このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

災害にそなえよう(徳島大学コーナー)

最終更新日:2017年3月15日

場所:6階一般室   


展示コーナーの様子

ブックリスト1
No. 書名 著者名 出版者 背ラベル 出版年
1

大震災と歴史資料保存
阪神・淡路大震災から東日本大震災へ

奥村 弘 著 吉川弘文館 014.6/オク 2012
2

アーカイブ・ボランティア
国内の被災地で、そして海外の難民資料を

大西 愛 編 大阪大学出版会 018/アカ 2014
3

被災地の博物館に聞く
東日本大震災と歴史・文化資料

国立歴史民俗博物館 編 吉川弘文館 069.4/ヒサ 2012
4

心を蘇らせる
“こころ”の傷を癒すこれからの災害カウンセリング

河合 隼雄 ほか著 講談社 146.8/ココ 1995
5

NBC災害活動マニュアル
消防のための基礎と実践
東京オリンピックに我々はどう備えるべきか?

  イカロス出版 317.7/エヌ 2014
6

政府財政支援と被災自治体財政
東日本・阪神大震災と地方財政

高寄 昇三 著 公人の友社 349.2/タカ 2014
7

避難弱者
あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?

相川 祐里奈 著 東洋経済新報社 369.3/アイ 2013
8

災害ボランティア
新しい社会へのグループ・ダイナミックス

渥美 公秀 著 弘文堂 369.3/アツ 2014
9 大災害の時代 未来の国難に備えて 五百旗頭 真 著 毎日新聞出版 369.3/イオ 2016
10 救出 3.11 気仙沼公民館に取り残された 446 人 猪瀬 直樹 著 河出書房新社 369.3/イノ 2015
11 災害支援手帖 荻上 チキ 著 木楽舎 369.3/オキ 2016
12

にげましょう
災害でいのちをなくさないために 特別版

河田 惠昭 著
・編集
共同通信社 369.3/カワ 2014
13 地震住まい生活 阪神・淡路大震災の教訓 岸本 幸臣 著 彰国社 369.3/キシ 2008
14 津波災害と近代日本 北原 糸子 著 吉川弘文館 369.3/キタ 2014
15 巨大津波 その時ひとはどう動いたか NHKスペシャル取材班 著 岩波書店 369.3/キョ 2013
16 巨大災害・リスクと経済 澤田 康幸 編 日本経済新聞出版社 369.3/キョ 2014
17

検証・御嶽山噴火
火山と生きる-9・27から何を学ぶか

信濃毎日新聞社編集局 編 信濃毎日新聞社 369.3/ケン 2015
18 現代の災害と防災 その実態と変化を見据えて 志岐 常正 執筆・編集 本の泉社 369.3/ケン 2016
19

「災害救助法」徹底活用
災害救助法を徹底的、最大限に活用して災害に直面した人々のいのちと生活を守る!

津久井 進 著
クリエイツかもがわ 369.3/サイ 2012
20 災害史に学ぶ 火山編 中央防災会議「災害教訓の継承に関する専門調査会」 編 内閣府(防災担当) 369.3/サイ 2011
21 災害史に学ぶ 海溝型地震・津波編 中央防災会議「災害教訓の継承に関する専門調査会」 編 内閣府(防災担当) 369.3/サイ 2011
22 災害史に学ぶ 内陸直下型地震編 中央防災会議「災害教訓の継承に関する専門調査会」 編 内閣府(防災担当) 369.3/サイ 2011
23 災害史に学ぶ 風水害・火災編 中央防災会議「災害教訓の継承に関する専門調査会」 編 内閣府(防災担当) 369.3/サイ 2011
24

災害時における食とその備蓄
東日本大震災を振り返って、首都直下型地震に備える

新潟大学地域連携フードサイエンスセンター 編 建帛社 369.3/サイ 2014
25 産業医科大学東日本大震災支援活動記録 総務部総務課 編 産業医科大学 369.3/サン 2013
26

