このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

新刊図書案内(平成29年5月)

最終更新日:2017年5月8日

一般書

コンピュータ・情報科学読みもの

  • ビッグデータという独裁者 「便利」とひきかえに「自由」を奪う

 マルク・デュガン著 クリストフ・ラベ著 鳥取 絹子訳   筑摩書房

 ITの発達と普及によりビッグデータが生活を便利にしてきたが、同時に個人のデータを吸い上げ監視し孤立させ、自由も尊厳も国家も不要となる-。この社会の行き着く果てを推論する。(分類:007.3テュ)

 (著者紹介)マルク・デュガン:小説家、ジャーナリスト、映像作家、シナリオ作家。著書に「FBIフーバー長官の呪い」など。
 クリストフ・ラベ:「ル・ポワン」誌のジャーナリスト。

歴史

  • 知らなかった、ぼくらの戦争

 アーサー・ビナード 編著  小学館

 「敵性語」を習い、「毒ガス島」で働き-。もと「敵国」の詩人が耳をすまし、つかみとった「生きつづける体験」。文化放送「アーサー・ビナード「探しています」」のうち、23名の戦争体験談を採録し、加筆・修正して再構成。(分類:210.7ヒナ)

 (著者紹介)アーサー・ビナード:1967年アメリカ生まれ。コルゲート大学で英文学を学び、90年の卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。「釣り上げては」で中原 中也賞を受賞。

伝記

  • 明治をつくった人びと 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵写真

 刑部 芳則 編  吉川弘文館

 近代国家建設を担った人びとの姿が鮮やかによみがえる-。明治天皇に献上された「明治十二年明治天皇御下命人物写真帖」から、皇族・華族・政府官員・軍人ら重要人物1,000人余を抜粋し、職・年齢、家格・爵位を掲載する。(分類:281メイ)

 (著者紹介)刑部 芳則(おさかべ・よしのり):1977年東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科博士課程修了学位取得。日本大学商学部准教授。博士(史学)。著書に「京都に残った公家たち」「三条実美」「帝国日本の大礼服」など。

  • 大人が読みたいエジソンの話 発明王にはネタ本があった!?

 石川 憲二 著  日刊工業新聞社

 「孤高の天才」「生い立ちはかなり個性的」「超人的な行動力」など。そんな一般的に信じられているエジソン像とは異なる、合理的で商才に長けたエジソンの思考と行動の数々を痛快なタッチで綴る。(分類:289.3エシ)

 (著者紹介)石川 憲二(いしかわ・けんじ):1958年東京生まれ。東京理科大学理学部卒業。ジャーナリスト、作家、編集者。著書に「「未来マシン」はどこまで実現したか?」「宇宙エレベーター」など。

社会・時事

  • 国際テロリズム その戦術と実態から抑止まで

 安部川 元伸 著  原書房

 元公安調査庁、国際テロの情報収集・分析のエキスパートが、過去の重大事件を取り上げ、テロリストの考え方、テロの手口を紹介。大規模テロが他人事ではなくなった時代、テロに臨機応変に対応する術を伝える。(分類:316.4アヘ)

 (著者紹介)安部川 元伸(あべかわ・もとのぶ):1952年生まれ。上智大学経済学部卒。公安調査庁で公安調査管理官、東北公安調査局長などを歴任。日本大学危機管理学部教授。著書に「国際テロリズムハンドブック」など。

  • 障害者雇用における合理的配慮

 朝日 雅也 編  笹川 俊雄 編  高橋 賢司 編  奥貫 妃文 ほか執筆  中央経済社

 専門知識と実務をつなぐ、障害者雇用促進のためのハンドブック。事業主が差別禁止に抵触しないために理解し実践すべき事項を明らかにするとともに、障害の種別ごとにその特質と必要な配慮・支援などを紹介する。(分類:366.2ショ)

 (著者紹介)朝日 雅也(あさひ・まさや):昭和33年神奈川県生まれ。埼玉県立大学保健医療福祉学部教授。障害者福祉・就労支援。
 笹川 俊雄(ささがわ・としお):昭和26年埼玉生まれ。埼玉県障害者雇用サポートセンター精神障害者雇用アドバイザー。

  • 誰が日本の労働力を支えるのか?

 寺田 知太 著  上田 恵陶奈 著  岸 浩稔 著  森井 愛子 著  東洋経済新報社

 700万人超の働き手を失う2030年の日本が選ぶのは外国人か、人工知能か。英オックスフォード大学と野村総合研究所の共同研究による衝撃の近未来シミュレーション。職業別代替可能確率一覧も収録。(分類:366.2タレ)

 (著者紹介)寺田 知太(てらだ・ともた):野村総合研究所デジタルビジネス開発部グループマネージャー。
 上田 恵陶奈(うえだ・えとな):野村総合研究所未来創発センター2030年研究室兼ICT・メディア産業コンサルティング部上級コンサルタント。

  • 人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか

 玄田 有史 編  慶應義塾大学出版会

 働き手にとって最重要な関心事である所得アップが実現しないのは、なぜか。22名の気鋭が現代日本の労働市場の構造を驚きと納得の視点から明らかにする、経済学アンソロジー。(分類:366.4ヒト)

 (著者紹介)玄田 有史(げんだ・ゆうじ):1964年生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学社会科学研究所教授。博士(経済学)。「仕事のなかの曖昧な不安」で日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞を受賞。

  • ママのアンガーマネジメント8つのマジック 子育てのイライラスッキリ!

 日本アンガーマネジメント協会 監修  長縄 史子 著  篠 真希 著  小尻 美奈 著  合同出版

 怒ってばっかりで自分が嫌-。そんなママに向けて、イライラと上手につき合う方法を伝授。アンガーマネジメントの考え方やテクニックを、子育てに今日から活かせるように紹介します。書き込み欄あり。(分類:367.3ママ)

  • 孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル

 菅野 久美子 著  双葉社

 誰にも看取られずに亡くなり、死後しばらく発見されない孤独死。一人暮らしの高齢者だけが危ないのではない。若い世代にも、孤独死予備軍がいる。壮絶なルポとともに、孤独死を防ぐためにはどうすればいいかを探る。(分類:368カン)

 (著者紹介)菅野 久美子(かんの・くみこ):1982年宮崎県生まれ。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒。出版社の編集者を経て、フリーライター。著書に「事故物件めぐりをしてきました」など。

民法

  • 印鑑・印紙・契約書の基本がわかる本 これだけ押さえればOK!

 齋藤 健一郎 著  自由国民社

 契約は、契約書を作って初めて有効になるので、口約束だと意味がないか。ハンコが押されていない領収書は無効か。ビジネスパーソンに必要な契約やハンコ、印紙の知識について、法律の言葉をわかりやすい言葉に言い換えて解説。(分類:324.5サイ)

 (著者紹介)齋藤 健一郎(さいとう・けんいちろう):東京大学理学部生物科学科卒。弁護士。

経済

  • データブック格差で読む日本経済

 みずほ総合研究所 編  岩波書店

 豊富なデータを駆使して、世代間、正規・非正規間、地域間、企業間など、さまざまな切り口から日本における「格差」の実像を浮かび上がらせる。「格差」問題を考えるための基本書。(分類:332.1テタ)

社会・文化

  • 超一極集中社会アメリカの暴走

 小林 由美 著  新潮社

 0.1%の超富裕層が全ての富を収奪する!シリコンバレーで暮らす著者が、身近な変化や社会が受けている影響、すでに起きつつある問題やその原因などを伝え、トランプ政権を生んだアメリカの現状と絶望的未来を読み解く。(分類:361.8コハ)

 (著者紹介)小林 由美(こばやし・ゆみ):東京都生まれ。東京大学経済学部卒。スタンフォード大学でMBA取得。経営コンサルティング会社JSAに参加。著書に「超・格差社会アメリカの真実」がある。

福祉・介護

  • 介護破産 働きながら介護を続ける方法

 結城 康博 著  村田 くみ 著  KADOKAWA

 増える負担、減る年金、介護離職など。誰もがなり得る「介護破産」を避けるために、我々ができることはなにか。ジャーナリストが垣間見た介護現場の実態と、専門家が提唱する持続可能な介護生活を送るための方策をまとめた一冊。(分類:369.2ユウ)

 (著者紹介)結城 康博(ゆうき・やすひろ):1969年生まれ。淑徳大学総合福祉学部教授。社会福祉士、介護福祉士、ケアマネジャー。
 村田 くみ(むらた・くみ):1969生まれ。ジャーナリスト。ライター、ファイナンシャル・プランナーとして週刊誌等で執筆。

民俗・文化

  • 遊戯の起源 遊びと遊戯具はどのようにして生まれたか

 増川 宏一 著  平凡社
 
 人類はどのように、遊びを創り出し、豊かにしてきたのか。社会性の形成とともに生まれた人間の遊びの起源と変化、遊戯具に秘められた多彩な知恵と活動のあとを読み解く。(分類:384.8マス)

 (著者紹介)増川 宏一(ますかわ・こういち):1930年長崎市生まれ。旧制甲南高等学校卒業。将棋史、盤上遊戯史を研究。大英博物館リーディングルーム・メンバー、遊戯史学会会長。大山 康晴賞受賞。著書に「日本遊戯思想史」など。

化学

  • 化学史事典

 化学史学会編   化学同人

 化学史に特化した、世界初の事典。化学者(技術者、化学史研究者も含む)の略伝、学術団体・企業の沿革、化学理論・用語の変遷、化学古典(著作)の概要、化学装置・器具・化学物質の歴史、化学が関与した歴史的事件等を網羅。(分類:R430.2カカ)

