このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

新刊図書案内(平成29年6月)

最終更新日:2017年6月1日

一般書

図書館

  • 学校図書館のアイデア&テクニック 来館待ってます!手軽にトライ

 秋田 倫子 著  少年写真新聞社

 使いやすい書架見出しの作り方、補強フィルムのかけ方のコツ、利用者とのコミュニケーションのきっかけを作る仕掛けなど、学校図書館の現役司書が実践してきた工夫を紹介。「図書館教育ニュース」解説付録の連載に加筆修正。(分類:017アキ)

 (著者紹介)秋田 倫子(あきた・りんこ):1971年熊本生まれ。熊本県の県立学校の学校司書(学校図書館事務職員)。学校図書館問題研究会会員。

  • 学校司書という仕事

 高橋 恵美子 著  青弓社

 児童・生徒が「自分で課題を見つけて、主体的に判断し、問題を解決する力を育てる」ためには。学校図書館ができることや、図書館サービスの意味などを、具体例を引きながら紹介し、学校司書という仕事をガイドする。(分類:017タカ)

 (著者紹介)高橋 恵美子(たかはし・えみこ):1949年北海道生まれ。長年にわたって神奈川県立高等学校に学校司書として勤務。東京大学大学院博士課程在籍。法政大学兼任講師、東京学芸大学非常勤講師、日本図書館協会学校図書館部会長。

本・読書

  • 美篶堂(みすずどう)とはじめる本の修理と仕立て直し

 美篶堂 著  本づくり協会 監修  河出書房新社

 絵本のちぎれたページを直したり、旅のガイドブックから1カ国分だけ抜き出してコンパクトにしたり-。大切な本を長く楽しむための、修理のテクニックと仕立て直しのアイデアを紹介する。(分類:022.8ミス)

百科事典

  • 異名・ニックネーム辞典

 杉村 喜光 編著  三省堂

 海のキュウリ、近代オリンピックの父、東洋のマンチェスターなど。動植物の名前から人名・地名まで、古今東西の異名・ニックネームの意味や由来、使用域などを説明した辞典。「もう一つのネーミング」にまつわる情報が満載。(分類:031.8スキ)

 (著者紹介)杉村 喜光(すぎむら・よしみつ):静岡県生まれ。雑学系ライター。雑学系サイト「知泉」をオープン。著書に「知泉」「静岡県の雑学「知泉」的しずおか」「雑学王・知泉の日めくりうんちく劇場」など。

心理

  • あなたのその「忘れもの」コレで防げます Nなるほど!の本

 芳賀 繁 著  NHK出版

 心理学で「忘れもの」は減らすことができる。忘れものを心理学の立場から解説し、生活の様々なシチュエーションのなかで起こしがちな忘れものの原因と背景、そして解決策を提案。子どもの忘れものへの対処法も取り上げる。(分類:141.3ハカ)

 (著者紹介)芳賀 繁(はが・しげる):京都大学大学院修士課程(心理学専攻)修了。立教大学現代心理学部心理学科教授。博士(文学)。専門は産業心理学、交通心理学、人間工学。著書に「失敗の心理学」など。

歴史

  • 図説アイルランドの歴史

 山本 正 著  河出書房新社

 巨石文化、聖パトリック、イギリスによる植民地支配、ジャガイモ飢饉と海外移民-。豊かな文化を育むも苦難の歴史を歩んできたアイルランドの、古代から現代までを俯瞰する通史。北アイルランド紛争と和平プロセスにも触れる。(分類:233.9ヤマ)

 (著者紹介)山本 正(やまもと・ただし):1958年京都市生まれ。大阪大学大学院文学研究科史学専攻博士課程単位取得退学。大阪経済大学経済学部教授。日本アイルランド協会副会長。著書に「「王国」と「植民地」」など。

伝記

  • 日本人物レファレンス事典 商人・実業家・経営者篇

 日外アソシエーツ 株式会社 編集   日外アソシエーツ

 国内で刊行された人物事典、百科事典、歴史事典などに掲載されている、古代から現代までの日本の商人・実業家・経営者の総索引。様々な業種で経営活動を営む16,067人、事典項目のべ50,982件を収録。(分類:R281ニホ)

  • 宮武外骨 頓智と反骨のジャーナリスト

 平凡社

 明治期に活躍した奇才ジャーナリストで編集王の宮武外骨とは何者か。直筆原稿や雑誌、写真など、多数の資料を網羅するとともに、その図抜けた面白さを、吉野孝雄、松田哲夫、南伸坊ら、多彩な執筆陣による解説で紹介する。(分類:289.1ミヤ)

  • ライト兄弟 イノベーション・マインドの力

 デヴィッド・マカルー 著  秋山 勝 訳  草思社

 1903年12月17日、世界ではじめて有人の動力飛行に成功したライト兄弟。人類を地上から解き放つ革新技術を実現させた兄弟の苦闘と家族の愛情に支えられた足跡を、膨大な資料を駆使して描いた評伝。(分類:289.3ライ)

 (著者紹介)デヴィッド・マカルー:1933年ピッツバーグ生まれ。イェール大学卒業。作家、歴史家。ピュリッツァー賞受賞。「海と海をつなぐ道」で全米図書賞受賞。2006年、大統領自由勲章受章。

民俗・文化

  • 中国文化事典

 中国文化事典編集委員会 編  丸善出版

 中国のさまざまな文化を図版を交えて解説。歴史、地理、思想、言語、文学、生活など8つのテーマを取り上げ、1項目2から4ページでまとめる。見出し語五十音索引、事項・人名索引付き。見返しに地図あり。(分類:R292.2チュ)

  • 「和の食」全史 縄文から現代まで長寿国・日本の恵み

 永山 久夫 著  河出書房新社

 クリやイノシシの肉で作った縄文クッキー、天平貴族が好んだ乳製品、戦国武士の出陣食、ユネスコ無形文化遺産に登録された和食-。食文化史の第一人者が、和の食1万年の変遷と真髄を解き明かす。(分類:383.8ナカ)

 (著者紹介)永山久夫(ながやま・ひさお):1932年福島県生まれ。食文化史研究家。長寿食研究所所長。古代から明治時代までの食復元の第一人者。著書に「絵でみる江戸の食ごよみ」「和食ことわざ事典」など。

海外紀行・旅行記

  • 猿神のロスト・シティ 地上最後の秘境に眠る謎の文明を探せ

 ダグラス・プレストン 著  鍛原 多惠子 訳  NHK出版

 中米ホンジュラスに伝わる謎の古代都市群「猿神王国」伝説。ジャングルの脅威と政情不安に阻まれた人跡未踏の地を、最新テクノロジーを駆使して探検。一大発見をスリリングに描き出す考古学アドベンチャー・ノンフィクション。(分類:295.7フレ)

 (著者紹介)ダグラス・プレストン:1956年マサチューセッツ州生まれ。アメリカ自然史博物館にライター兼編集者として勤務し、プリンストン大学でライティングを教えた。「ナショナルジオグラフィック」などに寄稿。

社会思想・政治思想

  • 国旗で知る国際情勢

 ティム・マーシャル 著  田口 未和 訳  原書房

 国旗に表現された様々な意味と願望を読み解き、現代社会に重ね合わせていくと、世界の骨組みが見えてくる-。国旗に記された国民性や価値観、歴史と地政学的条件を紹介し、なぜ国旗に愛着を覚えるのかを明らかにする。(分類:311.3マシ)

 (著者紹介)ティム・マーシャル:1959年イギリス生まれ。コソヴォ紛争やアフガニスタン侵攻、アラブの春など国際情勢の最前線を現地取材してきたジャーナリスト、ブロードキャスター。著書に「恐怖の地政学」がある。

  • ポピュリズムとは何か

 ヤン=ヴェルナー・ミュラー 著  板橋 拓己 訳  岩波書店

 ポピュリズムとは何を意味するのか。民主主義とどのように区別できるのか。気鋭の政治思想史家が、古今の様々なポピュリズム現象やポピュリストの論理を緻密に分析。定義づけを試みるとともに、対処法も示す。(分類:311.7ミュ)

 (著者紹介)ヤン=ヴェルナー・ミュラー:1970年ドイツ生まれ。オックスフォード大学で博士号取得。プリンストン大学政治学部教授。著書に「カール・シュミットの「危険な精神」」がある。

政治・行政

  • 国会を考える

 大石 眞編 著  大山礼子 編著  山本 龍彦 ほか執筆  三省堂

 日本の国会の何が問題なのか。アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・韓国・インドの議会を俯瞰しつつ、その将来像を探る。主要国議会の構成と運用比較のための資料も掲載。(分類:314コッ)

 (著者紹介)大石 眞(おおいし・まこと):京都大学名誉教授。
 大山 礼子(おおやま・れいこ):駒澤大学法学部教授。

外交・国防・国際関係

  • 尖閣諸島と日中外交 証言・日中米「秘密交渉」の真相

 塩田 純 著  講談社

 いま日中が直面する危機の核心とは-。日中関係史を映像化してきたNHKのプロデューサーが、日中米外交の大転換期にクローズアップされた東シナ海の島々をめぐる現実を描く。見返しに地図あり。(分類:319.1シオ)

 (著者紹介)塩田 純(しおだ・じゅん):1960年東京都生まれ。東京大学文学部社会学科卒業。NHK文化・福祉番組部エグゼクティブ・プロデューサー。アジア現代史のドキュメンタリーに取り組む。著書に「ガンディーを継いで」等。

憲法

  • 高校生のための憲法入門

 斎藤 一久 編著  三省堂

 現代における憲法学の到達点を、高校生にもわかりやすく説明する入門書。校則での男女交際禁止、少年の実名報道、消費税アップ、9条と沖縄など、憲法に関わる事例を具体的に解説する。憲法がより身近に感じるコラムも掲載。(分類:323.1サイ)

 (著者紹介)斎藤 一久(さいとう・かずひさ):早稲田大学大学院法学研究科博士課程後期課程満期退学。東京学芸大学教育学部准教授。編著に「高校生のための選挙入門」など。

司法・裁判

  • 最新刑事訴訟法のしくみ 図解で早わかり

 木島 康雄 監修  三修社

 イメージしにくい「刑事訴訟」の全体像、基本事項をやさしく解説。刑事訴訟法の基本原則から、捜査、逮捕・勾留、取調べ、公訴提起、公判、判決まで網羅する。平成28年5月成立の刑事訴訟法改正に対応。(分類:327.6サイ)

国際法

  • ビジュアルテキスト国際法

 加藤 信行 編著  植木 俊哉 編著  森川 幸一 編著  真山 全 編著  酒井 啓亘 編著  立松 美也子 編著  有斐閣

 はじめて国際法を学ぶ人に向けた入門書。視覚を通じて国際法の具体的なイメージが浮かぶよう、写真や地図、図表を豊富に盛り込み、初学者の目線に立ってコンパクトに解説する。(分類:329ヒシ)

 (著者紹介)加藤 信行(かとう・のぶゆき):北海学園大学教授。
 植木 俊哉(うえき・としや):東北大学教授。

経済

  • お金の悪魔 フェおばさんの経済学レクチャー

 H.M.エンツェンスベルガー 著  丘沢 静也 訳  小野寺 舞 訳  晶文社

 お金は便利な発明だけど、お金の問題には危険や罠もひそんでいる。大金持ちのフェおばさんと3人の子どもたちのおしゃべりを通して、お金の歴史をひもとき、現代の世界経済を学ぶ入門書。(分類:331エン)

 (著者紹介)H.M.エンツェンスベルガー:1929年生まれ。ドイツの詩人・作家・評論家・編集者。著書に「エンツェンスベルガー全詩集」「数の悪魔」など。

社会・時事

  • 日本の人口動向とこれからの社会 人口潮流が変える日本と世界

 森田 朗 監修  国立社会保障・人口問題研究所 編  東京大学出版会

 個人の生き方から地域コミュニティ、一国の社会経済、世界の動勢まで、日本と世界の人口動向について、さまざまな角度からの分析を紹介し、人口学の知見を提供する。(分類:334.3ニホ)

  • ASD(アスペルガー症候群)、ADHD、LD職場の発達障害 職場内での悩みと問題行動を解決しサポートする本

 宮尾 益知 監修  河出書房新社

 「上司が理解してくれない」「同僚との人間関係に悩む」「仕事が長続きしない」-。ASD(アスペルガー症候群)、ADHD 、LDの人の特性から、職場で起きる「困難」を減らす対応と治療法、適切な支援の方法までを解説。(分類:366.2エエ)

