気者で美形揃いの男子4人組に遭遇し…。(分類:943.7キア)

(著者紹介)ケルスティン・ギア:1966年生まれ。大学で教育学を修め、作家活動を始める。2005年ドイツ語圏の恋愛小説賞であるデリア賞を受賞。著書に「時間旅行者の系譜」シリーズなど。

エッセイ

  • いずれの日にか国に帰らん

 安野 光雅 著  山川出版社

 昔の津和野の風景、戦争を挟んで別れ別れになってしまった弟との思い出、そして忘れえぬ人々…。安野 光雅が柔らかな色彩で描いた数多くの絵と共に、昭和の初めの、貧しいけれど平和なころをユーモアと哀切を奏でる文章で綴る。(分類:914.6アン)

(著者紹介)安野 光雅(あんの・みつまさ):1926年島根県生まれ。山口師範学校研究科修了。画家、絵本作家。芸術選奨文部大臣奨励賞、ケイト・グリナウェイ特別賞など受賞。紫綬褒章受章。著書に「ふしぎなえ」「ABCの本」など。

  • 終わりと始まり2.0

 池澤 夏樹 著  朝日新聞出版

 災害体験の資産化、植民地としての沖縄…。困難を抱える人びとの話に耳を傾け続け、日本の危機、戦争のできる国への変貌を憂える。「朝日新聞」2013年4月から2017年12月に連載の59コラムを書籍化。(分類:914.6イケ)

(著者紹介)池澤 夏樹(いけざわ・なつき):1945年北海道生まれ。作家、詩人。「スティル・ライフ」で芥川賞、「マシアス・ギリの失脚」で谷崎 潤一郎賞、「楽しい終末」で伊藤 整文学賞を受賞。

  • 魂の秘境から

 石牟礼 道子 著  朝日新聞出版

 海が汚染されるということは、ご先祖さまの魂のよりどころが破壊されるということ―。水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景を綴った、著者最晩年の肉声。「朝日新聞」掲載を単行本化。(分類:914.6イシ)

(著者紹介)石牟礼 道子(いしむれ・みちこ):1927年から2018年。熊本県生まれ。「十六夜橋」で紫式部文学賞、「はにかみの国」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。ほかの著書に「石牟礼道子全集・不知火」など。

  • 明日への一歩

 津村 節子 著  河出書房新社

 文学を志した若き日々、愛おしい故郷、懐かしき師と友。遙かなる歳月を心に抱き、あらたな一歩を踏みしめる人生の旅路…。全41篇のエッセイを収録。「オール讀物」「季刊文科」ほか掲載を単行本化。(分類:914.6ツム)

(著者紹介)津村 節子(つむら・せつこ):1928年福井県生まれ。学習院短期大学部卒業。「玩具」で芥川賞、「流星雨」で女流文学賞、「異郷」で川端 康成文学賞を受賞。

  • 100歳の100の知恵

 吉沢 久子 著  中央公論新社

 100歳の生活評論家が、毎日の生活のなかで見つけた「幸せに生きる方法」や「暮らしのアイデア」「簡単に作れるおいしい料理」などを伝授。前向きな人生になる“お福分け”エッセイ集。(分類:914.6ヨシ)

(著者紹介)吉沢 久子(よしざわ・ひさこ):1918年東京生まれ。文化学院卒業。家事評論家、生活評論家、随筆家。著書に「さっぱりと欲ばらず」「一人暮らしをたのしんで生きる」「今日を悔いなく幸せに」など。

  • バッグをザックに持ち替えて

 唯川 恵 著  光文社

 浅間山から谷川岳、八ケ岳そして富士山、ついにはエベレスト街道まで。何が楽しいのか?辛いのにどうしてまた登ってしまうのか?登山の魅力を、名手が描き尽くしたエッセイ集。「小説宝石」連載を単行本化。(分類:915.6ユイ)

(著者紹介)唯川 恵(ゆいかわ・けい):1955年金沢市生まれ。銀行勤務などを経て、1984年「海色の午後」でコバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。「肩ごしの恋人」で直木賞、「愛に似たもの」で柴田 錬三郎賞を受賞。