生命科学・生物学

  • 自然観察のポイント 生態系と生物多様性を五感でとらえる

 桜谷 保之 著  文一総合出版

 花・鳥・虫・獣から日食・月食まで、五感を使った自然観察のポイントを解説。野菜の観察など、外に出なくても楽しい取り組みも紹介する。観察力と思考力を育むアイデアが満載。本体表紙・裏表紙にジャケット写真の説明あり。(分類:460.7サク)

 (著者紹介)桜谷 保之(さくらたに・やすゆき):宮城県生まれ。元近畿大学農学部教授。専門は昆虫生態学、里山生態学。40年余り地域や大学里山で生物調査や自然観察会にたずさわる。共著に「動物の生態と環境」など。

動物学

  • 日本産フグ類図鑑

 松浦 啓一著   東海大学出版部

 日本に生息するフグ類の科、属、そして種の特徴を、解説文と標本写真・水中写真や図を用いて示した図鑑。解説文は、「形態」「色彩」「分布」「生息水深」、そして「備考」の5項目から構成。(分類:R487.7マツ)

 (著者紹介)松浦 啓一(まつうら・けいいち):1948年生まれ。北海道大学大学院水産学研究科博士課程修了。水産学博士。国立科学博物館名誉研究員。専門はフグ目魚類の分類と系統、魚類の生物地理など。著書に「動物分類学」など。

医学

  • 病気になったとき体の中で起きてることが見える本 ひと目でわかるCG図解

 NHK 編  主婦の友社 編  主婦の友社

 検査数値が悪いとき、関節や筋肉が痛むとき、病気になったとき、体の中で起きていることやその対策、予防法を、CGイラストを用いて、わかりやすく解説する。NHK「チョイス@病気になったとき」の放送内容をもとに書籍化。(分類:492ヒョ)

  • 図解エコノミークラス症候群の原因と予防ストレッチ 脚のむくみをとって予防する!

 原 幸夫 監修  日東書院本社

 エコノミークラス症候群とはどんな病気かをはじめ、危険因子、予防対策、エコノミークラス症候群の原因となるむくみについて、イラストを交えてわかりやすく解説する。むくみを解消するエクササイズも紹介。チェック欄あり。(分類:493.2スカ)

  • 社交不安症がよくわかる本 イラスト版

 貝谷 久宣 監修  講談社

 人と接するのが怖い、オフィスで電話に出られない、視線が気になる、汗が気になってしかたがないなど。社交不安症の正体から最新治療法までを、豊富なイラストとともに徹底解説する。チェックテスト付き。(分類:493.7シャ)

  • ウルトラ図解めまい・耳鳴り 治療の不安をなくす知識と生活術

 古宇田 寛子 監修  法研

 めまい・耳鳴りの原因と発生するメカニズム、病院で行われる検査や治療について、最新の情報に基づいて、わかりやすく図解する。めまい・耳鳴りをコントロールする生活術も紹介。(分類:496.6ウル)

  • 顎関節症は自分で治せる!

 齋藤 道雄 著  主婦の友社

 1回1分、舌を使った簡単な体操で顎関節症は治せる。顎関節症が起こる原因を解説し、基本となる「ブランコ運動」をはじめ、自力で治すための方法を紹介。顎関節症の再発を防ぐ生活習慣も教える。(分類:497.3サイ)

 (著者紹介)齋藤 道雄(さいとう・みちお):1949年岩手県生まれ。齋藤ファミリーデンタル院長。医学博士。著書に「100歳まで元気の秘密は「口腔の健康」にあった!」など。

  • 枕と寝具の科学

 久保田 博南 著  五日市 哲雄 著  日刊工業新聞社

 より質の高い生活を送るための非常に重要な要素である「眠り」。快眠をよぶ布団へのこだわり、快眠をもたらすベッドとマットレス、良く眠るための環境づくりなど、快眠のポイントを科学的にわかりやすく解説する。(分類:498.3クホ)

 (著者紹介)久保田 博南(くぼた・ひろなみ):1940年群馬県生まれ。ケイ・アンド・ケイジャパン株式会社代表取締役。医工連携推進機構理事。サイエンスライター。
 五日市 哲雄(いつかいち・てつお):1947年北海道生まれ。科学系、医学、理学、工学系サイエンスライター。

  • 薬はリスク? 薬を正しく知るために

 宮坂 信之 著  法研

 薬はなぜ効くのか。副作用や飲み合わせで危険なこととは。新しい薬はどうやってできるのか。薬の値段はどのように決まるのか。薬が持っている本来的な意味を知り、薬に対する不安を解消するためのガイドブック。(分類:499.1ミヤ)

 (著者紹介)宮坂 信之(みやさか・のぶゆき):1947年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒。同大学名誉教授。専門は膠原病内科学、臨床免疫学。日本リウマチ研究所代表理事ほか。日本リウマチ学会賞ほか受賞。

  • くすりをつくる研究者の仕事 薬のタネ探しから私たちに届くまで

 京都大学大学院薬学研究科 編  化学同人

 くすりをデザインする。合成する。くすりが効く仕組みを追求する-。創薬に関する様々な研究を、京都大学大学院薬学研究科の研究者が紹介。故・藤多哲郎名誉教授の研究から生まれた「フィンゴリモド」の開発物語も盛り込む。(分類:499.3クス)

医療・衛生

  • 招かれない虫たちの話 虫がもたらす健康被害と害虫管理

 日本昆虫科学連合 編  東海大学出版部

 日本における節足動物媒介感染症と衛生昆虫類による健康被害の実態をわかりやすく解説。蚊、マダニ、ハエなどと正しく付き合うためのヒントを示す。2015年8月開催のシンポジウムにあらたな項目を加えて書籍化。(分類:498.6マネ)

工学・工業

  • 2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する

 英『エコノミスト』編集部 著  土方 奈美 訳  文藝春秋

 人工知能(AI)、バイオ、農業、医療、エネルギー、軍事、仮想現実(VR)、拡張現実など20の分野を取り上げ、「2050年のテクノロジー」とそれが経済・社会・人間の幸福に与える変化を予測する。(分類:504ニセ)

  • トコトンやさしい高分子の本

 扇澤 敏明 著  柿本 雅明 著  鞠谷 雄士 著  塩谷 正俊 著  日刊工業新聞社

目的や用途に応じて様々な性質や形態をもつものを作り出すことができる高分子。高分子とは何かから、高分子のいろいろな性質と機能性、高分子製品の作り方、生体・環境に関連する高分子までを、優しく解説する。(分類:578トコ)

 (著者紹介)扇澤 敏明(おうぎざわ・としあき):東京工業大学大学院教授。工学博士。共著に「身近なモノから理解する高分子の科学」等。
 柿本 雅明(かきもと・まさあき):2017年東京工業大学大学院教授を退職。理学博士。共著に「身近なモノから理解する高分子の科学」等。

ビジネスの法律

  • はじめてでもよくわかる!特許・実用新案の手続き 最新法改正対応版

 コンデックス情報研究所 編著  成美堂出版

 「特許・実用新案の手続き」をはじめから丁寧に解説。ひとめでわかる「特許」「実用新案」「意匠」「商標」の手続きチャートや、手続きの際に必要となる書類の記載例も示す。(分類:507.2ハシ)

コンピュータネットワーク

  • 無線ネットワークシステムのしくみ IoTを支える基盤技術

 塚本 和也 著  尾家 祐二 コーディネーター  共立出版

 「移動しながらの無線ネットワークシステムの利用」を実現するための技術としくみについて説明。難解な技術を容易に理解できるよう、数式等は用いずに、図表を多用して解説する。より深い知識が得られる文献も紹介。(分類:547.4ツカ)

 (著者紹介)塚本 和也(つかもと・かずや):九州工業大学大学院情報工学研究科情報システム専攻博士後期課程修了。同大学大学院情報工学研究院准教授。博士(情報工学)。専門は情報ネットワーク工学。

インターネット

  • 高校生からはじめるプログラミング N高校のプログラミング教育メソッドを大公開!

 吉村 総一郎 著  KADOKAWA

 Webプログラミングの基礎を学ぼう。「HTMLでWebページを作る」「CSSでWebページをデザインする」といった4つのパートに分けてわかりやすく解説し、情報処理技術を学ぶ楽しさを伝えます。(分類:547.4ヨシ)

 (著者紹介)吉村 総一郎(よしむら・そういちろう):東京工業大学大学院生命理工学研究科生体分子機能工学専攻修了。N予備校プログラミング講師として高校生にプログラミングを教える。

ファッション

  • 50代からのおしゃれバイブル 今までの服が似合わないと思ったら…

 西山 栄子 著  講談社

 若い人のルールにあてはめるだけではない、おしゃれの考え方を探求し、実践してみて、反省しつつ、見つかったノウハウ。50代からもっと素敵におしゃれが楽しくなる、「私が素敵に見える服」の秘訣を紹介。(分類:589.2ニシ)

 (著者紹介)西山 栄子(にしやま・えいこ):1947年山口県生まれ。ファッション・ジャーナリスト。海外のコレクション取材や講演、コンサルティングなどファッションの第一線で活躍。著書に「大人のおしゃれ」など。

工作・手芸・クラフト

  • ほしい形が絶対見つかる!毎日リュック

 ブティック社

 両手があいて動きやすいリュックは、おしゃれアイテムとしても人気。スタンダードなデイパックから、バックル使いのリュック、キッズのトート型リュック、一緒に使いたいスマホポーチまで、写真プロセスでしっかり解説します。(分類:594.7ホシ)