  • ちょっとしたことでうまくいく発達障害の人が上手に働くための本

 對馬 陽一郎 著  林 寧哲 監修  翔泳社

 発達障害の特徴に苦しむ社会人のためのビジネススキルのアイデアを紹介。「仕事に集中できない」「ケアレスミスが多い」といった、ありがちな悩みの原因や具体的な解決アイデアを、施設での事例をベースに解説する。(分類:366.2ツシ)

 (著者紹介)對馬 陽一郎(つしま・よういちろう):特定非営利活動法人さらプロジェクト入職。就労移行支援事業所「さら就労塾@ぽれぽれ」にて、パソコンや事務作業を中心とした職業訓練を担当する。

  • はじめてのジェンダー論

 加藤 秀一 著  有斐閣

 いまだに不当な性差別や性暴力がはびこる現代社会。人はなぜ、女か男かという性別にこだわるのか。その(分類)をいかに意味づけ、社会制度に組み込んでいるのか。(分類)する実践に着目したジェンダー論の入門書。(分類:367.1カト)

 (著者紹介)加藤 秀一(かとう・しゅういち):1963年生まれ。東京大学大学院社会学研究科Aコース博士課程単位取得退学。明治学院大学社会学部教授。著書に「性現象論」「(恋愛結婚)は何をもたらしたか」など。

  • 世界の産声に耳を澄ます

 石井 光太 著  朝日新聞出版

 劣悪な環境に生きる人々は、いかにしてお産や育児をしているのか。ミャンマー、グアテマラ、ホンジュラス、フィリピン、タンザニアなどを旅し、悲しみの現場から「希望」を見つめる。「小説トリッパー」連載を加筆修正。(分類:368イシ)

 (著者紹介)石井 光太(いしい・こうた):1977年東京都生まれ。国内外を舞台にしたノンフィクションを中心に、児童書、小説など幅広く執筆。著書に「物乞う仏陀」「幸せとまずしさの教室」「蛍の森」など。

サブカルチャー

  • NHKニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論

 宮沢 章夫 著  大森 望 著  泉 麻人 著  輪島 裕介 著  都築 響一 著  さやわか 著  NHK「ニッポン戦後サブカルチャー史」制作班 編著  NHK出版

 NHK「ニッポン戦後サブカルチャー史2 DIG 深掘り進化論」から生まれた本。「ニッポン女子高生史」「SFは何を夢見るか」など6つのテーマから、耽溺という「技」で戦後ニッポン、そして世界を読み解く。(分類:361.5エヌ)

 (著者紹介)宮沢 章夫(みやざわ・あきお):1956年生まれ。劇作家・演出家・作家。早稲田大学教授。「遊園地再生事業団」で活動、「ヒネミ」で岸田 國士戯曲賞受賞。
 大森 望(おおもり・のぞみ):書評家、翻訳家、SFアンソロジスト。日本SF大賞特別賞等を受賞。

社会保障

  • 教養としての社会保障

 香取 照幸 著  東洋経済新報社

 年金を改革し、介護保険をつくった異能の元厚労官僚が、社会保障の全体像、社会保障と経済や政治との関わりを「市民目線」で解き明かし、社会保障を「一般教養」として理解できるよう、わかりやすく解説する。(分類:364カト)

 (著者紹介)香取 照幸(かとり・てるゆき):1956年生まれ。東京都出身。東京大学法学部卒業。厚生省(現厚生労働省)入省。厚生労働省雇用均等・児童家庭局長等を経て退官。在アゼルバイジャン共和国日本国特命全権大使。

経営・ビジネス

  • 働けるうちは働きたい人のためのキャリアの教科書

 木村 勝 著  朝日新聞出版

 人生1990年時代、あなたの選択は。経験豊富な人事・中高年キャリアのプロが、自らキャリアを選び取り、したたかに実行していくために必要かつ実践的な人事知識やキャリアチェンジのノウハウを伝授する。(分類:366.2キム)

 (著者紹介)木村 勝(きむら・まさる):1961年東京都生まれ。一橋大学社会学部卒業。中高年専門ライフデザインアドバイザー。電気通信大学特任講師。行政書士(杉並支部所属)。「リスタートサポート木村 勝事務所」開設。

福祉・介護

  • 超図解認知症介護 ケアとサポートが楽になる

 米山 淑子 監修  朝田 隆 医学監修  朝日新聞出版

 認知症の医学的な基本情報から、認知症の予防法、介護の実際と介護支援の行政的な仕組みと取り組み、その活用法までを網羅し、わかりやすく図解。周辺症状(BPSD)への対応方法も紹介する。(分類:369.2チョ)

学校経営

  • ある日うっかりPTA

 杉江 松恋 著  KADOKAWA

 金髪、ヒゲ、サングラスのフリーライターがひょんなことから、息子が通う公立小学校のPTA会長に就任。3年の任期を経て今、感じることとは-。ドタバタ奮闘ルポ。「季刊レポ」連載を書籍化。(分類:374.6スキ)

 (著者紹介)杉江 松恋(すぎえ・まつこい):1968年東京都生まれ。慶應義塾大学卒業。国内外のミステリをはじめとする文芸書やノンフィクションなどについて書評・評論活動を展開。

保育・幼児教育

  • 写真で紹介 園の避難訓練ガイド

 天野 珠路 編著  かもがわ出版

 新制度、新指針・新要領によりますます重視される「災害への備え」。9つの園の避難訓練の実際を写真で紹介し、それぞれの保育施設の立地条件や地域とのつながりのなかで、どんな避難ができるかを考える。チェックリスト付き。(分類:376.1アマ)

 (著者紹介)天野 珠路(あまの・たまじ):鶴見大学短期大学部教授。専門は幼児発達学、保育学。保育士初の厚生労働省保育指導専門官などを務めた。

教育

  • 通信制高校のすべて 「いつでも、どこでも、だれでも」の学校

 手島 純 編著  阿久澤 麻理子 ほか著  彩流社

 通信制高校の基礎知識や役割、歴史から、公立・私立・株式会社立通信制高校、サポート校、通信教育をめぐる思想などまで、各ジャンルの専門家が通信制高校の真実の姿を解説する。関連書籍・論文案内、座談会も収録。(分類:376.4テシ)

 (著者紹介)手島 純(てしま・じゅん):神奈川県立高校社会科教員として通信制高校・定時制高校・全日制高校で35年間勤務。星槎大学教授。日本通信教育学会理事。日本教師教育学会所属。著書に「これが通信制高校だ」など。

地球科学・気象

  • 歩いてわかった地球のなぜ!?

 松本 穂高 著  山川出版社

 ペンギンはなぜ南半球だけにいるのか。伏見の酒はなぜうまいのか。石油はなぜ砂漠に眠るのか。著者が世界中を歩いて探った地球上の風景の中にある51の素朴な疑問を、「自然地理」を軸に解き明かす。(分類:450マツ)

 (著者紹介)松本 穂高(まつもと・ほたか):1973年生まれ。茨城県出身。博士(環境科学)。茨城県立土浦第一高等学校教諭。

  • 深読み!絵本「せいめいのれきし」

 真鍋 真 著  岩波書店

 半世紀以上にわたって読み継がれてきた絵本「せいめいのれきし」の改訂版を監修した恐竜博士が、絵本の中には盛り込めなかった知識や、最新の研究成果などを解説する。「科学」掲載を書籍化。(分類:457マナ)

 (著者紹介)真鍋 真(まなべ・まこと):1959年生まれ。英国ブリストル大学理学部PhD課程修了。博士(理学)。標本資料センター・コレクションディレクター、分子生物多様性研究資料センター・センター長。

動物学

  • ハヤブサ その歴史・文化・生態

 ヘレン・マクドナルド 著  宇丹 貴代実 訳  白水社

 人間はなぜこんなにもハヤブサに心惹かれるのだろうか。数千年におよぶ鷹狩りと猛禽類の文化史について深く掘り下げると同時に、解剖学、生理学、狩りの手法、飛翔の仕組み、種の保全活動の理念および実践について考察する。(分類:488.7マク)

 (著者紹介)ヘレン・マクドナルド:イギリスの作家、詩人、画家。ケンブリッジ大学科学史・科学哲学科で学ぶ。同大学特任研究員。「オはオオタカのオ」でサミュエル・ジョンソン賞、コスタ賞を受賞。

医学

  • 下肢静脈瘤 最新の日帰り治療できれいな足を取り戻す イラスト版

 広川 雅之 監修  講談社

 足の静脈が浮き出て、小さなコブのようになっている。赤紫色の細い血管が透けて見える-。下肢静脈瘤の正体から受診先の選び方、血行改善の生活術まで、最新の下肢静脈瘤治療をイラストとともに徹底解説する。(分類:493.2カシ)

  • ようこそ、認知症カフェへ 未来をつくる地域包括ケアのかたち

 武地 一 著  ミネルヴァ書房

 認知症の人と家族、地域住民、専門職など、誰もが参加でき、集う場としての認知症カフェ。認知症カフェに必要な医療・ケア・施策の基礎知識や、スタッフの心得などを、各地の取り組み事例とともに紹介する。(分類:493.7タケ)

 (著者紹介)武地 一(たけち・はじめ):1961年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学医学部附属病院に物忘れ外来開設。日本内科学会総合内科専門医。NPO法人オレンジコモンズ理事長。京都認知症カフェ連絡会代表世話人。

  • 卵アレルギーの子どものためのおいしいおやつとごはん

 大矢 幸弘 監修  hiro 料理  成美堂出版

 プリンやショートケーキ、マヨネーズやフライなど、卵アレルギーのある子どものための、卵なしおやつと食事の93レシピを紹介。食物アレルギーのしくみや、アレルギーの子どもとの暮らし方なども掲載する。(分類:493.9タマ)

  • がん治療中の女性のためのLIFE&Beauty

 さとう 桜子 著  主婦の友社

 素肌をいたわるスキンケア、キレイを装うメイク、清潔を保つボディケアなど。がんの体験をもとに、自身が行ったスキンケアやメイクの工夫、日常を快適にするアイテムなどを紹介する。がんと診断されたときの心がまえなども語る。(分類:494.5サト)

 (著者紹介)さとう 桜子(さとう・さくらこ):ビューティーライフアドバイザー、ソシオエステティシャン。がん患者向けビューティーサロン「CELENITE(セレナイト)」代表。

  • 知らないと危ない!ズルい食品ヤバい外食

 河岸 宏和 著  永岡書店

 えっ、卵の賞味期限はウソだらけなの。 食品管理のプロが教える、安全で美味しい食生活の守り方。さまざまな角度から、買っていい食品とダメな食品、通っていいお店とダメなお店を見抜くコツをあますことなく紹介。(分類:498.5カワ)

 (著者紹介)河岸宏和(かわぎし・ひろかず):1958年北海道生まれ。帯広畜産大学卒業。食品安全教育研究所代表。毎年100か所以上の食品工場、厨房などの点検、教育を行う。著書に「スーパーの裏側」など。

医療・衛生

  • みんなの検索が医療を変える 医療クラウドへの招待

 ラド・ヨム=トフ 著  石川 善樹 監修  山本 久美子 訳  NTT出版

 病気の患者や家族たちの医療・健康に関する検索データを活用すれば、医療に対して新たな貢献ができるのではないか-。データサイエンティスト、医療に挑む!予防医学研究者・石川善樹による解説付き。(分類:498ヨム)

 (著者紹介)イラド・ヨム=トフ:イスラエル出身。イスラエル工科大学で博士号取得。ヤフー・リサーチ、IBMリサーチを経て、マイクロソフト・リサーチ主席研究員。

乗り物

  • 洗車のテクニック&メンテナンス クルマ本来の輝きを取り戻すプロの技術を伝授!

 カーケアジャパン 監修  成美堂出版

 台所用中性洗剤を使うエコ洗車を、ボディ、ホイール、タイヤなどパーツごとに作業手順にそって解説。インテリア、エンジンルーム、バイクの洗車方法、洗車機・洗車グッズの選び方、クルマの基本メンテナンスも紹介する。(分類:537.7セン)

工学・工業

  • 錆・腐食・防食のすべてがわかる事典 最新オールカラー図解

 藤井 哲雄 監修  ナツメ社

 錆はどのような化学的反応によって発生するのか。錆発生のメカニズム、環境による腐食の違い、各種金属の腐食、防食の方法などを、オールカラーの図や写真を使ってわかりやすく解説する。(分類:563.7サヒ)

工作・手芸・クラフト

  • 飾り結びもできるおしゃれな作り帯 帯を切らずにアレンジ自在!

