このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

食道外科 もし食道癌だった場合

最終更新日:2016年4月1日

もし食道癌だった場合

検査

上部消化管内視鏡下生検等で採取した組織は病理検査を行います。この検査は今後の治療法の選択に必要な情報となります。
MRI検査や骨シンチ検査などで癌の拡がり診断を行います。
徳島大学病院へPET-CT検査の依頼を行います。この検査でリンパ節転移や遠隔転移の有無を検索します。現在食道癌診療においてPET-CT検査はできればやっておくべき検査法と考えられています。
手術適応がある場合は、術後通常の生活が送れるかどうか検査を行います。これを耐術能検査と言い、呼吸機能検査、心機能検査、肝機能検査、腎機能検査等があり、例え手術で根治が見込めても耐術能が不十分であれば他の治療法をお勧めすることがあります。

治療

手術だけでなく、放射線治療・化学療法を適切に行うことが必要です。
患者さまに十分な説明を行い納得していただいた上でこれらの治療を行います。

化学療法

化学療法はおもに食道外科で行っていますが、使う薬剤や投与方法は共通のメニューで行います。
食道癌の化学療法は一般的にシスプラチンと5-FUという薬剤が中心ですが、当院の方針で最近有効性が証明されつつある、ドセタキセルを追加して行っています。
原則として治療中は入院していただきます。

放射線治療

専門の放射線科医師にて、当院で行っています。
原則として外来通院で行いますが、化学療法と併用して行う場合は入院していただきます。

お問い合わせ

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話番号:088-622-5121(代表)

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

食道外科

携帯サイトのご案内

診療科紹介

部門紹介

日本医療機能評価機構認定病院

地域がん診療連携拠点病院

徳島DMAT指定病院

患者支援センター

関節治療センター

地域周産期母子医療センター

がんセンター

徳島市民病院ボランティア

このページを見ている人はこんなページも見ています

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る