手記・ルポルタージュ

  • 4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した

 マイケル・ボーンスタイン 著  デビー・ボーンスタイン・ホリンスタート 著  森内 薫 訳  NHK出版

 1940年にドイツ占領下のポーランドに生まれたマイケルは、ゲットーや収容所暮らしを余儀なくされた後、わずか4歳でアウシュヴィッツに送られた。彼はなぜ、生き延びることができたのか―。最年少の生還者がつづった実話。(分類:936ホン)

(著者紹介)マイケル・ボーンスタイン:1940年ドイツ占領下のポーランド生まれ。子ども時代にホロコーストを体験。学校や他の機関でホロコースト体験について講演を行っている。
 デビー・ボーンスタイン・ホリンスタート:マイケル・ボーンスタインの娘。

児童書

注記: 対象区分:幼(幼児0歳から5歳)、0歳から2歳(幼児0歳から2歳)、3歳から5歳(幼児3歳から5歳)、小(小学生)、小初(小学1年生から2年生)、小中(小学3年生から4年生)、小上(小学5年生から6年生)、中(中学生)、高(高校生)、般(一般)

社情報・コンピュータ・メディア会科

  • コンピューターってどんなしくみ? デジタルテクノロジーやインターネットの世界を超図解

 村井 純 監修  佐藤 雅明 監修  誠文堂新光社

 AIの時代がくる!コンピューターを味方につけよう。デジタルテクノロジーやインターネットの世界を図でわかりやすく解説。子どもたちが楽しく学べるデジタルテクノロジーの本。(分類:007コン 対象:小中、小上)

  • プログラミングでなにができる? ゲーム・ロボット・AR・アプリ・Webサイト…新時代のモノづくりを体験

 杉浦 学 著  阿部 和広 監修  誠文堂新光社

 自分でプログラミングして、ゲームをつくろう!Scratchのゲームづくりから、AR、ロボット、スマホアプリづくりまで、いろいろなものをつくりながら、プログラミングでどんなことができるのかを紹介する。(分類:007フロ 対象:小中、小上)

(著者紹介)杉浦 学(すぎうら・まなぶ):慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。湘南工科大学工学部情報工学科准教授。山梨英和大学非常勤講師。NPO法人CANVASフェロー。

生活

  • この世界のしくみ 子どもの哲学 2

 河野 哲也 著  土 陽介 著  村瀬 智之 著  神戸 和佳子 著  松川 絵里 著  毎日新聞出版

 どうして朝は来る?男と女、どちらが大変?子どもの問いに5人の哲学者が向き合い、答えへの扉を開く。身近な問いを通じて「考える力」が身につく哲学入門、第2弾。「毎日小学生新聞」連載に加筆修正して再構成。(分類:104コノ 対象:小上、般)

(著者紹介)河野 哲也(こうの・てつや):立教大学文学部教育学科教授。専門は哲学、倫理学、教育哲学。
 土屋 陽介(つちや・ようすけ):開智日本橋学園中学高等学校教諭、開智国際大学教育学部非常勤講師。専門は哲学教育、教育哲学、現代哲学。

社会科

  • よくわかる銀行 仕事の内容から社会とのかかわりまで

 戸谷 圭子 監修  PHP研究所

 銀行ってどんなところ?どんな人が働いているのかな?お金はどこから来て、どこへ行くの?銀行のしくみと、そこで働く人たちの仕事を紹介するとともに、世の中のお金の流れや金融政策など、経済の基礎知識も解説する。(分類:338ヨク 対象:小中、小上)

福祉・ボランティア

  • ぶどう畑で見る夢は こころみ学園の子どもたち

 小手鞠 るい 著  原書房

 昭和44年、知的障害のある子どもたちのために、ひとりの教師が私財をなげうってぶどう畑を開墾した…。知的障害者施設「こころみ学園」「ココ・ファーム・ワイナリー」の歩みをもとにしたノンフィクション。(分類:369フト 対象:小中、小上)

(著者紹介)小手鞠 るい(こでまり・るい):1956年岡山県生まれ。同志社大学法学部卒業。「欲しいのは、あなただけ」で島 清恋愛文学賞、「ルウとリンデン旅とおるすばん」でボローニャ国際児童図書賞を受賞。