 和らく会 著  河出書房新社

 帯結びがいらない作り帯があれば、誰でも簡単に美しく着物を着ることができます。名古屋帯や袋帯で作る基本の帯結びから飾り結びまで、帯を切らずに畳んで、糸でぬいとめるだけの作り帯の仕立て方をプロセス写真で紹介します。(分類:593.1カサ)

  • はじめての手作りアロマストーン 石こうと精油で作る香りのオブジェ

 平山 りえ 著  世界文化社

 石こうでできたストーンに精油をしみ込ませ、香りを楽しむアロマストーン。華やかでバリエーション豊富なアロマストーンの作り方をはじめ、使い方アイデア、ラッピングアイデア、アロマの選び方などを紹介する。(分類:751.8ヒラ)

 (著者紹介)平山 りえ(ひらやま・りえ):一般社団法人リリエルキャンドルアート協会代表。キャンドルアーティスト。キャンドル講師を養成する講座を開くほか、個展や催事を行う。

家政・家事

  • 毎日おしゃれに暮らすクローゼットのルール

 エクスナレッジ

 収納とファッションのプロが、自宅のクローゼットを写真とともに紹介。たたみ方、便利グッズ、片づけの工夫、着こなしルールなど、「Myクローゼット」のつくり方を伝授する。(分類:593.5マイ)

料理

  • 「乳酸発酵漬け」の作りおき 野菜、乾物、果実、肉・魚から、米みそ、豆みそ、中国の発酵調味料まで

 荻野 恭子 著  文化学園文化出版局

 塩を溶かした水に、野菜、乾物、果実、肉や魚を漬けるだけ。常備すれば、毎日の食事で手軽に乳酸発酵食をとることができます。「乳酸発酵漬け」とその展開料理、さらには、中国の発酵調味料の作り方も紹介。(分類:596.3オキ)

 (著者紹介)荻野 恭子(おぎの・きょうこ):東京生まれ。女子栄養短期大学卒。料理研究家、栄養士。「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。TVの料理番組や雑誌で活躍。著書に「家庭で作れるロシア料理」など。

  • 夢をかなえるノンシュガーパフェ ヘルシーでかんたんな魔法のデザート

 今井 洋子 著  主婦の友インフォス

 基本はまぜて冷やすだけ。チョコパフェ、スペシャルいちごパフェ、ブラウニーとアイス、トマトパフェなど。砂糖、牛乳、卵、生クリーム、バターを使わず、体に優しい素材で作るパフェを紹介する。トッピングの作り方も掲載。(分類:596.6イマ)

 (著者紹介)今井 洋子(いまい・ようこ):マクロビオティックをベースにした料理教室「roof」を主宰。著書に「ノンシュガー&ノンオイルで作るアイスクリーム、シャーベット」など。

  • 魔法のゼリー 冷やすと2つの“層”ができる、不思議でおいしいお菓子

 荻田 尚子 著  主婦と生活社

 1つのゼリー液、1度の冷蔵で2層に!簡単なのにリッチな食感と見ばえのゼリーは、まさに魔法。フランス流「ジュレ」のような高級感あふれるぷるぷる&まろやかな魅惑のデザートと前菜のレシピを紹介します。(分類:596.6オキ)

 (著者紹介)荻田 尚子(おぎた・ひさこ):大学卒業後、製菓専門学校、フランス菓子店を経て、料理研究家・石原洋子のアシスタントを務めたのち独立。菓子研究家。著書に「魔法のケーキ」「キューブ型のお菓子とパン」など。

  • コウケンテツのおやつめし 2  「食べたがらない子」も大よろこび!

 コウ ケンテツ 著  クレヨンハウス

 山芋と納豆のお好み焼き、ズッキーニのパウンドケーキ、くるみ餅など。ごはんだけでは摂りきれない栄養を補ってくれるごはんのようなおやつ「おやつめし」のレシピを紹介。「月刊クーヨン」掲載を加筆・修正し、再編集。(分類:596.6コウ)

 (著者紹介)コウ ケンテツ:大阪府出身。旬の素材を活かした簡単でヘルシーなメニューを提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍。

  • 世界の郷土菓子 旅して見つけた!地方に伝わる素朴なレシピ

 郷土菓子研究社・林 周作 著  河出書房新社

 西欧、東欧、南欧、南コーカサス、中東、アジアを自転車で旅し、各地で触れた郷土菓子。32か国300種以上から厳選し、日本で手に入る材料で工夫したレシピを紹介する。各地の旅日記も掲載。(分類:596.6ハヤ)

 (著者紹介)郷土菓子研究社・林 周作(はやし・しゅうさく):1988年京都府生まれ。エコール辻大阪フランス・イタリア料理課程卒業。郷土菓子研究者。Binowa Cafeオープン。著書に「THE PASTRY COLLECTION」がある。

  • はちみつスイーツ

 若山 曜子 著  家の光協会

 クレープ、スムージー、カステラ、ロールケーキ、プリンなど。朝食にもなるスイーツから、プレゼントしたい焼き菓子まで、自然な優しい甘さの、はちみつの魅力が詰まったスイーツのレシピを紹介します。(分類:596.6ワカ)

 (著者紹介)若山 曜子(わかやま・ようこ):ル・コルドンブルーパリ等を経て、フランス国家調理師資格(C.A.P)取得。料理・菓子研究家。著書に「バターで作る/オイルで作るクッキーと型なしタルトの本」など。

育児

  • フリージングで作りおき離乳食 5か月~1歳半まで

 松尾 みゆき 著  新星出版社

 毎日レシピに悩まない。1週間のごはんが冷凍ストックで作れちゃう。5か月から1歳半まで使える、フリージング離乳食のレシピを紹介。1日2食、3食に完全対応し、パクパク食べてくれる工夫も満載です。(分類:599.3マツ)

 (著者紹介)松尾 みゆき(まつお・みゆき):管理栄養士、料理研究家。著書に「はじめてでもカンタン離乳食」「おうちで作れるかわいいおすし」など。

農林水産業

  • まるごとわかるトマト 基礎知識、栽培技術、国内品種から野生種まで完全網羅

 田淵 俊人 著  誠文堂新光社

 トマトの歴史や形態的、生理的特徴などの基礎知識、栽培方法の解説に加え、国産品種・海外品種・野生種も紹介するトマト関係者必携の一冊。「農耕と園芸」連載を大幅に加筆・修正して書籍化。(分類:626.2タフ)

 (著者紹介)田淵 俊人(たぶち・としひと):1959年島根県生まれ。東北大学大学院農学研究科博士(農学)。玉川大学農学部教授。園芸学全般、特に解剖学や組織化学などにおいて幅広く研究を行う。

  • アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか 樹木19種の個性と生き残り戦略

 渡辺 一夫 著  築地書館

 「森の案内人」のエキスパートによる、本格的樹木ガイド。北海道から九州まで、日本の山野に自生する19種の樹木を取り上げて、その個性と生き残り戦略について、さまざまなエピソードとともに解説する。(分類:653.2ワタ)

 (著者紹介)渡辺 一夫(わたなべ・かずお):1963年横浜市生まれ。東京農工大学大学院修了。森林インストラクター。農学博士。著書に「森林観察ガイド」「イタヤカエデはなぜ自ら幹を枯らすのか」など。

食品・食文化

  • タマネギとニンニクの歴史

 マーサ・ジェイ 著  服部 千佳子 訳  原書房

 主役ではないが絶対に欠かせず、吸血鬼を撃退し血液と心臓に良い。古代メソポタミアから現代まで、タマネギやニンニクなどのアリウム属と人間の深い関係を描く。暮らし、戦争、医療、魔術など意外な逸話を満載。レシピ付き。(分類:626.5シェ)

 (著者紹介)マーサ・ジェイ:ロンドンを拠点に、食や歴史に関するライターおよび編集者として活動。

ガーデニング・園芸

  • はじめてのスワッグ

 岡本 典子 著  文化学園文化出版局

 「スワッグ」は壁などに飾る花束のようなもの。ただ束ねてつるすだけ、とても気軽に取り入れられます。天井からつるす、縦横のスペースやコーナーを飾るスワッグから、つるさずに楽しむスワッグまで、それぞれの作り方を紹介。(分類:627.9オカ)

 (著者紹介)岡本 典子(おかもと・のりこ):恵泉女学園短期大学園芸生活学科卒業。イギリスに花留学し花コンペティションにて多数の優勝や入賞を果たす。国家技能資格上級を取得。花生師。Tiny N主宰。著書に「花生活のたね」など。

商業

  • 世界の美しい市場

 エクスナレッジ

 かわいい民芸品市から、地元飯がおいしい夜市、イルミネーションが美しいクリスマスマーケットまで、買って、食べて、見て楽しい世界各地の市場をガイドする。アクセス情報やMAPなども満載。データ:2017年3月現在。(分類:673.7セカ)

絵画・版画

  • ブリューゲルの世界

 森 洋子 著  新潮社

 「バベルの塔」をはじめとする、画家ブリューゲルの全真筆41点を、「生涯」「広場の世界」「聖書の世界」「農民の世界」「寓意画の世界」の5つの切り口で世界的研究者が徹底解説。5世代にわたる一族の活躍などにも触れる。(分類:723.3フリ)

 (著者紹介)森 洋子(もり・ようこ):新潟県生まれ。美術史家、明治大学名誉教授。ベルギー王立考古学アカデミー外国人会員。ベルギー国王より王冠勲章シュヴァリエ章受章。著書に「ブリューゲルの諺の世界」など。

児童文学研究・絵本研究

  • 子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

 西巻 茅子 著  こぐま社

 子どもたちから学んだ絵を描くことの原点、絵本づくりで大切にしてきたこと、そして、自らの子ども時代の記憶-。日本を代表するファンタジー絵本「わたしのワンピース」の作者の、書き下ろしエッセイ集。(分類:726.6ニシ)

 (著者紹介)西巻 茅子(にしまき・かやこ):1939年東京生まれ。東京芸術大学工芸科卒業。「ボタンのくに」で絵本デビュー。「ちいさなきいろいかさ」で産経児童出版文化賞、「えのすきなねこさん」で講談社出版文化賞絵本賞受賞。

書道

  • 書のひみつ

 古賀 弘幸 著  佐々木 一澄 イラスト  朝日出版社

 中国や日本で、古代から尊ばれてきた「書」。そこには書き手の息遣いやセンスだけでなく、歴史や宗教など、様々なものが反映されている。王羲之から良寛まで、書のいろいろな見方、面白がり方を幅広く紹介する。(分類:728コカ)

 (著者紹介)古賀 弘幸(こが・ひろゆき):1961年福岡県生まれ。法政大学文学部卒業。出版社勤務を経てフリーランス。大東文化大学書道研究所客員研究員。著書に「文字と書の消息」など。

写真

  • 異郷のモダニズム 満洲写真全史

 竹葉 丈編 著  国書刊行会

 満洲を含む中国各地を記録した「亜東印画輯」、満洲写真作家協会による芸術写真、プロパガンダを彩った華やかなグラフ雑誌など。ヴィンテージ・プリントなど300点を超える写真と論考で、満洲国に注がれた眼差しの変遷を辿る。(分類:748イキ)

 (著者紹介)竹葉 丈(たけば・じょう):1961年生まれ。名古屋市美術館学芸員。写真(史)に関する調査、展覧会企画に携わる。主な企画展覧会に「名古屋のフォト・アヴァンギャルド」「写真家・東松照明全仕事」など。

武術

  • 剣道の新しい教科書 必ず上達する! 基礎から実戦まで、技の極意と応用を伝授!