料理

  • がんばらなくていい!楽シニアの作りおき

 藤野 嘉子 著  講談社

 料理の間に切ったり、混ぜたり、つけたりすれば、それでいい。ちぎりキャベツの甘酢づけ、牛肉とごぼうの炒め煮など、隙間時間にチャチャッとできる、シニア世代の作りおきレシピを紹介します。(分類:596フシ)

 (著者紹介)藤野 嘉子(ふじの・よしこ):香川栄養専門学校製菓科入学。在学中から料理家に師事。フリーとなり雑誌、テレビ、講習会などで料理の指導をする。著書に「一汁一菜でいい!楽シニアごはん」「料理の基本おいしい和食」など。

  • わたしの好きなお酢・レモンの料理 すっぱいだけでない、コクがあってまろやか

 ワタナベ マキ 著  家の光協会

 塩分が抑えられる、コクとうま味が増す、肉をやわらかくする、くさみが取れる。サラダ、マリネから煮もの、スープまで、お酢、黒酢、ワインビネガーやレモン、ゆず、梅干しなどを使った料理のレシピを紹介します。(分類:596ワタ)

 (著者紹介)ワタナベ マキ:料理家。2005年に「サルビア給食室」を立ち上げ、料理の仕事を始める。著書に「瀬戸内「やまくに」のいりこで毎日おかず」「重ねて火にかけるだけで絶品おかず」など。

  • ラクチンおいしい!こだわり麺

 堤 人美 著  講談社

 パスタ、うどん、そば、中華麺、ビーフンなど。簡単ですぐに食べられるものから、お客様をもてなすものまで、麺が大好きな著者のお気に入りの麺レシピを紹介します。(分類:596.3ツツ)

 (著者紹介)堤 人美(つつみ・ひとみ):京都府出身。料理家のアシスタントを経て独立。書籍や雑誌でレシピを紹介するほか、企業のレシピ開発やCMの料理制作も手がける。著書に「主菜別献立がすぐ決まる副菜レシピ帖」など。

  • ミックスサラダ おいしい組み合わせ×盛りつけの美しさを楽しむ100品

 中村 奈津子 著  主婦と生活社

 アメリカ、イタリア、香港などに暮らし、その土地の料理を学んできた著者が、1品でバランスよく栄養がとれ、身体のメンテナンスにも役立つミックスサラダを紹介します。NYで人気のドレッシングや濃厚ディップも掲載。(分類:596.3ナカ)

 (著者紹介)中村 奈津子(なかむら・なつこ):日本女子大学食物学科卒業。ニューヨークのニュースクール、フィレンツェのラ・フォールアカデミーで学び、中華料理も習得。田中 伶子クッキングスクール校長。日本食育インストラクター1級。

育児

  • きょうだいの育て方

 小崎 恭弘 著  洋泉社

 きょうだいそれぞれの気持ちやポジションによって異なる難しさ、愛情を伝えるとき、叱るときにどうすれば心に届くのか-。自身も3人の男の子のパパである著者が、きょうだいの子育てのヒントを伝える。QアンドAも掲載。(分類:599コサ)

 (著者紹介)小崎 恭弘(こざき・やすひろ):1968年兵庫県生まれ。元保育士。大阪教育大学教育学部准教授。NPO法人ファザーリング・ジャパン顧問。著書に「わが家の子育てパパしだい!」「男の子の本当に響く叱り方ほめ方」など。

  • 祖父母手帳 もう孫育てで悩まない!祖父母&親世代の常識ってこんなにちがう?

 森戸 やすみ 監修  日本文芸社

 赤ちゃんを大事に思う気持ちは、祖父母も親も同じ-。祖父母と親の育児心得や、「いま」と「昔」の育児の違いをはじめ、「妊娠編」「育児編」にわけて、「いま」の育児の常識を紹介。孫のお世話で知っておきたいことも教える。(分類:599ソフ)

地域社会・地域開発

  • 地域しごとづくりへの挑戦

 地域しごと創生会議 編  中央公論新社

 地方に足りないのは、魅力的な仕事の設計と、仕事があるという情報の発信。全国各地の魅力的な職場づくりの成功事例を紹介しながら、現状や課題、解決策を論じる。折り込み「全国各地元気が出る事例一覧マップ」つき。(分類:601.1チイ)

ガーデニング・園芸

  • 家庭でできるおいしいブルーベリー栽培12か月

 荻原 勲 著  家の光協会

 家庭でブルーベリー栽培を楽しむ人に向けて、おいしい果実を収穫するために欠かせない作業を、写真やイラストを使ってわかりやすく解説。また、育てやすい39品種を取り上げて、栽培上の留意点や果実の食味を紹介する。(分類:625.6オキ)

 (著者紹介)荻原 勲(おぎわら・いさお):1955年群馬県生まれ。東京農工大学大学院農学研究院長、農学府長、生物生産科学部門教授。農学(博士)。蔬菜・果樹・花卉の栽培学、生理生態学、育種学的観点から研究を行う。

  • いちばんやさしい苔盆栽と豆盆栽

 葉住 直美 著  エクスナレッジ

 特別なテクニックを必要としないため、はじめての人でも作ることができる苔盆と豆盆。山野草で作る四季の苔玉、苔とテラリウム、苔庭など。盆栽の入り口である苔盆と豆盆のはじめ方を、写真とともに紹介します。(分類:627.8ハス)

 (著者紹介)葉住 直美(はすみ・なおみ):1977年生まれ。「Bonciao Gallery」をオープン。展示販売や講習会を通じて、盆栽のある暮らしを提案。器、雑貨、洋服などの暮らしの品々も手がける。

目的別ガイド

  • 日本の美しい庭園図鑑

 大野 暁彦 著  鈴木 弘樹 著  エクスナレッジ

 京都の天龍寺庭園、東京の小石川後楽園、石川の兼六園など、日本各地の67庭園を掲載。日本庭園の歴史だけでなく、庭園空間そのものやデザインに着目し、庭園の見方や楽しみ方についても、写真とともに紹介する。(分類:629.2オオ)

 (著者紹介)大野 暁彦(おおの・あきひこ):中央大学理工学部都市環境学科助教。武蔵野美術大学・早稲田大学芸術学校非常勤講師。博士(農学)。
 鈴木 弘樹(すずき・ひろき):千葉大学大学院工学研究科建築・都市科学専攻准教授。建築家。博士(工学)。

ペット

  • 日本犬の誕生 純血と選別の日本近代史

 志村 真幸 著  勉誠出版

 近代化、国民国家形成、動物保護、戦争など。博物学者・南方熊楠と「日本犬保存会」を設立した平岩米吉との対話を起点に、時代に翻弄され、淵源と純血を求められ続けた犬たちをめぐる言説を辿り、日本近代史の裏側を照らし出す。(分類:645.6シム)

 (著者紹介)志村 真幸(しむら・まさき):1977年神奈川県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。専門は南方熊楠研究。南方熊楠研究会運営委員。京都外国語大学非常勤講師。

商業

  • 入門オークション 市場をデザインする経済学

 ティモシー・P.ハバード 著  ハリー・J.パーシュ 著  安田 洋祐 監訳  山形 浩生 訳  NTT出版

 最先端の実用的な経済学と言われる「マーケット・デザイン」を代表する分野「オークション」のコンパクトで明解な入門書。ネットオークションから政府調達まで、現代経済を動かすメカニズムを解説する。用語集も収録。(分類:670ハハ)

 (著者紹介)ティモシー・P.ハバード:コルビー大学経済学助教授。
 ハリー・J.パーシュ:メルボルン大学経済学部長。

経営・ビジネス

  • 接客用語辞典 どんな場面・どんなお客様でもきちんと話せる お店に1冊!販売員に1冊!

 尾形 圭子 著  すばる舎

 言葉遣いでお客様を逃していませんか。おさえておきたい接客用語の基本をしっかりと身につけた上で、お客様の心に響く「伝え方」を学べる本。クレーム対応の接客用語や、スタッフ間の会話用語も取り上げる。(分類:673.3オカ)

 (著者紹介)尾形 圭子(おがた・けいこ):株式会社 ヒューマンディスカバリー代表取締役。戦略マナー講師、接客コンサルタント、僧侶。著書に「電話応対&敬語・話し方のビジネスマナー」など。

絵画・版画

  • 葛飾北斎の本懐

 永田 生慈 著  KADOKAWA

 20歳で画界に登場し90歳で没するまで、作画に執念を燃やし続けた葛飾 北斎の理想とは、心境とは。これまでの北斎像を一新させる、第一人者による論考。日本と海外評価の大きな開きの要因も解説する。図版多数掲載。(分類:721.8カツ)

 (著者紹介)永田 生慈(ながた・せいじ):1951年島根県生まれ。立正大学史学科卒業。美術史家、美術評論家。浮世絵を専門とする太田記念美術館の設立に携わり、副館長兼学芸部長を務めた。フランスの芸術文化勲章オフィシエを受章。

アウトドア

  • 生死を分ける、山の遭難回避術 実例に学ぶリスク対策の基礎知識 わかりやすい写真&イラストが「まさか」の場面であなたを救う!

 羽根田 治 著  誠文堂新光社

 山岳遭難の第一人者による、遭難回避の入門書。実際に起きた事故事例を取り上げ、同様の事故を繰り返さないためにはどうしたらいいのかを、わかりやすい写真とイラストで解説する。(分類:786.1ハネ)

 (著者紹介)羽根田 治(はねだ・おさむ):1961年埼玉県生まれ。フリーライター。長野県山岳遭難防止アドバイザー。著書に「ドキュメント単独行遭難」「山岳遭難の教訓」「パイヌカジ」など。

日本語

  • 俗語入門 俗語はおもしろい!