士業・専門家の災害復興支援
1・17の経験、3・11の取り組み、南海等への備え

阪神・淡路まちづくり支援機構付属研究会 編 クリエイツかもがわ 369.3/シキ 2014
27

自治体・事業者のための防災計画作成・運用ハンドブック
最新被害想定による南海トラフ・首都直下型地震対策

防災計画研究会 編集 ぎょうせい 369.3/シチ 2014
28

期限切れのおにぎり
大規模災害時の日本の危機管理の真実

鈴木 哲夫 著 近代消防社 369.3/スス 2016
29

生死を分けた三分間
そのとき被災者はどう生きたか

被災者+日本聞き書き学会 編 光文社 369.3/セイ 2006
30 大震災20年と復興災害 塩崎 賢明 編 クリエイツかもがわ 369.3/タイ 2015
31

南海トラフ地震・大規模災害に備える
熊本地震、兵庫県南部地震、豪雨災害から学ぶ

田結庄 良昭 著 自治体研究社 369.3/タイ 2016
32

南海トラフ巨大地震の防災対策
地域防災のグランドデザイン

高畠 秀雄 著 鹿島出版会 369.3/タカ 2014
33

地域防災とまちづくり
みんなをその気にさせる図上訓練

瀧本 浩一 著 イマジン出版 369.3/タキ 2014
34 地震・災害ボランティア活動入門 一人でもできる 角田 四郎 著 ふきのとう書房 369.3/ツノ 2006
35

災害がほんとうに襲った時
阪神淡路大震災50日間の記録

中井 久夫 著 みすず書房 369.3/ナカ 2011
36

復興の道なかばで
阪神淡路大震災一年の記録

中井 久夫 著 みすず書房 369.3/ナカ 2011
37

何が起きても命を守る防災減災BOOK
自分家族ペット

ゆうゆう編集部 編 主婦の友社 369.3/ナニ 2016
38 南海トラフ巨大地震と災害廃棄物処理 日本環境衛生センター 編著 日本環境衛生センター 369.3/ナン 2014
39 防災・災害対応の本質がわかる本 二宮 洸三 著 オーム社 369.3/ニノ 2011
40 東日本大震災復興への道 神戸からの提言 塩崎 賢明 編 クリエイツかもがわ 369.3/ヒカ 2011
41 東日本大震災復興の正義と倫理 検証と提言50 塩崎 賢明 編 クリエイツかもがわ 369.3/ヒカ 2012
42

東日本大震災◎復興の検証
どのようにして「惨事便乗型復興」を乗り越えるか

綱島 不二雄 編 合同出版 369.3/ヒカ 2016
43

東日本大震災復興5年目の検証
復興の実態と防災・減災・縮災の展望

関西大学社会安全学部 編 ミネルヴァ書房 369.3/ヒカ 2016
44

BE KOBE
震災から20年、できたこと、できなかったこと

BE
KOBEプロジェクト 編
ポプラ社 369.3/ヒコ 2015
45

防災の決め手「災害エスノグラフィー」
阪神・淡路大震災秘められた証言

林 春男 著
日本放送出版協会 369.3/ホウ 2009
46 防災作法mono 最新版<防災用品カタログ>   ワールドフォトプレス 369.3/ホウ 2015
47 社会防災の基礎を学ぶ 自助・共助・公助 前林 清和 著 昭和堂 369.3/マエ 2016
48

減災と市民ネットワーク
安全・安心まちづくりのヒューマンウェア

三舩 康道 著 学芸出版社 369.3/ミフ 2012
49

みんなで知っ得「助かる」「助ける」
視覚障害者のための防災対策マニュアル 増補版

  日本盲人社会福祉施設協議会情報サービス部会 369.3/ミン 2012
50 親子で学ぶ自然災害から子どもの生命(いのち)を守る本 山本 光義 著 メディアイランド 369.3/ヤマ 2015
51 わが家の防災ハンドブック もしものときに役立つ 山村 武彦 監修 家の光協会 369.3/ワカ 2016
52