理科・自然科学

  • 世界の科学者まるわかり図鑑

 藤嶋 昭 監修  学研プラス

 ファラデー、アインシュタイン、ピタゴラス…。ぜひ知っておいてほしい世界の科学者約90人を取り上げ、彼らの気づきや熱意、努力、それによるさまざまな発見を、イラストや写真とともに紹介する。見返しに図版あり。(分類:402セカ 対象:小)

  • 世界を変えた50人の女性科学者たち

 レイチェル・イグノトフスキー 著  野中 モモ 訳  創元社

 科学・技術・工学・数学(STEM)の分野で活躍しながら、歴史の陰にかくれがちだった女性科学者50人を取り上げ、その驚くべき業績やバイタリティあふれる人生を魅力的なイラストとともに紹介する。(分類:402セカ 対象:小上、中、般)

(著者紹介)レイチェル・イグノトフスキー:タイラー美術学校グラフィックデザイン科卒業。教育的なアート作品の創作に打ちこむ。

  • もりのほうせきねんきん

 新井 文彦 写真・文  ポプラ社

 ねばねばのからだで、かたちを変えて動きまわり、やがて宝石のように美しく変身する粘菌。いったい、どんな生き物なの?森に生きる粘菌の姿を写真で紹介します。見返しにも写真と文字あり。(分類:473モリ 対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)新井 文彦(あらい・ふみひこ):1965年生まれ。きのこ・粘菌写真家。ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」で「きのこの話」を連載中。著書に「森のきのこ、きのこの森」「粘菌生活のススメ」など。

  • うんこ図鑑  しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく!

 荒俣 宏 監修  内山 大助 イラスト  いとう みつる イラスト  日本図書センター

 ハイエナのうんこが白いワケ、漢方のくすりになったうんこたち…。ニンゲンから動物や虫まで、また地面の下から宇宙まで、びっくりするようなうんこの話をイラストとともに紹介。学ぶことが楽しくなる学習エンタメ図鑑。(分類:481ウン 対象:小中)

  • みぢかな樹木のえほん 生きものやくらしとつながる「一本の木の物語」

 国土緑化推進機構 編  平田 美紗子 絵  ポプラ社

 樹木には多くの生きものが訪れ、それぞれが深く関わっている。また人間も木造住宅の材料などとして樹木を利用している。30種の樹木を選び、基本的なデータから生きもの・くらしとのつながりまでをイラストを用いて説明する。(分類:653ミシ 対象:小中、小上)

芸術・芸能

  • はじめよう!たのしいギターforキッズ 子ども向き教則 「ひまわりの約束」が弾けるようになる

 浦田 泰宏 著  ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

 キッズ向けのギター教本。小さい手でも無理のない運指や押さえ方で学べるコツやヒントが満載。「ひまわりの約束」の楽譜も収録する。大人が参考にしてアドバイスできるヘルプポイント付き。ミニギター対応。(分類:763ハシ 対象:小中、小上、中)

工作・あそび

  • まんがでわかる!強くなる将棋 はじめてでも勝てる!プロ棋士のワザ

 湯川 博士 執筆  羽生 善治 監修  学研プラス

 将棋が強くなるヒケツとは?基本のルールから実戦で使える戦法・格言までを、盤面図やイラスト、まんがを交えてわかりやすく解説。永世七冠を達成した羽生 善治先生のインタビューも収録。(分類:796マン 対象:小)

よみもの

  • まかせて!母ちゃん!!

 くすのき しげのり 作  小泉 るみ子 絵  文溪堂

 アキヨシの父ちゃんは大工の棟梁。そんな父ちゃんがある日、大けがをした。母ちゃんは父ちゃんの分まで頑張って疲れている。アキヨシはふたりを元気にしようと…。すてきな家族のお話。「みてろよ!父ちゃん!!」の続編。(分類:913クス 対象:小初)

(著者紹介)くすのき しげのり:1961年徳島県生まれ。児童文学を中心とする創作活動と講演活動を行う。日本児童文芸家協会評議員、徳島児童文学会会長。四国大学文学部非常勤講師。作品に「みてろよ!父ちゃん!!」など。

  • ノラネコぐんだんと海の果ての怪物

 工藤 ノリコ 著  白泉社

 ある朝、海辺で虹色に光る貝がらを見つけたノラネコたちは…。「絵本」から「読み物」への橋渡しとなる、はじめての冒険物語。ノラネコ軍団の魅力全開のシリーズ、初の長編。(分類:913クト 対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)工藤 ノリコ(くどう・のりこ):1970年神奈川県生まれ。女子美術短期大学卒業。絵本作家、漫画家。絵本に「ピヨピヨ」シリーズ、読み物に「マルガリータ」シリーズなど。