 米川 明彦 著  朝倉書店

 俗語はいつ、どこで生まれたのか。俗語は何をどう表現しているのか。俗語はどんな人がどれくらい使うのか。俗語研究の第一人者が、俗語の世界をさまざまな用例とともにわかりやすく解説した入門書。(分類:814.9ヨネ)

 (著者紹介)米川 明彦(よねかわ・あきひこ):1955年三重県生まれ。梅花女子大学文化表現学部教授。学術博士。専門は日本語語彙(特に俗語)・手話研究。著書に「手話ということば」「俗語発掘記消えたことば辞典」など。

古典文学・文学史・作家論

  • 評伝石牟礼道子 渚に立つひと

 米本 浩二 著  新潮社

 いかにして「苦海浄土」は書かれ得たか。作者・石牟礼 道子の誕生から文学的彷徨、闘争の日々、創造の源泉と90年の豊饒を描き切る、初の本格的評伝。「毎日新聞」掲載に加筆し単行本化。(分類:910.2イシ)

 (著者紹介)米本 浩二(よねもと・こうじ):1961年徳島県生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。毎日新聞記者。石牟礼 道子資料保存会研究員。著書に「みぞれふる空」がある。

  • 角野栄子の毎日いろいろ 『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし

 角野 栄子 著  KADOKAWA

 「魔女の宅急便」など、千冊以上の児童文学を生み出してきた作家、角野 栄子。82歳の彼女から学ぶ、人生を明るく、色鮮やかに生きていくための「衣」「食」「住」のレシピ集。(分類:910.2カト)

 (著者紹介)角野 栄子(かどの・えいこ):東京生まれ。「魔女の宅急便」で野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト文学賞、「トンネルの森1945」で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞。紫綬褒章、旭日小綬章受章。

  • ともに読む古典 中世文学編

 松尾 葦江 編  小助川 元太 ほか著  笠間書院

 「百人一首」「平家物語」「御伽草子」などを取り上げ、中世文学の研究者たちが教育現場からの問いかけに答えるつもりで、教材研究の新しい視点を論じる。現場教員たちが生徒に答えるように書いたコラムも収録。(分類:910.2トモ)

 (著者紹介)松尾 葦江(まつお・あしえ):東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。國學院大学文学部教授、放送大学客員教授などを務めた。博士(文学)。専門は中世日本文学、特に軍記物語。著書に「軍記物語原論」など。

  • 文士の遺言 なつかしき作家たちと昭和史

 半藤 一利 著  講談社

 戦後を代表する作家たちは、「昭和」という時代をいかに見つめ、生き抜いたのか。彼らと接してきた著者が、大作家たちの素顔を生き生きと描きながら、その秘められた「遺言」を今に伝える、作家論・作品論的エッセイ集。(分類:910.2ハン)

 (著者紹介)半藤 一利(はんどう・かずとし):1930年東京生まれ。東京大学文学部卒業。文藝春秋出版局長、専務取締役などを歴任。退社後、文筆業で活躍。「漱石先生ぞな、もし」で新田 次郎文学賞、「ノモンハンの夏」で山本 七平賞受賞。

  • 村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事

 村上 春樹 著  中央公論新社

 旺盛な意欲はどこからくるのか。翻訳が創作にもたらした影響は-。翻訳家・村上春樹が、70余点の訳書を自ら紹介。36年の道のりを一望する。柴田 元幸との対談も収録。(分類:910.2ムラ)

 (著者紹介)村上 春樹(むらかみ・はるき):1949年生まれ。小説家。アメリカ文学の優れた読み手として、カポーティ、フィッツジェラルド、カーヴァーなどの作品を手ずから翻訳し、精力的に紹介してきた。

小説

  • 遠縁の女

 青山 文平 著  文藝春秋

 寛政の世、浮世離れした剣の修行に出た武家。5年ぶりに帰国した彼を待っていたのは、女の仕掛ける謎-。「遠縁の女」をはじめ、珠玉の武家小説全3編を収録。「オール讀物」掲載を単行本化。

 (著者紹介)青山 文平(あおやま・ぶんぺい):1948年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。「白樫の樹の下で」で松本 清張賞、「鬼はもとより」で大藪 春彦賞、「つまをめとらば」で直木賞を受賞。

  • 機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト

 秋吉 理香子 著  KADOKAWA

 天才女機長と新米副操縦士のフライトには、怪しい事件がつきまとう。機内、パリ蚤の市、そして修道院で起こる殺人。女機長・氷室翼が事件の真相を軽やかに暴く。本格トラベル・ミステリ。「小説野性時代」掲載を書籍化。

 (著者紹介)秋吉 理香子(あきよし・りかこ):ロヨラ・メリマウント大学大学院にて、映画・テレビ番組制作修士号取得。「雪の花」でYahoo!JAPAN文学賞受賞。ほかの著書に「暗黒女子」「絶対正義」など。

  • 永久囚人 警視庁文書捜査官

 麻見 和史 著  KADOKAWA

 文字を偏愛する鳴海理沙班長が率いる捜査一課文書解読班。そこへ、ダイイングメッセージの調査依頼が舞い込んできた。ある稀覯本に事件の発端があるとわかり、作者を追っていくと、さらなる謎が待ち受けていた-。

 (著者紹介)麻見 和史(あさみ・かずし):1965年千葉県生まれ。「ヴェサリウスの柩」で第16回鮎川 哲也賞を受賞し、デビュー。著書に「石の繭」「水晶の鼓動」など。

  • 暗黒グリム童話集

 村田 喜代子 文  長野 まゆみ 文  松浦 寿輝 文  多和田 葉子 文  千早 茜 文  穂村 弘 文  酒井 駒子 絵  田中 健太郎 絵  及川 賢治 絵  牧 千穂 絵  講談社

 長野まゆみと田中健太郎「あめふらし」、穂村弘とささめやゆき「赤ずきん」など。6人の人気作家と人気画家による夢の競演。怖くて美しい、大人のための新・グリム童話集。「群像」2016年5月号特別企画をもとに書籍化。

 (著者紹介)村田 喜代子(むらた・きよこ):1945年生まれ。作家。「鍋の中」で芥川賞を受賞。
 長野 まゆみ(ながの・まゆみ):1959年生まれ。作家。「少年アリス」で文藝賞を受賞。

  • キトラ・ボックス

 池澤 夏樹 著  KADOKAWA

 奈良天川村-トルファン-瀬戸内海大三島。それぞれの土地で見つかった禽獣葡萄鏡は同じ鋳型で造られたと大学准教授・三次郎は推理する。博物館研究員の可敦と謎を追うが、何者かの襲撃を受け-。「本の旅人」連載を書籍化。

 (著者紹介)池澤 夏樹(いけざわ・なつき):1945年北海道生まれ。「スティル・ライフ」で中央公論新人賞、芥川賞受賞。「南の島のティオ」で小学館文学賞、「言葉の流星群」で宮沢 賢治賞受賞。

  • 城をひとつ

 伊東 潤 著  新潮社

 敵を攻めるのではない。敵の心を攻めるのだ-。敵陣深く潜入し、一気に城を奪い取る。調略を武器に関東の覇者・北条五代を支えた影の軍師一族の孤独な闘いを描くインテリジェンス合戦記。「小説新潮」掲載を単行本化。

 (著者紹介)伊東 潤(いとう・じゅん):1960年神奈川県生まれ。早稲田大学卒業。「国を蹴った男」で吉川 英治文学新人賞、「巨鯨の海」で山田 風太郎賞と高校生直木賞、「峠越え」で中山 義秀文学賞を受賞。

  • 芦田川

 今井 絵美子著   KADOKAWA

 高度経済成長期、重工業都市として発展していく福山の芦田川河口の町を舞台に、性に奔放な母のもとに生まれた娘の葛藤、男と女に横たわる溝、生きることのどうしようもなさを濃密な筆で描ききった、著者初の現代小説。

 (著者紹介)今井 絵美子(いまい・えみこ):広島県生まれ。成城大学文芸学部卒。「立場茶屋おりき」シリーズで第4回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。ほかの著書に「鷺の墓」「いつもおまえが傍にいた」など。

  • R.S.ヴィラセニョール

 乙川 優三郎 著  新潮社

 日本に暮らしながら、フィリピン流の生き方を貫く父。房総半島に染色工房を構え、母の国の伝統に立ち向かう娘。戒厳令下の悪夢、現代琳派に共鳴する色彩感覚、日本人として生きる二世の葛藤を描く。「小説新潮」掲載を書籍化。

 (著者紹介)乙川 優三郎(おとかわ・ゆうざぶろう):1953年東京生まれ。「生きる」で直木 三十五賞、「脊梁山脈」で大佛 次郎賞、「ロゴスの市」で島清恋愛文学賞を受賞。

  • 錆びた太陽

 恩田 陸 著  朝日新聞出版

 原発事故で汚染された地域を巡回するロボットたちの居住区に、謎の女・財護 徳子がやってきた。ロボットたちは人間である徳子の指令に従うことにするのだが-。彼女の目的は一体何なのか。「週刊朝日」連載を単行本化。

 (著者紹介)恩田 陸(おんだ・りく):1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。「夜のピクニック」で吉川英治文学新人賞と本屋大賞、「中庭の出来事」で山本 周五郎賞、「蜜蜂と遠雷」で直木賞を受賞。

  • 嫁をやめる日

 垣谷 美雨 著  中央公論新社

 ある晩、夫が市内のホテルで急死した。「出張に行く」という言葉は嘘だった-。夫の隠された顔を調べはじめた夏葉子。一方、義父母や親戚等からの同情は、やがて「監視」へと変わり-。義父母、婚家からの「卒業」を描く。