 高瀬 英治 著  日本文芸社

 足さばき、素振り、竹刀打突など、剣道具を着けるまでの基本稽古と、それらの技術を剣道具を着けてより実戦的な状況で使いこなせるようになるための稽古を連続写真で解説。剣道着・袴と竹刀の知識、礼法等も収録。(分類:789.3タカ)

 (著者紹介)高瀬 英治(たかせ・えいじ):1959年生まれ。東京都出身。剣道教士七段、日本体育協会公認指導者剣道指導員。埼玉県越谷市剣道連盟副会長。越谷剣道クラブ会長。日本大学芸術学部剣道部監督。

芸事・お稽古

  • 茶の湯 時代とともに生きた美

 平凡社

 前史から、わび茶の大成、武家の茶、茶道への展開と利休の道統、近代まで、「茶の湯」の歴史を、茶碗や茶室とともに紹介する。林家 晴三と千 宗室のスペシャル対談、エッセイ「お茶の作法」等も収録。(分類:791.2チャ)

古典文学・文学史・作家論

  • 世界文学大図鑑

 ジェイムズ・キャントン ほか著  沼野 充義日本語版 監修  越前 敏弥 訳  三省堂

 古今東西の「世界文学」の主な潮流を、オールカラーの図版を用いてわかりやすく解説。100冊余りを道しるべとして文学を年代順にたどり、200を超える著作をさらなる読書のために紹介する。(分類:902セカ)

 (著者紹介)ジェイムズ・キャントン:エセックス大学文学部講師。修士課程でワイルド・ライティング(文学と自然環境)を講義する。

  • 乱歩と清張

 郷原 宏 著  双葉社

 江戸川 乱歩と松本 清張。ミステリー界の大御所だって、悩みもすればグチもこぼす。創作はもちろん、ふたりがともに目指したのは何だったのか。それぞれの足跡をたどり、その解を探す知的探求の書。「小説推理」連載を単行本化。(分類:910.2エト)

 (著者紹介)郷原 宏(ごうはら・ひろし):1942年島根県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。詩人、文芸評論家。「カナンまで」でH氏賞、「詩人の妻」でサントリー学芸賞、「松本清張事典決定版」で日本推理作家協会賞受賞。

  • 漱石激読

 石原 千秋 著  小森 陽一 著  河出書房新社

 夏目 漱石の難解とされる「文学論」を明快に解きほぐし、「吾輩は猫である」から「明暗」に至るまで、小説14作品を素材に、漱石文学の豊潤な可能性を阿吽の呼吸で語りつくす。作品あらすじ、登場人物相関図、漱石略年表付き。(分類:910.2ナツ)

 (著者紹介)石原 千秋(いしはら・ちあき):1955年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授(日本近代文学)。
 小森 陽一(こもり・よういち):1953年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授(日本近代文学)。

  • みみずくは黄昏に飛びたつ

 川上 未映子 訊く  村上 春樹 語る  新潮社

 「騎士団長殺し」誕生秘話、創作の極意、少年期の記憶、名声と日常、そして死後のことなど。村上春樹が、自身の最深部を鮮烈な言葉で語る。少女時代からの熱心な愛読者・川上 未映子が、村上 春樹のすべてを訊き尽くした記録。(分類:910.2ムラ)

  • 宇治の結び 上 源氏物語

 紫 式部 著  荻原 規子 訳  理論社

 宇治の地でくりひろげられるドラマチックな恋のいきさつ。「宇治十帖」と呼ばれる「源氏物語」の源氏没後のお話を、荻原 規子がテンポよく訳出。上は、匂宮、橋姫から総角、宿木までを収める。(分類:913.3ムラ)

  • 宇治の結び 下 源氏物語

 紫 式部 著  荻原 規子 訳  理論社

 宇治の地でくりひろげられるドラマチックな恋のいきさつ。「宇治十帖」と呼ばれる「源氏物語」の源氏没後のお話を、荻原規子がテンポよく訳出。下は、東屋、浮舟から手習、夢浮橋までを収める。(分類:913.3ムラ)

小説研究

  • ミステリ国の人々

 有栖川 有栖 著  日本経済新聞出版社

 あの名探偵から、つい見逃してしまう存在まで、古今東西のミステリ小説に登場する52人を通して、作家・有栖川 有栖がミステリの知られざる魅力と奥深さを綴る。「日本経済新聞」連載を単行本化。(分類:902.3アリ)

 (著者紹介)有栖川 有栖(ありすがわ・ありす):1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。本格ミステリ作家クラブ初代会長。有栖川 有栖創作塾塾長。「マレー鉄道の謎」で日本推理作家協会賞、「女王国の城」で本格ミステリ大賞受賞。

詩歌

  • 子規の音

 森 まゆみ 著  新潮社

 病に伏した正岡 子規は、目に映る景色で五感を鍛え、最期まで句や歌を作り続けた。子規を愛してやまない著者が、幕末の松山から東京まで足跡を丹念に辿り、日常生活の中での姿を描き出す傑作評伝。「波」連載に加筆し書籍化。(分類:911.3マサ)

 (著者紹介)森 まゆみ(もり・まゆみ):1954年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。出版社で企画・編集を手がけた後フリーに。地域雑誌「谷中・根津・千駄木」創刊。「鴎外の坂」で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。

小説

  • 貘の耳たぶ

 芦沢 央 著  幻冬舎

 自ら産んだ子を自らの手で「取り替え」た繭子。発覚に怯えながらも息子・航太への愛情が深まる。一方、郁絵は「取り違えられた」子と知らず、息子・璃空を育ててきた。それぞれの子が4歳を過ぎた頃、「取り違え」が発覚し―。

 (著者紹介)芦沢 央(あしざわ・よう):1984年東京生まれ。千葉大学文学部卒業。「罪の余白」で野性時代フロンティア文学賞を受賞してデビュー。ほかの著書に「許されようとは思いません」「いつかの人質」など。

  • 人質オペラ

 荒木 源 著  講談社

 参院選が迫るある日、日本人女性がトルコで人質になった。選挙圧勝を掲げる冷徹な官房長官・安井 聡美は、「自己責任」の世論を盛り上げて「うまくやる」つもりだったが、およそ予測できない展開が待ち受けていて-。

 (著者紹介)荒木 源(あらき・げん):1964年京都府生まれ。東京大学文学部卒業。朝日新聞社会部記者を経て、「骨ん中」で作家デビュー。他の著書に「ちょんまげぷりん」「オケ老人!」など。

  • 鎮憎師

 石持 浅海 著  光文社

 真穂は友人の結婚式の二次会に招かれた。その翌日、出席者の1人が死体で発見される。これは学生時代の「事件」の復讐なのか。真穂は叔父から「鎮憎師」なる人物を紹介され―。「ジャーロ」連載を書籍化。

 (著者紹介)石持 浅海(いしもち・あさみ):1966年愛媛県生まれ。九州大学理学部卒。2002年「アイルランドの薔薇」でデビュー。ほかの著書に「罪人よやすらかに眠れ」「殺し屋、やってます。」など。

  • どんぶらこ

 いとう せいこう 著  河出書房新社

 なぜ自分だけがこんな目に合うのか。終わりなき介護で揺れる日常に沈んだ不安は今日も漂流して―。表題作ほか全3編を収録。「文藝」「三田文學」掲載を単行本化。

 (著者紹介)いとう せいこう:1961年東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。作家、クリエーターとして、活字・音楽・舞台など、多方面で活躍。「想像ラジオ」で野間文芸新人賞を受賞。

  • ライプツィヒの犬

 乾 緑郎 著  祥伝社

 気鋭の劇作家内藤岳は、シェイクスピアの翻案作品で名を馳せた世界的劇作家ギジに師事するためドイツに渡る。だが、ギジは30年ぶりの新作とともに姿を消した。岳はギジの足跡を辿り、彼の経歴から消された闇を知ることに。

 (著者紹介)乾 緑郎(いぬい・ろくろう):1971年東京都生まれ。鍼灸師の傍ら小劇場を中心に舞台俳優、演出家、劇作家として活動。「忍び外伝」で朝日時代小説大賞、「完全なる首長竜の日」で「このミステリーがすごい!」大賞受賞。

  • 家康の遠き道

 岩井 三四二 著  光文社

 家康は悩んでいた―手に入れた天下を死後もどう無事に守り、保ちつづけるのか。戦国を勝ち抜いた「怪物」が辿り着いたこたえとは。戦国武将の心を赤裸々に暴く。「小説宝石」掲載を改題、加筆修正し書籍化。

 (著者紹介)岩井 三四二(いわい・みよじ):1958年岐阜県生まれ。1996年「一所懸命」で小説現代新人賞を受賞してデビュー。「月ノ浦惣庄公事置書」で松本 清張賞、「異国合戦」で本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞。

  • 諦めない女

 桂 望実 著  光文社

 小学1年の娘が忽然と姿を消し狂乱する母。そして数年が経ち、離婚した彼女は今日もひとり、わが子の帰りを待ちながら情報を集めてビラを撒く。失われた時間、果たせなかった親子の絆を求めて―。サスペンス長編。

 (著者紹介)桂 望実(かつら・のぞみ):1965年東京生まれ。「死日記」で「作家への道!」優秀賞を受賞。ほかの著書に「県庁の星」「嫌な女」など。

  • フォークロアの鍵

 川瀬 七緒 著  講談社

 口頭伝承を研究する大学院生・千夏は、老人の「消えない記憶」に興味を持ち、老人養護施設を訪れる。夕方になると脱走を図る老女が発する「おろんくち」という言葉に引っ掛かりを覚えた千夏は―。「小説現代」連載を単行本化。

 (著者紹介)川瀬 七緒(かわせ・ななお):1970年福島県生まれ。文化服装学院服装科・デザイン専攻科卒。「よろずのことに気をつけよ」で江戸川 乱歩賞を受賞し作家デビュー。他の著書に「女學生奇譚」など。

  • ライオン・ブルー

 呉 勝浩 著  KADOKAWA

 田舎町の交番に異動した澤登は、失踪した同期・長原の真相を探っていく。やがて町のゴミ屋敷が放火され、家主・毛利の遺体が見つかる。澤登は長原が失踪直前に毛利に会っていたことを掴むが―。交番警察ミステリ。

 (著者紹介)呉 勝浩(ご・かつひろ):1981年青森県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。「道徳の時間」で江戸川 乱歩賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「蜃気楼の犬」「白い衝動」など。

  • ときどき旅に出るカフェ

 近藤 史恵 著  双葉社

 「苺のスープ」「ロシア風チーズケーキ」など世界のスイーツを出すカフェ・ルーズ。日常のちょっと苦い事件を甘く、優しく解決していき―。読めば心も満たされる「おいしい」連作短編集。「小説推理」連載に加筆し単行本化。

 (著者紹介)近藤 史恵(こんどう・ふみえ):1969年大阪府生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。「凍える島」で鮎川 哲也賞、「サクリファイス」で大藪 春彦賞を受賞。

  • 猫の傀儡

 西條 奈加 著  光文社

 傀儡師となった野良猫・ミスジは、売れない狂言作者を操って、寄せられる悶着に対処していく。やがて一匹とひとりの前に先代傀儡師失踪の真相が立ち現われ-。傑作時「猫」ミステリー。「ジャーロ」掲載ほかを単行本化。

 (著者紹介)西條 奈加(さいじょう・なか):1964年北海道生まれ。「金春屋ゴメス」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。「涅槃の雪」で中山 義秀文学賞、「まるまるの毬」で吉川 英治文学新人賞を受賞。

  • 団塊の後 三度目の日本

 堺屋 太一 著  毎日新聞出版

 2020年東京五輪の後こそ深刻。「天国・日本」の重大危機に若き徳永総理が挑む「三度目の日本」とは。202X年「三度目の日本」に向けて究極の選択が始まる―。堺屋 太一の予測小説。

 (著者紹介)堺屋 太一(さかいや・たいち):1935年大阪市生まれ。東京大学経済学部卒業。作家・経済評論家、内閣官房参与、大阪府及び大阪市特別顧問、元経済企画庁長官。「油断!」で作家デビュー。著書に「団塊の世代」など。

  • しみ

 坂口 恭平 著  毎日新聞出版

 まだ何もやり遂げていなかったけど、ぼくらは自由だった―。誰もが通り過ぎてきた人生の断片を、鮮やかに、ときに痛切に、詩的文体で描きだした青春小説。「ローリングストーン 日本版」連載に加筆し単行本化。

 (著者紹介)坂口 恭平(さかぐち・きょうへい):1978年熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。作家、建築家、音楽家、画家。「幻年時代」で熊日出版文化賞、「家族の哲学」で熊日文学賞を受賞。

  • 会津執権の栄誉

 佐藤 巖太郎 著  文藝春秋

 相次ぐ当主の死、跡目争いによる家中の軋轢、そして奥羽の覇権を目指す伊達 政宗による侵略。会津の名家、芦名家の滅亡までを熱く、克明に描いた連作短編集。「オール讀物」掲載に書き下ろしを追加して単行本化。

 (著者紹介)佐藤 巖太郎(さとう・がんたろう):1962年福島県生まれ。中央大学法学部法律学科卒。「夢幻の扉」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。「啄木鳥」で決戦。小説大賞受賞。

  • サイレント・マイノリティ 難民調査官

 下村 敦史 著  光文社

 内戦状態のシリアから日本へ逃れ、難民認定を切実に訴える父に対して娘は、父は嘘をついていると異なる証言をする。その背後でシリア人男性殺人事件が起き-。難民調査官・如月 玲奈は驚愕の真実へと辿り着く。