  • 水色の不思議

 斉藤 洋 作  森田 みちよ 絵  静山社

 名前は知らないあの少女が、今日もわたしの前にあらわれた。きっとこれから、奇妙なことが起こりそう…?都会の片隅で日常と幻想がまじわる7編を収録。「オレンジ色の不思議」に続く連作短編集、第2弾。(分類:913サイ 対象:小中、小上)

(著者紹介)斉藤 洋(さいとう・ひろし):1952年東京生まれ。「ルドルフとイッパイアッテナ」で講談社児童文学新人賞、「ルドルフともだちひとりだち」で野間児童文芸新人賞、「ルドルフとスノーホワイト」で野間児童文芸賞を受賞。

  • ぼくが見たお父さんのはじめてのなみだ

 そうま こうへい 作  石川 えりこ 絵  佼成出版社

 お父さんはぼくに「男だろ、泣くな!」っていつも言うけど、お父さんは泣いたことはないの?そう尋ねたぼくにお父さんは、ある遠い日の思い出を語り始め…。(分類:913ソウ 対象:小初)

(著者紹介)そうま こうへい:岡山県生まれ。コピーライター。作品に「ピッピのかくれんぼ」「さきちゃんのくつ」「ぼくとソラ」など。

  • ちゃめひめさまとあやしいたから

 たかどの ほうこ 作  佐竹 美保 絵  あかね書房

 森に宝さがしに出かけた、ちゃめひめさまたち。昔、龍がすんでいたほら穴を目指しますが、道を間違えてしまい…。読めばにっこり、幸せな気持ちになる、「ちゃめひめさま」シリーズ第2弾。(分類:913タカ 対象:小初)

(著者紹介)たかどの ほうこ:函館市生まれ。作品に「くだものっこのお話」シリーズ、「つんつくせんせい」シリーズなど。

  • さくらのカルテ

 中澤 晶子 作  ささめや ゆき 絵  汐文社

 嫉妬で不眠症になってしまった京都の太白、おばあさんの謎めいた言動で肩こりになってしまったベルリンの八重桜…。さくら専門の精神科医ビラ先生が出会った、さくらの物語を紹介。「毎日新聞」大阪本社版の連載を加筆・修正。(分類:913ナカ 対象:小中、小上)

(著者紹介)中澤 晶子(なかざわ・しょうこ):1953年名古屋市生まれ。日本児童文学者協会会員。「ジグソーステーション」で野間児童文芸新人賞を受賞。ほかの作品に「こぶたものがたり」「3+6の夏」など。

  • 消えた時間割

 西村 友里 作  大庭 賢哉 絵  学研プラス

 はじまりは墨汁が飛びちった時間割だった。算数、体育、総合…。墨汁が消したとおりに、時間割にあったはずのできごとが消えていく。これって、偶然?まち調べで訪れた寺の、書の達人の伝説とは―。(分類:913ニシ 対象:小中)

(著者紹介)西村 友里(にしむら・ゆり):京都府生まれ。京都教育大学卒業。「たっくんのあさがお」で第25回ひろすけ童話賞受賞。他の著書に「オムレツ屋へようこそ!」など。

  • マネキンさんがきた

 村中 李衣 作  武田 美穂 絵  BL出版

 川でマネキンの頭部を拾ったサトシとトオル。学校に持っていくとみんな大騒ぎ。でも簡単に捨ててしまうことができなくなった。クラスのみんなで話し合い…。岡山の小学校で起こった本当のできごとをもとに描いたおはなし。(分類:913ムラ 対象:小中)

(著者紹介)村中 李衣(むらなか・りえ):1958年山口県生まれ。児童文学作家。ノートルダム清心女子大学教授。「チャーシューの月」で児童文学者協会協会賞、「おねいちゃん」で野間児童文芸賞を受賞。