 (著者紹介)垣谷 美雨(かきや・みう):1959年兵庫県生まれ。ソフトウェア会社勤務を経て、「竜巻ガール」で小説推理新人賞を受賞し、デビュー。ほかの著書に「リセット」「夫のカノジョ」など。

  • 夜の谷を行く

 桐野 夏生 著  文藝春秋

 連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から40年余。メンバー同士でのリンチ殺人「総括」から脱走した西田 啓子は、服役を経て静かに暮らしていたが-。女たちの連合赤軍の真実を描く。「月刊文藝春秋」連載を単行本化。

 (著者紹介)桐野 夏生(きりの・なつお):1951年金沢市生まれ。「OUT」で日本推理作家協会賞、「柔らかな頬」で直木賞、「ナニカアル」で島清恋愛文学賞と読売文学賞を受賞。2015年紫綬褒章を受章。

  • やめるときも、すこやかなるときも

 窪 美澄 著  集英社

 忘れられるわけなんかない。僕が生まれて初めて結婚しようと思った相手のこと-。大切な人の死を忘れられない男と恋の仕方を知らない女の、切なく不器用な恋の物語。「小説すばる」連載に加筆・修正し単行本化。

 (著者紹介)窪 美澄(くぼ・みすみ):1965年東京生まれ。フリー編集ライターを経て「ミクマリ」で女による女のためのR-18文学賞大賞、「ふがいない僕は空を見た」で山本 周五郎賞、「晴天の迷いクジラ」で山田 風太郎賞受賞。

  • 鮪立の海

 熊谷 達也 著  文藝春秋

 三陸の入り江の港町、仙河海。この北の海から、遙か遠方へ。父や兄とともに漁に一生をかけ、その栄枯盛衰を見た男の一代記。気仙沼市をモデルとした架空の町「仙河海」サーガの集大成。「別册文藝春秋」連載を単行本化。

 (著者紹介)熊谷 達也(くまがい・たつや):1958年宮城県生まれ。東京電機大学理工学部数理学科卒業。「ウエンカムイの爪」で小説すばる新人賞を受賞して作家デビュー。「邂逅の森」で山本 周五郎賞、直木賞を受賞。

  • 決戦!忠臣蔵

 葉室 麟 著  朝井 まかて 著  夢枕 獏 著  長浦 京 著  梶 よう子 著  諸田 玲子 著  山本 一力 著  講談社

 元禄15年12月14日。粉雪舞う夜更け、47人の浪人が、ひとりの老人の首を落とし、勝鬨を上げた。死を賭して立てる、武士の一分-。夢枕獏、梶よう子、山本一力ら名手7人が「忠臣蔵」を描く。「決戦!」シリーズ第6弾。

 (著者紹介)葉室 麟(はむろ・りん):1951年福岡県生まれ。「蜩ノ記」で直木賞、「鬼神の如く」で司馬 遼太郎賞を受賞。
 朝井 まかて(あさい・まかて):1959年大阪府生まれ。「恋歌」で直木賞、「阿蘭陀西鶴」で織田 作之助賞を受賞。

  • 彼女は鏡の中を覗きこむ

 小林 エリカ 著  集英社

 祖母が遺した宝石を身につけた孫娘は、祖母の過去を夢で追体験し-。「宝石」をはじめ、本が存在しない未来を綴った「燃える本の話」など、いつか死にゆく人間の儚さと確かさを描いた全4編の小説集。「すばる」等掲載に加筆。

 (著者紹介)小林 エリカ(こばやし・えりか):1978年東京生まれ。作家・マンガ家。著書に「親愛なるキティーたちへ」、作品集に「忘れられないの」など。

  • 月の満ち欠け

 佐藤 正午 著  岩波書店

 自分が命を落とすようなことがあったら、もういちど生まれ変わる-。この娘が、いまは亡き我が子か。いまは亡き妻か。いまは亡き恋人か。そうでないなら、はたしてこの子は何者なのか。さまよえる魂と数奇なる愛の物語。

 (著者紹介)佐藤 正午(さとう・しょうご):1955年長崎県生まれ。北海道大学文学部中退。「永遠の1/2」ですばる文学賞、「鳩の撃退法」で山田 風太郎賞を受賞。ほかの著書に「小説の読み書き」など。

 新堂 冬樹 著  中央公論新社

 15歳の女子高生・沙耶の両親が刃物で惨殺された。沙耶が身を寄せた親戚も次々と死亡する。不可解な死の連鎖の中心に身を置く沙耶は「悲劇の天使」か、「美しき死神」か、それとも-。「Web小説中公」連載を単行本化。

 (著者紹介)新堂 冬樹(しんどう・ふゆき):大阪生まれ。作家。芸能プロダクション「新堂プロ」社長。「血塗られた神話」でメフィスト賞を受賞。ほかの著書に「紙のピアノ」「制裁女」など。

  • 夜姫

 新堂 冬樹 著  幻冬舎

 キャバクラの聖地・歌舞伎町の絶対女王・花蘭。乃愛にとっては、最愛の妹が自殺する引き金となった憎い女だ。復讐のため乃愛は昼の仕事をやめ、虚と実、欲望と野心、嫉妬と憎悪が絡み合う夜の世界に足を踏み入れる-。

  • か「」く「」し「」ご「」と「

 住野 よる 著  新潮社

 みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ-。クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想いを描く。「小説新潮」掲載に加筆し書籍化。

 (著者紹介)住野 よる(すみの・よる):高校時代より執筆活動を開始。「君の膵臓をたべたい」でデビュー。ほかの著書に「また、同じ夢を見ていた」「よるのばけもの」がある。

  • さすらいの皇帝ペンギン

 高橋 三千綱 著  集英社

 番組のレポーターとして南極に向かった作家、楠 三十郎。経由地で少女から皇帝ペンギンの雛を南極に帰してほしいという依頼を受け-。軽妙な筆致で命の尊厳を描いた長編。「すばる」掲載を単行本化。

 (著者紹介)高橋 三千綱(たかはし・みちつな):1948年大阪府生まれ。早稲田大学中退。「退屈しのぎ」で群像新人文学賞、「九月の空」で芥川賞を受賞。著書に「空の剣」など。

  • さむらい道 上  最上義光表の合戦・奥の合戦

 高橋 義夫 著  中央公論新社

 最上 義光は、父義守一族や天童・白鳥氏、そして伊達氏らとの峻烈な内憂外患をいかに乗り越え、山形に君臨することができたのか。義光の「負けまい、勝つまいの戦」を描く長編歴史小説。「山形新聞」連載を単行本化。

 (著者紹介)高橋 義夫(たかはし・よしお):1945年千葉県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒。月刊誌の編集者を経て、執筆活動に入る。「狼奉行」で直木賞を受賞。ほかの著書に「メリケンざむらい」「保春院義姫」など。

  • さむらい道 下  最上義光もうひとつの関ケ原

 高橋 義夫 著  中央公論新社

 伊達 政宗との抗争から上杉軍と激闘を繰り広げた、1600年9月の「北の天下分け目の戦い」まで、義光の「負けまい、勝つまいの戦」を描く長編歴史小説。「山形新聞」連載を単行本化。

  • 松ノ内家の居候

 瀧羽 麻子 著  中央公論新社

 文豪の孫が松ノ内家の屋敷に転がり込んだ。目当ては文豪の幻の原稿。掘り起こされる、家族も知らない「秘密」。お宝騒動のさざ波が、彼方の記憶をたぐり寄せ-。「アンデル 小さな文芸誌」連載に加筆・修正。

 (著者紹介)瀧羽 麻子(たきわ・あさこ):1981年兵庫県生まれ。京都大学卒業。「うさぎパン」でダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞。ほかの著書に「左京区七夕通東入ル」「失恋天国」など。

  • 図書室のピーナッツ

 竹内 真 著  双葉社

 資格を持たない「なんちゃって司書」として高校の図書室で働く詩織。「サンタは実在する?」など、難問珍問の数々に挑む。双葉社文芸Webマガジン「カラフル」連載を書籍化。ハートフルブックストーリー第2弾。

 (著者紹介)竹内 真(たけうち・まこと):1971年生まれ。慶應義塾大学卒業。「神楽坂ファミリー」で小説現代新人賞、「粗忽拳銃」で小説すばる新人賞、「カレーライフ」で京都水無月大賞を受賞。

  • 優しい水

 日明 恩 著  徳間書店

 魚が全滅したバケツの中に「白いもやもやしたもの」を見つけた洋は、喧しい近所の犬や、仲良くなれない友達にその水を飲ませ-。少年の好奇心によってもたらされた見えざるモノが日本を揺るがす。「読楽」連載に加筆修正。

 (著者紹介)日明 恩(たちもり・めぐみ):神奈川県生まれ。日本女子大学卒業。「それでも、警官は微笑う」でメフィスト賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「埋み火」「そして、警官は奔る」など。

  • 百年の散歩

 多和田 葉子 著  新潮社

 わたしは今日もあの人を待っている、ベルリンの街を歩きながら-。「カント通り」「カール・マルクス通り」など、歴史と世界が交差する都市ベルリンに実在する10の通りからなる連作長編。「新潮」掲載を書籍化。

 (著者紹介)多和田 葉子(たわだ・ようこ):1960年東京生まれ。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。日独2ケ国語で作品を発表。「犬婿入り」で芥川賞、「ヒナギクのお茶の場合」で泉鏡花賞を受賞。