 (著者紹介)下村 敦史(しもむら・あつし):1981年京都府生まれ。2014年「闇に香る嘘」で江戸川 乱歩賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「生還者」「真実の檻」など。

  • ラブ・ミー・テンダー

 小路 幸也 著  集英社

 若き日の堀田 我南人は、女子高生・秋実と出会う。アイドルとして活躍する親友・桐子の窮地を救うために東京に来たという彼女のために、(東京バンドワゴン)の一同は一肌脱ぐが―。「東京バンドワゴン」シリーズ、番外長編。

 (著者紹介)小路 幸也(しょうじ・ゆきや):北海道生まれ。広告制作会社退社後、執筆活動へ。「空を見上げる古い歌を口ずさむ」でメフィスト賞を受賞して作家デビュー。ほかの著書に「札幌アンダーソング」など。

  • ショートショート・BAR

 田丸 雅智 著  光文社

 行きつけのBARで勧められた奇妙なお酒。アルコール度数マイナス14%、不思議なお酒の秘密とは。「マイナ酒」をはじめ全21話を収録。1話5分で非日常の世界に酔いしれる、極上のショートショート集。

 (著者紹介)田丸 雅智(たまる・まさとも):1987年愛媛県生まれ。東京大学大学院工学系研究科卒。作家。著書に「夢巻」「海色の壜」など。

  • 追想の探偵

 月村 了衛 著  双葉社

 消息不明の大物映画人を捜し出し、不可能と思われたインタビューを成功させる-。記事を書くために失われた過去を追う女性編集者・神部 実花の取材は、人々の記憶を探る旅でもあった-。「小説推理」連載を単行本化。

 (著者紹介)月村 了衛(つきむら・りょうえ):1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒。2010年小説家デビュー。「コルトM1851残月」で大藪 春彦賞、「土漠の花」で日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。

 辻 仁成 著  集英社

 パリで生れたぼくは、ママを失った後、パパと二人で生きてきた。大人になったぼくは、恋人と共に、パパたちの物語と自らの未来に向き合っていく。家族と愛をめぐる運命的な長編小説。「すばる」掲載を改題して単行本化。

 (著者紹介)辻 仁成(つじ・ひとなり):東京都生まれ。作家・詩人・ミュージシャン・映画監督。「海峡の光」で芥川賞、「白仏」の仏訳版でフランスの代表的な文学賞であるフェミナ賞の外国小説賞を受賞。

  • かがみの孤城

 辻村 深月 著  ポプラ社

 部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が。秘めた願いを叶えるため、7人は城で隠された鍵を探す-。「asta*」連載を大幅に加筆修正して単行本化。

 (著者紹介)辻村 深月(つじむら・みずき):1980年生まれ。千葉大学教育学部卒業。「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。「ツナグ」で吉川 英治文学新人賞、「鍵のない夢を見る」で直木賞受賞。

  • 冬雷

 遠田 潤子 著  東京創元社

 因習に縛られた古い港町の名家に、跡継ぎとして引き取られた孤児の代助。家族や恋人ができ、幸せに暮らしていたが、幼い義弟の失踪が原因で町を出ていくことになった。12年後、義弟が遺体で発見されたという訃報が届き-。

 (著者紹介)遠田 潤子(とおだ・じゅんこ):1966年大阪府生まれ。関西大学卒。2009年「月桃夜」で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「アンチェルの蝶」「鳴いて血を吐く」など。

  • 北条早雲 4  明鏡止水篇

 富樫 倫太郎 著  中央公論新社

 宿敵・足利 茶々丸との最終戦と悲願の伊豆統一、再びの小田原城攻め、そして長享の乱の終結-。己の理想のため鬼と化した男に、もはや安息はない。シリーズ第4弾。「読売プレミアム」掲載を書籍化。

 (著者紹介)富樫 倫太郎(とがし・りんたろう):1961年北海道生まれ。「修羅の跫」で歴史群像大賞を受賞しデビュー。伝奇小説、警察小説、時代・歴史小説など、幅広いジャンルで活躍。著書に「謙信の軍配者」など。

  • 万次郎茶屋

 中島 たい子 著  光文社

 動物園の日陰者・イノシシのみる夢、宇宙飛行士の妻の会、じんわり事件を解決するヒーローなど。読むとちょっと人生がラクになる、すこし不思議な短編集。表題作はじめ全6編を収録する。「小説宝石」ほか掲載を書籍化。

 (著者紹介)中島 たい子(なかじま・たいこ):1969年東京都生まれ。多摩美術大学卒業。放送作家、脚本家を経て「漢方小説」ですばる文学賞受賞。他の著書に「心臓異色」「院内カフェ」など。

  • 凄腕

 永瀬 隼介 著  文藝春秋

 圧倒的な実力と覚悟を持つカリスマ刑事・桜井の後を追い、闇社会と関わりつつ頭角を現した新米刑事・高木は、組対課刑事の洲本とともに、暴力団幹部が惨殺された事件の謎を追うが-。「オール讀物」連載に加筆し単行本化。

 (著者紹介)永瀬 隼介(ながせ・しゅんすけ):1960年鹿児島県生まれ。週刊誌記者を経て独立。フリーのジャーナリストとして主に犯罪ノンフィクションを手掛ける。著書に「サイレント・ボーダー」「ダークシティ」など。

  • ニャンニャンにゃんそろじー

 有川 浩 著  ねこまき 著  蛭田 亜紗子 著  北道 正幸 著  小松 エメル 著  益田 ミリ 著  真梨 幸子 著  ちっぴ 著  町田 康 著  講談社

 NO CATS、NO LIFE。 有川 浩、町田 康、北道 正幸ら、猫好きによる猫好きのための「猫小説×猫コミックス」アンソロジー。「小説現代」掲載に描き下ろしを加え書籍化。

 (著者紹介)有川 浩(ありかわ・ひろ):高知県生まれ。2004年「塩の街」で電撃小説大賞大賞を受賞しデビュー。著書に「旅猫リポート」など。
 ねこまき:イラストレーターとして活動。作品に「ねことじいちゃん」など。

  • ぷろぼの

 楡 周平 著  文藝春秋

 業界大手パシフィック電器の大リストラ。首切り人事部長の悪辣なやり口に憤慨して、NPO「ぷろぼの」の特殊技能者達が立ち上がる。痛快企業エンターテインメント小説。「別册文藝春秋」連載を単行本化。

 (著者紹介)楡 周平(にれ・しゅうへい):1957年生まれ。米国企業在職中に「Cの福音」でデビュー。ほかの著書に「和僑」「ラストフロンティア」など。

  • 宿命と真実の炎

 貫井 徳郎 著  幻冬舎

 事故か他殺か判然としない警察官の死が連続する。事件を追う高城 理那は、スキャンダルで警察を去った西條の存在を気にしていた。「ポンツーン」連載を元に、新たに構想を練り直して全面的に書き改める。

 (著者紹介)貫井 徳郎(ぬくい・とくろう):1968年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒。1993年「慟哭」でデビュー。「乱反射」で日本推理作家協会賞、「後悔と真実の色」で山本 周五郎賞を受賞。

  • 暗手

 馳 星周 著  KADOKAWA

 殺しを重ね、いつしか暗闇から伸びてくる手「暗手」と呼ばれるようになった加倉。逃れ着いたイタリアで、裏社会が牛耳るサッカー賭博を依頼されるが、愛した女の記憶がよみがえり-。「小説野性時代」連載に加筆し単行本化。

 (著者紹介)馳 星周(はせ・せいしゅう):1965年北海道生まれ。1996年「不夜城」で小説家デビュー。同作で吉川 英治文学新人賞、「鎮魂歌」で日本推理作家協会賞、「漂流街」で大藪 春彦賞を受賞。

  • ひとめぼれ

 畠中 恵 著  文藝春秋

 同心の養子となった吉五郎の様子がおかしいことを悟った、麻之助と町名主の清十郎。吉五郎には一葉という許嫁がいるのだが。まんまことワールド第6弾。「オール讀物」掲載を単行本化。

 (著者紹介)畠中 恵(はたけなか・めぐみ):高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家を経て、「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。他の著書に「アコギなのかリッパなのか」など。

  • 武蔵 5

 花村 萬月 著  徳間書店

 北白川城址に向かう最中、気配を感じて振り返った武蔵。頬に切先。野臥せり達に取り囲まれてしまう。しかし武蔵は、意外な態度を取り―。剣豪の青年期をかつてない視点で描く。「読楽」連載を加筆修正して単行本化。

 (著者紹介)花村 萬月(はなむら・まんげつ):1955年東京都生まれ。「ゴッド・ブレイス物語」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。「皆月」で吉川 英治文学新人賞、「ゲルマニウムの夜」で芥川賞を受賞。

  • 神さまたちのいた街で

 早見 和真 著  幻冬舎

 父が交通事故に巻き込まれたことをきっかけに、父と母は違う神さまを信じはじめた。大人たちが信じられなくなったぼくは、妹のミッコを守りながら、自分の武器を探すことにした。「ポンツーン」連載を加筆・修正し改題。

 (著者紹介)早見 和真(はやみ・かずまさ):1977年神奈川県生まれ。「イノセント・デイズ」で日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。その他の著書に「東京ドーン」「小説王」など。

  • ラジオ・ガガガ

 原田 ひ香 著  双葉社

 人生で大切なことは、すべて深夜のラジオが教えてくれた-。実在するラジオ番組に耳を傾ける人々の姿を、哀歓を込めて描く珠玉の6篇を収録する。「カラフル」連載を改題し、加筆・修正。

 (著者紹介)原田 ひ香(はらだ・ひか):1970年神奈川県生まれ。大妻女子大学文学部卒業。「リトルプリンセス2号」でNHK創作ラジオドラマ大賞、「はじまらないティータイム」ですばる文学賞を受賞。ほかの著書に「三人屋」等。

  • 僕が殺した人と僕を殺した人

 東山 彰良 著  文藝春秋

 2015年冬、アメリカで連続殺人鬼「サックマン」が逮捕された。「わたし」は台湾で過ごした少年時代を想い出していく。1984年。13歳だった。わたしはサックマンを知っていた-。「別冊文藝春秋」連載に加筆修正。

 (著者紹介)東山 彰良(ひがしやま・あきら):1968年台湾生まれ。「逃亡作法」で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞し作家デビュー。「路傍」で大藪 春彦賞、「流」で直木賞を受賞。

  • 青の王

 廣嶋 玲子 著  東京創元社

 砂漠に咲く水の都ナルマーン。魔族に守られたその国で、孤児の少年ハルーンは、自分の名も知らない不思議な囚われの少女を助け-。異世界ファンタジー。

 (著者紹介)廣嶋 玲子(ひろしま・れいこ):神奈川県生まれ。2006年「水妖の森」でジュニア冒険小説大賞を受賞しデビュー。ほかの作品に「送り人の娘」「鵺の家」など。

  • 午前三時のサヨナラ・ゲーム

 深水 黎一郎 著  ポプラ社

 野球が残酷なんじゃない。もし残酷に見えるとしたら、それは人生が残酷なんだ-。「野球ファン」を切り口に描かれた、たくらみと技巧と愛に満ちた「連作球情小説」。「asta*」掲載に書き下ろしを加えて書籍化。

 (著者紹介)深水 黎一郎(ふかみ・れいいちろう):1963年山形県生まれ。「ウルチモ・トルッコ」でメフィスト賞を受賞しデビュー。「人間の尊厳と八〇〇メートル」で日本推理作家協会賞受賞。他の著書に「倒叙の四季」など。

  • ストラディヴァリウスを上手に盗む方法

 深水 黎一郎 著  河出書房新社

 若き天才女性ヴァイオリニストの凱旋コンサート会場からこつ然と消えた、時価数十億の伝説の名器。突如容疑者と化した観衆たち。場内の不満が最高潮に達したとき、チャイコフスキーのあのメロディーが-。音楽ミステリ。

  • 女系の教科書

 藤田 宜永 著  講談社

 余計な口はできるだけ挟まない。男が女系の中で生きるには、家庭でも処世術が必要なのだ-。懐かしくて新しい家族のかたちを描く。「IN★POCKET」連載を単行本化。「女系の総督」に続くシリーズ第2作。

 (著者紹介)藤田 宜永(ふじた・よしなが):1950年福井県生まれ。早稲田大学文学部中途退学。「巴里からの遺言」で日本冒険小説協会最優秀短編賞、「求愛」で島清恋愛文学賞、「愛の領分」で直木賞を受賞。