  • ふつうやない!はなげばあちゃん

 山田 真奈未 さく・え  福音館書店

 鼻の穴からもっさりと鼻毛がはみ出ている、はなげばあちゃん。ばあちゃんが大きく息を吐くと、鼻毛がびよーんと飛び出し、狙った食べ物をひっつかみ…。だれもが生えている鼻毛をテーマにした、奇想天外なストーリー。(分類:913ヤマ 対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)山田 真奈未(やまだ・まなみ):1965年大阪生まれ。日米絵本コンテスト大賞、ボローニャ国際絵本原画展入選ほか。著書に「テムテムとなまえのないウサギ」「カエルと王かん」など。

  • カーネーション・デイ

 ジョン・デヴィッド・アンダーソン 著  久保 陽子 訳  ほるぷ出版

 12歳のトファー、スティーブ、ブランドは、担任・ビクスビー先生の「理想の最後の日」を叶えるために、学校をサボってお見舞いに行くことにしたが…。大人になって思い出す「特別な一日」を描いた、少年たちの冒険物語。(分類:933アン 対象:小上)

(著者紹介)ジョン・デヴィッド・アンダーソン:1975年アメリカ生まれ。インディアナ大学で英文学の学士号、イリノイ大学で修士を取得。アクションやコミカルなテイストの人気シリーズを執筆。

  • コクルおばあさんとねこ

 フィリパ・ピアス 作  アントニー・メイトランド 絵  前田 三恵子 訳  徳間書店

 ふうせん売りのコクルおばあさんが飼っている黒ねこが家出しました。心配でやせてしまったおばあさんは、ふうせんにひっぱられて空に舞い上がり…?物語の名手ピアスのお話を、アントニー・メイトランドの絵を添えて復刊。(分類:933ヒア 対象:小初、小中)

(著者紹介)フィリパ・ピアス:1920年から2006年。英国の児童文学作家。「トムは真夜中の庭で」でカーネギー賞受賞。ほかの作品に「消えた犬と野原の魔法」「川べのちいさなモグラ紳士」など。

  • 弱小FCのきせき 幽霊王とキツネの大作戦

 マイケル・モーパーゴ 著  マイケル・フォアマン 絵  佐藤 見果夢 訳  評論社

 キツネの親子は、レスター・シティFCの大ファン。今日もまた負け試合に憤慨しながら家路をたどっていると、地下からへんな声が聞こえてきた。声の主は、なんと、リチャード三世の幽霊!? ユーモアたっぷりの楽しいお話。(分類:933モハ 対象:小中)

(著者紹介)マイケル・モーパーゴ:1943年イギリス生まれ。小学校教師を経て、児童文学作家。2003年から2005年桂冠児童文学作家の栄誉に輝く。作品に「負けるな、ロビー!」「世界で一番の贈りもの」「戦火の馬」など。

絵本

  • あのくもなあに?

 富安 陽子 ぶん  山村 浩二 え  福音館書店

 うっすらと空をおおう雲は、朝日がまぶしくて、ねぼすけ巨人が閉めたカーテン雲。ぽっかり浮かんだ楕円形の雲は、天狗が休むざぶとん雲…。雲の形から、想像を広げていく絵本。「ちいさなかがくのとも」から生まれた絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)富安 陽子(とみやす・ようこ):1959年東京都生まれ。和光大学人文学部卒。作品に「絵物語古事記」など。
 山村 浩二(やまむら・こうじ):1964年愛知県生まれ。東京造形大学卒業。短編アニメーションを多彩な技法で制作。

  • いたずらえほんがなんかへん!

 リチャード・バーン 作  林 木林 訳  ブロンズ新社

 ベラが家にいると、隣のページから、おもちゃを見せにベンがやってきた。リモコンをおすと、おもちゃは動かず、ベラの犬に変なことばかりおこる。どうやらえほんがいたずらしているらしくて…。本をおして遊ぶ絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)リチャード・バーン:イギリス生まれ。グラフィックデザイナーとして活躍したのち、児童書に携わるようになる。絵本作家。絵本の作品に「おつきさまがたいへんだ」など。

  • いっしょにおいでよ

 ホリー・M.マギー 文  パスカル・ルメートル 絵  なかがわ ちひろ 訳  廣済堂あかつき

 テレビのニュースで、この国から出ていけと怒鳴っている人たちの姿を見て、こわくなった女の子。お父さんに、「こんなのっていやだ。どうしたらいいの?」と尋ねると…。世界を素敵なところにするためにできることとは?(対象:幼児(3歳から5歳)、小初、小中)