  • 犬の報酬

 堂場 瞬一 著  中央公論新社

 新聞記者・総務のエース・内部告白者。自動運転技術の開発に取り組んでいた大手自動車メーカーの「事故隠し」を巡る、三つ巴の、虚々実々の攻防。新聞記者に情報を流したのは、いったい誰なのか。経済エンタメ長篇。

 (著者紹介)堂場 瞬一(どうば・しゅんいち):1963年生まれ。茨城県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。「8年」ですばる新人賞を受賞。ほかの著書に「錯迷」「社長室の冬」など。

  • 血縁

 長岡 弘樹 著  集英社

 父親の介護に疲れた姉は7年ぶりに妹と再会し、昔交わしたある約束を思いだす。親を思う姉妹の気持ちの行方は-。「苦いカクテル」など7つの短編を収録。人生の機微を穿つ、ミステリの新機軸。「小説すばる」掲載を書籍化。

 (著者紹介)長岡 弘樹(ながおか・ひろき):1969年山形県生まれ。筑波大学卒業。「真夏の車輪」で小説推理新人賞、「傍聞き」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。ほかの著書に「教場」など。

  • ダークナンバー

 長沢 樹 著  早川書房

 関東近郊を震撼させた2つの凶悪事件。犯人は監視カメラの包囲網を潜り抜けて犯行を重ねる。警視庁の渡瀬敦子と東都放送の土方 玲衣は捜査を続け-。「ミステリマガジン」連載「マイナス・ワン」を改題・加筆修正して書籍化。

 (著者紹介)長沢 樹(ながさわ・いつき):新潟県生まれ。「消失グラデーション」で第31回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「冬空トランス」「夏服パースペクティヴ」など。

  • 御徒の女

 中島 要 著  実業之日本社

 器量よしへの嫉妬が止まぬ17歳。口うるさい姑と幼子の世話に暮れる23歳。切り詰めた生活の中、家族を支える32歳など。下級武士「御徒」の家に生まれた女のブレない人生を描く。「月刊ジェイ・ノベル」掲載を単行本化。

 (著者紹介)中島 要(なかじま・かなめ):早稲田大学教育学部卒業。2008年「素見」で小説宝石新人賞を受賞。2010年「刀圭」で単行本デビュー。ほかの著書に「うき世櫛」など。

  • 小説日本博物館事始め

 西山 ガラシャ 著  日本経済新聞出版社

 自分一人でもミュージアムを創る。留学中に観た大英博物館のような-。旧物破壊・廃仏毀釈の嵐に抗い、新政府内の政争に巻き込まれながらも粘り強く夢を実現させた官僚・町田 久成を主人公に描く、日本文化の維新の物語。

 (著者紹介)西山 ガラシャ(にしやま・がらしゃ):1965年名古屋市生まれ。南山短期大学卒業。2015年「公方様のお通り抜け」で日経小説大賞を受賞し作家デビュー。

  • 彼女の色に届くまで

 似鳥 鶏 著  KADOKAWA

 高校の美術部に所属する僕は学校の絵画を壊した疑いを掛けられ、美人だが変わり者の同級生・千坂桜に助けられる。それから僕らは絵画にまつわる数々の事件に遭遇し-。「小説野性時代」等掲載に書き下ろしを加え書籍化。

 (著者紹介)似鳥 鶏(にたどり・けい):1981年千葉県生まれ。ミステリ作家。2006年「理由あって冬に出る」で鮎川 哲也賞に佳作入選しデビュー。ほかの著書に「楓ケ丘動物園」シリーズ、「戦力外捜査官」シリーズなど。

  • さらば愛しき魔法使い

 東川 篤哉 著  文藝春秋

 派手に活躍するマリィたちに、オカルト誌「マー」が目をつけた。2人の、そして八王子の未来はどうなる。家政婦魔法使いのマリィと変態刑事の小山田 聡介が難事件に挑むシリーズ第3弾。「オール讀物」掲載を単行本化。

 (著者紹介)東川 篤哉(ひがしがわ・とくや):1968年広島県生まれ。岡山大学法学部卒。「密室の鍵貸します」でデビュー。「謎解きはディナーのあとで」で本屋大賞を受賞。ほかの著書に「かがやき荘アラサー探偵局」など。

  • 素敵な日本人 東野圭吾短編集

 東野 圭吾 著  光文社

 登場する人物が知人に似ていたり、経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう妄想の具現化だったり。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ短編ミステリー9編。「宝石ザミステリー」他掲載を書籍化。

 (著者紹介)東野 圭吾(ひがしの・けいご):1958年大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒。「容疑者Xの献身」で直木賞と本格ミステリ大賞、「流星の絆」で新風賞、「祈りの幕が下りる時」で吉川英治文学賞を受賞。

  • レスキュードッグ・ストーリーズ 南アルプス山岳救助隊K-9

 樋口 明雄 著  山と溪谷社

 妻と別れた男が滑落して骨折。携帯電話が通じず救助要請もできないまま寒い夜を迎え-。「遺書」をはじめ、全12編を収録。日本第2位の高峰・北岳を舞台にした本格山岳小説集。「山と渓谷」掲載に加筆し単行本化。

 (著者紹介)樋口 明雄(ひぐち・あきお):1960年生まれ。「約束の地」で日本冒険小説協会大賞と大藪 春彦賞、「ミッドナイト・ラン!」でエキナカ書店大賞を受賞。ほかの著書に「火竜の山」など。

  • 奈緒と私の楽園

 藤田 宜永 著  文藝春秋

 50歳の音楽プロデューサー、塩原 達也のもとを訪ねてきた29歳の川原 奈緒。セックスは苦手と言いながら、俳優と不倫経験があり、男友達と2人で旅行にも出かけてしまう。理解できない奈緒の言動に達也は心を奪われるが-。

 (著者紹介)藤田 宜永(ふじた・よしなが):1950年福井県生まれ。「巴里からの遺言」で日本冒険小説協会最優秀短編賞、「求愛」で島清恋愛文学賞、「愛の領分」で直木賞を受賞。

  • 誰かが見ている

 宮西 真冬 著  講談社

 ブログに虚偽の「幸せな育児生活」を書く主婦、年下の夫とのセックスレスに悩むアパレル店店長、ストレスで過食に走る保育士、円満な家庭を築いているように見える主婦など。女性4人が繰り広げる極限のサスペンス。

 (著者紹介)宮西 真冬(みやにし・まふゆ):1984年山口県生まれ。「誰かが見ている」で第52回メフィスト賞を受賞しデビュー。

  • 花葬

 悠木 シュン 著  小学館

 事故でこの世を去った美術教師は、ひとりの女性の絵を残していた。叶わない恋、追い続けた夢、崩れ去る覚悟など。儚くて切なくて残酷だけど胸に響く、5人の男女の青春の日々。「週刊ポスト」連載に加筆改稿し単行本化。

 (著者紹介)悠木 シュン(ゆうき・しゅん):1980年生まれ。広告代理店、デザイン事務所、印刷会社勤務を経て、2013年「スマートクロニクル」で小説推理新人賞を受賞。2014年「スマドロ」でデビュー。

  • 人生の段階

 ジュリアン・バーンズ 著  土屋 政雄 訳  新潮社

 最愛の人にして最大の文学的理解者であった妻を突然喪った作家の痛みに満ちた日々。その思索と回想を、勃興期のヨーロッパ気球事情を語る歴史的エピソード、女優と軍人の恋物語を描いたフィクションを導入にして綴る。(分類:933.7ハン)

 (著者紹介)ジュリアン・バーンズ:1946年イギリス生まれ。オックスフォード大学卒業。「終わりの感覚」でブッカー賞を受賞。その他の著書に「フロベールの鸚鵡」「海峡を越えて」など。

  • 不機嫌な女たち キャサリン・マンスフィールド傑作短篇集

 キャサリン・マンスフィールド 著  芹澤 恵 訳  白水社

 期待と落胆、安堵と不安-。感情の揺れを繊細にすくいとり、日常に潜む皮肉を鋭く抉り出す、短篇の名手キャサリン・マンスフィールドの日本オリジナル短篇集。新たに発見された未発表原稿「ささやかな過去」も収録。(分類:933.7マン)

 (著者紹介)キャサリン・マンスフィールド:1888年から1923年。ニュージーランド生まれ。短篇集「幸福」と「ガーデン・パーティー」で評論家の絶賛を浴び、モダニズム時代随一の作家と見なされた。他の著書に「ドイツの宿にて」など。

エッセイ

  • 愛さずにいられない 北村薫のエッセイ

 北村 薫 著  新潮社

 愛する人たち、愛する言葉がある。それを、心から、幸せだと思う-。博覧強記な文学の話題、心にふれた言葉の妙味、懐かしい人、忘れ得ぬ場所、日常の中にある謎を愉しむ機知。読書愛が深く伝わるエッセイ集。(分類:914.6キタ)

 (著者紹介)北村 薫(きたむら・かおる):1949年埼玉県生まれ。埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、「覆面作家」として「空飛ぶ馬」でデビュー。「夜の蝉」で日本推理作家協会賞、「鷺と雪」で直木 三十五賞受賞。

  • あの頃 単行本未収録エッセイ集

 武田 百合子 著  武田 花 編  中央公論新社

 没後25年を前に明らかになる、たぐいまれなる文章家・武田 百合子の全貌-。中央公論社刊「武田百合子全作品」全7巻に未収録の100余りのエッセイを収めた作品集。略年譜、作品リストも収録。(分類:914.6タケ)

 (著者紹介)武田 百合子(たけだ・ゆりこ):1925年から1993年。神奈川県生まれ。旧制高女卒。武田 泰淳と結婚、夫の没後「富士日記」により田村 俊子賞を受賞。他の著書に「ことばの食卓」「日日雑記」などがある。