  • 劇場

 又吉 直樹 著  新潮社

 一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできへんかったんやろな-。かけがえのない大切な誰かを想う、切なくも胸にせまる恋愛小説。「新潮」掲載を単行本化。

 (著者紹介)又吉 直樹(またよし・なおき):1980年大阪府生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人。コンビ「ピース」として活動。2015年「火花」で第153回芥川 龍之介賞を受賞。

  • 最愛の子ども

 松浦 理英子 著  文藝春秋

 「パパ」日夏と「ママ」真汐と「王子」空穂。女子高生3人の「ファミリー」とそれを見守る同級生たち。3人の均衡の中で生まれるドラマを巧みに語る傑作長編。「文學界」掲載を単行本化。

 (著者紹介)松浦 理英子(まつうら・りえこ):1958年愛媛県生まれ。青山学院大学文学部卒業。「葬儀の日」で文學界新人賞、「親指Pの修業時代」で女流文学賞、「犬身」で読売文学賞を受賞。

  • チェーン・ピープル

 三崎 亜記 著  幻冬舎

 名前も年齢も住所もまったく違うのに、言動や身ごなし、癖に奇妙な共通点がある。彼らは「チェーン・ピープル」と呼ばれ、定められた人格マニュアルに則って暮らしているのだ。「ブックパス」配信の電子書籍に加筆・修正。

 (著者紹介)三崎 亜記(みさき・あき):1970年福岡県生まれ。熊本大学文学部史学科卒業。「となり町戦争」で第17回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「手のひらの幻獣」「ニセモノの妻」など。

  • 永遠の道は曲りくねる

 宮内 勝典 著  河出書房新社

 世界を放浪の末、有馬が辿り着いた沖縄の地。グランマザーたちが世界の悲劇を語り出すとき、運命の歯車が動き出し―。善と悪を超えた、「終わらぬ悲劇の連鎖」と「生命の輝き」を描く。「文藝」連載を書籍化。

 (著者紹介)宮内 勝典(みやうち・かつすけ):1944年ハルビン生まれ。「南風」で文藝賞、「金色の象」で野間文芸新人賞、「焼身」で読売文学賞と芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

  • あとは野となれ大和撫子

 宮内 悠介 著  KADOKAWA

 中央アジアのアラルスタンで、現大統領が暗殺された。残されたのは後宮の少女のみ。ナツキたちは自分たちの居場所を守るため、臨時政府を立ち上げ「国家をやってみる」べく奮闘するが―。「文芸カドカワ」連載を単行本化。

 (著者紹介)宮内 悠介(みやうち・ゆうすけ):1979年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。「盤上の夜」で日本SF大賞、「彼女がエスパーだった頃」で吉川 英治文学新人賞受賞。ほかの著書に「スペース金融道」など。

  • おもちゃ絵芳藤

 谷津 矢車 著  文藝春秋

 あたしは絵師だ。死ぬまで絵師だ。死んでも絵師だ―。江戸から明治への転換期。歌川 国芳の弟子たちが、西欧化の波に翻弄されながらも絵を描き続けようとする、その執念と矜持を描く。

 (著者紹介)谷津 矢車(やつ・やぐるま):1986年東京都生まれ。駒澤大学文学部卒。第18回歴史群像大賞優秀賞受賞。「洛中洛外画狂伝」でデビュー。ほかの著書に「蔦屋」「三人孫市」など。

  • 落語魅捨理(ミステリ)全集 坊主の愉しみ

 山口 雅也 著  講談社

 骨董好きの道楽坊主・無門 道絡と巡る江戸。「品川心中」「時そば」など、名作古典落語をベースに当代一の謎(リドル)マスター山口 雅也が描く、愉快痛快奇天烈な江戸噺7篇。「メフィスト」他掲載に書き下ろしを加え単行本化。

 (著者紹介)山口 雅也(やまぐち・まさや):1989年「生ける屍の死」で作家デビュー。「日本殺人事件」で第48回日本推理作家協会賞を受賞。

  • ファイアスターター 捜査一課殺人班イルマ

 結城 充考 著  祥伝社

 警視庁捜査一課殺人班の狼のような女刑事vs.嗤う爆弾魔。東京湾に浮かぶ天然ガス掘削プラットフォームが狂気の戦場と化す、スリリング・アクション警察小説。「小説NON」連載に加筆、訂正し単行本化。

 (著者紹介)結城 充考(ゆうき・みつたか):香川県生まれ。2004年「奇蹟の表現」で電撃小説大賞銀賞を受賞しデビュー。「プラ・バロック」で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。ほかの著書に「狼のようなイルマ」など。

  • BUTTER

 柚木 麻子著   新潮社

 結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井 真奈子。30代の女性記者・里佳は梶井への取材を重ねるうち、欲望と快楽に忠実な彼女の言動に翻弄されるようになっていく―。「小説新潮」連載を加筆・修正。

  • 海道の修羅

 吉川 永青 著  KADOKAWA

 相模・武蔵の北条家に後れを取るようになっていた今川家の行く末を危惧した今川 義元は、兄・氏輝を討ち、自ら家督を手に入れた。北条、武田を抑え、勢力を広げる義元が目指したものとは。今川義元の知られざる生涯を描く。

 (著者紹介)吉川 永青(よしかわ・ながはる):1968年東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。「我が糸は誰を操る」で小説現代長編新人賞奨励賞、「闘鬼斎藤 一」で野村胡堂文学賞を受賞。

  • 林檎の木から、遠くはなれて

 トレイシー・シュヴァリエ 著  野沢 佳織 訳  柏書房

 1850年代、ゴールドラッシュに沸くアメリカ。夢を求めて西へ、西へ。旅する青年と林檎の木―。オハイオ州ブラックスワンプで林檎の果樹園を営む一家を描いた、著者8作目の長編小説。(分類:933.7シュ)

 (著者紹介)トレイシー・シュヴァリエ:1962年ワシントンDC生まれ。オーバリン大学卒業。イースト・アングリア大学大学院で創作文芸を学ぶ。著書に「真珠の耳飾りの少女」など。

  • 私の名前はルーシー・バートン

 エリザベス・ストラウト 著  小川 高義 訳  早川書房

 予想外の長期入院をすることになった30代の作家。夫や幼い娘たちと離れ、孤独に苦しむ彼女のもとを、疎遠だった母が訪れる。そして2人はぽつぽつと言葉を交わしはじめ―。日常にひそむ様々な感情を繊細に描く。(分類:933.7スト)

 (著者紹介)エリザベス・ストラウト:1956年メイン州生まれ。「目覚めの季節」でロサンジェルス・タイムズ紙新人賞及びシカゴ・トリビューン紙ハートランド賞、「オリーヴ・キタリッジの生活」でピュリッツァー賞を受賞。

  • 人みな眠りて

 カート・ヴォネガット 著  大森 望 訳  河出書房新社

 ベストセラー作家になる前、30歳前後のカート・ヴォネガットが綴った短編集。鉄道模型にハマりすぎて妻を顧みなかった男に天罰が下る「スロットル全開」をはじめ、生前未発表、本邦初訳の全16編を収録する。(分類:933.7ホネ)

 (著者紹介)カート・ヴォネガット:1922年から2007年。インディアナ州生まれ。現代アメリカ文学を体現する作家。著書に「タイタンの妖女」「猫のゆりかご」「はい、チーズ」など。

  • 五月の雪

 クセニヤ・メルニク 著  小川 高義 訳  新潮社

 ロシア極東の町マガダン。かつてシベリア強制収容所が置かれたこの土地にまつわる人々の、ドラマティックな出会いと別れ―。米国で注目を集めるロシア系移民作家による、心を掴む9篇の物語。(分類:933.7メル)

 (著者紹介)クセニヤ・メルニク:1983年ロシア生まれ。15歳のとき家族とともに米国アラスカ州に移住。ニューヨーク大学で創作修士号を取得。教鞭を執りながら執筆を続ける。

  • EVERYTHING,EVERYTHING わたしと世界のあいだに

 ニコラ・ユン 著  橋本 恵 訳  静山社

 あらゆるものにアレルギー反応し、発作を起こす難病のマデリンは家を出たことがない。ある日、背が高くて、しなやかで、全身黒ずくめの彼、オリーが隣に引っ越してきた。18歳のマデリンはオリーと恋をして―。(分類:933.7ユン)

 (著者紹介)ニコラ・ユン:ジャマイカ島とブルックリン(ロングアイランド)育ち。ロサンゼルス在住。「EVERYTHING,EVERYTHING」でデビュー。

  • 寝た犬を起こすな

 イアン・ランキン 著  延原 泰子 訳  早川書房

 不自然な衝突事故を追うリーバス。当事者は頑として口を閉ざす。事故の影に何があるのか。一方、過去の隠蔽事件を追う内部調査部のフォックス警部がリーバスの身辺に迫り―。(分類:933.7ラン)

 (著者紹介)イアン・ランキン:1960年生まれ。「黒と青」でCWA賞ゴールド・ダガー賞、「甦る男」でMWA賞最優秀長篇賞を受賞。

  • 母の記憶に

 ケン・リュウ 著  古沢 嘉通 ほか訳  早川書房

 不治の病を宣告された母は、娘のためにある決断をする―。胸を衝く母と娘の絆を描いた表題作など、優しくも深い苦みをのこす物語16篇を収録。「紙の動物園」の著者ケン・リュウの短篇集。(分類:933.7リュ)

 (著者紹介)ケン・リュウ:1976年中華人民共和国生まれ。「紙の動物園」でヒューゴー賞・ネビュラ賞・世界幻想文学大賞を受賞。中国SFの翻訳もおこなう。

  • 原理 ハイゼンベルクの軌跡

 ジェローム・フェラーリ 著  辻 由美 訳  みすず書房

 あなたは問いかけていた。「強固なものはなにか」 量子力学に魅せられたゴンクール賞作家が、過去と現在を往還しながら、言葉にならない世界のうちに、これまでにないハイゼンベルクの姿を幻視する、詩的な理系小説。(分類:953.7フェ)

 (著者紹介)ジェローム・フェラーリ:1968年パリ生まれ。作家・翻訳家。パリ第一大学で哲学教授資格を取得。アラブ首長国連邦のアブダビで2015年まで教員を続ける。

  • とるにたらないちいさないきちがい

 アントニオ・タブッキ 著  和田 忠彦 訳  河出書房新社

 学生時代にひとりの女を愛した男たち、世界に対峙する魔法を願う少女、シュレミールを自称するインド通のユダヤ人、撮影カメラの前で真実を見出す俳優たち―。映画に着想を得つつ描かれた11の短篇を収録する。(分類:973タフ)

 (著者紹介)アントニオ・タブッキ:1943年から2012年。イタリア生まれ。イタリア語・ポルトガル語で小説や戯曲を執筆。著書に「イザベルに」「夢のなかの夢」など。

エッセイ

  • 赤いゾンビ、青いゾンビ。

 川上 弘美 著  門馬 則雄 絵  平凡社

 あなたの身の回りでも、不思議なこと、愉快なこと、実はいっぱい起こっていませんか。2013年から2016年の日々を、たんたんと、時にシュールに綴った記録。「WEB平凡」連載を単行本化。(分類:914.6カワ)

 (著者紹介)川上 弘美(かわかみ・ひろみ):1958年東京都生まれ。作家。著書に「センセイの鞄」「真鶴」など。

  • まぬけなこよみ

 津村 記久子 著  平凡社

 七十二候を芥川賞作家が書いたらどうなったか。骨正月、猫の恋、衣替え、蚯蚓鳴く―。四季の言葉から生まれた脱力系歳時記エッセイ。「ウェブ平凡」連載に加筆修正、書き下ろしを加えて単行本化。(分類:914.6ツム)

 (著者紹介)津村 記久子(つむら・きくこ):1978年大阪府生まれ。大谷大学文学部国際文化学科卒業。「君は永遠にそいつらより若い」で太宰 治賞を受賞しデビュー。「ポトスライムの舟」で芥川賞を受賞。

手記・ルポルタージュ

  • 誓います 結婚できない僕と彼氏が学んだ結婚の意味

 ダン・サヴェージ 著  大沢 章子 訳  みすず書房

 現代の結婚に意味はないか。人生の墓場なのか。同性カップル・ダンとテリーが、現代に結婚する理由を純粋に考えるノンフィクション。「キッド 僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか」の続編。(分類:936サヘ)

 (著者紹介)ダン・サヴェージ:1964年生まれ。シアトルのローカル紙「The Stranger」エディトリアル・ディレクター。作家。TVコメンテーター、劇団の劇作家・演出家等多彩に活躍。著書に「キッド」がある。

