このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市立図書館
  • 利用・施設案内(図書館案内)
  • お知らせ
  • イベント
  • 調べ物・読書案内
  • こどもとしょかん
  • 電子図書館音楽配信
サイトメニューここまで


本文ここから

令和元年度イベント報告(104)「吉村萬壱 小説という悪事」

最終更新日:2020年3月27日

芥川賞作家がガチで語る創作の本質

令和2年1月12日(日曜)、シビックセンター活動室にて作家講演会を開催しました。
 芥川賞作家吉村 萬壱氏、徳島文学協会会長の佐々木 義登氏をお迎えし「小説という悪事―芥川賞作家がガチで語る創作の本質―」をテーマにトークセッション形式でお話いただきました。
 吉村氏は作家デビューして19年。昨年12月にはその集大成ともなる「出来事」を出版されました。お話の中で「自分にとって一番大事に思っていることを書くときは、少し距離を置き客観的に書くのがよい。例えば原稿から湯気が出ている状態より、冷めた筆で書くほうが伝わるものだ。」との言葉はとても印象的でした。
 本日のテーマである「小説を書く悪事」について吉村氏はこう言われました。「生の人間を書くときは「枕を高くして寝ている人を起こさなければならない」果たして自分にその様なことができるのだろうかと自問自答し「悪い営み」だと思いながら書いている」のだというのです。「文学とは本性を書き、赤裸々に書くこと。しかし、書くことによって自分に還ってくる。それを文章にして自らを浄化することなのだ。」というお話に感銘を受けました。
 また、一昨年前に創設された阿波しらさぎ文学賞の対象作品については「徳島は都会にはない風土、方言などの「におい」があり、それが印象深い」との感想を述べられていました。
 吉村氏の「思いを持ち続けたらそれが形になる時が来る」という言葉に元気づけられた方々も多いのではないでしょうか。素晴らしい時間をありがとうございました。

お問い合わせ

はこらいふ図書館(徳島市立図書館)

〒770-0834 徳島県徳島市元町1丁目24番地

電話番号:088-654-4421(代表)・4422(移動図書館)

ファクス:088-654-4423

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去のイベント報告

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

はこらいふ図書館(徳島市立図書館)

〒770-0834 徳島市元町1丁目24番地

電話:088-654-4421(代表) 電話:088-654-4422(移動図書館) ファクス:088-654-4423

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る