(著者紹介)ホリー・M.マギー:児童文学作家。
 パスカル・ルメートル:イラストレーター。ベルギー、フランス、アメリカで雑誌、書籍、絵本の挿画などを手がけ、ベルギーのカンブレ国立美術学校でイラストレーションを教える。

  • いっぺんやってみたかってん

 はっとり ひろき 作  講談社

 雨降りの公園にはだ―れもおりまへん。そこで、雨で固まった砂場の砂が、ブランコに乗せてくれるように頼みます。すると、滑り台もブランコに乗ってみたいと言い出して…。ナンセンスコメディー絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)はっとり ひろき:1978年岐阜県生まれ。建設機械及びフォークリフトの整備士として勤める傍ら、絵本作家を目指す。「いっぺんやってみたかってん」で第39回講談社絵本新人賞を受賞。

  • うまはかける

 内田 麟太郎 文  山村 浩二 絵  文溪堂

おおかみが、かける。おおかみにおわれた、うまもかける。かけにかけて…。さあ、どうなる?! ナンセンスなことばあそびの繰り返しが、どんどん大きな話に。絵も楽しい、ユーモア絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)内田 麟太郎(うちだ・りんたろう):福岡県生まれ。詩人、児童文学作家、絵詞作家。「さかさまライオン」で絵本にっぽん賞を受賞。
 山村 浩二(やまむら・こうじ):愛知県生まれ。多彩な技法で短編アニメーションを制作。東京藝術大学大学院映像研究科教授。

  • おうち

 中川 ひろたか 作  岡本 よしろう 絵  金の星社

 人はなんで、おうちに帰ってくるんだろう。人だけじゃなく、遠く離れた場所からも、ちゃんと帰ってくる鳥や魚、虫がいる。どうしてなんだろう。おうちについて深く考える、「はじめてのテツガク絵本」第4弾。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)中川 ひろたか(なかがわ・ひろたか):1954年埼玉県生まれ。シンガーソング絵本ライター。「ないた」で日本絵本賞大賞を受賞。
 岡本 よしろう(おかもと・よしろう):1973年山口県生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。絵画、立体、動画など幅広く創作活動を行う。

  • おんなじほしをみつめて

 ペイジ・ブリット 作  ショーン・クウォールズ 絵  セリーナ・アルコー 絵  ほむら ひろし 訳  フレーベル館

 「どうしてぼくはぼくなんだろう?」「なぜあたしはあたしなの?」 誰も知らない答えを求めて、ひときわ輝く星の下、ふたりは出会った―。世界中でただひとりの「自分」がある意味を問う、哲学する絵本。見返しにも絵あり。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)ペイジ・ブリット:テキサス出身の作家、瞑想インストラクター、スピリチュアル・ディレクター。
 ショーン・クウォールズ:夫婦で絵を手がけるイラストレーター。コレッタ・スコット・キング賞画家部門の佳作を受賞。

  • このねこ、うちのねこ!

 ヴァージニア・カール 作・絵  こだま ともこ 訳  徳間書店

 7軒の家がある小さな村にやってきた白いねこ。それぞれの家で名前をつけてもらい、かわいがってもらっていましたが…?くりかえしのおもしろさと、シンプルでかわいいイラストが魅力の、ユーモアあふれる絵本。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)ヴァージニア・カール:1919年から2004年。アメリカ合衆国生まれ。ミルウォーキー・ダウナー・カレッジで美術を専攻。アメリカ陸軍の図書館員などを経て、絵本作りを始める。

  • ずっと ねがいはひとつだけ

 ケイト・クライス 文  M.サラ・クライス 絵  なかがわ ちひろ 訳  WAVE出版

 赤ちゃんのときからずっといっしょに暮らしていただいじな家族=飼い犬との別れが近いことをさとった少女がしたこととは…。いつでも傍らに寄り添ってくれていた小さな命との絆と愛情をやさしく描いた絵本。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)ケイト・クライス:アメリカ合衆国生まれ。児童書作家。作品に「ゆうれい作家はおおいそがし」など。
 M.サラ・クライス:アメリカ合衆国生まれ。画家・イラストレーター。