児童書

対象区分:幼(幼児0歳から5歳)、0歳から2歳(幼児0歳から2歳)、3歳から5歳(幼児3歳から5歳)、小(小学生)、小初(小学1年生から2年生)、小中(小学3年生から4年生)、小上(小学5年生から6年生)、中(中学生)、高(高校生)、般(一般)

伝記・ノンフィクションよみもの

  • ひらけ蘭学のとびら 『解体新書』をつくった杉田玄白と蘭方医たち

 鳴海 風 著  関屋 敏隆 画  岩崎書店

 江戸時代、罪人の死体を観察し、内臓のつくりがオランダの解剖書にある絵にそっくりだと気づいた医者たち。彼らが困難を乗りこえて翻訳した本を、医者たちのひとり、杉田 玄白は「解体新書」と名づけ―。(分類:289スキ 対象:小上)

 (著者紹介)鳴海 風(なるみ・ふう):1953年新潟県生まれ。デンソーで生産技術を研究するかたわら、江戸時代の数学をテーマにした和算小説を多く発表。「円周率を計算した男」で歴史文学賞受賞。

算数・数学

  • 親子で学ぶ!統計学はじめて図鑑 レッツ!データサイエンス

 渡辺 美智子 監修  青山 和裕 著  川上 貴 著  山口 和範 著  渡辺 美智子 著  友永 たろ イラスト  日本図書センター

 多くのデータをまとめ、グラフにすることでデータの特徴や傾向をつかむ統計。「いろんなデータを統計グラフにしてみよう」「なんで平均を出すことが大事なのか」など、統計学の考え方をやさしく解説します。(分類:417オヤ 対象:小、般)

理科・自然科学

  • ぜんぶわかる!アゲハ

 新開 孝 著  蟻川 謙太郎 監修  ポプラ社

 アゲハの視力は0.02か。はねのもようには意味があるか。知っているようで知らないアゲハの秘密を200点以上の写真で紹介します。幼虫の飼い方も掲載。ジャケットそでにクイズ、見返しに奥付などあり。(分類:486セン 対象:小初)

 (著者紹介)新開 孝(しんかい・たかし):1958年愛媛県生まれ。愛媛大学農学部卒業、昆虫学を専攻。フリーの昆虫写真家。著書に「ヤママユガ観察事典」「カメムシ」「むしこぶみつけた」など。

  • 鳥の巣つくろう

 鈴木 まもる 著  岩崎書店

 鳥の巣は鳥にとって家ではなく、安心して卵を育てる場所。それぞれの鳥が工夫をこらした結果、美しい造形の巣ができ上がります。枯れ葉や小枝、紙や毛糸などの身近な材料を使った鳥の巣の作り方を紹介します。(分類:488トリ 対象:小初、小中)

 (著者紹介)鈴木 まもる(すずき・まもる):1952年東京生まれ。東京藝術大学美術学部工芸科中退。画家・絵本作家・鳥の巣研究家。「ぼくの鳥の巣絵日記」で講談社出版文化賞絵本賞受賞。

生活

  • よくわかる病院 役割・設備からはたらく人たちまで

 梶 葉子 著  PHP研究所

 病院の大切な役割と、実際の病院の内部について解説するとともに、病院長、内科医、看護師、理学療法士、管理栄養士など、病院で働くさまざまな人たちを紹介する。「119番」通報のしかたなども掲載。(分類:498ヨク 対象:小中、小上)

 (著者紹介)梶 葉子(かじ・ようこ):一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。医療ジャーナリスト。著書に「図解病院のしくみが面白いほどわかる本」など。

社会科

  • ビジュアル日本の鉄道の歴史 1  明治~大正前期編

 梅原 淳 著  ゆまに書房
 
 オールカラーの写真や図版で楽しく学べる、日本の鉄道とその技術革新のあゆみ。1は、明治から大正前期の状況を分かりやすく解説。技術革新などにまつわる面白いエピソードも多数紹介。(分類:686ヒシ 対象:小上、般)

 (著者紹介)梅原 淳(うめはら・じゅん):1965年生まれ。三井銀行、月刊「鉄道ファン」編集部等を経て、鉄道ジャーナリストに。著書に「定刻運行を支える技術」「最新新幹線事情」など。

よみもの

  • ケータイくんとフジワラさん

 市川 宣子 作  みずうち さとみ 絵  小学館

 古い機種のガラケー電話ケータイくんが、ひとり暮らしのおじいさん、フジワラさんの家にやってきた。「ちゃららったらったら」とケータイくんがなるたびに、フジワラさんの家がにぎやかになっていく。幸せほっこり物語。(分類:913イチ 対象:小中)

 (著者紹介)市川 宣子(いちかわ・のぶこ):1960年神奈川県生まれ。「ケイゾウさんは四月がきらいです。」で小学館児童出版文化賞、「あまやどり」でひろすけ童話賞受賞。ほかの作品に「るいくんとおばけくん」など。

  • ちょっとおんぶ

 岩瀬 成子 作  北見 葉胡 絵  講談社

 ある日、つきちゃんは地面の盛り上がりにつまずいて転んでしまいました。すると、地面の中から「ちぇっ」と、小さい声が聞こえてきて―。動物の声が聞こえる女の子つきちゃんのお話。(分類:913イワ 対象:小初)

 (著者紹介)岩瀬 成子(いわせ・じょうこ):1950年山口県生まれ。「朝はだんだん見えてくる」で日本児童文学者協会新人賞、「あたらしい子がきて」で野間児童文芸賞、「きみは知らないほうがいい」で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

  • おばけやさん 7  てごわいおきゃくさまです

 おかべ りか 作  偕成社

 ちょっとしたお手伝いから、人間にはできないような大きなしごとまで何でも引き受ける「おばけや」。今回は、近所の顔なじみのおばさんから、古い女友だちの話し相手を頼まれて―。4コママンガ入りの楽しいお話2本を収録。(分類:913オカ 対象:小初)

 (著者紹介)おかべ りか:埼玉県生まれ。作品に「よい子への道」「コドモの定番」「とちめんぼう劇場」など。

  • 香菜とななつの秘密

 福田 隆浩 著  講談社

 学年文庫の秘密、干支の秘密―。引っ込み思案で話すことが苦手な小学5年生の香菜が、「聞き上手」と「観察眼」を武器に、クラスメートと様々な謎を解決する。ほのぼの学校ミステリー。(分類:913フク 対象:小上)

 (著者紹介)福田 隆浩(ふくだ・たかひろ):1963年生まれ。兵庫教育大学大学院修了。長崎県の特別支援学校勤務。「熱風」で第48回講談社児童文学新人賞佳作受賞。他の著書に「ふたり」「幽霊魚」など。

  • 空をけっとばせ

 升井 純子 作  大島 妙子 絵  講談社

 ゲーム好きで運動ぎらいな少年が「さかあがり」を攻略するためのヒントは、スイカ農家のサッカー少年との友情の中にあった。 さかあがりができるようになりたい悠斗と、サッカークラブに入りたい時生の友情物語。(分類:913マス 対象:小中)

 (著者紹介)升井 純子(ますい・じゅんこ):北海道生まれ。北海道教育大学卒業。児童文学作家。日本児童文学者協会、同人誌「季節風」会員。「爪の中の魚」でぶんけい創作児童文学賞佳作、「空打ちブルース」で講談社児童文学新人賞受賞。

  • アーサー王の世界 2  二本の剣とアーサーの即位

 斉藤 洋作   静山社

 大魔法師マーリンの計らいで、エクター卿のもとで育てられた「ユーサー・ペンドラゴン」の息子、アーサー。石から剣を引き抜いた瞬間から、アーサーは国王としての道を歩みだす。新しい視点で「アーサー王の世界」を再構成。(分類:933アサ 対象:小中、小上)

 (著者紹介)斉藤 洋(さいとう・ひろし):1952年東京生まれ。「ルドルフとイッパイアッテナ」で講談社児童文学新人賞、「ルドルフとスノーホワイト」で野間児童文芸賞受賞。1991年「路傍の石」幼少年文学賞を受賞。

  • アルバートさんと赤ちゃんアザラシ

 ジュディス・カー 作・絵  三原 泉 訳  徳間書店

 海で出会った赤ちゃんアザラシに心を奪われたアルバート。ところが、お母さんアザラシが命を落としてしまい、赤ちゃんにも命の危機が迫ります。アルバートは赤ちゃんアザラシを助けようと心を決めるのですが―。(分類:933ケル 対象:小初、小中)

 (著者紹介)ジュディス・カー:1923年ベルリン生まれ。ナチスの迫害をのがれ、スイス、フランスに移住したのち、1936年に英国へ渡る。ロンドンの美術工芸学校に学ぶ。絵本に「ワニくんとパーティーにいったんだ」等。

絵本

  • あめがふるふる

 田島 征三 作  フレーベル館

 雨の日のおるすばん、ネノくんとキフちゃんの兄妹が窓の外をながめていると、意外なものばかりが現れて―。自然と対話し創作を続ける著者が、雨の日の楽しさを描ききった笑顔いっぱいの絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)田島 征三(たしま・せいぞう):1940年大阪府生まれ。「ちからたろう」でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、「ふきまんぶく」で講談社出版文化賞絵本賞、「とべバッタ」で絵本にっぽん賞など受賞。

  • いたずらおおかみくん

 きむら ゆういち 作  国松 エリカ 絵  世界文化社

 おおかみくんは、いたずらがだいすき。ともだちをこまらせようと、あれこれしかけますが―。ひねくれ者のおおかみくんの「きもち」が、ともだちとのふれあいの中で変化していく様子を描く、クスッと笑えるユーモア絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)きむら ゆういち:東京都生まれ。多摩美術大学卒業。絵本・童話作家。作品に「おうちピクニック」など。
 国松 エリカ(くにまつ・えりか):大阪府生まれ。絵本作家。作品に「おばけのあんみつ」「フンガくん」シリーズなど。

  • ええたまいっちょう!

 くすのき しげのり 作  吉田 尚令 絵  岩崎書店

 どろだらけのボールを拾った男の子。先生に怒られてむしゃくしゃしていたけれど、お父さんが教えてくれたことを思い出して、ボールを交番へ届けた。するとおまわりさんは―。信頼できる大人に出会った子どもの心の成長を描く。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初)

 (著者紹介)くすのき しげのり:1961年徳島県生まれ。児童文学作家。「おこだでませんように」でJBBY賞(バリアフリー部門賞)受賞。
 吉田 尚令(よしだ・ひさのり):1971年大阪府生まれ。イラストレーター。絵本に「悪い本」など。

  • 絵本江戸のまち

 太田 大輔 作  講談社

 江戸時代の東京にタイムスリップ。隅田川と両国橋、火事と火消し、長屋の正月、江戸湊と弁財船―。江戸の町並みとくらしを細かく描いた「江戸絵本」。さがしもの絵本としても楽しめる。ジャケット裏に絵さがしの答えあり。(対象:小初、小中)

 (著者紹介)太田 大輔(おおた・だいすけ):1953年東京生まれ。イラストレーター、絵本作家。作品に「カラクリ江戸あんない」「江戸の象吉」など。

  • エリック・カールのイソップものがたり

 イソップ原作  エリック・カール 再話・絵  木坂 涼 訳  偕成社

 寒い冬、お腹のすいたキリギリスが、アリの家を訪ねました。アリはパーティで楽器を弾くひとを探していて―。あれれ、知っているお話とちょっとちがう。 エリック・カール流に味つけした、全11話のイソップものがたり。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)エリック・カール:1929年アメリカ生まれ。絵本作家。「1、2、3どうぶつえんへ」がボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。ほかの作品に「はらぺこあおむし」など。

  • おばあちゃんがこどもだったころ

 菅沼 孝浩 著  岩崎書店

 雨が降るとどろんこになる未舗装の道。小学生の時はじめて家にきたテレビ。服はお母さんが生地を買ってミシンで作ってくれて―。昭和中期を、当時子どもだったおばあちゃんの目線で伝える絵本。(対象:小初)

 (著者紹介)菅沼 孝浩(すがぬま・たかひろ):1979年東京都生まれ。印刷会社・制作会社等で制作・デザイン等に携わる。2013年よりフリーランスのイラストレーターとして書籍装画、雑誌挿絵等を中心に活動。

  • お化けのおもてなし

 川端 誠 作  BL出版

 お化け屋敷に、久しぶりに座敷わらしと袖ひき小僧が遊びに来ることに。大喜びのお化けたちは、全国の仲間に協力してもらい、ごちそうの準備を始め―。おもてなしの心が伝わるおはなし。お化けシリーズ。(対象:小初)

 (著者紹介)川端 誠(かわばた・まこと):1952年新潟県生まれ。絵本作家。「鳥の島」で絵本にっぽん賞を受賞。ほかの作品に「落語絵本」シリーズ、「お化け」シリーズ、「風来坊」シリーズなど。

  • おもいで星がかがやくとき

 刀根 里衣 著  NHK出版

 もう会えない、でも忘れない。わたしは、あなたが生きていたあかし―。ねずみのピナは、自分の目の前から突然姿を消した大切なひとを探そうとしますが―。鮮やかな色彩と柔らかな筆遣いで描いた幻想的な物語。(対象:小初、般)

 (著者紹介)刀根 里衣(とね・さとえ):1984年福井県生まれ。京都精華大学デザイン学部ビジュアルコミュニケーション学科卒業。ボローニャ国際絵本原画展国際イラストレーション賞受賞。

  • かさじおやぶんいっけんらくちゃく!