ワンパック専門家相談隊、東日本被災地を行く
士業・学者による復興支援の手引き

阪神
・淡路まちづくり支援機構附属研究会 編
クリエイツかもがわ 369.3/ワン 2011
53

学校・大学リスクマネジメントの実践
地震対策・事故防止・情報管理

本間 基照 著 同文舘出版 374/ホン 2016
54

子どもたちに「生き抜く力」を
釜石の事例に学ぶ津波防災教育

片田 敏孝 著 フレーベル館 374.9/カタ 2012
55

日本に自衛隊がいてよかった
自衛隊の東日本大震災

桜林 美佐 著 産経新聞出版 392.1/サク 2011
56

自衛隊vs.東日本大震災
史上最大の救難作戦、自衛官が流した汗と涙

  宝島社 392.1/シエ 2011
57 兵士は起つ 自衛隊史上最大の作戦 杉山 隆男 著 新潮社 392.1/スキ 2013
58

東日本大震災自衛隊救援活動日誌
東北地方太平洋沖地震の現場から

須藤 彰 著 扶桑社 392.1/スト 2011
59 ドキュメント自衛隊と東日本大震災 瀧野 隆浩 著 ポプラ社 392.1/タキ 2012
60 即動必遂 東日本大震災陸上幕僚長の全記録 火箱 芳文 著 マネジメント社 396.2/ヒハ 2015
61

ツバサノキオク
震災・災害に立ち向かう救難最後の砦
自衛隊救難部隊の真実と実態

杉山 潔 執筆
大日本絵画 398.2/スキ 2016
62 いざというときに身を守る気象災害への知恵 伊藤 佳子 著 求龍堂 451.9/イト 2016
63 避難の科学 気象災害から命を守る 古川 武彦 著 東京堂出版 451.9/フル 2015
64

地震列島と原発
首都直下、東海、東南海、南海地震に備える

  ニュートンプレス 453.2/シシ 2012
65 東日本大震災の科学 佐竹 健治 編 東京大学出版会 453.2/ヒカ 2012
66

東日本大震災を分析する 1
地震・津波のメカニズムと被害の実態

平川 新 編著 明石書店 453.2/ヒカ 2013
67

東日本大震災を分析する 2
震災と人間・まち・記録

平川 新 編著 明石書店 453.2/ヒカ 2013
68

世界の火山図鑑
写真からわかる火山の特徴と噴火・予知・防災・活用について

須藤 茂 著 誠文堂新光社 453.8/スト 2013
69

生態学が語る東日本大震災
自然界に何が起きたのか

日本生態学会東北地区会 編 文一総合出版 462.1/セイ 2016
70

覚えておこう応急手当
小さなけがの手当から命を救うAEDまで

加藤 啓一 監著 少年写真新聞社 492.2/カト 2008
71

図解応急手当ハンドブック
アウトドア レスキュー 家庭

山本 保博 監修 日本文芸社 492.2/スカ 2016
72

災害で傷ついたあなたへ
自分のこころをケアする方法

イレーナ・シンガー 著 阪急コミュニケーションズ 493.7/シン 2012
73

不測の衝撃
最新大災害メンタルヘルスケアガイド
危機介入に備えて知っておくべきこと

フレデリック J.スタッダードJr. 編 金剛出版 493.7/フソ 2014
74

身近な感染症こわい感染症
食中毒からインフルエンザやエボラ出血熱まで予防と対策がひと目でわかる!

竹田 美文 監修 日東書院本社 493.8/ミシ 2015
75

災害・事件後の子どもの心理支援
システムの構築と実践の指針

冨永 良喜 著 創元社 493.9/トミ 2014
76 医療と地域社会のゆくえ 震災後の国で 角瀬 保雄 監修 新日本出版社 498/イリ 2013
77

復興するハイチ
震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010-11

ポール・ファーマー 著
みすず書房 498/フア 2014
78

医療ボランティアをめざす人に今伝えたいこと
コミュニケーションと笑顔の底力を知る

淺野 マリ子 著 ミネルヴァ書房 498.1/アサ 2015
79

石巻赤十字病院の100日間
東日本大震災医師・看護師・病院職員たちの苦闘の記録

石巻赤十字病院 著 小学館 498.8/イシ 2011
80 救命 東日本大震災、医師たちの奮闘 海堂 尊 監修 新潮社 498.8/キユ 2011
81

災害対処・医療救護ポケットブック
消防組織、自衛隊、警察組織,医療の連携

小井土 雄一 編集 診断と治療社 498.8/サイ 2015
82 トイレが大変!阪神・淡路大震災と新潟県中越大震災の教訓 山下 亨 編著 近代消防社 518.5/ヤマ 2005
83 災害とロボット 大震災から見えてきたロボットのあり方 井上 猛雄 著 オーム社 548.3/イノ 2012
84 東日本大震災そのとき海上保安官は 海上保安協会 編著 成山堂書店 557.8/ヒカ 2012
85

復興ごはん
「被災地の声」で綴る、復興を支えた「食」のチカラ いっしょに作って、いっしょに食べよう!