  • 時の名残り

 津村 節子 著  新潮社

 夫・吉村 昭と共に小説のため苦労した若き日々、故郷について、旅路の思い出、小説を生んだもの。そして今もふと甦る夫の面影-。88歳の著者が、人生の軌跡を綴る珠玉のエッセイ。「波」連載を改稿し単行本化。(分類:914.6ツム)

 (著者紹介)津村 節子(つむら・せつこ):1928年福井市生まれ。学習院短期大学国文科卒。日本芸術院会員。「玩具」で芥川賞、「異郷」で川端 康成文学賞、「流星雨」で女流文学賞を受賞。

  • 内面からの報告書

 ポール・オースター 著  柴田 元幸 訳  新潮社

 初めて書いた詩。心揺さぶられた映画。父の嘘。元妻リディア・デイヴィスへの熱い手紙―。記憶をたぐり寄せ、心の地層を掘り起こして記す、「冬の日誌」と対を成す、精神をめぐる回想録。(分類:934.7オス)

 (著者紹介)ポール・オースター:1947年ニュージャージー州生まれ。コロンビア大学で英文学と比較文学を専攻。詩、評論、翻訳等を手がけたあと小説家として注目を集める。現代アメリカ文学を代表する作家。

海外紀行・旅行記

  • 旅人よ どの街で死ぬか。 男の美眺

 伊集院 静 著  集英社

 大人の男は旅をし、「孤」を知るべきだ。パリ、グラスゴー、バルセロナ、上海など。エッセイの名手でもある著者があらゆる街を旅しながら、「いかに生きるか」を綴る。「UOMO」連載に書きおろしを加えて単行本化。(分類:915.6イシ)

 (著者紹介)伊集院 静(いじゅういん・しずか):1950年山口県生まれ。立教大学卒業。作家。「受け月」で直木賞、「ごろごろ」で吉川 英治文学賞、「ノボさん」で司馬 遼太郎賞を受賞。2016年紫綬褒章を受章。

手記・ルポルタージュ

  • イートン校の2羽のフクロウ

 ジョナサン・フランクリン 著  清水 玲奈 訳  エクスナレッジ

 動物好きの少年ジョナサンはひょんなことから2羽のフクロウを保護し、イートン校の寄宿舎でともに生活をはじめる。フクロウたちは学校の人気者になっていき-。1960年の出版以来、英国民に愛され続けるノンフィクション。(分類:936フラ)

 (著者紹介)ジョナサン・フランクリン:13歳でイートン校に入学し、在学中に「イートン校の2羽のフクロウ」を執筆。

児童書

対象区分:幼(幼児0歳から5歳)、0歳から2歳(幼児0歳から2歳)、3歳から5歳(幼児3歳から5歳)、小(小学生)、小初(小学1年生から2年生)、小中(小学3年生から4年生)、小上(小学5年生から6年生)、中(中学生)、高(高校生)、般(一般)

伝記・ノンフィクションよみもの

  • ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女

 宮田 律 著  講談社

 パキスタンの少女、マララとナビラの運命を分けたものは。現代イスラムの研究者が、「対テロ戦争」に巻き込まれた2人の少女の身の上に何が起きたのかを紹介しながら、「対テロ戦争」が終わらない理由を解き明かす。(分類:289レフ 対象:小上)

 (著者紹介)宮田 律(みやた・おさむ):1955年山梨県生まれ。UCLA大学院歴史学科修士課程修了。専門はイスラム地域研究、国際関係論。一般社団法人現代イスラム研究センター理事長。著書に「石油・武器・麻薬」など。

生活

  • こどもりょうりのことば絵じてん

 三省堂編修所 編  三省堂

 楽しく料理、正しく食育。料理と食事に関することばを、1テーマ1見開きでイラストとともにわかりやすく解説します。大人向けの情報をまとめた「おうちのかたへ」、子ども向けの簡単なレシピも掲載。(分類:596コト 対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

よみもの

  • モンスター・ホテルでパトロール

 柏葉 幸子 作  高畠 純 絵  小峰書店

 「つくもがみ」とは、長い間、人間に大事に使われた道具たちのこと。ツネミさんは、つくもがみたちが人間に捨てられた仲間を探しに行く「つくもがみパトロール」につきそうことにしました。つくもがみを見つけられるかな。(分類:913カシ 対象:小初)

 (著者紹介)柏葉 幸子(かしわば・さちこ):岩手県出身。東北薬科大学卒業。薬剤師。「鬼ケ島通信」同人。「霧のむこうのふしぎな町」で講談社児童文学新人賞、日本児童文学者協会新人賞、「つづきの図書館」で小学館児童出版文化賞受賞。

  • 河童のユウタの冒険 上

 斎藤 惇夫 作  金井田 英津子 画  福音館書店

 北国の湖に棲む河童のユウタは不思議なキツネとの出会いから、目的もわからぬまま「龍川」の水源をめざし、故郷を旅立ちます。「ガンバの冒険」シリーズの著者がおくる長編ファンタジー。(分類:913サイ 対象:小上)

 (著者紹介)斎藤 惇夫(さいとう・あつお):1940年新潟市生まれ。長年子どもの本の編集に携わり、現在は著作と子どもの本の普及活動を続ける。著書に「ガンバとカワウソの冒険」「グリックの冒険」など。

  • 河童のユウタの冒険 下

 斎藤 惇夫 作  金井田 英津子 画  福音館書店

 旅の仲間となったキツネの娘アカネと天狗のハヤテ。旅の目的を問いながら水源にむかうユウタら3人の前に現れたものたちとは-。「ガンバの冒険」シリーズの著者がおくる長編ファンタジー。(分類:913サイ 対象:小上)

  • こうえんのおばけずかん おばけどんぐり

 斉藤 洋 作  宮本 えつよし 絵  講談社

 公園のベンチで寝てしまった男の子が、目をさましたらデパートの屋上に。 「しろとくろのおばけベンチ」をはじめ、公園のこわいおばけの話全6話を収録。探し絵も掲載。(分類:913サイ 対象:小初)

 (著者紹介)斉藤 洋(さいとう・ひろし):昭和27年東京生まれ。作品に「ペンギン」シリーズ、「ルドルフとイッパイアッテナ」など。

  • ナンシー探偵事務所 呪いの幽霊屋敷

 小路 すず 作  岩崎書店

 母の留学を機に、「おでん町」で祖母と暮らすことになった、小学5年生の南原椎菜。10年ぶりに会う祖母のナンシー(南原 しのぶ)は、なんと探偵になっていた。祖母と孫、異色の探偵コンビ誕生。(分類:913ショ 対象:小上)

 (著者紹介)小路 すず(しょうじ・すず):1973年東京都生まれ。多摩美術大学芸術学科卒業。音楽事務所、広告代理店等を経て、フリーライター。

  • 大林くんへの手紙

 せいの あつこ 著  PHP研究所

 ある時から学校へ来なくなった大林くんに、クラス全員で手紙を書いた。適当に「作文」してしまったことを後悔した文香は、一行だけのウソのない手紙を出すことにして-。(分類:913セイ 対象:小中、小上)

 (著者紹介)せいの あつこ:大阪府出身。日本児童文学者協会第12回長編児童文学新人賞佳作受賞。日本児童文学者協会会員、うつのみや童話の会会員ほか。季節風同人。著書に「ガラスの壁のむこうがわ」がある。

  • オバケとキツネの術くらべ

 富安 陽子 作  たしろ ちさと 絵  ひさかたチャイルド

 料理研究家のオバケさんは、本物のオバケたちから仲間だと思われています。ある日、テンテル山に住む意地悪ギツネが、オバケさんに術くらべを挑んできて-。フレンチトーストのレシピも掲載。(分類:913トミ 対象:小中)

 (著者紹介)富安 陽子(とみやす・ようこ):1959年生まれ。「小さなスズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞、「空へつづく神話」で産経児童出版文化賞、「盆まねき」で野間児童文芸賞と産経児童出版文化賞を受賞。

  • ライバル・オン・アイス 3

 吉野 万理子 作  げみ 絵  講談社

 フィギュアスケートのスクールでめきめき実力を伸ばした美馬は、ついに全国のライバルと頂上決戦。でも、彼女たちとの圧倒的な差を感じて-。フィギュアスケート青春群像物語。(分類:913ヨシ 対象:小中)

 (著者紹介)吉野 万理子(よしの・まりこ):1970年生まれ。神奈川県出身。作家、脚本家。「秋の大三角」で新潮エンターテインメント新人賞を受賞。ほかの作品に「赤の他人だったら、どんなによかったか。」など。

  • メリーメリーおとまりにでかける

 ジョーン・G.ロビンソン 作・絵  小宮 由 訳  岩波書店

 メリーメリーは5人きょうだいのすえっ子。みんなに「まだ小さいからむり」といわれても、めげません。ある日、きょうだいたちは友だちに誘われて出かけたのに、メリーメリーは誰からも誘われなくて-。5話収録。(分類:933ロヒ 対象:小初、小中)

 (著者紹介)ジョーン・G.ロビンソン:1910年から1988年。イギリス生まれ。チェルシー・イラストレーター・スタジオで学ぶ。挿絵などの仕事をしていたが、子どものためのお話を書くようになる。作品に「思い出のマーニー」など。

  • 太陽と月の大地

 コンチャ・ロペス=ナルバエス 著  宇野 和美 訳  松本 里美 画  福音館書店

 16世紀グラナダ。モリスコ(キリスト教に改宗したイスラム教徒)の農夫の息子エルナンドと、キリスト教徒の伯爵の娘マリアの悲恋を軸に、宗教や民族の違いによってひきさかれ、運命に翻弄される人々をえがく。(分類:963ロヘ 対象:小上)