  • スムート かたやぶりなかげのおはなし

 ミシェル・クエヴァス 文  シドニー・スミス 絵  いわじょう よしひと 訳  BL出版

 スムートは男の子のかげ。7年半ずっと退屈している。男の子はあんまり笑わない。ちょっとしたいたずらもしない。だからスムートもできない。つまらない本のような毎日。ところがある日、スムートは男の子から離れ…。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)ミシェル・クエヴァス:アメリカ生まれ。ヴァージニア大学で美術の修士号を取得。
 シドニー・スミス:カナダ生まれ。ノヴァ・スコシア美術デザイン大学卒業。「おはなをあげる」でカナダ総督文学賞(児童書部門)などを受賞。

  • せかいかえるかいぎ

 近藤 薫美子 作・絵  ポプラ社

 世界中のかえるたちが「せかいかえるかいぎ」に集まった。そのうち雨が降ってきて、かえるたちは踊りはじめ、卵からおたまじゃくしもかえり…。ジャケット裏に「せかいかえるかいぎにさんかしたおもなかえる」を掲載。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)近藤 薫美子(こんどう・くみこ):大阪府生まれ。絵本作家。作品に「かまきりっこ」「はじめまして」など。

  • せかいでさいしょのポテトチップス

 アン・ルノー 文  フェリシタ・サラ 絵  千葉 茂樹 訳  BL出版

 料理自慢のクラムさんの店にやってきた、“こだわりや”のお客さんの注文は「ポテトだけ」。ホクホクのポテトを「分厚い」と言われて突き返されたクラムさんは、いたずら気分がわき起こり…。ポテトチップス誕生の物語。(対象:小初)

(著者紹介)アン・ルノー:子供向けノンフィクションなどを手がける。
 フェリシタ・サラ:西オーストラリア大学卒業。絵本とアニメーションの分野で活躍。

  • だいすきだよ

 間部 香代 作  ひろかわ さえこ 絵  鈴木出版

 今日はコンサート。かえるさんが歌って、こぶたくんは太鼓をたたいて、りすくんはダンスを踊って…。あれあれ?雨が降ってきた!こぶたくんとなかまたちのたのしいともだちシリーズ。「だいすきだよ」の楽譜も収録。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)間部 香代(まべ・かよ):愛知県生まれ。日本児童文芸家協会、日本童謡協会会員。児童文芸家協会創作コンクール童謡・詩部門優秀賞。
 ひろかわ さえこ:北海道生まれ。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。日本児童出版美術家連盟会員。

  • たぬきのおやき

 井出 幸子 文  菊池 日出夫 絵  福音館書店

 新緑の春、たぬきの家では森の友だちを呼んでパーティーを開くことになりました。みんなで張り切って、おやきを作り…。おやきの作り方と、「たぬきのおやき」のピアノ伴奏譜付き。見返しに歌詞あり。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

(著者紹介)井出 幸子(いで・さちこ):埼玉県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。
 菊池 日出夫(きくち・ひでお):長野県生まれ。絵本の創作活動を行う。作品に「やまばと」「こだぬきのおんがえし」など。

  • ちっちゃいおおきいおんなのこ

 クレア・キーン さく  なかがわ ちひろ やく  ほるぷ出版

 マティスはちっちゃいおんなのこ。海も空も街も、ちっちゃなマティスには、とっても大きい。でもある日、もっとちっちゃい弟が生まれて…。きょうだいを迎えるときに読みたい絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)クレア・キーン:絵本作家。「塔の上のラプンツェル」や「アナと雪の女王」でビジュアルデベロップメント・アーティストとして活躍。

  • とびますよ

 内田 麟太郎 文  にしむら あつこ 絵  アリス館

 もしかして、ひょっとして、こんなことが起こるかも!? ブタ、ゾウ、ペンギン、バス、飛行機、スイカ、こども。いろんなものが、空をとびます。ことばがたのしいユーモア絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)内田 麟太郎(うちだ・りんたろう):福岡県生まれ。「さかさまライオン」で絵本にっぽん賞を受賞。他の作品に「ともだちや」など。
 にしむら あつこ:東京都生まれ。文化服装学院卒業。絵本作家。作品に「ぐぎがさんとふへほさん」など。