 苅田 澄子 作  つちだ のぶこ 絵  小学館

 ここはおばけたちが楽しく暮らすおばけまち。まちの平和を守るのは、からかさおばけのかさじ親分。事件が起きたら、子分のわらぐつわらべえと駆けつける、かさじ親分の活躍する5つの話を収録。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)苅田 澄子(かんだ・すみこ):作品に「じごくのラーメンや」「おこめようちえん」など。
 つちだ のぶこ:作品に「でこちゃん」「おんなじおんなじおんなじね」など。

  • しろさんとちびねこ

 エリシャ・クーパー 作  椎名 かおる 訳  あすなろ書房

 ひとりで暮らすねこのしろさんのもとに、ある日、ちびねこがやってきました。何にも知らないちびねこに、しろさんは賢いねこのすることを教えますが―。忘れかけていた「ありがとう」を思い出させてくれる絵本。(対象:小初)

 (著者紹介)エリシャ・クーパー:1971年コネチカット州生まれ。イェール大学卒業。雑誌「ニューヨーカー」のアートディレクターを経て、作家・イラストレーター。絵本に「ヘンリー」「おやすみをいうまえに」など。

  • たなばたにょうぼう おばけ×行事えほん

 常光 徹 文  野村 たかあき 絵  童心社

 昔、人をばかして悪さをするキツネがいた。そんなキツネを助けた若者が、たに川のおくの一本まつに向かうと、そこには、虹のように輝く衣がかかっていて―。動物のおばけ・キツネが登場する、七夕の由来を描いた絵本。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

 (著者紹介)常光 徹(つねみつ・とおる):1948年高知県生まれ。国立歴史民俗博物館名誉教授。
 野村 たかあき(のむら・たかあき):1949年群馬県生まれ。木彫・木版画工房「でくの房」を開く。「おじいちゃんのまち」で絵本にっぽん賞を受賞。

  • だんぼーるおうじ

 長野 ヒデ子 作・絵  世界文化社

 子どもたちは「だんぼーる」が大好き。ベッド、シャワー、メダル、駅、家。なんでも「だんぼーる」で作り―。子どもたちに馴染み深いダンボールを題材とした楽しい絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)長野 ヒデ子(ながの・ひでこ):愛媛県生まれ。絵本作家。作品に「じゃがいもじゃがじゃがさつまいも」「たなばたさまきららきらら」「たまねぎちゃんあららら!」など。

  • ちっちゃな木のおはなし

 ローレン・ロング さく  やまね もとよ やく  評論社

 小さな森のちっちゃな木は、幸せでした。しげった葉っぱに守られて、夏もすずしかったから。秋になっても、ちっちゃな木は、葉っぱを手放すことができません。やがて―。何かを手放す勇気を伝える絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)ローレン・ロング:米国生まれ。ケンタッキー大学でグラフィック・デザインを学ぶ。絵本作家。作品に「ピーボディ先生のりんご」「ちびっこきかんしゃだいじょうぶ」など。

  • チュウとチイのあおいやねのひみつきち

 たかお ゆうこ さく  福音館書店

 町の公園の木の下に住む、のねずみのきょうだいチュウとチイは、山に住むおばあちゃんの家に遊びに行きました。ふたりは山に秘密基地を作ろうと、あちこちを見てまわります。林をぬけると、野原が一面に広がっていて―。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)たかお ゆうこ:多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。作品に「ハムスターのハモ」「さんびきのこねずみとガラスのほし」など。

  • つちづくりにわづくり

 ケイト・メスナー 文  クリストファー・サイラス・ニール 絵  小梨 直 訳  福音館書店

 春の初め、雪がとけた土の中でミミズや虫たちが土を耕します。夏になってトマトが実り、秋にはカボチャが色づきます。この間、ミツバチが花粉を運び、コマツグミはハムシをついばんで―。庭で共生する植物と動物を描きます。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)ケイト・メスナー:若い読者向けの著作がある。「ゆきのうえゆきのした」でE.B.ホワイト賞を受賞。
 クリストファー・サイラス・ニール:ブルックリン在住。イラストレーター。「ゆきのうえゆきのした」でE.B.ホワイト賞を受賞。

  • つまんないつまんない

 ヨシタケ シンスケ 著  白泉社

 世界一つまんない遊園地ってどんなところか。一番つまんないのって、何歳だろう。誰もが経験する退屈な気分をとことん考え抜いた、面白さ満点の「つまんない」絵本。「MOE」2017年4月号付録に掲載された作品を加筆。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)ヨシタケ シンスケ:1973年神奈川県生まれ。絵本「りんごかもしれない」で第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、「りゆうがあります」で第8回同賞第1位、「もうぬげない」で第9回同賞第1位の3冠に輝く。

  • なんでもできる!?

 五味 太郎 作  偕成社

 「今日は頭の上に乗りたいな」という子どものリクエストに、「ま、やってみよう―」とこたえる馬。そして、子どもからはどんどん要望が―。やる気になれば、なんでもできるのか。子どもと馬のかけあいが楽しい絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)五味 太郎(ごみ・たろう):1945年東京生まれ。工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。作品にに「きんぎょがにげた」「みんなうんち」「さる・るるる」など。

  • なんにもできないおとうさん

 ひがし ちから 作・装幀  あかね書房

 みーちゃんは、今日、お父さんと公園に行く約束をしています。でも、お父さんはみーちゃんよりも早く起きられません―。色々なことができるようになる時期の女の子が、お父さんと比べながら、自分の成長を確かめていくお話。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)ひがし ちから:1972年大分県生まれ。筑波大学芸術専門学群視覚伝達デザイン科卒業。作品に「ぼくのかえりみち」「いま、なんさい?」など。

  • にいちゃんのなみだスイッチ

 いとう みく 文  青山 友美 絵  アリス館

 にいちゃんはぼくよりひとつ大きいし、1年生より背も高い。でも、にいちゃんは泣き虫だ。かぜを引いて遠足に行けなくなったぼくに、泣き虫のにいちゃんがしてくれたこととは―。やさしい気持ちをつたえる絵本。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)いとう みく:神奈川県生まれ。「糸子の体重計」で日本児童文学者協会新人賞を受賞。
 青山 友美(あおやま・ともみ):兵庫県生まれ。四日市メリーゴーランド主催の絵本塾で学ぶ。作品に「たかこ」など。

  • ねぇ、しってる?

 かさい しんぺい 作  いせ ひでこ 絵  岩崎書店

 お兄ちゃんになった男の子。赤ちゃんは、泣いて、だっこされて、ねんねして、それだけ。それなのに、家族みんなが次々にベッドの赤ちゃんを見に来て―。新しい命との出会いと、とまどい、そして心からのよろこびを描く。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)かさい しんぺい:東京都生まれ。IT系エンジニア、作家。会社勤務の傍ら、創作とエッセイを書く。
 いせ ひでこ:画家、絵本作家。作品に「わたしの木、こころの木」「チェロの木」など。

  • ねんねんどっち?

 宮野 聡子 作  講談社

 犬と猫、飼うとしたらどっちか。甘いおやつ、どれが好きか。 楽しい質問に答えていくうちに、自然に眠りの世界へと誘っていく。なかなか寝つけない子どもとの夜のひとときをやさしく豊かにいろどる、寝かしつけ絵本。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)宮野 聡子(みやの・さとこ):1976年東京都生まれ。女子美術短期大学情報デザイン科卒業。絵本作家。「いちばんしあわせなおくりもの」でリブロ絵本大賞を受賞。

  • ノラネコぐんだん あいうえお

 工藤 ノリコ 著  白泉社

 「あ」しあと、「か」とりせんこう、「さ」かなつり―。ノラネコ軍団のにぎやかな絵を指さしながら、たくさんの言葉が覚えられる絵本。ひらがな&カタカナ表付き。ノラネコ軍団の魅力全開のシリーズ第5弾。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)工藤 ノリコ(くどう・のりこ):1970年神奈川県生まれ。女子美術短期大学卒業。絵本作家、漫画家。絵本に「ピヨピヨ」シリーズ、読み物に「マルガリータ」シリーズ、漫画に「ワンワンちゃんデラックス」など。

  • ひとりになったライオン

 夏目 義一 文・絵  福音館書店

 家族を離れて、ひとりでくらすことになった若いライオン。シマウマの子どもを見つけ、つかまえようとするが…!? 親離れした若いライオンが、失敗しながら成長していく姿をリアルに描いた絵本。(対象:幼児(3歳から5歳)、小初、小中)

 (著者紹介)夏目 義一(なつめ・よしかず):1954年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部卒業。動物画を中心に、ナチュラルアート全域を制作テーマとする。絵本に「おおきくなりたいこりすのもぐ」「ピエロのあかいはな」など。

  • ヒルダさんと3びきのこざる

 クェンティン・ブレイク 文  エマ・チチェスター・クラーク 絵  むらおか みえ 訳  徳間書店

 ヒルダさんが飼っているのは、3匹のこざる。ちょっぴり元気がよすぎるこざるたちは、ヒルダさんの留守中に―。愛すべきこざるたちのいたずらとは。英国の代表的な絵本作家コンビが描いた、ゆかいなおはなし。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)クェンティン・ブレイク:1932年英国生まれ。英国王室から初代名誉児童文学作家の称号を授かる。
 エマ・チチェスター・クラーク:英国生まれ。1988年マザーグース賞を受賞。絵本に「がんばったね、ちびくまくん」など。

  • ほうちょうさんききいっぱつ

 みやにし たつや 作絵  教育画劇

 台所の戸だなのなかにいる、ほうちょう、さいばし、おなべなどの道具たちは、カップめんやレトルトカレーがやってきてから、出番がなくなり―。インスタント食品と台所の道具たちの大騒動を描く。笑えるユーモア食育絵本。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

 (著者紹介)みやにし たつや:絵本作家。「きょうはなんてうんがいいんだろう」で講談社出版文化賞・絵本賞、「ふしぎなキャンディーやさん」で日本絵本賞読者賞受賞。ほかの作品に「パパはウルトラセブン」など。

  • もりのとしょかん

 ふくざわ ゆみこ 作・絵  学研プラス

 本が大好きなふくろうさんの家には、すてきな本がいっぱい。ある日小さなお客さんがやってきて―。森にすてきな図書館ができるまでを描いた心温まる絵本。「もりのホテル」の続編。(対象:幼児(3から5歳))

 (著者紹介)ふくざわ ゆみこ:東京都生まれ。絵本作家。絵本に「ぎょうれつのできるケーキやさん」「ぎょうれつのできるレストラン」「モモンガのはいたつやさん」シリーズなど。

  • ゆうかんなねこ?くろすけ

 エド・ヴィアー 作  木坂 涼 訳  WAVE出版

 子猫のくろすけが目指しているのは、威風堂々かっこいいスーパーねこ。今日こそはねずみを追いかけるぞ、と思うのですが、実はくろすけはまだねずみを見たことがなくて―。子猫くろすけの底抜けに楽しい冒険。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)エド・ヴィアー:絵本作家、画家。絵本に「ぴよぴよひよこ」など。

  • ゆめみるハッピードリーマー

 ピーター・レイノルズ ぶん・え  なかがわ ちひろ やく  主婦の友社

 落ち着きがない、忘れっぽい、思いつきで突っ走る―。「こまった子」と呼ばれるような子どもたちに向けて、「いいんだよ、そのままで」と、やさしく楽しく語りかける絵本。観音開きのページあり。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)ピーター・レイノルズ:カナダ生まれ。絵本作家、イラストレーター。作品に「ちいさなあなたへ」「テスの木」「きみがいま」など。

お問い合わせ

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る