 (著者紹介)コンチャ・ロペス=ナルバエス:1939年セビーリャ生まれ。大学で歴史を学び、教師を経て、子どもの本の執筆活動に入る。スペインの20世紀を代表する児童文学作家。作品に「約束の丘」がある。

絵本

  • アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険

 トーベン・クールマン 作  金原 瑞人 訳  ブロンズ新社

 毎晩、望遠鏡をのぞく小ネズミは、月は丸い大きな岩だと発見した。でも、他のネズミたちは月はチーズだと考えていた。ある日、小ネズミのもとにスミソニアン博物館から手紙がとどいて-。小さなネズミが宇宙へ飛ぶ物語。(対象:小初、小中)

 (著者紹介)トーベン・クールマン:1982年ドイツ生まれ。ハンブルク応用科学大学でイラストレーションとコミュニケーション・デザインを学ぶ。イラストレーター、絵本作家。

  • アントワネット わたしのたいせつなさがしもの

 ケリー・ディプッチオ 文  クリスチャン・ロビンソン 絵  木坂 涼 訳  講談社

 犬のアントワネットは、おにいちゃんたちとは違って、まだ何が得意なのかわかりません。ある日、友だちのウッラッラーが迷子になってしまいました。そのとき、アントワネットは-。「ガストン」の姉妹編。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)ケリー・ディプッチオ:作家。多くの子どもの本の文章を手がける。
 クリスチャン・ロビンソン:イラストレーター、アニメーター。多くの絵本を手がける。絵本に「ちっちゃなサリーはみていたよ」など。

  • おさるのこうすけ

 武田 美穂 作・絵  童心社

 友達と遊びに行くときも、プールに行くときも、お買い物に行くときも。いつでもお姉ちゃんについてきたがる、おさるみたいな弟。かわいいときもあるかな。幼いきょうだいの、ユーモラスで心あたたまるお話。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)武田 美穂(たけだ・みほ):東京都生まれ。「となりのせきのますだくん」で絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞・絵本賞、「すみっこのおばけ」で日本絵本賞読者賞、けんぶち絵本の里大賞受賞。

  • きたきつねとしろふくろうたすけあう

 手島 圭三郎 絵・文  絵本塾出版

 ある寒い日、お腹をすかせて海岸にやって来た、きたきつねは、しろふくろうを見かけました。後日、きたきつねは鳥を捕まえて飛ぶしろふくろうを見て-。厳しい自然の中で力強く生きる動物の姿を描く、ダイナミックな版画絵本。(対象:小初)

 (著者紹介)手島 圭三郎(てじま・けいざぶろう):北海道生まれ。「しまふくろうのみずうみ」で絵本にっぽん賞、「きたきつねのゆめ」でボローニァ国際児童図書展グラフィック賞受賞、1987ニューヨークタイムス選世界の絵本ベストテン。

  • きょうはパーティーのひ

 樋勝 朋巳 文・絵  福音館書店

 ブティックシマさんが、開店7周年記念のパーティーを開くことに。招待されたクネクネさんは、張り切ってお祝いのパンを焼いて-。フワフワさんなど、おなじみの仲間たちも登場する、クネクネさんシリーズ第3弾。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)樋勝 朋巳(ひかつ・ともみ):1969年長野県生まれ。多摩美術大学卒業。銅版画家として活躍。油絵での発表も多い。「きょうはマラカスのひ」で日本絵本賞大賞を受賞。ほかの作品に「フワフワさんはけいとやさん」がある。

  • こうえん

 ジェイムズ・スティーブンソン 作  千葉 茂樹 編訳  岩波書店

 ぐんぐんのぼる。しゅるしゅるすべる。子どもたちはきょうも元気いっぱい。「ニューヨーカー」のイラストレーター、ジェイムズ・スティーブンソンによる、こまやかな観察眼で詩が生まれる瞬間をすくいあげた詩集絵本。(対象:小初)

 (著者紹介)ジェイムズ・スティーブンソン:1929年」から2017年。ニューヨーク生まれ。雑誌「ニューヨーカー」に挿絵や一コマ漫画を描く一方、100を超える数の絵本を発表。絵本に「あたまにつまった石ころが」など。

  • とのさま1ねんせい

 長野 ヒデ子 作・絵  本田 カヨ子 作・絵  あすなろ書房

 むかしむかし、遊ぶことの大好きなとのさまがいました。家来が「とのさま、もうすぐ1年生です。学校にいく用意をしてください」というと、「1年生になんか、なりたくない」とにげてしまい-。読み聞かせにピッタリの絵本。(対象:幼児(0歳から5歳)、小初)

 (著者紹介)長野 ヒデ子(ながの・ひでこ):1941年愛媛県生まれ。「せとうちたいこさんデパートいきタイ」で日本絵本賞を受賞。
 本田 カヨ子(ほんだ・かよこ):1941年東京都生まれ。作品に「わんわんにゃんにゃんどーこかな?」など。

  • どれがいちばんすき?

 ジェイムズ・スティーブンソン 作  千葉 茂樹 編訳  岩波書店

 チョコアイス、ソフトクリーム、かきごおり。どれを食べたいかなんて決められるかな。「ニューヨーカー」のイラストレーター、ジェイムズ・スティーブンソンによる、ユーモアあふれることばと、小粋なイラストでおくる詩集絵本。(対象:小初)

 (著者紹介)ジェイムズ・スティーブンソン:1929年から2017年。ニューヨーク生まれ。雑誌「ニューヨーカー」に挿絵や一コマ漫画を描く一方、100を超える数の絵本を発表。絵本に「あたまにつまった石ころが」など。

  • なまけてなんかない! ディスレクシアの男の子のはなし

 品川 裕香 作  北原 明日香 絵  岩崎書店

 かけっこ一番、サッカーも得意。何でもできるりんぞうくんですが、どんなに頑張っても、字が覚えられなくて-。知的には問題がないのに読み書きがスムーズにできない「ディスレクシア」の様子とその対処法がわかる絵本。(対象:小初)

 (著者紹介)品川 裕香(しながわ・ゆか):兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒業。教育ジャーナリスト・編集者。
 北原 明日香(きたはら・あすか):宮崎県生まれ。北海道教育大学美術科卒業。セツ・モードセミナー卒業。イラストレーター。

  • 芭蕉さん 二十一の名句を鑑賞しよう

 松尾 芭蕉 俳句  丸山 誠司 絵  長谷川 櫂 選句・解説  講談社

 言葉のリズムを楽しんで、俳句を知ろう、日本を知ろう。俳人にして芭蕉研究の第一人者・長谷川 櫂が、小学3年生の国語教科書にのっているものを中心に選びぬいた松尾芭蕉の全21句を、丸山 誠司の楽しい絵とともに紹介します。(対象:小初、小中)

 (著者紹介)松尾 芭蕉(まつお・ばしょう):1644年から1994年。伊賀上野生まれ。俳人。文学者。「蕉風」と呼ばれる芸術性の高い句風を確立した。
 丸山 誠司(まるやま・さとし):1968年岐阜県生まれ。イラストレーター、絵本作家。作品に「おしろとおくろ」など。

  • フワフワ

 おおなり 修司 文  高畠 那生 絵  絵本館

 フワフワと舞うダチョウの羽根。それが、すべての始まりだった。羽根を吸い込んでしまったカバが「ハックション」と大きなクシャミをすると、それに驚いたダチョウの群れが「ダチョー!」と走り始め-。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)おおなり 修司(おおなり・しゅうじ):1959年広島県生まれ。作品に「だるまなんだ」「なぞなぞはじまるよ」など。
 高畠 那生(たかばたけ・なお):1978年岐阜県生まれ。作品に「だるまだ!」「カエルのおでかけ」など。

  • へんたこせんちょうとくらげのおうさま

 いとう ひろし 作  偕成社

 海のことならなんでも知っているはずだった、へんたこせんちょうの前に、巨大なくらげの王さまがあらわれて、船は大パニック。しかも、そのくらげの王さまが、へんたこせんちょうのぼうしを持って行ってしまい-。(対象:幼児(3歳から5歳))

 (著者紹介)いとう ひろし:1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。「ルラルさんのにわ」で絵本にっぽん賞、「おさるのもり」で野間児童文芸賞、「だいじょうぶだいじょうぶ」で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

  • ほんとさいこうの日

 レイン・スミス 作  青山 南 訳  BL出版

 おひさまが、ぽかぽかあたたかい。プールの水は、ひんやり気持ちよくて、えさいれには、えさがいっぱい。ネコにも、イヌにも、鳥にも、今日は、ほんと、さいこうの日。そこにくまが-。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)レイン・スミス:カリフォルニアの美術大学を卒業。絵本作家、イラストレーター。「くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話」でコールデコット賞を受賞。ほかの作品に「こどものなかま」など。

  • よるのようふくやさん

 穂高 順也 文  寺島 ゆか 絵  文溪堂

 おしゃれなワンピースや、きれいなドレス、すてきなアクセサリーがそろっている、まちの洋服屋さん。ところが、夜になって店じまいすると、そのお店は真夜中にまた始まります。やってくるのは、変なお客さんばかりで-。(対象:幼児(0歳から5歳))

 (著者紹介)穂高 順也(ほたか・じゅんや):愛知県生まれ。作品に「よるのさかなやさん」など。日本児童文芸家協会理事。
 寺島 ゆか(てらしま・ゆか):宮城県生まれ。ニューヨークのシラキュス大学でイラストレーションを学ぶ。絵本に「もうママったら!」など。

お問い合わせ

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る