このページの先頭です
このページの本文へ移動

徳島市民病院
  • 病院紹介
  • 外来受診のご案内
  • 入院・面会のご案内
  • 診療科紹介
  • 採用情報
  • 交通アクセス
サイトメニューここまで


本文ここから

8階病棟

最終更新日:2021年11月8日

病棟紹介

 8階は整形外科と眼科の病棟です。
 主に手術を目的とした急性期治療が行われています。術後は早期よりリハビリテーションを開始し、安全にADLが拡大できるよう、患者さん一人一人に合ったケアや援助を行っています。  

病床数・看護職員数

病床数・看護職員数
病床数 52床(個室 17床、特別室A 1床、4床室 8室、HCU 2床) 
スタッフ 看護師 30名 看護補助者 5名 病棟クラーク 1名、医療秘書 1名
夜勤 3名(3交代制)

病棟からのメッセージ

 整形外科においては、ナビゲーションシステムを導入した人工関節置換術や顕微鏡を使った手指手術など高い水準の治療が行われています。大腿骨頚部骨折は地域連携パスを使用しており、地域病院との連携や調整を積極的に行っています。また病棟薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士など多職種で共働し、患者さんやご家族の支援を行っています。
 眼科においては、主に白内障と硝子体の手術を行っています。
 私たちスタッフ一同は笑顔での対応を心がけ、入院生活を安心して送っていただけるよう努めています。

術前カンファレンス

術前カンファレンス

 医師、薬剤師、看護師、理学療法士、臨床検査技師、臨床工学技士が集まり、毎週金曜日に術前カンファレンスを実施しています。多職種が一同に会し、患者さんの情報を共有することで、一人一人に応じた安全で高い水準の治療、および治療環境の提供が出来るように努力しています。

急性期リハビリテーションカンファレンス

急性期リハビリテーションカンファレンス

 毎週木曜日にリハビリテーション科の医師、看護師、理学療法士で急性期リハビリカンファレンスを実施しています。術後機能が回復し、生活の質が向上できるよう情報共有しながら話し合いを行い、入院から退院まで安心して入院生活を送って頂くためのサポートができるよう心がけています。

CPMユニット

CPMユニット

 膝の人工関節置換術後には、手術当日よりCPMユニットを利用した持続的他動運動を実施しています。器械を使用して、ゆっくりとした往復の関節可動域運動を持続的かつ反復的に行い、過剰な負荷をかけることなく膝関節の運動ができます。
 これは、関節の拘縮予防、関節可動域の拡大、皮膚・靱帯・軟骨・腱などの創治癒促進、疼痛や腫脹の軽減を目的として行っています。
 
 
 

お問い合わせ

徳島市民病院 医事経営課

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話番号:088-622-5121(代表)

ファクス:088-622-5313

担当課にメールを送る

本文ここまで


ページの先頭へ
以下フッターです。

徳島市民病院

〒770-0812 徳島県徳島市北常三島町2丁目34番地

電話:088-622-5121(代表)

Copyright © Tokushima City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る