  • なくのかな

 内田 麟太郎 作  大島 妙子 絵  童心社

 おでかけの途中、お父さんとお母さんにはぐれて、泣くのをこらえていたぼく。知らないどこかでひとりぼっちになったら、鬼でも泣くのかな。オオカミでも泣くのかな。泣きたいときは、泣いてもいいんだよ―。おはなしえほん。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)内田 麟太郎(うちだ・りんたろう):1941年福岡県生まれ。詩人、絵詞作家。「さかさまライオン」で絵本にっぽん賞受賞。
 大島妙子(おおしま・たえこ):1959年東京都生まれ。絵本作家。絵本に「わらっちゃった」「ジローとぼく」など。

  • はしれはるのゆきうさぎ

 手島 圭三郎 絵・文  絵本塾出版

 冬が終わるころ、月の明るい夜に、ゆきうさぎのおすとめすが出会いました。ある日、ゆきうさぎはきつねのまちぶせに気がつかず…。厳しい自然の中で力強く生きる動物の姿を描く、ダイナミックな版画絵本。(対象:小初)

(著者紹介)手島 圭三郎(てじま・けいざぶろう):北海道生まれ。「しまふくろうのみずうみ」で絵本にっぽん賞、「きたきつねのゆめ」でボローニァ国際児童図書展グラフィック賞受賞、1987ニューヨークタイムス選世界の絵本ベストテン。

  • ホットケーキのおうさま

 二宮 由紀子 文  朝倉 世界一 絵  WAVE出版

 ある日、たくさんのホットケーキが集まって、ホットケーキの王さまを選ぼうということになりました。大きいホットケーキ、バターがたっぷりのったホットケーキなど、みんな、自分が王さまにふさわしいとアピールしますが…。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)二宮 由紀子(にのみや・ゆきこ):作家、翻訳家。「ハリネズミのプルプル」シリーズで赤い鳥文学賞を受賞。
 朝倉 世界一(あさくら・せかいいち):漫画家。著書に「デボネア・ドライブ」「春山町サーバンツ」など。

  • まんまるだあれ

 いまもり みつひこ 文・切り絵  アリス館

 まんまるに7つのもよう。だれだかわかるかな?まんまるに、ぐるぐるうずまき。あれあれ、つのがのびてきた。いったい、だれかな?まるから、いろいろな生き物に変身!まんまるが何になるか、あててみよう。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)いまもり みつひこ:1954年滋賀県生まれ。写真家。切り絵による本も多く出版。木村 伊兵衛賞、土門拳賞、産経児童出版文化賞大賞等受賞。著書に「里山物語」「かくれんぼどうぶつえん」など。

  • めしくわぬにょうぼう

 常光 徹 文  飯野 和好 絵  童心社

 村一番のけちで欲ばりの男が嫁にした、めしをくわないと言う娘は、頭にある大きな口でめしをくうばけものだった。やまんばの姿になった娘から逃げ出した男が、ショウブとヨモギの中に飛びこむと…。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

(著者紹介)常光 徹(つねみつ・とおる):1948年高知県生まれ。国立歴史民俗博物館名誉教授。著書に「学校の怪談」など。
 飯野 和好(いいの・かずよし):1947年埼玉県生まれ。「みずくみに」で日本絵本賞を受賞。

  • もぐらのモリスさんおうちにかえりたい!

 ジャーヴィス 作  青山 南 訳  BL出版

 もぐらのモリスさんは、つかれています。早く家に帰りたい。でも、大変!メガネがなくなりました。「大丈夫、帰れる!」と、目がよく見えないまま家をめざしますが…。(対象:幼児(0歳から5歳))

(著者紹介)ジャーヴィス:イラストレーター、アニメーター等ビジュアル分野で活躍するクリエーター。「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」でVアンドAイラストレーション・アウォードのベスト・イラストレーション賞受賞。

  • ようかいしりとり

 おくはら ゆめ 作  こぐま社

 妖怪のことならなんでも知っている「ようかいはかせ」のところに、妖怪の名前でしりとり対決しようと、妖怪たちがやってきて…。NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で人気のうたをもとにした絵本。見返しにも絵あり。(対象:幼児(3歳から5歳))

(著者紹介)おくは らゆめ:1977年兵庫県生まれ。辻学園日本調理師専門学校卒業。「ワニばあちゃん」でMOE絵本屋さん大賞新人賞、「くさをはむ」で講談社出版文化賞絵本賞受賞。

お問い合わせ

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る