味の素グループ東北応援ふれあいの赤いエプロンプロジェクト 編 小学館 596フッ 2016
86 危険から身を守る本 自然災害編 山谷 茉樹 著 創元社 598.5/ヤマ 2010
87 いぬとわたしの防災ハンドブック いぬの防災を考える会 著 パルコエンタテインメント事業部 645.6/イヌ 2016
88 夢 YUMENOSUKE 佐藤 美由紀 著 双葉社 645.6/サト 2016
89

おいで、一緒に行こう
福島原発20キロ圏内のペットレスキュー

森 絵都 著 文藝春秋 645.6/モリ 2012
90 津波と海岸林 バイオシールドの減災効果 佐々木 寧 著 共立出版 653.9/ツナ 2013
ブックリスト2
No. 書名 著者名 出版者 背ラベル 出版年
91

歴史文化を大災害から守る
地域歴史資料学の構築

奥村 弘 編 東京大学出版会 709.1/レキ 2014
92

野外危機回避マニュアル
あらゆるエマージェンシーから身を守るための知識を蓄える

羽根田 治 監修 地球丸 786/ヤカ 2016
93 地名に隠された「南海津波」 谷川 彰英 著 講談社 S291/タニ 2013
94 被災弱者 岡田 広行 著 岩波書店 S369.3/オカ/岩波新書 2015
95 人はなぜ逃げおくれるのか 災害の心理学 広瀬 弘忠 著 集英社 S369.3/ヒロ 2004
96 ルポ母子避難 消されゆく原発事故被害者 吉田 千亜 著 岩波書店 S369.3/ヨシ/岩波新書 2016
97 巨大地震はなぜ連鎖するのか 活断層と日本列島 佐藤 比呂志 著 NHK出版 S453.4/サト 2016
98 生き抜くための地震学 京大人気講義 鎌田 浩毅 著 筑摩書房 S453/カマ 2013
99 南海トラフ地震 山岡 耕春 著 岩波書店 S453/ヤマ/岩波新書 2016
100 心のケア 阪神・淡路大震災から東北へ 加藤 寛 著 講談社 S493.7/カト/講談社現 2011
101 災害と子どものこころ 清水 將之 編・著 集英社 S493.9/シミ 2012
102

東日本大震災石巻災害医療の全記録
「最大被災地」を医療崩壊から救った医師の7カ月

石井 正 著 講談社 S498.8/イシ/ブルーバ 2012
103 汚染水との闘い  福島第一原発・危機の深層 空本 誠喜 著 筑摩書房 S543.5/ソラ 2014
104 福島第一原発事故7つの謎 NHKスペシャル「メルトダウン」取材班 著 講談社 S543.5/フク/講談社現 2015
105

保存版 徳島市総合防災マップ
「洪水」・「土砂災害」・「東南海・南海地震」・「津波」に備えて

徳島市危機管理監危機管理課 編 徳島市危機管理監危機管理課 T369.3/トク 2011
106

徳島県海部郡美波町木岐の津波防災とまちづくり
地域住民の防災知識・意識に関する聞き取り調査の分析

高橋 晋一 著 徳島大学総合科学部文化人類学研究室 T369/タカ 2015
107

被災地からのメッセージ
南海道地震津波 阪神・淡路大震災

中川 健次 著 中川 健次 T453/ナカ 2002
108

歴史探訪
南海地震の碑を訪ねて
石碑 ・古文書に残る津波の恐怖

  毎日新聞高知支局 T453/レキ 2002
109 家族で学ぶ地震防災はじめの一歩 大木 聖子 著 東京堂出版 Y369.3/オオ 2014
110

親子のための地震イツモノート
キモチの防災マニュアル

地震イツモプロジェクト 編 ポプラ社 Y369.3/オヤ 2011

お問い合わせ

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の展示

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市立図書館

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る