このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

後期臨床研修医(レジデントの募集)

最終更新日:2016年3月11日

目的

徳島市民病院では、初期研修で獲得した基本的な臨床能力をベースとして、さらに各分野において必要とされる診療技術や知識を身につけていただけるよう、研修医ご本人の希望を尊重しつつ専門性の高い研修の場を提供します。

研修内容等

研修コース

研修コースは、次のいずれかとします。

  1. 内科系診療科専攻=内科・小児科から専攻科を選択し研修します。
  2. 外科系診療科専攻=外科・脳神経外科・整形外科・産婦人科・泌尿器科から専攻科を選択し研修します。
  3. 内科系ローテーション、外科系ローテーション=内科系または外科系の希望する診療科を期間を定めローテーションします。

    内科系=内科・小児科・皮膚科・放射線科
    外科系=外科・脳神経外科・整形外科・産婦人科・泌尿器科・麻酔科

研修においては、先進医療の実践につとめ、各診療科の学会が認定する認定医や専門医を取得できるさまざまな症例を経験しつつ、診療力を養うことを目標とします。具体的な研修内容・スケジュールは、各人の希望をもとに臨床研修管理委員会で調整します。

研修カリキュラム

 麻酔科(作成中)

研修期間  3年(一部診療科は4年)

研修プログラムは診療科の作成したプログラムにより行います。研修医が各科の認定医、専門医取得を目的に徳島大学病院等での研修を希望する場合は、研修管理委員会を通じ考慮します。

指導体制

指導医は、主として、各診療科の認定医、専門医資格を有する者を充てるものとします。また、院内に研修管理委員会を置き、研修カリキュラムの進行状況や問題点、研修医の要望等への対応を検討し、改善に努めます。

募集対象

  1. 初期臨床研修を修了する予定の医師
  2. 上記研修修了者及びそれと同等者

身分及び待遇

身分及び待遇
1 採用日 平成28年4月1日
2 身分 地方公務員法第22条第5項に規定する臨時的任用職員 ただし、医師免許取得後5年経過時に、選考手続きを経て正規職員として処遇します。
3 勤務時間 午前8時30分から午後5時(土曜・日曜・祝日・年末年始休み)
4 待遇 給与

給料:月額 453,600円から
手当:期末手当(賞与)年2回、時間外勤務手当、通勤手当、当直手当等
平均給与支給額:年1,000万円
(医師免許取得3~5年目の医師)

社会保険 政府管掌健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
有給休暇 年次休暇、夏季休暇 等
その他 学会、研修などの交通費・参加費手当あり
5 研修期間終了後の処遇等 希望者は、選考の上、正規医師として採用します。

募集人員

5名程度

選考方法

面接による

申し込み方法

後期臨床研修申込書(兼履歴書)及び医師免許証の写しを徳島市民病院へ送付してください。なお、封筒の表に「後期臨床研修」と朱書きしてください。

提出先

770-0812 徳島市北常三島町2丁目34番地
徳島市民病院 事務部 総務管理課
電話:088-622-5121(代表)
ファクス:088-622-5313
メール:kanri@hosp.tokushima.tokushima.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない人は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

徳島市民病院 総務管理課

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話番号:088-622-5121(代表)

ファクス:088-622-5313

担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

研修医

携帯サイトのご案内

診療科紹介

部門紹介

日本医療機能評価機構認定病院

地域がん診療連携拠点病院

徳島DMAT指定病院

患者支援センター

脊椎・人工関節センター

地域周産期母子医療センター

がんセンター

徳島市民病院ボランティア

施設情報

よくある質問

情報がみつからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る